生理周期と感情の関係

明けまして、おめでとうございます。
2015年が幕開けしました。

前回のニュースレターにて報告した私の婚約騒動。
こんな個人的な話でしたが、
沢山のお祝いの言葉を頂き、汗が吹き出る思いです。
ありがとうございます。

そして、それから6ヶ月
(どんだけニュースレターを休んでいたんだ?!)
2014年をもちまして、
意を決して、アパートを引き払い、今年から女として、チンチンのある男の人と
同棲生活というものに突入しました。

同棲生活に戸惑いを感じていた私は、
私のセラピストであるDr.パッド(ブログ)から
『婚約と結婚は違うのよ。
婚約したからって安易に結婚に行けると思わない事ね。

婚約は、結婚出来るかどうかの実験期間なの。
同棲して、結婚にふさわしい相手か見極めなさい。
で、ダメなら、次の相手を見つければ良いわ』

まじ?

いやー
婚約=結婚
と思い込んでいた私の背中を勢いよくボン!っと押されて
引っ越しっす。

では、実験期間始まりの年なのです。
どうなることやら。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)マヤ文明マッサージについてのインタビューが雑誌に載りました。

2)マヤ文明マッサージ ”子宮を知るセルフケアクラス” 

3)今月の内容:女性の生理周期と感情の法則
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
)マヤ文明マッサージについてのインタビューが雑誌に載りました:
マヤ文明マッサージについてのインタビューをされ、それがArt of Living の雑誌に掲載されました〜
この記事を書いてくれたりのちゃん。凄くピュアな人で、私がベラベラ話しているのを聞いて、ぽろぽろと涙をこぼしていました。
彼女を見て、頑張っている女性って多いんだな〜って改めて思ったんですよね。

7月にマヤ文明マッサージとヤムナとキネシオロジーを融合させた4日間のクラスを作り、名古屋と東京で講習会をしました。
その合間でのインタビュー。私が伝えたい事をギュッと凝縮していいとこ取りで書いてくれました。

沢山の人が、自分の子宮を大切にして欲しいな〜


2)マヤ文明マッサージ ”子宮を知るセルフケアクラス” 

マヤ文明マッサージに基づいた子宮のケアするクラスです。
”子宮の位置がずれている女性は、その方の人生もズレてしまっているだろう” と言うマヤ文明のシャーマン、ドンエリヒオ氏の言葉に衝撃を受けた5年前。そこから多くの婦人科系の問題に悩む人にマッサージをしてきました。不妊症、内膜症、子宮筋腫、生理痛、性交痛、冷え症、便秘症などなど。

ひんやりしているお腹、パンパンに張って手も入れないお腹、奥の方でこっているお腹、色々なお腹を見てきました。
そして、お腹だけではなく、骨盤のズレから恥骨の張りなどガッチガチになっている骨盤周りを見てきました。

多くの人を見てきて、一つ共通して言える事は、子宮とその人の女性性との向き合い方です。

そうは言っても、女性性って、なんともエラそうな良く分からない響き。
ふん、なにさ、そんな精神的な事を言われてもねー。痛みがあるんだから、どうにかしてよって思っちゃってた私。

ボールを使ってお腹や骨盤と会話をしていくと、それがちらりちらりと見えて来る。奥深い~


今年は、定期的に子宮を知り整えるセルフケアクラスを開催して行こうと思います。毎回トピックは変わっていきまーす!

日時:2月1日 日曜日 1時半から4時半
場所:オールドトーランス
1530 Cravens Ave. Torrance CA 
受講料:$65
内容:
●マヤ文明の女性離島の話

身体は治る(私の子宮にあった影が治った体験話)

どんなお腹の状態が健康なのかを見てみよう
●子宮の仕組みを知ろう
●なぜ生理痛や不妊症や子宮内膜症が起こるの?の話
●月と生理の関係
●マヤ文明で言う所のお腹に潜む感情の鎧と呼ばれる話
●私って男性的?それとも女性的?をヤムナボールを使って調べてみよう
●お腹をじっくりほぐして行こう!

などなど
3時間で終わるのかな。。。という内容満載のクラスを開催します!
人数に限りがありますので、ご希望の方はお早めにメイルを下さい。
申し込み先:izumibodylogic@gmail.com

3)生理周期と感情の法則

彼にひざまずかれて、婚約をしたところから6ヶ月が経ちました。

どこに行っても『結婚式はいつするの?』と聞かれます。

私だって婚約した人がいたら、聞いちゃいます。式はいつ?って。

なんかそんな流れだから。

でも、冒頭に書いた私はセラピストさんの助言通り、「実験期間」と称して、今は結婚出来るかどうかを見極めているのざます。

本当に結婚に踏み切って大丈夫か、見る期間なのでございます。

だから、式の日にちなんて決まっていないのです。

それじゃ引っ越して一緒に住んでみないと分からないよね?という彼のアプローチに、それもそうだなと引っ越す事にしました。
まあ、ある意味、タイミングが合いました。

実は、最後のニュースレターから6ヶ月も開いた間、体調を大きく崩して(ブログ)いました。

顔がふぐタロウ(誰?)の様に真っ赤に腫れて、痛みに悶え、体力の消耗に立ち上がれず、初めて10月一杯は、1ヶ月間ベッドに横たわり天井を見上げて過ごすという日々を送りました(その間にメイルを下さった方、返信出来ず、すみません。順を追って返信しています。)。そんな中、『引っ越しておいで』という彼の猛烈アプローチにこのままお世話になって身体をまず治そうという気持ちもあって引っ越す事にしました。

実験期間と名のついたこの同棲生活。

本当に実験期間です。

と言うのも、ありとあらゆる所で、『なんでやねん?』と思う節が出てくるわけです。

例えば、ブリュッセルスプラウト事件。松の実事件(ブログ)を代表する『ザ、期待していた反応をくれないじゃない?』の巻きですよ。

美味しい物を作れば、『油の付いた物を持って台所をウロウロするな。ありんこが来たらどうする?』やら

いい香りのする松の実を洗面台に飾れば『君は洗面台をびちゃびちゃにするから、松の実がだめになっちゃうんじゃない?』とか。

酷くない?酷いわ、酷い!

勿論、相手の意見も一理あるのでウググと不満を飲みこみ、ドクターパッドに駆け込み寺ですよ。

そしたら、
『あんたね、何かがある度に私に告げ口をするんじゃなくて、本人に言いなさい!
しかもね、一つ覚えておかなければ行けないのはね、アンタが今求めているのは女友達的な彼よ。松の実を見て、キャーカワイーとか言う旦那を求めているんであれば、レズになりなさい。そしたら、思い通りの答えが返ってくるわ。でも、あんたはちんちんのついた人と付き合っているの。女友達とは違うのよ。そこを考えてコミュニケーションをとりなさい!』

って、投げ飛ばされました。

ちきしょう。
今や実験期間。
今までの私は唇を噛み締め、この寂しさに対して気付かん振りをしていましたが、
これを表現したらどうなるのだろうか?という思いで、『全然楽しくないわ。ぜんぜん、楽しくない。』って言ってみました。

なるほど、と相手も納得して一件落着。

お、話せば分かる男じゃないか。などと一安心をしていたら、
こんなさざ波が何度も出て来る。その度にアップアップですよ。

今度は買物をしていた時に、前の彼女の話がふと出てきました。どーでもいい事なんですけど、面白くない。

ちょっといい大人の女の振りをして『私、懐深いんでそんな話もオッケーよ』ぐらいの態度を取ってみるものの、そこに気付きもせず、感謝しない彼にもムカつく。

”忍耐強い、我慢強い、雑草を食べても生きて行ける鳩胸出っ尻の女が結婚には最適だ”
と言うテレビで細木和子さんが何年か前に言っていた20代に植え付けた古い信念が私の中にあったので、忍耐強く我慢強く献身的に支える女を演じてみるものの、その努力が相手にちゃんと分かってもらえないと、下っ腹が急にきゅうううううっと痛くなるのです。

これは、私の女の部分が叫んでいるのだわ!と想い、
そして、決まって生理前にその不満が爆発。爆発して表現してなだめてもらう。。。の繰り返し。

恐ろしいですね、生理前症候群(PMS)て。
でも、面白い事にそのPMSが出ない月もある訳です。

そう言えば、マヤ文明腹部マッサージ関連で書物を読んでいた時に、生理前症候群が出てくる理由があったな〜と思いだし、
生理周期を女性の感情の周期の文献を引っ張りだして読みました。

すると、はは〜なるほどね。という内容がありましたよ。

まず生理から排卵にかけて、通常14日間と言われています。
その期間は、陰と陽で言うと、陽の期間。

イケイケゴーゴーの期間
この時期は、他の人に対して助けたいとか、情熱とやる気と新しいアイディアに満ち溢れている時で、外の世界に向かって表現をして行く時期。

そして、排卵が始まってから生理が始まる前の2週間を生理前と言うが、ここから陰の時期に入っていく。その時期がミラクルタイムなのだとの事。

排卵というのは、メンタル的にも感情的にも創造が豊かにピークを迎えるときで、そこから生理が始まる時まで、『何を作り上げたか、それはどうだっただろうか』と振り返り、調整をするべき所をしる時期に入っていく。ここで調整が出来ると翌月の生理が始まった時により新しい創造性が働いて、常に進化を遂げて行けるのであると。

ここから興味深かったのは、、、、

この排卵から生理が始まるまでの14日間が一番自分の内側に繋がる時であり、
直観/ミラクルが起こる時であり、
この時期に自分の中にわき上がる感情や思いなどの情報をブロックすると、
それがPMSとなって出たり、更年期の頭痛となったりする。

この時期は一番自分の人生にとって意味があるのは何かという事につながれる時期であり、きっと泣きやすくなるかもしれない。

でも、その涙がもしかしたら、自分にとって大切な物に気付かないと行けないシグナルとして出ている場合がある。

そのシグナルに気付けないと、それが人にぶつけるという形のPMSとして出てきたり、もしくはそれすらブロックしていると内側から病気に繋がる。

だから、生理前に心の痛みがある時には、自分が何を必要としてこの感情の痛みが出ているのかをしっかりと向き合う事。

でも社会は向き合う時間よりもアクションする時間の方を大切にする傾向があるので自分で向き合う時間を意識的に作らなければ行けない。

そして、もしも涙ぐむ事が生理前にあるのであれば、それが自分にとって重要であり、自分のパワーであり、自分の真実なのである。


つまり全ての女性は毎月身体が自分の内なる声に繋がる準備ができているのにも関わらず、それを無視する事で不快な症状に悩まされている事に気付いていない。

とありました。


なるほどにゃー
マヤ文明の女性達は、生理前の7日になると『神聖なる時期』として瞑想や一人になる時間を作る事として儀式を行うというのを習いましたが、こういうことか!と
改めて納得なのです。

この世の中、瞑想したり、ヨガをしたり、自分探しの旅をしたり、自分の事を知りたいって占いに行ってみたり、一杯自分と繋がるきっかけはあるけど、
一番のサポートが毎月自分の中から出て来るホルモンじゃなーい。

こう考えると、楽しみね。だって、生理前に出てくる感情が自分の真実であり、パワーであり、重要な事を見させてくれるんだもの。
待ち遠しくなっちゃう。

そんな私、このニュースレターを書いているのは生理前。

今日書いている事が真実であり、パワーであり、私にとって重要。
だから、今年は、子宮のクラスを行って行くんだ。みんなと私がマヤ文明腹部マッサージやDrパッドから学んだ事をシェアするんだ。

例えばさ、
そう言えば、おりものの臭いだって他の人のを嗅いだ事ない。
そう言えば、PMSって言うけど、PMSって泣く事だと思っていた。でも、イライラする人もいるのか?!
そう言えば、生理痛って言うけど、それって腰が痛い事じゃないの?
そう言えば、おりものって白濁色だと思っていたけど、もしかして、透明なの?とか。
そう言えば、生理の血って茶色いのが先に出ると思っていたけど、それって子宮のサイクルがクリアじゃないって言う事なの?とか。

自分の身体に起こっている事が普通だと思ってた。
でも、違うみたい。

そんな事も一杯話して行く講習会を今年はしていこうと思います。

参加者、ご連絡をくださいまし。

第一弾は2月1日 日曜日 午後1時半から4時半

あら、2週間後だわ。

お申し込み先:IZUMIBODYLOGIC@GMAIL.COM



今年もよろしく御願いしまする。

滝口いず美

2014年 女になった俺 

このメイルを見て、『なんだっけ、これ?』『誰、これ?』と思った方も多いかと思います。

久しぶりにニュースレターを書くのですもの。

メイルを捨てずに、一応見てみるかと今読んで下さっている方、ありがとうございます。

実は、私、この7月にプロポーズというものをされまして、
今、婚約中でございます。

この流れに、私が一番ビックリしているので、ございます。

ブログを読んで下さった方は、
私の恋に対するへっぴり腰ぶりをご存知かと思うのですが、
急展開で、『ラブストーリーは突然に』の
小田和正状態。

そして、これは、
もうキネシオロジーのおかげとしか

言いようがないのです。

昨年の11月にマチルダがアフリカから渡米し、

10日間のインテグレイティッドヒーリングのコースに参加。

そこでのヒーリングセッションの連続で
私の女の子の部分(女性性)が

ぱっかりと開きました。

男性恐怖症に悩まされていたのが
インテグレイティッドヒーリング(IH)で
潜在意識のブロックをとってもらったんです。

しかもマチルダに直接
恋がらみのセッションをしてもらって。

とにかく、凄いんですよ。IHって。。。

その話の前に、告知でーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)9月29&30日 福岡/大阪でのワークショップ

2)キネシオロジー体験会 イン ロサンゼルス9月20&25日   

3)IHで大変身、女になった俺

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)9月29&30日 福岡/大阪でのワークショップ

7月の子宮から感情と身体の構造を整えるセルフヒーリングの講習会があまりにも大盛況で
とうの私が驚いている事態です。
その様子をブログに書きました。

(詳しくはクリックを!)
2014年9月29日  福岡 
2014年9月30日  大阪

今回の内容は、どちらの場所も豪華2本だてです。
①6名限定のキネシオロジーセッション。

これは、ここ3年色々な所で行いましたが、個人がそれぞれ自分とつながっていく瞬間がみれ、
ヒーリングって美しいなと感じます。
6名限定なのでアットホームな感じで人が人を思いやる空間に身を置けて
とても癒されます。
こちらが感想です。

② マヤ文明マッサージから子宮のケアの仕方を考えよう

これも毎回人気爆発でいつも空席待ちのシリーズになってきました。
毎回クラスを教えさせて頂く度に
こんなに女性って見えない所で痛みに耐え、子宮筋腫や内膜症や不妊治療などに人知れず取り組んでいるのだと。
どんな風に身体をケアしたらいいかをこのクラスでは学べます。
このクラスを受けた後、生理が変わった!!というメイルをもらいましたので、
読んでみて下さい。

③ 足の使い方講座

生まれてから、箸の使い方などで手に関わる事は学ぶけど
足の使い方って学んだ事がないですよね?
身体の1/3の骨が足に集約しているのに、
私たちは足が使えるって言う状況を体感した事が少ないと思います。
グラウンディングをしたい!って思っている方におススメです。
こちらも、前回満員で空席待ちがでましたので
お早めのお申し込みをお勧めしています。

2)キネシオロジーミニ体験会 イン LA

こんな事をやります。(下の絵参照)

<Screen shot 2014-09-07 at 5.25.36 PM.png>

 <Screen shot 2014-09-07 at 5.25.56 PM.png>
イラスト:こう ジビッテラさん(クリック)

色々な説明するよりも、体感してもらいたい!
もう、身体って正直ねっていうのを身をもって体験します。

それが、楽しくて仕方がないんですよ!
え?!なんでそんな事が分かっちゃうの!?って
もう否定しようがないくらいに自分の体で感じるんです。

それでも詳しく知りたいわって言う方はこちらを!
この体験会の後、自分のストレスに対する向き合い方に変化があり、
自分のからだに答えを求める様になるでしょう。

(ほら、良く分からないでしょ???もう体験するしか良さを伝える事が出来にくいのです!)

日時:2014 年9月20日 土曜日 午後2時から5時まで
場所:Ange 512 S. Pacific Coast Highway Torrance CA
参加費: $30
持ち物:自分に合っているかチェックしたい食品やサプリ、ジュエリーや化粧品など
また、抱えているストレスも持ってきて下さい〜


3)IHで大変身 女になった俺

冒頭でも書きましたが、
プロポーズをされました。
アメリカ人にある膝まづいてってやつです。

7月にプロポーズをされてから、
なんやかんやと時間が過ぎて行って
今の状況を理解出来ている感じです。

そして、今、思いだすのが
去年の11月のIHの講習会でした。

その前に私自身
『彼氏が欲しい』と言いながら
仕事に追われて(と言うか自分で追い込んでいた感じ)

セラピストのDr.パッドに
『あんたは、ちんちんのない男』
と、失礼な事を言われながらも
妙に納得をして。。。。


とにかく『早く女になりたい!』と
妖怪人間並みにつぶやきながら
どうしていいのか分からずに彷徨う日々。

勇気を出して、
クライアントさん紹介で
男性とデートをしてみるけど
2時間の食べて海辺を散歩したデートの後
あまりの恐怖心で
自分の車に乗り込んだ瞬間に
腰が抜けてしまって
『怖いよー』と
泣き出す始末。

その時に初めて、
私、ヤバいかもしれない。。。。
男性恐怖症かもしれない
と気付き始めて。


それでも
毎日の日々は過ぎて行って
忙しくして
それでいいのか??って自分のバランスがひたすら崩れている事に疑問をもちながら
どう変えていいのか分からなくて、


セラピーに行く度に
Dr.パッドは
『スターバックスで、身体にぴったりとした洋服を着て
下にはヒラヒラのパンティーをはいて
男性の客が入ってきたら
5秒間その人の目をじっと見つめて、ニコリと笑って
眼をそらせ。
そいで男性が話しかけてきたら自分から一切話すな。
とにかくその男性がどれだけあなたを楽しませるかじっくり見てなさい

It's show time! (さあ、ショーの始まりよ)
みたいにね』

っていう宿題を出されて
そんな事すら、『おら、出来ね〜』って

『なにが、ショータイムだ、地獄だ地獄!!!
しかも、そーゆー女が一番嫌いだっつーの』

とDr.のいない所で地団駄を踏みながら
自分のふがいなさに天をあおぐ毎日。

首の皮膚は痒いし、
忙しくなればなるほど赤くただれるし。

それを去年のIHの講習会で沢山のヒーリングセッションでやってもらったんです。

ッて言うか、お題は彼氏を作るとかそんなんじゃなくて、
全然違うテーマだけど

結局は

『もう一度繋がる』
という事。

自分と繋がる事
それは、
人と繋がる事

そして、

IHの仲間のまいちゃんがセッションしてくれた時には
涙がとまらず、

魂の統合やら、サバイバルモードやら
脳の統合やら、インナーチャイルドのヒーリングやら
扁桃体の修正やら、
もうそれは、出て来る出て来る。


ここに書いたら多分スクロールを一晩中しなければ行けなくなるから
ブログでおつきあい下さい!

その中でも最終日のマスタークラスに
IHを初めて受講したカナダから来たようこちゃんのセッションがすごく私には深かったんです。
10日間のセッションの総集編て感じでした。

IHでは、
問題点にフォーカスをするのではなく
これからどんな風になりたいかの目的地の方にフォーカスをあてます。

そして、そのマスタークラスで習ったのが
それぞれのチャクラにそれぞれのキーワードがあると言う事。

第一チャクラは" I want ------"
とか
第七チャクラは" I believe-----"
とか。

それぞれのチャクラに聞いて行く。

私の問題は『首の皮膚』
そしてゴールは、ようこちゃんがどっかのカードから見つけてくれた。
もうこの時点でさ、IHって面白い。
私の行きたい方向を教えてくれるんだから。
自分の頭(顕在意識)では分からない私の魂が本当に求めている所に連れて行ってくれる。

そしたら
『他人と繋がっても大丈夫な皮膚を持ちます』
だって。

あーそうか、、、、

人と繋がって傷ついたと潜在意識では思い込んでいた。
自分を犠牲にして、、、なんて思い込んでいた。
人と適当な距離をとって、迷惑をかけない様に、それが大人として正しい事って思い込んできた。

そしたら、人との繋がり方が分からなくなってしまった。
表面的にはつながれるけど、良く分からない。
甘えなよって言われても
なにが甘えで何が甘えじゃないのかすら分からない。

全部自分でやればいい
って思ってた。
全部自分で責任を取れば
責められる事も責める事もないからって。

でも、人と繋がれない生活は寂しいよ。

繋がりたくても繋がれないのは、本当に寂しい。

それを修正してもらった。
ほぼ全部のチャクラが人と繋がるというテーマではブロックしてた。

そりゃ、繋がりたいって思っても繋がれないはずだわ。

努力ではどうにもならない事。
それを、教えてくれて、修正してくれるのがIH。

このセッションの5日後に私はフィアンセに出会いました。
男性恐怖症も取れて
繋がる事への勇気が徐々に出てきて。


たまたまか、、、、そう言われると、そうかもしれない。

でも、私の繋がる為の努力は飛躍的に出来る様になりました。
それは、潜在意識のブロックが取れたからだと。

どんな風にコミュニケーションをするのか、
どんな風に人の話を聞いてその人と繋がる事が出来る様になるのか
どんな風に自分の内側を大切にしながら他人の内側も大切に出来るのか
そんな事を一杯この9ヶ月で学びました。

努力だけでは、ここまでは来れなかったと確信しています。

だって、あんなに嫌で呪おうかと思ったDr.パッドの宿題が
今はお茶の子さいさい。

どんな人にもスーパーでも、スタバでも
5秒間、見つめる事が出来ちゃうもんね。
下にヒラヒラのパンツはいて

だって、人と繋がる事が楽しいから。
素晴らしいから。

そんなIHに本当に出会えて良かった。

変わりたいなら、私は絶対にIHを勧めます。
だからマチルダを今年もロスに呼ぶ事を決めました。

多くの女性に私は幸せになる権利があり、
その機会を受け取って欲しいから。

『え〜!私も変わりたい!』って思った人も

『そんな事言ってもさ〜、ふん』って一瞬でも思った人も

『恋をしているからよ、そんなの後数年すれば無くなるわ』って思った人も

『私には関係のない話』って思った人も、

多分ここまで読んでくれたんだから
きっと何かを感じているのかもしれないって
私は思うんです。

人生を変えたい方
一杯努力したけど思い通りに行かない方


是非、ロスでIHの講習会をマチルダから直に受けてみませんか?
詳しくはこちら
早割一ヶ月後の10月1日までです。
スペースが限られていますのでお早めに!


今回も久しぶりながら読んで頂きありがとうございました。

滝口いず美


編集後記:

まあ、プロポーズされた時に、私、石の様に固まって。。。。
『げげげげ〜!!!!』
みたいな。

そして、彼の家に引っ越すと言う点に置いても
うげげげげ〜
とブロックが。

次から次へとビビリのメンドクサイ野郎の私には色々と出てくるもんです。
その修正も、この間、IH仲間にセッションをしてもらいました〜

IHって本当に楽しくて、泣けて、感動して、自分が変化出来る素晴らしい宝物だ〜って
アフリカ(マチルダ出身)に足を向けて寝れません。


2013 News letter 


2013年もあともう少しで終わりますね。
毎年12月が来ると、思う事があります。

『去年の私と比べて、今の私は成長をしただろうか?』

そして、思うのです。
去年の私はこれが出来なかったけど、今年の私はこれが出来たって。

そして、来年もまた進化しようって。

去年の自分だったら、エゴまみれで仕事を辞めれなかったけど
今年の私は、自分のやりたい仕事に熱中する為にずっとお世話になっていた仕事を辞めた。

去年の私には分からなかったけど、
今年の私には自分が何を人とシェアしたいかが分かった。

今年の私には心から通じ合える仲間が更に出来た。

去年の私には、全く知らない男の人と話す事は難しかったけど
今年の私にはお話が出来る様になった。

去年の私はディズニーランドが大嫌いだったけど
今年の私はディズニーランドが大好きになった。

皆さんは去年の自分ではやらなかったけど
今年の自分がおこなった事はありますか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)日本帰国のお知らせ
                    2)ロサンゼルスにてIHコース大成功
3)今を生きる事

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)日本帰国のお知らせ

今年も日本帰国は12月12日から1月11日までです。


2)ロサンゼルスにてIHコース大成功!

マチルダ(ブログクリック)が来て11月14日から24日間の奇跡のコース(ブログクリック)が終わりました。
ふたを開けてみたら全員で25名の参加。
そこら中で奇跡の変化が起き、感動や解放の涙があふれる中、私は見守りました。
って言うのは嘘で、オーガナイザーのくせに私も一緒に沢山の感動と解放をもらいました。


3) 『今』を生きる事


この間の女性会議で Desensitize しなさいってDr.パッドに言われました。

本当に彼氏が欲しいなら、自分の中でセンシティブになっている男性への恐怖心を取り払いなさいって。

『どうやってよ???』って聞くと

『クラブとかマーケットとかで男性の眼を5秒見て相手が話してくるのを待てばいいのよ。いい?
その時に逃げ腰になったらダメよ。そこで話す事をするのよ』と。

どうよ?マーケットで男性の眼を5秒見るって、、、、なかなかできるもんじゃないんですよ。

マーケットで眼を見ると『なんやねん』って言う顔をされるし、そらされるし。
眼があって話しかけられたときには、すたこらさっさとその場を駆け足で逃げたくなるし。

でもね、やっぱりユニバースは凄いんですよ。そう言う機会を与えてくれるんです。
しかもこんなチキンの私にちゃーんと逃げ場の無いやり方で。

感謝祭の週末(ブログクリック)にあさみさんと一緒に
私は参加者全員が選択の自由の元、裸になってワークショップを受ける(ブログクリック)という物に参加をしました。

今になって思いだしてみると、本当にすんごーい体験だったと思う。

会場全員が洋服を着ていない状態で、男女の比率が同じ位で、泊まり込みで3日間のワークショップをしたんですね。

裸族の集りの中で、私一人だけ洋服をきたままでいました。

男の人と女の人の比率が同じになるワークショップなので、当然私は全く知らない男性とお話をする事になるんですよ。

一緒にペアを組んで、一緒に裸の男性を目の前にして、色々な事を話し合ったり、自分の心の内側をぶちまけたり、色々と。

初夜(言い方がいやらしいが)のエクセサイズで、『ペアになりなさい』と先生から指示があって、一人の男性がニコニコと私の方に寄って来てペアになろうって言われちった。

もう、この時点でジャッジメンタルマインド満載。

『ゲーこの人、私の所になんで来たんだろう?』
『この人、アジア人が好きなんちゃう?』
『この人に言いよられたらどうしよう』
『この人、さっきから私の周りをウロウロしてんな〜』

そんな独りよがりな事を頭の中でグルグルグルグルと考え続けてる。

そんな自分に気付いて苦笑して、でも、やっぱりこんな感情はグルグルと渦巻いて全然相手の言っている事に集中出来ない。

つまり、『今』この瞬間に相手の事を全然見ていないのです。

ぜんぜん。

まったく。

皆無。

もうね、その人がこれから何をしてくるのかが気になって仕方が無い。
その相手の要求に応えられるのかとか、考えてる。

思考は不安な妄想未来と過去の失敗経験の感覚を行ったり来たり。

自分の中で新しい環境に入った瞬間に、自分の思考回路が、グルグルと高速回転で必死に自分を守ろうとしているのが良く分かる。

私の場合は、自分を守る方法は相手をジャッジする事であることがよーくわかっちゃったんだな。

『えーこの人おかしい。』とか『キモ』とか『なんなん??』とか『ひげ!』とか。
なーんにもしてもされてもいないのに、相手があたかも私に対して以前にセクハラをしたかのような扱い。

一つのエクセサイズでは
その知らんおっさん(まだジャッジメント感覚満載)と2分から3分位眼を見つめ合った後に、その人に顔を触られるもの。

『顔ぐらい。。。』って思うけど、とんでもない!!!!

私、顔を触られた瞬間にお下劣な声で『おえほえおえ』と泣き出しちゃったんですよね。

怖くて仕方が無かったんですよ。怖くて。
男の人が手を自分の半径30㌢以内に入って来るという事があまりにも怖くて。

相手は優しく手を差し伸べているのにも関わらず、私はその手を魔物の手として感じているのです。
手を差し出すと言う一つの現実で私と相手は全く違う感覚のワールドにいるわけです。


その時に凄く感じました。うへー私、まだ過去に生きてるって。

『今、この瞬間に目の前にいる人を感じれていない』にゃーって。

その時にパートナーの
タトゥーまみれで右手にタコ、左手に鯉の入れ墨の入ったロン毛の男性に言われたんすよ。(超良い人なのに言い方がまだ酷い)

『僕は、君を傷つけたその彼ではない。だから僕を彼とかぶってみるのは止めてくれ。でも、男性を代表して伝えようと思う。君を今まで傷つける様な男の人がいて申し訳なかった。でも、この世の中はそう言う男性ばかりではないんだ。君を笑わせたくて、君を満足させたくて、君にいつでも幸せでいて欲しいと願ってやまない男性も沢山いるんだよ。僕だってその一人だ。君がその眼を養って、そう言う人が自分にはふさわしいのだと信じたら、そう言う男性ばかりが君の周りに寄って来るだろう。僕だって君に近づきやすくなる。友達になりやすくなる。その為にも、君の本来の力を取戻して欲しい。犠牲者でいる事は何も前に進ませない。』


わかります?私がお下劣な泣き声を挙げてしまう理由。

それを言われた時に、アー私って本当に過去に生きていたんだなって思ったんですよ。

過去のたった一回の傷ついた経験で私は周りの男性が自分を欺き、笑い、傷つける物だとどこかで感じて案じている。
その他の素晴らしい男性の経験の方が沢山多かったのに、大きな一回の失敗にとらわれて、それが全てだと思い込んでいる。

意識ではそんなのは妄想だと分かっているのに、身体がビビってる。潜在意識が危険信号を発動している。

タトゥーまみれのその男の人が私の顔を触ろうとした瞬間に、『きょわい』って知らないうちに反応をしている。

潜在意識の中で私は犠牲者であることをまだしていたのか。。。。と。


そのワークショップでは、沢山のエクセサイズをしました。毎日頭蓋骨がバラバラになるんちゃうか?ってほど泣きました。

みんな裸で私だけ洋服を着ていたのに、私だけが風邪を引きました。
あさみさんには『体全体で拒絶反応をしているみたいだね〜』って。

あさみさんがいなかったら私は多分すたこらさっさと逃げ出していた事でしょう。
ジャッジメンタル満載の捨て台詞を吐きながら。ふんっ!!って言いながら。

このワークショップは、今までぬくぬくと過去の感情でまみれていた環境から後ろ蹴りをされて崖に転落をした感じでした。
そして、そこで色々な事を学びました。

たーくさんあって皆伝えたいのですが、
その内の一つが『今』を生きる事です。

頭の中が未来を案じたり、過去の経験と被せたり、そうする事で疑ったり、非難したり、なんにも始まっていないのに勘ぐってみたり。

そんな一つ一つの動きがどれだけムダで、どれだけ気持ちを消耗し、どれだけ自分の楽しむ今を奪っているのかを実感しました。

未来なんて誰にも分からない。過去に起こった事は変えられない。
そんな曖昧な所に意識を馳せて、確実な『今』に意識がないのはなんとおろかなことだろうか。。。。と。

毎回が新しい出会いで新しい瞬間なのに、過去のクソまみれの記憶で台無しにしている。

もしも傷つく事があっても、心を痛める事があっても、恥ずかしい思いをする事があっても、それはそれで仕方が無いじゃないかと。
その時に『今』を生きて一生懸命に出た答えなら『間違って』いたとしても『失敗』ではなく人生の終わりでもない。

自分が未来や過去に逃げるときの癖もちゃんと見る事が出来つつあります。

今、目の前にいる人と一番の瞬間を過ごす。
出来そうでずっと出来ていなかった事がようやく師走になって出来る様になりかけています。


2014年からきっと私はもっと一瞬一瞬を楽しむ人生になりそうです。
今まで出会った方、そしてこれから出会う方とどんな風にその瞬間を楽しめるか、、、今から楽しみで仕方がありません。


今年も一年ありがとうございました。

来年からもずっと末永くよろしく御願いいたします。

いず美


Thu

29

Aug

2013

ワクワクキネシオロジー体験会!

今年もワクワクキネシオロジ−体験会を開催します!
9月29日 日曜日午後1時から5時まで
オールドトーランスにて!詳細はこちら
 
毎回奇跡の連続の体験会!
 
是非、奇跡の目撃者になりませんか??
 
こちらが去年の内容です!
 
 
今回の内容は大きく分けて3部。
1部は、自分の体にぴったりな物を発見しよう!というテーマで、キネシオロジを使って皆さんがそれぞれ持って来て頂いた食品を検査して行きました。
 
ますます食べる物が分からなくなった方とか、
身体に良いと思ってずっと使っていたのに違った!とか、
貰い物でまだ開封していないのに身体が全然受け付けない!とか、
様々な結果がありました。
 
中にはジュエリーを持って来てくださった方もいて、『これ~旦那さんからもらったのに。。。』とも。
浄化をしたらだいじょうぶだと言うキネシの結果をもらい、ほっと私の方も一安心。
 
2部は、現在持っているストレスをオラクルカード/エンジェルカードを使って、心の中を覗いてみよう!気付きを得よう!というテーマで行いました。
ここで得たメッセージも興味深かった!参加者のキャロルは『あ〜どうしましょう』っていつも心配していたんですね。本当に要らぬ心配ばかりしている。
そして、このオラクルカードを使ったら『 Stop Worrying』っていうカードが出て、笑っちゃいましたね。
 
『心配しなくていいよ〜』
ではなく
『心配するのを止めろ!』ですから!
 
まあ、
皆様、それぞれがそれぞれのストレスをキネシを使って向き合う事が出来たようです。
 
3部は、インテグレイティッド ヒーリングのデモセッションを見て頂きました。
これは、ほんとーーーーに深かったです。(まいちゃんの了解を得て内容を書いていまーす)
 
デモをしたいと手を挙げてくれたまいちゃん。
 
彼女の一番初めに提議した問題は『Sinus-鼻づまり』でした。
 
そして、彼女の潜在意識がゴーサインを出しましたのでセッションは鼻づまりをテーマにして進んで行く事に。
 
まずは鼻づまりの症状を聴いて行きます。
 
95%ぐらいは常に鼻が詰まっていて、口で呼吸をしている。そのせいか、いつもかったるい。。。と。
 
そして、次の目標設定へと進んで行きます。
 
この目標設定で会場皆が一体になった感じがしました。
 
彼女の鼻づまりから、今後どうして行きたいか?となった時に、『鼻が通る様になる』では身体がぴくりとも「その目標で良いよ!」って言う反応を示しませんでした。
 
なるほど。。。そうか。。。じゃあ、鼻づまりが治ったらどうして行きたいか?そんな事を話して行きました。
 
将来の事を考えたいのに定まらない。
沢山彼女の頭で一所懸命に考えて出してくれる言葉にウンともスンとも言わない潜在意識。困ったな~
という事で、アファメーションブックからヒントを得ましょうという事に。
 
Nurture というキーワードが出て来ました。
I spend time nurturing myself which gives me the energy to give to others. と言う、
 
まず自分に栄養を与える事により、それが他の方々にも栄養がを与える事になるんだよ~というところから始まり。
 
自分が自分に対して栄養を与える事により起こる罪悪感を全て手放します。そして自分の為に与える時間をエンジョイします。
 
という文章が出て来ました。
 
彼女はぽかーんとしていましたが、改めて今思うと、本当にその通りだと思いました。
 
まいちゃんは、お話をする中で常に『他の人』の為にという言葉がキーワードとして出て来ていました。
自分よりもまず他の人に!っていう気持ち。
 
そして、他の人ってだあれ?と聞くと、彼女の体が女性に反応をしました。そして、その事を伝えようとすると『家族かな』と。
そしてお母様が出てきました。
 
また話の流れでまいちゃんは『私は結構幸せですよ』と言っていました。
でも身体は『幸せ』というキーワードに激しく反応を示します。
 
そして、幸せについて前向きな事を考えようとすると、筋肉は後退しブロッキングの様な反応を示す。。。という様な状況。
 
 
そんな中で彼女が、ふとお母様に言われた一言を口にしました。
 
 
その言葉を口にした瞬間に、私は彼女の腕を通じて痛烈な叫びを筋肉から感じました。
 
その波動は、あまりにも強烈であまりにも熾烈で、思わず手をまいちゃんのお腹に置きました。私自身が彼女の手をホールドしているのが辛くなったのです。
 
 
あーどんなに辛かった事だろうか。どうしてそんな言葉を受け入れられようか?その言葉をこの子はどんな風に処理をして生きて来たのだろうか?
 
そんな事を思ったら、彼女がカオをぐちゃぐちゃにして真っ赤にして泣いているまいちゃんのカオが目に入り、私自身が必死で涙をこらえました。
会場の方を見る事も出来なかったのですが、鼻水をすする音が聞こえて来ました。
 
そして、まいちゃんに『さあ、どんな風にこれから生きて行こうか?』と問いかけました。
 
まいちゃんからキーワードが出て来ます。それをあさみさんが画用紙に書いてみんなも見える様にして行きます。
沢山の言葉のうち『愛する』というキーワードに身体が反応をしました。
 
『○○で○○で○○で○○な私を愛する』
 
ほぼこれで目標はいいだろうと思うのにも関わらず潜在意識はそれではゴール設定ではない、、、、と反応をします。
 
私もまいちゃんもあさみさんも『うーん』という状況の中、会場の中から『許す?』とか『受け入れる?』とか声が飛んで来ました。
みんなが一体となって、まいちゃんの目標を一緒に考えるという形になって来ました。
 
沢山の声が飛ぶ中、一つ一つチェックをして行きますが、その中で『自分を愛する。。。その事を受け入れる』と、会場にいたトシ君が言いました。
 
 
それを聞くと、綺麗に潜在意識がゴーサインを出しました。
 
みんなで『やった!』と拍手があがりました。みんなから『マイちゃん、頑張れ!』という声ならぬ声が一杯聞こえて来た感じがしました。
会場が一体となって、マイちゃんのこれからを拍手したような愛に包まれた時間でした。
そして、その後、扁桃体の修正と音叉で調整をして行って90分間に及ぶセッションは終わりました。
 
皆が一同に、まいちゃんの顔つきが違うと。
 
そして、会場の中には、『自分の問題とシンクロしすぎていて、それをマジマジと見させられたわ~』という感想もありました。
 
ほらね、まいちゃん、潜在意識が言っていた『自分の為に栄養を与えるとそれが他の人々にも栄養を与える事になって行く』というのがもう出来たじゃない。
 
まいちゃんが癒されよう、自分を癒そうと手を挙げた瞬間から、会場の方々へのヒーリングは始まっていたんですね。
 
だから、マイちゃんが癒される事は他の人にもとても良い影響を与えるのだ。。。。と、改めてキネシオロジーで選ばれたメッセージの深さを思い知りました。
 
マイちゃんの癒しはこれからドンドン続いて行く様で、11月のIHに参加を決めたようです。
今後の彼女の変化が楽しみです!
 
また今回の事をブログに書いてくださった参加者の方のリンクです。参加者目線の彼女の臨場感溢れる内容で、その時の事がよみがえりました。
 
是非読んでみてください。
 
 
アンケートからは、マイちゃん、頑張れ!とか、今後のマイちゃんを追跡してくださいなんていうメッセージもありました。
 

Fri

31

May

2013

2013 April Newsletter

 

4)未亡人脱出しちゃいました。

前回の手紙を書いた件(まだ読んでいない人はクリック!)の続きです。
前回のニュースレターの後、私は手紙を書きました。
でも、エゴという物はこういう風にして私のヒーリングを邪魔するのか!!!と思う程
手紙を書き始めようとすると、なんか部屋を掃除したくなったり(逃避)、なんか胃がムカムカして来たり(身体反応)
色々な理由を付けて延期しました。
心の奥底では、この手紙で自分が何かしらの変化を遂げると分かっているけど、
でも現実の自分はウロウロと横道に逸れるのです。
へーこれが、エゴの罠ね。
人間て(ちょっと話が大きすぎ?)
それがどんなに良い変化だと分かっていても、
そこにある黒い渦巻いた「心のうんち」と向き合う必要がある場合、
良い変化よりも、なんとなく対処してきた嫌な現状にとどまる事を望む
ものなのね〜
なんて、デスクの上に置いた便せんを横目に見ながら、せっせとトイレ掃除をしましたよ。
では、Dr.パットに言われた今回の心のうんちの出し方をシェアします。
手紙の内容は以下の段落に沿って書く様にとの指示でした。
第一段落:相手の何が好きだったか
第二段落:相手の何で傷ついたか
第三段落:自分がこれから出会う人に要らない物は何か
第四段落:自分がこれから出会う人に望む物は何か
第五段落:相手に感謝の気持ちとさようなら
これを初めに言われた時、ふふん、そんなの簡単よって思っていました。
でも、第一段落を書こうとすると、じぇんじぇ〜ん筆が進まない。
相手の好きな所が何も無い???
そうではなく、沢山ありすぎて、その事実に絶句し、困惑をしたんです。
あんな仕打ちをしたあいつの事を好きだと認める事が、くやしゅうてくやしゅうて。。。。。(ハンカチを噛む)
って言うアレです。
そんな自分を認めたくない、書きたくない、
そんな思いが強くて、トイレ掃除をしたり、ボリボリと食べてみたり、ネットサーフィンをしたり、鏡の前で踊ってみたり、必要ないのに文房具を買いに行ってみたり。
でも、以前にIHのデモンストレーションで変化したのを見た翌日(ブログクリック
私も復活してみようか。。。。
そう、ふと思えたのです。
キリストの復活祭という私には関係のないイベントにちょっと乗っかってみようか。。。と思って、
その日曜日3月31日にようやく重い腰をあげて向き合う事にしました。
自分を踏みにじった人に、まだ好きな部分があるなんて、そんな「惨めな事をしたくない」という私のエゴを脇に置いておいて
私はディズニーパレードの曲をヘッドフォンで聞きトランス状態に入りながら、とにかく自分の素直で正直な気持ちと向き合う事にしてみました。
第一段落の相手の好きな部分を書いて認めると、そう言えば、自分てこんな人が好きだったんだな〜と客観的に見えて来ました。
ナスが好きだったけど、食べ過ぎてゲロッちゃったら、次からナスが大嫌いになる。。。。
そんな心理と同じで、
本来は自分の好きなタイプなのに、むっちゃ傷つけられたから、自分の好きなタイプの人間を嫌いになる。
そうしたら、どんな人が好きだったか分からなくなってしまった。。。。
ただ、手紙を書いているうちに、相手のどんな所が自分とあっていたのか、好きだったのか。
嘘をつかれた事は良くなかったけど、自分が好きだったタイプを全否定する事もないんじゃないか???と気付いて来たんですね。
そして、第二段落は相手の何で傷ついたのか。。。。
これは、ゲロッちゃいましたね。
何が嫌だったかなんて思いだすこと自体、ネガティブに感じていましたし、そんな過去の事を今更言ってどうするんさっていうガチガチの表面的ポジティブ思想により、封印して来た思い出は、かなりの汚臭を醸し出しました。
結局は、正直に言うと自分が惨めだった事を認めたくなかった。
そして、相手に自分が伝えられなくて飲み込んだ言葉、飲み込んだ感情、無視した感情がどろどろとヘドロの様に出て来ました。(おそろしや、おそろしや)
なぜ、私は伝えられなかったか?
もう自分がこれ以上惨めになる事が私には耐えられなかったんですよね。
それがその当時の私に出来る唯一の抵抗であり、少しでも残った最後のプライドだった気がします。
書きながら、あまりにも惨めで、それと同時にそんな自分という人間が客観的に可哀想で、泣けて来ました。
私は明らかに彼との事で自尊心という物を粉々にしてしまったのだと改めて実感しました。
第二段落で汚物を出した頃、第三段落と第四段落は結構楽に書き始める事が出来ました。
自分が彼とのその経験を通じて、何を捨て、何を手元に残すのかが明確になった気がします。
今までは、彼と関わる事全てに対して真っ向から全否定して来ましたから。
彼と同じ様な話し方をする人、彼と同じ様なユーモアのセンスを持つ人、彼と同じ様な声の人、彼と同じ様な手の形の人、彼と同じ車に乗っている人、などなど。
ぷはー未亡人ですな。
彼の全てを否定するのではなく、彼の中で自分にとって良かった事、彼との経験によって自分に必要ではなくなったものが分かると、
『彼』自体が問題ではなくなってきました。
彼との経験を通じて、自分のことをもっと知る事になったんです。
私って、何が好きで何が嫌いか。
そして、手紙の第五段落に来た時、驚きました。
よく言われる『許す』とか『過去を手放す』とか。よくヒーリングに出て来る言葉。
頭では分かっているけど、全然身体の奥底ではそんな言葉に納得していない。
勿論、許すことが出来たらどんなに楽かと思う。そんなのは分かっているのだよ。
でも、出来ないのだよ
私のプライドが邪魔をして、そんな事を出来る程、心の器が大きくないんだよ。
だって、また同じような人に傷つけられたらどうするの?
また、裏切られたらどうするの??
また、心がボロボロになったらどうするの?
次はもう立ちあがって浮上するパワーは無いと思うよ。
だから、許す事なんて手放すなんて、、、そんな事を言うのは、あの地獄の中どうにかして生き延びて這い上がってきた私には酷な話なんですよ。
そんな自問自答。許したいし手放したいけど、出来ない。
そんな私の中で折り合いがついた言葉は『あんたのこと、許してあげるけど、また人としてあんたを信用するほど私は馬鹿じゃないから』って言う、まあ何とも卑屈な私でした。
それが当時のギリギリ、受け入れられる私の譲歩。
でも、そんな卑屈で心がぶっさいくで、心に黒いうんちがドグロを巻いてたまっていた便秘な私が手紙を書いているうちに
ずるりと出ちゃったんですね。
第五段落を書いている間に
この人に会えて良かった。ありがたーい。。。。この人に会えなかったら、私はきっと感謝をするという事を知らなかったんだなって。
そう思える様になっていました。
神々しい感じで。たらーん
陰陽のマーク知っています?
あの意味が昔は『???』って感じだったんですよ。
でも、今なら分かるんですよね。
私は、彼によって陰の部分を明確に知りました。前も知っていたけど、そんなの比ではないです。
ねたみ、そねみ、不幸、イライラ、嫉妬、裏切り、嘘、悪質、自己猜疑心、自己否定 などなど
でも、それを知ったから、これからはその逆の陽の光を理解出来る様になったんです。
でも、私がここまで長引いたのは、その感情を封印してダメな物だと決めつけて見ない様にしてきたんですね。見る勇気もありませんでした。
『自分がそんな事を感じる人間であろうはずが無い!』と目を背けた時点で、真実が見えなくなり、こーんなに長くかかっちゃいました。
随分と遠回りしたけど、
頭が悪くて、善人でいたくて、いつも正しい人でありたくて、傷つきやすい私にはちょうど良かったのかもしれない。
だから『ズーミー偉いね』『頑張っているね』『よくやったね』
っていくら褒められても、私は本当は自分の中のドロドロしたものを知っているからその声が聞こえてこない。
そして、得意の『私は自分に自信が有りません』になっちゃう。
さて、Dr.パットに読んだのは書き終わってから2週間も経っていたので、読む事も大丈夫だろう位に思っていました。
でも、その手紙をDr.パットの前で読む時に、またもや嗚咽。
『まだ、この件に関して涙が出てくるもんだ。』
と呆れながらも読み終えました。
終わると部屋中に拍手喝采が起こりました。
そして、Dr.パットが
『この手紙を聴いて、自分もこの感情を知っていると思った人は?』
と、部屋にいる女性に聴きました。
すると、全員が手を挙げました。
こんなにも私と同じ経験をして傷ついている女性がいるのだと、改めて気付かされました。
『よくやったわね』とDr.パットに言われて、その日のセッションは終わりました。
翌週のグループセッションで、私は次のレイヤーに入りましたよ。ほい。
まあ、とりあえず未亡人脱出です。
今度彼にばったり会ったら、もうオエーって言わないな。
多分『よ!』って言う自分が想像出来る。
そして、心の中であなたのおかげで私、自分をもっと知る事が出来たよ!ありがとう!!!
って言える。
そんな経験でした。
自分の汚い部分と見つめ合ったら、
その後、『私ってずるいんです』とか『私、こんな嫌なやつなんです』と言って自分の闇と向かい合う方のセッションで増えました。
いいじゃない?それと向き合っただけ、認めた勇気、すごいじゃん〜って。
でも、それだけが全てではない。嫌な部分もあるけど、それと同じ分だけいい部分もあるしね。
嫌な部分は、多分その時に単純に『ラブを欲していただけ』なんです。
そう、ラブ注〜入(もうすでに古いか?!)♡
キネシとヤムナボディーローリングで、ラブ注入(しつこい?)をしたく思うのであります。
今回も長〜い文章を読んで頂きありがとうございました。

Tue

30

Apr

2013

2013年 3月号 ニュースレター

3月は講習会で満載でした。

先週2週間は
キネシオロジーの講習会をして
沢山の涙と笑いで一杯の週末でした。

最後に講師の雪乃さんから
『ズーミーへのメッセージ』として選ばれたカードが
『呪縛から解かれなさい』
というメッセージ。

なんとなく腑に落ちないながら過ごした今週一週間のなかで
その意味が分かる時が来ました。

初めてサイコセラピストと呼ばれる精神療法士に
セッションをしてもらいました。

そして、今まで溜め込んでいた腑に落ちないメッセージ達が
全て腑に落ちた瞬間を得ました。

今月は沢山の気付きがある月でした。

さて今月号もお楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)4月 YBRワークショップ                 
2)ヤムナボディーローリング資格講習会 in Japan    
3)サイコセラピストのセッションを経て         

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)4月 YBRワークショップ

日時:4月13日 土曜日 1時から3時
場所:Elite Movement Pilates Studio 

来月は、花粉症の季節なのでデトックスワークショップにしたいと思います。身体の内臓やたまっている部位をぐいぐいと掘り下げて行こうと思います。

2)ヤムナボディーローリング 資格講習会 フェイズ1 日本にて
   『解剖学と英語を一緒にフェイズ1で学びましょう』

7月26、27、28日にヤムナボディーローリングの資格講習会を東京にて行います。

フェイズ1では、
ヤムナボディーローリングを使って、ヤムナの基本的な概念理念やボールの使い方、そして解剖学を使って身体の細かい筋肉をボールでほぐして行きます。解剖学を身体で感じたい方はフェイズ1を受講されると自分の体のどの筋肉がどの様に収縮した状況にあるのか、とか身体はどのように機能しているのかと言った事も学ぶ事が出来ます。

私自身、マッサージセラピストとして働き、マッサージ学校で習った経験をいかしてオリジナルな方法で解剖学を使って学んで行くので、楽しく自分の身体を学ぶ事が出来る内容となっています。

またこの資格のフェイズ2はヤムナ本人がNYから10月末に来日して、次にクライアントさんに対してボールを使ってどの様に身体をほぐすかを学びます。

その時、私自身も通訳としてヤムナに連行いたします。
その時にヤムナの言っている事が分かる様な英語も含めて私の教えるフェイズ1で教えて行きますので、
フェイズ2の受講を考えている方は英語も一緒にフェイズ1で学びましょう!

ご興味が有る方は、是非ご連絡を下さい。詳細をお送りします。

3)イベント情報!

① 4月21日 名古屋にてカフェキネシ講座(タロットカウンセリングも!)
カフェキネシのアロマを考案した星ゆかりさんとタロットカウンセラーの樋口和矢さんの最強コンビが名古屋に!
主宰は池内弘美さん。いつも彼女のイベントは多くの人で一杯。毎回彼女の周りには幸せになって帰って行く人続出です。
その彼女が主宰するイベントは注目です。しかも最強コンビが名古屋上陸だし。私も行きたーい!

*これについては今回のニュースレターに詳細が書いてあります〜

② 本間キネシ in London
7月にロンドンで本間先生がキネシオロジーマスターコースを開催!
今回はロンドンに住むセラピストのまみちゃんが主宰で開催が決定!この二人がタッグを組んだら、凄そうだわ。。。是非!
【Dr.本間のマスターコース5日間in London】
講師:Dr.本間
7月 15日(月)ー7月19日(金)
https://sites.google.com/a/ehtclondon.co.uk/master-in-london/home


【DEEPゼミ in Los Angeles】
4月 & 5月 DEEP
http://www.kinesi.us/semi7.htm

③森田さんが東京にてマスターコースを開催。
筋肉反射テストをマスターしたい方、彼自身が沢山筋肉反射テストを取るのに徒労したので出来ない人の気持ちが分かる講師です。是非是非!
【森田講師による Dr.本間のマスターコース 5日間in 東京】
講師:森田達也
4月29(月)ー5月3日(金) 
https://sites.google.com/a/littletreeseminar.com/master-in-tokyo/home

是非ともご参加してみて下さい!




4)サイコセラピストのセッションを受けて

キネシオロジーを始めてから、気付きの連続が起こり、以前よりはもっとマシに世の中を見る事が出来る様になった気がします。

でも
私自身ふつうーの迷える子羊であり、いやはやなーんにもわかっちゃいないんだな〜と、毎日毎日思っています。


ふん!って意地を張るし、いいなーってうらやましく感じるし、チェっていじけるし、ふふんって調子に乗るし。

だから、キネシオロジーを始めてから、物の見方を変える事が出来る様になったけど、まだまだだな〜って。

そんな中、セッションをした初めてのクライアントさんが
『ねえ、あなた、この仕事をしているなら、絶対に会うといいと思う人がいるのよ。きっとDr.の事、気に入ると思うわ』
と誘われて、先週木曜日にウーマンクラブに参加する事になりました。


ウーマンクラブとは、

いわゆる、ジェントルマンクラブと言った男性が素っ裸の女性に会いに行く、、、、!!というクラブの様に、

素っ裸の男性に会いに行く

というのとは違って

サイコセラピストの所に女性だけのグループセッションをする所です。えへへ。


私のクライアントさんが主催するそのドクターのクラブに仲間入りをさせてもらいました。

そのドクターの本を私は数年前に購入をして読んでいたので、あの本の著者がこんなに近くに居たのか!とビックリしました。

そのクラブには8名の女性が参加していました。
サークルになって座り、一人ずつDr.の前に座って自分の今の悩みをお話をするのです。
その一人一人のセッションを聞いて学んだり、意見をしたり、共感したり、するのですね。

グループセッションという物の存在は知っていましたが、本物ってこういうのなのね〜とドキドキワクワク。

一人ずつ、死刑台に立たされるかの様にDr.の前に行って自分の悩みを話します。
サイコセラピストである彼女は淡々とお話をしていきます。泣くわ、わめくわ、叫ぶわ。。。。。。

でも、多分、そこにいた女性はこの私でさえ知っている有名な女性達ばかりの集まりでした。

人って、地位じゃあないんだよね、やっぱりどう他の人とつながるかなんだな〜なんて思いで傍観していると私の番。

内心、えーん、怖ーいよぅ。このDr.、むっちゃ怖い!

そのおびえた目を察知したのか、

『あたしゃーね、(英語だけど多分日本語だったらこういう感じで話しそう)
アンタ達が泣いても叫んでもどうでもいいの。あなたがどう感じているかなんてね、どうでもいいの。
私にとって大切なのは、あなたが今どんなに惨めかっていう感情なんかじゃなくてね、どうやったらその惨めさから出て行けるかって言う事だから』

っていう。

益々怖いじゃん。おえーって思って、彼女の前に座りました。

Dr.パット『ちょっと紙を出しなさい』

私『はい。』
(全てのセッションがそうですが、ここで起こった他人の内容は他には漏らしませんという宣言文と自分の今の体調などを書く紙を渡しました。)

Dr.『なに、あなた皮膚の問題ってあるけど、なんなの。』

私『8年位前から全身の皮膚がタダレて、今は喉と手に少し残っています』

Dr.『あなたが、押し出したい人は誰?』

私『へ??』

Dr.『あなたがあっちへ行け!私の視界から出て行け!って思う人って誰?そう言う意味よ、あなたの皮膚が言っているのわ』

私『えーっと。。。。まあ自分自身の醜い部分でしょうか。』

Dr.『ちがうね、それ以外では?』

私『まあ、その頃に付き合っていた彼でしょうか』

Dr.『何があったの??』

私『まあ、結婚しようかとまで思っていたのですが、結局ダメになりました。(長ーいので省略します)』

Dr.『最後に会ったのはいつ?』

私『えー、それ、難しい質問なんですけど、実は、会ったのは2ヶ月程前に帰国した時です。でも、会ったと言うか、毎回日本に帰る度にその彼とばったりと変な所で会うんですよ。一度は、私が運転して信号待ちをしていて、ふと横を見ると彼もまた車で信号待ちをしていた。。とか。でも、もう気持ちが悪いので、いつも偶然ばったり会っても、オエーって思って去ります』

Dr.『あんたはさ、彼と結婚したんだね』

私『いやいや、聞いていました?私の話。結婚したかったけど、出来なかったんですよ』

Dr.『ちがうのよ。アンタの身体が、魂が彼に結婚しているのよ』

私『サイコセラピストって科学的に人の感情とかを読み解くんですよね?魂とか言っちゃったら非科学的な気がしますけど』

Dr.『じゃあ、ドーパミンとかオキシトシンとかの話をしてもいいけど、あんたは分からないから』

私『うむむ。確かに』

Dr.『とにかくホルモン的にあんたはその人と結婚をしたの。じゃあ、その代わりその後に出会った?誰かとお付き合いした?」

私『まあ』

Dr.『で、うまく行った訳?』

私『いや、私の気が乗らなくて』

Dr.『そうよ、あんたはね、未亡人なの。夫に先立たれてちゃんとグッバイを言えなかった未亡人。まだその人と結婚をしているから、次の人が見つからないのよ。それがあなたが次の人が出来ない原因』

私『えーーーー、いやや、いややあーや!」

Dr.『しょうがないじゃない、結婚しているんだから。身体は深ーくつながっちゃっているんだから。でもね、それが女って物よ』

私『じゃあ、縁を切って下さい』

Dr.『オッケ。あなたに宿題を出しましょう。私が今から言う順番に彼にハイグッバイレターを書きなさい。あなた、彼のメイルアドレスとか知っているの??』

私『えーしらないです。だってもう、ずっと前の事ですから』

Dr.『しつこいね。未亡人なの、あなたは。』

私『まあ、友達づてに聞く事は出来ますけど。どこで今働いているのかも知らないし。え〜でも今更伝えても〜』

Dr.『二つ方法があるわ。話すか、書くか。さあどっち?』

私『えーじゃあ、書く』(渋々)

Dr.『だろうね、そう言うと思ったわ。あなたは相手に伝える事はできない。だから喉が痒いのよ』

私『。。。。。。。』

そう言って、彼女は私に手紙の書き方を1行目から教えてくれました。
そして、書き終わったら、Dr.の前で一度読みなさいと。

私が次にこのクラブに参加するのは2週間後。
それまでに書いてグループの所で読むのか〜って思って、帰宅しました。


あのですね、2年前にセドナに行った時に私、キネシオロジストの樋口さんにタロットカードを読んでもらっているんですよ。
何について読んでもらうかなんて検討もつかなかったんで、森田さんにお願いをしてキネシで調べてもらったら
『結婚』って言うテーマが出て来ました。

じゃあ、結婚で、、、、

って言ってみてもらったら

『うーん、、、、なんかね、今は未亡人のカードが出ている』

って言われたんですよ。

その時は、『はい????』

って感じだったのですが、Dr.パットに会って、ようやく2年前の未亡人のカードの意味が分かりました。

樋口さん、すごいねええええええ。
潜在意識ってすごいねえええええ。

でも、あの時のわたしの意識は分かる準備が出来ていなかったんですよね。
だけど、未亡人のカードを見せつけられたから、今気付く事が出来たと言ったんだな〜ッて思います。

そして、冒頭に書いた雪乃さんがひいた『呪縛から解かれなさい』というカード。
それも実は何に対してのカードを引いてもらおうかと思ってキネシオロジーで聞いて行くと、その昔の結婚を考えた彼だったんですね。
まだ??もう終わった事なのに。。。。なんで??って言うのと、呪縛ねえ〜って感じだったんですけど、全てつながりました。

もしも、私がキネシオロジーを知らずにDr.パットの所にだけ行っていたら、こんなにグループセッションに参加して得た今回の様な深みは増していなかったかもしれない。
そこまで身体が結婚して未亡人になってしまった昔との彼の関係なんて重要視していなかったかもしれない。

キネシオロジーはこうやっていつも私にサインをくれるんです。

キネシオロジーをみんなが学んだらきっと世の中ハッピーよね。
私みたいな未亡人が救われちゃうもの。

それにしても、樋口さんのタロットには驚いた!
彼のタロットは、占いというよりは、今自分がスタックしている状況に気付きを与えてくれると言った方が正しいかもしれない。

樋口さんのタロット、すごいなあああ〜
もしも彼にタロットを見てもらうのならば、きっと今の自分を見せつけられる事でしょう。

樋口さんのタロットとキネシオロジーのセッション、おススメです。

なぜかと言うと、タロットだけではなく、アロマを使ってキネシオロジーをする簡単カフェキネシの方法も教えてもらえるからです。

カフェキネシの凄い所は、今の自分の問題に気付いたら、あとは、アロマを使ってそれを手放し新しい方向へ導いてくれるんですね。

恋愛や夫婦関係になにかしっくりきていない物を感じていましたら、是非キネシで潜在意識のメッセージを聞いてみて下さい。

自分との会話ですよね、言ってみれば。

Sun

29

Jul

2012

ブログはこちらへ

他にも日々の生活のブログを書いています。

こちらへクリックしてください。

 

Tue

13

Mar

2012

Can you~?

Can you~?って、英語の教科書では、『〜できますか?』って訳すと習いました?また、もう少し翻訳を日本語に近くすると『〜してくれない?』とかになるんですよね。

 

これって、私の常識の中では間違った訳し方と言うか、間違った日米間の考え方なんだと思いました。

 

普段、

母に『ねえ、ちょっとあれ取ってくれる?』って言うと

 

『うん、いいよ』

って返事をします。

 

父に、『これ直す事出来るかな?』って聞くと、黙ってちゃんと次の日には直っている事がほとんどでした。

 

唯一断られる時は、姉とか兄弟に『嫌だよ』ッて言われるぐらいでした。そう言うときは、本当に出来ないのではなくて、意地悪で嫌だッて言われているのだって、どこかで学んでいました。

 

 

つまり

『〜できる?』とか『〜してくれない?』ッて聞かれたとき

『嫌だ(NO)』ッて返答する事は皆無でした。

 

逆にノーと言う事は意地悪な感じで、相手に優しくない気がしました。

 

だから、今でも『〜してくれない?』ッて聞かれると、

『カレー味のうんちを食べてくれない?』ッて聞かれる以外は

『いいよ』って答える事が当たり前でした

 

答えるのが当たり前になっていると、

当然、相手に『〜してくれる?』ってお願いする時には相手が『嫌だ』ッて言う事がないと、どこかで思っているんです。

 

ほとんど、ノーを言う事も言われる事もなかったですが、

それでも、たまにノーと言われると

 

『ちぇっ。これ位してくれてもいいじゃんよ〜』

 

ッて思う事もありました。

 

『〜出来る?』という質問は、当然私が優しさとともにするべき事とあまりにも当然だと思いすぎていて、この『〜出来る?』に苦しんでいることにも気付かなかったです。

 

だけど、

『Can you take a guy who has hip replacement on Monday at 3;15p.m.?(月曜の3時15分に股関節の手術をした人にピラティスを教えてくれないかしら?)』

 

と言われたんですね。

 

その時に、もう私のスケジュール的には沢山入っていて、これ以上人を取ったらしんどいなあ〜っていう感じだったのですが、それでも、頼まれているし。。。ッて思って、オッケーを出したのです。

 

その為に他のスケジュール調整もしたのに、後日『やっぱり水曜日になったから良いわ』っていうサラリとしたメイルが来て、『え〜!?』って引いた訳です。

 

でも、その話を友達にすると大抵

『それはいず美が悪いわ。』って何の支持も得られませんでした。

 

『え〜。断ったら可哀想だと思って、オッケーを出したのに』って言うんですけど、それでも私が悪いと。

この私の親切心はどうして受け入れてもらえないのか?って

トコトン突き詰めて行くと

 

『いず美は、Can you~?って聞かれたんでしょ?その時に、あなたは、質問されたのではなく、強制的な命令に聞こえているのね。 Can you~?はあくまでも Can you~?という質問文であって、もっと軽く考えて良いのに』

 

と。

 

確かに。。。。

 

出来る?ッて聞かれて、やる事が厳しかったら出来ないッて言えば良いのに、出来ないッて言う事を不親切だと思っている。出来ないッて言う事をお姉ちゃんやお兄ちゃんがした事の様に意地悪な事だと思っているので、どんなに大変でもなんとかやろうとしちゃう。

 

もっと言葉通りに会話を聞けば良いのに。。。。って。

 

『「結構長い間だから、スケジュールを調整しないと無理かもしれない」ッて言えば、相手だってあなたの状況を理解しただろうし。そう言う事を言わないのを美徳としているかもしれないけど、それがあなたにストレスをもたらしている時点で、美徳ではないのよ』

 

うむむ。。。確かに。

 

これからはCan you~?って聞かれたら、今まで見たいに自動的に私がやるべき事なんだッて思い込むのではなく、私が本当にハンドル出来るのかどうかを先ず考える様にしよ〜って思ったんです。

 

この考え方が出来たら、相手が出来ないッて言った時にも『この人意地悪〜』なんてとんちんかんに思わず、他の方法を探す事に集中出来て、そこに執着がなくなりますもんね。

 

 

 

Tue

28

Feb

2012

誕生日を迎えました。

火曜日の28日に誕生日を迎えました。

 

日曜日にお友達がパサディナの夢舎でお誕生日会を開いてくれました。そして小麦粉が食べれないから、って言ってケーキの形のバルーンを買って来てくれました。

 

レストランに入った時にそのバルーンを見て、

むっちゃテンションが上がるぅ〜

 

空港に到着したときや、バレンタインとかに風船をもっている人をよくみていましたが、別に興味はなかったですね。でも、こうやって自分がもらうと、なんてバルーンて良いんだろう!!!ってキャッキャしながらパーティーの後にこのバルーンを手にもって歩きました。

 

そして、ちょっと泣きそうにもなりました。

 

去年の誕生日は彼氏と別れたばかりで、友達にイタリアンに連れて行ってもらったけど、彼氏と毎年過ごしていたのとは違う誕生日に戸惑い、そして顔の皮膚の腫れに心がしおれて、心から楽しめなかったんです。

 

一昨年は、あまりの顔の痛さに、泣き叫びながらアロマセラピストの方に電話をして、アロマを調合してもらって取りに行った覚えがあります。なんて惨めな誕生日なんだろうと。

 

その前の年も、その前の前の年も顔が痛くて、辛くて、しんどい誕生日でした。自分を帽子で隠していた誕生日が続いていました。

 

でも今年は、ちゃんと顔を出して、お気に入りのシャツを着て、髪型をセットして、口紅を引いて、友達と外に出て好きな物を食べる事が出来て、本当に幸せだな〜って。

 

健康である事に本当に幸せを感じたんですね。

 

誕生日の日には、私は、毎年自分に何か特別な物を購入していました。ご褒美、みたいな感覚で。

 

去年はMacBook Proを買いました。大人買いです。

 

今年は何を買おうかな〜と、考えていたんです。

iPad3あたりかな〜なんて。

 

でも、このバルーンをもらって、歩きながら自分が健康的に誕生日を迎えられている事で、もう充分かもな〜って思ったら、これがご褒美だわって思えて来たんです。

 

だから、自分に買うというよりは、なにか他に使おうッて思って、赤十字に寄って東北大震災への寄付をさせてもらってきました。

 

あと、前に歩いて行ける様にNew Balanceで新しい靴を買う事にしました。

 

店員さんが私のボロボロの汚いナイキのシューズを見て『これ、どれ位使ったの??』って聞かれました。恥ずかしいな〜

 

28日の晩は、お風呂に浸かって、誕生日プレゼントでもらったスクラブで足の指一本一本から丁寧に洗いました。

 

ありがとうね〜なんて会話をしながら。

今までは、身体の一部なんて、有って当然で所詮身体の一部ッて感じでしたが、今は健康になってくれてありがとう!っていう気持ちで一杯になったんですよね。

 

お母さんから電話があって、たわいもない話が出来ました。

皮膚の事ではなく、もっと別のたわいのない話。

それが出来る事が本当に良かったな〜って思えて、とても良い誕生日でした。

 

ありがてぃ!

 

バースデーメッセージを下さった皆様、ありがとうございまうす。


 

Fri

03

Feb

2012

日本でよく見た頑張るOL

日本で東京やら名古屋やら色々な所に移動しましたが、その時によく見た光景が女性のOLさん達が電車の中で居眠りをしている所でした。

 

電車の揺れに会わせてぐらぐらと揺れながら、絶妙なバランスで座位を保つ姿勢を見て、あっぱれという感じでした。

 

そう言えば私も脇目もふらずに、口をあんぐり開けながら電車に座って移動していたっけな〜って思いながら、微笑ましく見ていました。『女性なのにだらしない』とか『みっともない』とかいう方もいるでしょうが、私はそこまで頑張っているのだよ、日本の働く人々は!って思ってだらしないとか思いませんでした。

 

どうしてそこまで頑張るの?と言われても頑張ってしまう女性。

そんな光景を目にしながら、NYへ飛びました。

 

そして、先日NYで受講したクラスの中で一人の生徒が

 

『面倒くさいというのは、完璧主義の人が、完璧に出来ないからそれが嫌で面倒くさくなるんだと思う。だから、めんどくさいというのは、ナマケモノなんではなくて、完璧主義者なのかもしれない』と。

 

ハッとしました。

本当にそう。

 

そのクラスの中で、ジョハリの窓というのを学びました。

大学時代の心理学で習ったな〜ッて思いだしながら、4つの窓について考えました。自分が知っている自分、他人が知っている自分、自分も他人も知っている自分、そして誰も知らない自分。

その4つの窓の事をジョハリの窓というようです。

 

私は、自分が知らない窓が沢山ありました。

一つは『気を使う』という事でした。

 

家族にも友達にも『本当に気を使い過ぎだよ』ッて言われました。でも私には、『え??こんなズボラな私が?』っていつも言われる度に思っていたので『この人達は本当の私を知らないんだ。何を見て、私が気を使っているというのか知らんが。。。』ッて思って、あまりその言葉を真摯に受け止めていませんでした。

 

でも、完璧主義者がめんどくさがりにもなりうるというのを聞いて、ハッとしました。

私は、ずぼらだって自分で分かっているから、それではあかん!ッて思って、人一倍に気を使わないと行けないと思っていました。

 

ダンスでも先輩に『あなたが、高校教師なんて信じられないわ』なんて言われたこともありましたし、『もっとちゃんとしなさい!』って母によく言われました。

 

そして気を使っているうちに、ズボラな私が私なのか、気を使っている私が私なのか、何が本当の私か分からなくなって来ました。

 

キネシのクラスを受けている時に、

 

『自分がダメだと思っている部分を頑張って直そうとしていると、その自分がダメだと思う部分と同じ性格を持った人を見るとイライラする。』

 

というテーマを出した人が居ました。

 

彼女は

『私は、片付けが出来ないから、家中にラベルを付けて、ここにはフォーク、ここにはハサミ、ここには雑誌ッて決めているのに、旦那はいつも全てのものをうっちゃらかしにしている。もうそれがストレスで!!!』

 

って言っていました。

でも結局は、彼女が

『こんなに片付けが出来ないのを頑張っているのに、片付けが出来ない人がそばにいるのは許せない!!!』

 

という自分が問題なんですよね。その片付けが出来ない人が問題なのではなく。

 

自分がイライラしている事を見直してみると、結局自分が持っている性質でありながら、それを『悪』としている事によるのかもしれませんね。

 

なんだか言っている事が伝わりましたでしょうか??

 

まあ、私たちはみんな頑張っとるっちゅー事です。

 

 

Sun

29

Jan

2012

日本での講習会

今回はグループクラスはヤムナボディーローリングを教えさせて頂きました。そこでキネシオロジーと組み合わせて、身体と心と魂のつながりを体験して頂きました。

 

何度も受講してくださる方には、私がいつもロスでさせてもらっているセッション同様に、その方自身の問題をキネシオロジで見つけて、一人一人がここの問題点と向き合いながら、筋肉をほぐして行くという事をしました。

 

例えば、『仕事が憂鬱でストレスです』ッて来られた方が本当にそれが潜在意識に取ってストレスかどうかのチェックを筋肉を使ってします。

 

筋肉がその事を考えた状態で強いままだとそれは、さほど身体にはストレスではないようですとお伝えします。

 

すると『じゃあ、これかも。。。』と言って、何個も出て来ます。だいたい最後位に『もう無いけど、じゃあもしかしてこれかな?』ッて言ったものが大体、その方のストレスになります。

 

『え〜?!そんなにストレスに思っていないんですけど』と言う反応がよく有ります。でも、身体はびんびんに反応しているので、認めざるを得ない訳です。

 

自分にとってストレスと思っている事が、本当は本来のストレスの盾になっている場合ッて多いんですよね。

それだけサバイバルモードが働いて、本当のストレスを見つめない様にしている事が多々有ります。自分自身の経験から良く分かります。

 

そして、それについてのキネシオロジでドコの臓器がダメージを(エネルギー的にです)受けているのか、そしてそこにまつわる感情はなにか?と深く見直して行きます。それに対応した筋肉をほぐして行きます。

 

面白い事に、あるクラスでは、小腸、胃、肺、大腸、と色々出ましたが、その臓器に対応した筋肉をボールを使って伸ばして行くと、小腸のエネルギーが乱れていますと言われた方は、小腸のエネルギーの筋肉を伸ばしている時に悲鳴を上げます。『いたたたたた』って。

 

そして大腸の経絡(エネルギー)の筋肉をほぐして行くと、他の人は痛いの度合いが5にたいして、大腸が乱れている人は100の悲鳴を上げます。

 

身体ッて凄いですよね。

自分の頭で思っている事以上によく分かっていらっしゃる。

 

北斗の拳のケンシロウ並みにクラスは『アタタタタタ』と言う声で一杯でした。

 

ちなみに、第一の経絡である身体の正中線を走る経絡をまずチェックするのですが、それがグズグズになっている人が多いこと!

日本人、みんな頑張っているんだな〜って、あまりの多さに心が痛みました。

 

そしてその正中線をまず整えない事には他の臓器のチェックが出来ないので、指でグリグリっとそこの正中線の経絡を整える筋肉をほぐすのですが、これまた痛い様で、ケンシロウ並みに『アタタタタ』と叫び声が響きました。

 

こんなに心を痛めて、それを元に戻そうとマッサージをしているのに、『鬼!』と呼ばれる始末。

 

まあ、いいじゃないの。

鬼の役割をほんの少ししてあげましょう。全ては皆さんの身体が良くなる為ですものと、僧のような気持ちでいましたが、

 

いざ私がしてもらった時には、

『鬼!悪魔!あっちいけ!痛いぞ!この〜』

と誰よりも多く叫んでいました。

 

そんなもんですよね。


 

Sun

29

Jan

2012

ロスに戻り

日本の正月はとても楽しかったです。

兄や姉の家族が私の実家に遊びに来て、子供達と朝から晩までどんちゃん騒ぎ。また、大好きな中村勘三郎さんのお芝居を母と二人で、隅田川の特設会場まで観に行って、スカイツリーを眺め、お座敷でお弁当を食べました。浅草寺のあまりの人の多さにビックリしながら帰宅。両親がお年始周りをしている間、こたつでグーグーと眠り、お年玉セールと言う家電量販店へ行き、圧力釜を買い好きな物を食べました。

毎日、おせちやお刺身や、お寿司や、お鍋などを食べて、お笑い番組を一日中テレビで見ながら過ごすなんて贅沢すぎるわ〜なんて過ごした日本のお正月。

 

そして、ニューヨークに飛び、タロットカードの読み方や経営学の講習会を受けて来ました。

 

1月に入って数日間以外は、ずっと自分の為に時間を使っていました。なんて贅沢な過ごし方。

 

そして、先週の日曜日にロスに戻り、ハタと現実の世界に戻りました。

 

時差ぼけが酷く、『私はどこ、ここは誰?』の状態。

久しぶりに開くインターネットに山の様なメイルを見てアワワワワとなり『見なかった事にしよう』と現実逃避状態。

 

久しぶりに会うクライアントさんたちにも『や〜!!!』ッて言ってハイテンションでハグをするものの、えーっと。。。。と上手く脳が作動しません。

 

それでもクライアントさんたちは満足して帰って行く様子。

 

我ここに有らず状態が、なんだか変な感じがして、これは寝て元気を回復するしか無いと最近は毎日10時には寝ています。早い日には9時には床につきます。

 

そして送った一週間。

昨日はボスのマリアの所でスタッフミーティングが有り、気持ちが引き締まりました。カクテルを飲みながらのマリア宅でのミーティングなので、果たしてミーティングと呼ぶのか?とも思いますが、結構真剣な話をしました。

 

みんなで意見を出し合いながら、楽しくまた、真剣に過ごした夜でした。

 

そして、今日日曜日が一日終わり明日から一週間が始まります。

 

一週間、毎日10時に(たまに9時)に寝ていたら、ようやく元気が出て来ました。

 

恐るべし日本の正月。我が脳みそをこんにゃくの様にさせようぞ。

 

今週から2月が始まりますものね。

現実に戻って、地に足をつけて邁進したく思います。


 

Wed

11

Jan

2012

明けましておめでとうございまうす

明けましておめでとうございます。

分かっています。もう1月も末だと言う事を。

 

1月11日にロスに戻り、その足で翌々日の金曜日にニューヨークへ発ちました。そしてNYで10日間セミナーを受講し、ロスに一週間前に戻って来ました。

 

新年一発目から、言い訳がましくすみません。

 

今回の日本滞在は、色々な場所で新しい方々にお会い出来て、とても充実した帰国になりました。毎日忙しく目まぐるしく講習会に呼んで頂き、そして共感出来る事が多く、とても楽しかったです。

 

今回はIHキネシオロジーのセッションやヤムナフェイスボールのセッションも受け付けましたので、毎日多彩なヒーリングをする事が出来ました。

 

ヤムナフェイスボールとOSテクニークの融合をIHキネシオロジを使ってやる事により、顎関節が驚く程軽減する事を何度も体験して、やっぱりこれらのツールは素晴らしいのだ!と実感しました。

なぜ『100%治る』では無いのかと言うと、ヤムナやマチルダのセオリーから推測するに、おそらく顎には体中の感情がつまっていて(ヤムナより)人間の心は何層ものレイヤーがあり(マチルダより)顎関節がどうしてガクガクしてしまったのかの、根本的な感情と向き合わないと行けないという事でした。

 

これって結構難しいんですよね。

この人嫌い!離婚しよ!って言って、すぐに離婚出来ないのと同様、感情がそこに有っても毎日の生活だったり、仕事だったり、状況だったり、環境だったりで、変えようとは思ってもなかなか変える踏ん切りするまでに時間がかかる物です。

見たくない物を見ないと行けないですし。

 

IHキネシオロジも、本当に多くの方が自分のセンシティブな問題に向き合い、そして自分の潜在意識とコンタクトをする事によって、今まで自分が目を向けていなかった点や見過ごしてしまっていた点に意識を向ける事が出来た様で、セッションの初めと終わりの表情の違いは本当に目を見張る物がありました。

 

今回はグループクラスはヤムナボディーローリングを教えさせて頂きました。そこでキネシオロジーと組み合わせて、身体と心と魂のつながりを体験して頂きました。何度も受講してくださる方には、私がいつもロスでさせてもらっているセッション同様に、その方自身の問題をキネシオロジで見つけて、一人一人がここの問題点と向き合いながら、筋肉をほぐして行くという事をしました。(詳しくは次のブログで!)

 

本当に充実した日本滞在でした。

 

そして強く思った事は、絶対に上昇して行ける!ッて言う事です。

 

どんなにどん底である人も、IHやキネシ、そしてボールのセッションを受けて、少し希望が見えて、少しやってみよッて言う気持ちになれて、そして少し上向きになれる状態を毎回毎日見させて頂いたら、絶対に上昇して行けるって確信しました。

 

龍の様にドンドン上へ上がって行ける年にしようと思います。

 

そう言えばドラゴンボールで、シェンロン(龍)が『お前の望みはなんだ?』ッて聞くんですよね。一生懸命に7つのドラゴンボールを集めた後に。小学生の時には、単なる物語の一場面でしたが、今考えると鳥山明先生ッて深い!って思うんです。

 

だって、その時に『パンツが見たい』ッて言うのを聞いて、ズコ〜って転けて、笑っちゃうんですが、そんな事、私たちの毎日の生活でしているんですよね。一生懸命、頑張ったのに何に対して頑張っているのか分からない。せっかくのチャンスが来たのに、どうでも良い事で台無しにしてしまう。

 

流れ星が流れている間に願い事を3回言うというのと同じで、きっと私たちは流れ星が流れている間に、『何にしよう。。。。』ッて考えて終わってしまう。せっかく流れる星が出て来たチャンスなのに。でも、普段からこうしたい!ッて言う思いが心に熱く有っていつもいつも思っていたら、きっと世界のどこかで流れ星が流れている間に3回言っている事になる。そこまで強く思えたらきっと願いが叶うんじゃないか?って。

 

今年の辰年。

どんな風に上昇しましょうか?

ドコに向かって上がって行きましょうか?

皆さんは、明確な目標はありますか??

 

Sun

07

Aug

2011

自分の運命は決まっている?!

キネシオロジの仲間のヒデカさんから月一度の本間キネシ練習会で先月本を借りました。他の人が借りていて、それをヒデカさんに返そうとする所で私が『なになに??』と奪い取った感じで借りました。インドの内容である事に興味を持ち、読んでみたら飲めりこんで行きました。一つは、アーユルベーダで習った事を書いてあった事。しかもアーユルベーダの第3章で心について学ぶのですが、なんちゃらピンと来なかった内容だったんです。

 

私たちの心は、男性エネルギーであるプルシャと女性エネルギーであるプラクリティで出来ていて、そこからマハーンになり、マナハを通じてアハンカーラに変化して行く。アハンカーラって言われた時点で、知らんガーナって感じになり、説明が英語であり、それがインド人がアーユルベーダを英訳をしているので、英語を母国語とするクラスメイトでさえ、『何を言っているのかイマイチ理解出来ない』と言っていた程。まあ、今、考えてみたら、英語だろうが日本語だろうが、サンスクリットだろうが、結局この考え方が独特な物であるから、この考え方が理解出来ていなかったらどんな言葉を使っても理解は出来ないであろうと。

 

でも、キネシオロジを通じて、色々な心の真理を学び中の私は、この本の説明が枯れた土に注ぐ水のようにスラスラと入って来て、楽しくなってしまったのです。頭で理解していた事を言葉に簡単に変換してくれたと言う感覚でこの本を読み、アーユルベーダの復習にもなった楽しい本でした。

 

まあ、アガスティアの葉と言うのは、5000年前にアガスティアが予言した内容を葉っぱに書いてあるもので、それを著者の青山さんがインドの山奥まで行って見つけて来た。そこには、自分の母や父の名前が記されていて、自分が来る時期までもが書かれていた。そこには、自分の将来結婚する人物や過去世や来世についてなども書かれていて、自分の運命は5000年も前から決まっていたのだ。。。。と言う事でした。

 

私は、占星術については、雑誌の一番後ろにあるコーナーのはすぐに忘れてしまうのですが、アーユルベーダの占星術に関しては、あまりにも授業で習った時に正確で精密で当たっていたので、一目をおいています。

 

アーユルベーダは、心の科学とは本当によく言った物で、自分の生まれてきた理由とか、私たち個人はどう生きて行く事が自然の摂理にあっているのか、なんて言う事を説いて行きます。

 

ただの占いと違うのは、その一生を自分にとって意味の有る事として、どういう風にその流れに身を投じて行くのかと言う事に重きをおいている部分にあると思います。

今月は、ピンクの洋服を着て、お目当ての彼にアプローチするチャンスです!

ッつー事に惑わされていないのと言うか。。。。

 

 

キネシオロジで慶太さんのセッションを受けた時に、私は彼が私の魂の方向性を指摘してくれた事に凄く感謝をしています。自分がどういう風に社会と関わって行きたいのかを、自分の魂が何をしたら喜びを感じて行くのかを一緒に考えてくれました。

 

アーユルベーダの占星術も同じです。自分が果たすべき内容が分かったら、他の人に惑わされる事無く、比べる事無く、そして後悔する事無く失敗を受け入れて進んで行けると言う事を感じます。

 

そして、私の先生のDr.Suhas は、診断の時ヴェーディック占星術を使っていました。Yatrikaも私の皮膚の件について解明する時に、ケツと言う星が今あなたを支配しているからどんなお医者さんにいっても、はっきりとした答えが出ないでしょう。でもこの星はあなたに取って沢山の学びをもたらしてくれるので。。。。なんて事を言ってくれた為に、自分の皮膚について前向きに取り組める様になったと同時に覚悟が出来ました。つまり自分の人生に責任を持って全うしてく方法を教えてくれたと言う感じです。

 

 

しかしながら、世の中にはその占星術やスピリチュアルな事を別の様に捉える人が居ます。崇めると言う形で。

それが宗教の一番上の人であったり、チェネリングが出来るとか、霊能力を持っているとか言う人であったり。青山さんの本にも書いてあるのですが、『サイババ』に会いたくて懇願して止まない人が沢山いると。誰かを崇拝し、その人が言う事を信じて、自分がその人のために尽くす事で自分を正当化している。

 

私たちが陥りやすい点です。(私もかつてそうでした)

 

やっぱり過去世がわかるとか、未来が分かるとか、守護霊とお話が出来るとか、凄い事だと思うんです。でも、それが出来る人も結局は私と同じ人間な訳で、病気もするし、腹が減ったらご飯を食べるし、トイレに行って排泄もするわけです。

 

その人はサイキックが得意であって、私はボディーワークが得意であり、私の友達は会計が得意であり、そして、別の友達は子育てが得意である。私が子育ての得意な友達の写真を家に飾って崇めたりする事が無いように、サイキックが得意な人を崇めること自体、なんだか変な話だと思っています。と言うか、みんな得意な事があって、誰にも甲乙がないということであると。

 

問題なのは、自分の得意な事を理解していなくて、盲目に得意な事を持つ人に我が身を投じてしまう事だと思うのです。だからこそ、自分が得意とする物を探す事が何よりも大切なのではないかと思っていました。

 

サイババが日本に来たと言ったら会いに行き、ダライラマが来たと言ったら会いに行き、スピリチュアルカウンセラーの人が鑑定すると言ったら今まで100もの鑑定をして来たのに、予約をし。。。。本来の目的を失っている状態に陥ってしまう。

大工を得意としている人に、家を建てて欲しいと言いながら、設計図の話し合いを一生しているようなもので、肝心の家が建って行かないのと同じなのです。

 

そんな事を気付かせてもらう一説が、この本に有りました。

p353

”我々の行為というものは、誰に、何をしたとしても、全て神に捧げられたものとなる。”

 

神を信じる信じないは別として、私たちは守護霊やら、スピリチュアルカウンセラーやらダライラマに認めてもらう為に何かをしているわけではなくて、自分の中に存在する崇高な何かを幸せにする為に行動をして経験をしているのかなと。

 

IHキネシオロジのマチルダが、授業の中で

『私たちの身体を遺伝子科学の研究者が調べたら、DNAの中に存在するコードを発見しそれをつなげたら、GOD(神)となったの。つまり私たちの身体の一つ一つ、細胞の一つ一つに神は存在しているのよ』と。

 

つまり、私たちは、自分の中に存在する神と他の人の身体に存在する神にいつも何か出来る状態に有るのだと言う事。素晴らしい能力を持った人にわざわざ会いに行かなくても、沢山のお寺巡りや神社巡りをしなくても、目の前に友達、家族、他人と言う神が体内に存在するひとがいるんだと言う事なんやなあ〜と。

 

青山さんの本にサイババが、

 

未来や過去を知ってお前はどうするのだ?結局お前が出来る事は現在にしかない

 

と言ったと言う内容が書いてありました。

確かに。

未来を知って悩み、過去を知って後悔する時間が有るのなら、今出来る事をする方が賢い今の使い方だと。

 

 

この本を読んで、たーくさんの事を考えさせられました。

私の事が書いてあるアガスティアの葉には『青山の本を読む』と書いてあるのかしら?

 

 

 

 

 

 

1 Comments

Sat

06

Aug

2011

信念を持つ

学校で教師として働かさせて頂いた時に、ある先生から『先生の信念さえ、ぶれなければ生徒はついて来ますから』って言われた事がありました。あの時の私は23歳で、大学を卒業したばかりでした。自分の信念と言われて、どこをどう見渡しても私の中に信念と言う柱が見当たりませんでした。いつも生徒の前でどう振る舞うべきかを考えていました。教師としての顔を作ろうと必死でした。

 

教師たるベき者、かくあるべき!

 

なんて毎日探していた気がします。そんなんだから、いつも私の芯はブレブレでした。生徒と仲良くなりたいと言う思いから、教師と友達の境がつかなくなったり、それでいて大人になりきれていない自分を必死に隠そうと大人ぶってみたり。でも大人ってなんだか分からなくて、毎日毎日誰かを真似してみたり、誰か違う人になろうとしてみたり、どこに向かっているのか分からない感じでした。

 

その時なりに一生懸命にぶつかって一生懸命にやっていた気がします。この間のブログにも書いたのですが、まさしく一生懸命、つまり恐怖や不安から頑張っていたと言う感じでした。夜中に他の先生にメイルをして、励ましてもらったり、放課後、他の先生に指導を頂いたり、あの頃の自分を思い出すと若輩者だったと思います。生徒達にも一杯助けてもらいました。大好きでしたし。

 

でも、大好きな生徒を前に、そんなブレブレの自分がどうにもこうにもしんどくて、ダンスの機会を機に現場を去る事にしました。他の先生達の勇敢な姿をみて、負け犬の様に去った部分もあったかもしれません。その時はそんな事を意識していなかったけど、今考えてみると、信念を知らない自分に根をあげたのかもなんて思いがよぎります。

 

今だったらもう少し胸を張って教壇に立てるのかな。。。

そんな事を思います。今だったら、そんなに誰かになろうとか、真似しようとか思わないかなって思います。自分が思う事をそのまま伝えて行けるのではないかって。自分をアクセプト出来る様になった事が大きい様な気がします。

 

一生懸命に生徒と向き合うのではなく、

真剣に向き合えると。

 

 

みなさんは、真剣に人と向き合っていますか?

それとも一生懸命に向き合っていますか?


 

2 Comments

Thu

04

Aug

2011

シーソーの法則

アマゾン:シーソーの法則
アマゾン:シーソーの法則

シーソーの法則という本をかなちゃんから、借りました。ざっと話すと、

企業をしていた男の人が依存型でネガティブの妻と喧嘩をして会社に行くと、倒産の危機に直面して、そして、悩んでいると病院から検診の結果で癌の陰という事を告知される。そこでたまたま会ったヒーラー/カウンセラーの人に、このシーソーの法則の様な物を教えられる。そして、自分が自立ポジティブが強くなればなるほど、パートナーである妻がそのシーソーのバランスを取ろうとして逆のネガティブ依存型が強くなって行くのだと。

 

確かに、今までうまく行かなくなったときと言うのは、自分がポジティブで自立しようとすると、相手がネガティブで依存して来て、もうこんなネガティブな人に付き合っていられない!なんて思った事だった気がします。このシーソーを考えると、私自身がもっと頼ったり、弱みを見せたりする方が良かったんだろうな〜って。

 

その他に、

 

もっと詳しい話は本を読んで頂きたく思いますが、一番心に来たのは、『ポジティブ信仰の副作用』って言う点です。

 

私自身も、ポジティブ信仰の一人だったのでこの本を読んで大きく納得しました。『頑張らなくちゃ〜』とか『完全燃焼!』なんて事を日常茶飯事考えていました。頑張ればなんとかなる。頑張らない人間は腐っている(怠けている)。

 

でも、その信仰を信じれば信じる程、しんどくなって行きました。

 

一生懸命に頑張って達成した時、

 

その達成した瞬間に感じる事は『やった〜』ではなく

『ほっとした』という気持ち。

 

そして、また頑張らなくては行けない時間が始まると言う恐怖心。

走り続けるモルモットのように、いつまで頑張らなければいけないんだろう??って言う思いから、プツンと切れて何もしたくなくなってしまう時がたまに来ていました。

 

失敗したって良いんだよって言うのは、プライベートや学校にいる時に使うのであって、仕事をしてお金をもらっている以上、失敗なんて言葉はあってはならないと思っていました。

 

だから、いつも一生懸命に頑張らないと行けない。

一度認められたからと言って、次に認められるとは限らない、だからいつも頑張らないと行けない。そんな心境。そして、仕事から帰って来るとぐったりして、次の日が来るのが怖くて、そして、夜中にも関わらず眠れなくて、、、、って言う日が日本にいた時に、よくありました。

 

そして、ロスに移住してから仕事は皮膚がグズグズだった為、なんとかピラティスを教えて、帰って来たらもう体中が言う事を聞かないのでソファーで寝ていると言う毎日。とにかく寝続けました。その中で私の思いは、『自立でポジティブな私でいたいのに、なんでこんな風にずっと身体が動けずに寝てばかりいるんだろう』って言う罪悪感でした。

 

寝れない事で一生懸命やっている徒労感、

そして、

寝れている時には一生懸命やれていない罪悪感。

 

そんな矛盾したどこにも行けない袋小路の精神状態。

つまり、そこに解答は無いと言う事。考え方を改めないと行けない所にきていました。そして、キネシオロジに出会い、最近このシーソーの本を読んで、私のポジティブ自立信仰が自分を苦しめていたのだと気付きました。

 

キネシオロジは自分の天賦の才能を教えてくれて、自分が心から喜んでできる仕事や生き甲斐と言える社会への貢献を探す事を助けてくれるツールだと。

 

そうすると、何の変化が起こったかと言うと

自分がやりたい事がどう社会につながっているのかと言うのを知る事で自分の仕事の矛先が見えて来る。

 

そうすると、

今やっている事が失敗する事も楽しみになって来る。だって、失敗が次の成功につながるって見えて来るから。失敗が出来るだけ出て来てくれた方が良いなんてすら思えて来る。と言うよりも、失敗ではなく、もっとより良くなる方法なんて事に言葉を変えたり出来ちゃう。

 

一生懸命にやっていたときは、きっと自分がどこにつながって行くのか見えていなかったんだと。自分の天賦の才能がどう生かされているのかも分からなかったんだと。

 

そしたら、こんな一節を読みました。

『一生懸命にやる、、、と言うのは、恐怖心や不安から出ている言葉である。でも、真剣にやると言うのは、自分の魂が没頭している事を言う。そこに恐怖や不安と言うその他の感情が無い。人は一生懸命にやり始めた時に物事はうまく行かなくなり始める』

 

一生懸命や真剣と言う言葉の真意は分かりませんが、でも、なんとなく分かるなあと読んでいて思ったのです。

 

私は一生懸命でした。それが美徳でもありましたし。でもどこに向かって進んでいるのか分かっていなかったのです。だから、そこにおける単発的に思えた結果に翻弄されて、息切れをいつもしていました。

 

小学生の時に4年生からマラソン大会と言う物の存在におびえ始めました。自分がマラソン大会で1位を取らないと行けないという気持ちに襲われました。いつも12月にあるマラソン大会を夏の8月に思い出しては、怖がってました。だから、毎朝ジョギングを自分で1年中してマラソン大会や陸上記録会に備えていました。恐怖心や不安から一生懸命に走っていました。はしってもはしっても不安が消える事はなかったです。そしてまた明日の朝は知らないと行けないって言う不安で夜布団に入っていたのを覚えています。1位を取って嬉しいと言うよりも、ホッとしたという気持ちの方が大きかったのも覚えています。そこに「真剣に走る」と言う言葉はなんとなく当てはまらないですね。「一生懸命に走る」と言う表現の方がぴったりと当てはまります。

 

こんな思考パターンを小学生のときから、大人になるまでやっていたのだから、どれだけ気持ちがすり切れていたか。。。って言う事ですよね。

 

しかも成績表がないので、自分がよりどころにするのは、仕事相手の評価だったりする。つまり当てにならない人の評価に頼るなんて人生を振り回されっぱなしになってしまう。

 

ポジティブで自立していようとすればする程、こんな負のスパイラルにハマっているのか〜と客観的に読みました。

大切なのは、ポジティブで自立する事ではなく、ポジティブーネガティブ、自立と依存の全部をかね備えた不完全な自分が何をして自分の特徴を使いながら社会と関わって行く事を考えられる事なんかいな。。。。と本を読んでいて思いました。

 

 

ポジティブ信仰に、はまっていますか?

 

 

 

 

 

 

3 Comments

Mon

01

Aug

2011

ANGER MANAGEMENT

仏教の本を読んでいたら、私たちは元々怒って悲しむ動物ですって書いてありました。そもそも、無常と言うのは日本では感慨深げに言っているけど、『毎回同じ事なんてありゃせんよ』って言う事だと言っていました。毎日細胞は入れ替わり、今が、「今」と言った瞬間に過去になる。つまり、常に同じ何て事は幻想であると書いていました。一秒後に何がどうなるかなんて分からないんだって。

 

でも、人間は、いつも同じ事/こう有るべき事が起こるって思っている。予想をする。この人はこういうだろうとか、この時はこう有るべきだろうとか、彼氏だったらこうとか、首相ならこうしろとか。

 

本来は、毎秒何が起こるか分からないのに、ある程度を予想して、それに反した事が起こると無常と言う真理を忘れて怒り始める。

 

なるほどね〜

 

上の書には

 

『信じると言う事は相手への期待ではない。

自分への決意なのさ。』

 

と書いてありました。

 

おおおお〜もっともっと、なるほどね。

 

そしたら、今日のクライアントで

『私の事を好きだって言って、私の気を引くのに一生懸命でいたのに、私が彼の事を好きになったら、なんだか態度がおかしくなって。そして、今日の彼が開いたパーティーに、私は呼ばれなかったの。なんでか良く分からない』って言っていました。

 

経絡を調べたら『悲しみ』よりも、『怒り』で反応。

怒ってるみたいよって言ったら、『そうよ、だってこんな事ある?』って。

 

そして、

『彼の事は抜きにして、自分が理想とする相手ってどんな相手?』と聞くと

 

『コミットメントする人』って。

 

私も昔はそう思っていた。コミットメントをする人ではないと、浮気をされて嫌だって。私との関係に従事してくれる人じゃないと、なんだか大切にされていない気がしていた。

 

でも、コミットメント(関わる事への責任や義務)を前提にすると、「無常」と言う真理を無視して、相手に対して期待して予想する事を常にしてしまう。つまり、怒り爆発、不満爆発になってしまうんだ〜って。

 

信じる事っていうのは、相手に期待して、こうしてくれるだろうと予想する事ではなくて、

自分に対してだけ使う言葉なんだろうなってセッションを通して思ったのです。

 

自分に対して、こうでありたいって信じる事をすれば、きっと問題は複雑化せずに怒りや不満という感情でぶれずにちゃんと物事を見れるのではないかと。

 

自分が思っている事を信じれば、あの人がこういった、あの人があれをしてきた、という期待を裏切られた感に時間を費やす事無く、今自分が何をするべきなのか見えてくるんだと。

 

相手に期待しないと言うのは、無情な感じがするけど、相手がこうするわけは無いなんていう他人の行動を予想していること自体無理な話なんやないかいね?って思うわけです。それこそ、図々しいのかもしれん。

 

怒ると、顔にしわは出来るし、顎が固くなって沢山食べる様になっちゃうし、肝臓悪くするし、胃は痛くなるし、身体は固くなるし、肩は上がって怒り肩になるし、感情を乱される他に、もれなくもっと自分の体を痛める様な事がついてくる。

 

信じる事は自分へ、そして無常の真理を理解していれば、もっと自分が楽に生きられるのではないか?と、そんな事をクライアントを通じて思いました。

 

思っただけで、出来るんかいね〜

まあそう思えただけでも、一歩成長とするか。

 

0 Comments

Mon

01

Aug

2011

腸と子宮のクレンジングーヒマシ油の効果

 

3)アーユルベーダ/マヤ文明腹部マッサージ的見地: ひまし油って凄いんです。

 

今回の内容を書くべきかどうか、かなり迷ったんですけど、最近本当にマヤ文明腹部マッサージのクライアントさんが増えてきて、改めて自分も含めて、『第二の脳』は重要であると言う事を感じるので、書く事にしました。結構グロテスクなので、食事中の方は読まない方が良いかと思います。

 

まずは~第二の脳について~

 

第二の脳とは、腸の事を指します。また専門家によってはGITract と言って、胃から直腸のうんちが出る管全てをさす人もいます。

 

Second Brain の著者でありコロンビア大学の神経生物学者であるMichael D Gershon, MDによって有名な言葉となりました。

 

第一の脳は、頭の中にあるものです。コンピューターよりも何億倍にも精密で身体の細部にわたるまで指揮をしています。それは、神経と言う物を通じて、身体で何が起こっているかを探知し、神経を通じてホルモンを分泌したりと指揮をしています。

 

その第一の素晴らしい脳と同じ位、神経が張り巡らされているのが腸です。

脳と同じ位の神経伝達物質があり、実は脳からの命令が無くても腸は自分で何が必要で何をするべきかを感じて自ら動く能力を持っています。

 

マイケルの本によると(馴れ馴れしくマイケルって読んでますけど、あった事はありません)

『腸はあたかも脳のごとく振る舞い、脳と別行動が出来る』なんて書いてあります。つまり何らかの関係で、小腸と脳が切り離されても、小腸は自分でなんとかやって行くと言う頼もしい性格をもったやつなのです。

 

驚く事に、私たちは母親のお腹の卵から人間になる時に、まずは腸から作られるって知っていました?

 

子供が一番好きな言葉って『うんち』では無いですか?私も友達がうんちって言う度にウヒヒって笑っていました。もしかしたら、私たちは腸から出来上がった事を幼い頃に覚えているのかもしれません。私たち人間の出所と言うか始まりどころを!!!!!

うんちの話って、大人も好きですよね?

過去に私のニュースレターを何度か送らさせて頂きましたが、一番反応が良かったのは、うんちの話をしたときでした。

 

大人も自制心があってうんちと言って笑わないにはしても、ヤクルトやら、乳酸菌やら善玉菌やらを摂ったり『ヨーグルトは腸にいいから』と言って、うんち関連に拡大するマーケティングを見ると、大人も多いに大腸の動きに関心がある事は感じられます。

 

人間が形成されるのは腸からでその片方の端が口になり、逆の端が肛門になります。

なぜ腸が一番初めに出来たのかと言えば、それは、脳にしても、身体のどの部分にしても栄養を吸収する場所が無ければ動けないからです。

母親からのへその緒を切られても生きていけるように、まずは腸から確保!と言うのは、お分かり頂けると思います。

 

そして、栄養を吸収すると同時に、小腸に免疫機能が内在していると言う事も知って欲しい事の一つです。

これは、私自身は初めてマヤ文明腹部マッサージで学んだのですが、小腸の中には免疫をあげる沢山の神経伝達物質が入っています。免疫が上がっているときと言うのは、心が向上して前向きに自分がしたい事を取り組んでいるときでもあります。

 

以前のニュースレターでも書きましたが、小腸の中にはセロトニンと呼ばれる快楽幸福感覚ホルモンが身体の90%を産出しています。

もしも、小腸が硬くなって動きが悪くなると、幸福を感じにくくなり、鬱になりやすくなります

 

自分の小腸が硬くなっているかどうかを見るには、横たわっておへその周りを触ってみてください。

結構グリグリとおへその周りを触ってみると、硬くなっている部分があると思います。触ると痛みを感じる事もあるかもしれません。

マヤ文明腹部マッサージでは、これを『感情の鎧』と呼びます。

中国医学では、小腸を『腹脳』と呼びます。

 

小腸は、食べ物の消化だけではなく、感情の消化の役割を担っています。

消化しきれない感情があると、小腸は異常な収縮反応を起こすと言われています。

 

さて、お腹を触ってみた時に硬い部分がありましたか?

その硬い部分によって、感情の起因が分かれます。

 

おへそに時計をおいた時に、12時の位置はみぞおちになりますが、

みぞおちは不安

1時から2時の場所にあると心痛

3時か9時 ー悲しみ

4時か7時ー恐怖

10時か11時ー怒り

 

そしてこの固いものが常習的にそこにあると、そこを流れている大動脈大静脈の流れが悪くなり、そして小腸にあるリンパの流れも悪くなります。

つまり、小腸が硬くなる事でいい事など一つもないわけです。

中国医学では、へその周りに硬い部分があるのと『毒』と呼びます。

 

化学薬品、防腐剤、食品添加物も小腸を硬くする原因の一つですから、レトルト食品や冷凍食品、ダイエットコークなどの製品が棚に入っていたらそれだけ自分の腸も汚れて負担がかかっていると思ったら良いと思います。

 

さて、これだけ脅かした後で今回の本題に入りたいと思います。(まだ続くの??って思いました??ここからが本番です)

 

私のウジウジと書いた皮膚の歴史を読んでくださった方々はお分かりの様に、食生活を変えて私の皮膚は一変したんですね。

 

3年前の食事の変更以来、小麦粉製品からも遠ざかり乳製品からも遠ざかりもう小腸が元気になっても良いでしょう。。。。って言う感じなんですけど、なかなかどうしてやっぱりアレルギーは出ますし、痒くなります。

 

そんな時に、アーユルベーダの学校で『Oleation =オイル療法』を学びました。

オイルを飲めって言うやつです。アビヤンガと言って身体にオイルを塗布する事も重要ですと習いました。

 

マヤ文明腹部マッサージで、ひまし油の効能を知っていたのでひまし油をお腹に塗布してヒーティングパットをおいて30分間温めてオイルがお腹に浸透して行く事もかなりの事やっていました。でも、イマイチ私には、『これは!』という結果が出なかったのです。

アビヤンガをしても、風呂の浴槽がドロドロと汚くなる以外は、これと言ってからだが潤うわけでもなくという状況でした。

 

そこで、首ががさがさの私を見て、Drスハスが『おまえ、俺の一番初めのクラスで全員に言ったオイル療法、やってないだろう??』と言われました。

そのオイル療法と言うのが『ひまし油を飲め』と言うもの。ひまし油をもうその時には身体に塗布する事でかなり使って来ましたから、ひまし油がどんな物か私は知っています。『おえ~』ってなる油です。すごく濃くてベトベトして、おえーってなるオイルです。

 

塗布する分には臭くはありません。ただ、飲むとなるとおえーってなるんです。(ひつこい?)

 

『絶対にお前の体質はやるべきだ』と言われました。

 

これだけアーユルベーダを習っても、まだ身体が万全ではないのだからやるか。。。と思って、アーユルベーダのコンファレンスで買ったオーガニックの祈りの沢山詰まったオイルを飲む事に。

 

私の腸は本当に正直で少しでも、私の体に合わない物を食べると便秘になります。また、ちょっとでもストレスがあると腸が微動だにしなくなります。

 

しかし、このひまし油を飲み始めてその日の午後にびっくりするほどの健康的な排便がありました。

教科書通りの排便種類です。(ほらね、食事中は読まない方が良いですよて言ったでしょ?)

 

オイル療法(少なくとも私がアーユルベーダの学校で習った物)は、一日ごとにオイルの量を増やして行きます。

まず一日目はテーブルスプーン1杯。本当にどろっとして、おえーってなるんです。急いでお湯で流し込んで、あちちちちち!ってなって。

でもスムーズな排便があるんです。

 

教科書には7日目まで徐々に増やして行って、8日目から徐々に減らして行き十四日で終わるというのが例に挙げられています。

でもアーユルベーダのDRは『だいたい自分がもう要らないときは分かる』と言います。

 

『出た!代替医療のぼんやり感』と思って聞いていたのですが、DRスハスは、『本当だってば』って言います。

ま、やってみるか。

そして、3日目、テーブルスプーン3杯?無理無理無理無理。。。

重いし、臭いし、おえーってなるし。

 

と言う事で私は7日目位まで1~2杯とその日の気分で決めていました。

食道を通るドロッとした感覚は本当におえーってなります。匂いも独特だし。

 

そして、7日目が終わり、8日目の朝目覚めて、さあオイルを飲むかって台所に立ったんですけど、飲みたくないんですよね。

もう充分と言うか、本当にもういいかな~って。

でも教科書には十四日続けるべきらしいし、私、ちゃんと量を7杯も飲んでいないし。。。という、罪悪感から飲んだんです。

それが悲劇の始まり。

 

やっぱり身体は知っていました。どれだけ飲む事が適当なのかを。。。。

 

飲んだすぐ後に、お腹が猛烈に痛くて、トイレに駆け込みます。

今まではスムーズな排便だったのに、あれ???って思って。しかも何も出てこない。

つまりこれが下痢と言うやつだと思いました。

 

私の今まで経験した下痢と言うのは、いわゆるシャーって出てしまうやつで、出きったら終わり!ってと言う物でした。

でも、この時ばかりは、今まで感じた下痢とは全く違うタイプ。肛門ゆるゆるタイプです。

おかしいぜよ。

 

くしゃみをしたら、チビって出る。咳をしたらチビって出る。面白くて笑ったらチビって出る。深呼吸で息を吸って吐こうとしたらチビって出る。

 

もう、何にも出来なくて息を潜めていなければイケナイ状態。

お~い、今日が日曜日で良かった。。。。。と胸をなで下ろしながらも、『あああああ。。。。』とトイレに駆け込む。

 

でも、チビって初めてでた瞬間のショックな事。こんな事今まで一度も無かったのに。自分がおばあちゃんになった気がして、これほどの羞恥心をかいた覚えはありません。沢山、パンティー捨てました。

 

DRスハス、あなたは正しかった。私の直感はいつ止める時かを知っていた。でも、私が情報に振り回されて直感よりも頭の中で考えた罪悪感と言う名の下に飲んでしまったが最後でした。

『代替え療法の曖昧な答えと言ってすみませんでした』と便座に座りながら、ひたすら謝る私。

 

何も出る物が無いのに、きゅるきゅると締め付ける痛み。

 

『ああ、笑わせないで、出ちゃうから』と言わなければイケナイ私。

 

そんな一日が終わり、ひまし油を奥底にしまいました。

 

そして、もっと大きな変化はその3日後に起きました!!!!

 

いきなり生理になった感覚がありました。

あれ??1週間位早いはずだぞって思ってトイレに駆け込むと、今まで見た事が無い様な、どす黒い血が出ていました。

 

あれ?あれ?あれ???

 

そして、それが1週間位続きました。明らかに生理と同じ感覚なのに出る血は汚い血。

ここで、医者に行く事も考えましたが、

 

マヤ文明腹部マッサージで『鮮血は気をつけるべき血。汚い黒い血は身体の外に排除されるべき血』と言う事を学んでいました。

また、子宮には身体の中で外に出来れなかった老廃物(ごみ)がたまりやすく、それにより生理が重くなる事がある。そして、子宮がゴミで一杯になると脳との神経伝達が上手く行かなくなり、黄体ホルモンが出過ぎたり、少なすぎたりするのでPMSが起こったり、生理不順が起こったりすると。

その内の一つに『おっぱいが張る』と言うのがあります。私はこのケースでした。

もう生理一週間前になるとおっぱいが通常の2杯位に膨れ上がり、走ると痛い、触ると痛いという「思春期か?」って思う感じでした。

 

マヤ文明腹部マッサージで『私おっぱいが張るんですけど』って言うと『普通は張りません』と言われてショックでした。

 

もしもこれらが子宮が沢山ゴミで一杯になっているのが理由なのだとしたら、この汚い血は出るべきなのではないか?と思ったのです。

 

1週間したらその汚い血が出るのが終わり、そしてその2週間後に通常の生理が来ました。

つまりその汚血が出たのが排卵前と言う事になります。ビックリしたのが、その時の生理前に私のおっぱいが初めて全く張らなかったのです。

 

そして、次の月の排卵前にもまた汚血が出始めました。この時には全くキャスターオイル(ひまし油)を飲んでなかったので、え??ッてちょっとビックリしました。でもお医者さんに行きませんでした。と言うのも、ビックリする位皮膚が綺麗になって来たからです。カサカサと赤味があった部分が、しっとりとして来ました。そして、黒い血は、ドロドロと出ました。普通のおりものナプキンでは足りない程。

 

私の皮膚の発祥の大きなきっかけは、失恋によるものだと言う事が分かっていましたから、その時に沢山のショックを子宮に溜め込んだのかもしれません。そして、また1週間位続いて、2週間後に生理が来ました。

 

3ヶ月目に、また排卵前に1週間、黒い血が出始めました。

いよいよ私の体はおかしいのかもしれない。。。と思い始めましたが、それでも私の皮膚が今度は光沢を持って輝き始めたのです。

DRスハスにどういうことでしょう?って言ったら、『ターメリックを飲みなさい』と言われたんですけど、血は止まる事無く出続けました。

でも、止めども無く汚い物がはがれ落ちていると言う感覚でした。

そしてまた2週間後に生理が始まりました。その時には、なにこれ???っていうゼラチン質の物も出て来ました。小さい細胞群の塊と言うか、とにかく変な物でした。

そして4ヶ月目からは全く出ませんでした。

 

そしてそれ以降一度だけまたひまし油を飲んでみましたが、今度は一日目から下痢になってしまいましたので、7日間も飲むと言う事はなくなりました。

 

ひまし油は、冷えると言う特徴があります。

そしてピッタの私は、きっと子宮が沢山の熱で一杯で血がその熱により黒く固まってこびりついて行ったんだと思います。

それをひまし油の冷えると言う成分によって、熱せられた鉄板についたおこげが洗剤でとれて行く様な感じで起こったんだと思います。

 

それ以降、私の皮膚は落ちついていました。そして、生理前の不快な胸の張りも無くなりました。

それが実は去年の夏の事です。

そして、キネシオロジに出会い、心の内面を解放したあと11月にまた皮膚が勃発しました。

 

 

色々な試行錯誤のあと、4月頃アーユルベーダ占星術のヤトリカに会いました。彼女に、『ひまし油やりなさい』と言われたのですが、

『え~もうオエーってなるから多分私の体が求めていないんだと思う』と言うと

『ひまし油はおえーってなるものなの。しょうがないから色々な物で薄めて飲む様に言われるでしょ、やりなさい』と言われ

渋々5月にNYから帰って来てから、飲む事に。

 

そして、またもや汚い血が出始めました。去年より酷いわけではないものの、きっとこの1年で私の体がまた何かを溜め込んだ様に思われます。

子宮も小腸も神経と密接な関係があって、感情にものすごく敏感に反応する臓器であった事は知っていたけど、こんな風に私の体に顕著に現れるのが分かると、本当に私の子宮と小腸さん、愛おしいです。

 

いや、そんな事を言っている場合ではなく、実は今回の皮膚もアプダウンはあったものの、最終的な決め手はこのひまし油になりました。

親が来た5月の末、私の皮膚がビックリする程の回復をとげたのです。

 

そして、驚くべき事に、ひまし油ってねっとりしているからあまり減らないと言う事もあって、身体に塗るオイルにしました。

 

ソケイ部や脇の辺りの皮膚が痒くて黒ずんでいて、こんなん裸をいざと言う時に見せられん。。。。と鏡の前で泣きじゃくっていたんですけど、このひまし油に少しアロマオイルを足して塗ったところ、見る見るうちに傷口が閉じて来て、カユミが無くなりました。

 

そして、沢山調べて,自分の経験を通じて分かったのは、

 

ひまし油は

1)小腸と大腸の壁を綺麗にクレンジングする

2)子宮の内部の汚れを綺麗にクレンジングして、内膜を綺麗にする

3)リンパをクレンジングするので、リンパが詰まっているところに塗布すると良い

4)怪我で出来た傷ついた細胞を修復するので怪我の部分に塗布して温めると良い。

5)毒素を排除する。

6)便秘の解消

 

という効能がある事が分かりました。

 

それを母親に言うと、『そうね~私が小さい時には便秘したら必ずひまし油を飲まされたわよ。家庭用医療薬って感じでね。でも燃料が足りないって言って、戦時中は没収されてね。でも各家庭でその効能が良いから隠し持っていたのよ』と。

 

どんな飛行機やねん?!

 

とにかくクライアントを通して今まではひまし油の効能は凄い!って思っていましたが、それは全て外側に塗布の場合でした。

でも今回飲用してみて、私の体での変化を書かせてもらいました。

これほどまでに優秀なオイルだとは思っていませんでした。

 

私は、ひまし油を生理が完全に終わって3日間してから(つまり生理始まりから10日目位)飲む様にしています。身体に負担がかかりにくい事とその時期がいつもやらない事やクレンジングをするのに充分な体力である時期だからです。

 

ひまし油の常用や飲み過ぎは絶対に良くありません。

 

 

1びん買うだけで1年間位持つと思います。

普通の薬局で売っている便秘薬として気軽に飲んで常用する事だけは止めてくださいね。摂り過ぎは身体にとって毒になるとも書かれていますから。

また、絶対にオーガニックの物を選んで飲む方が身体にとって安全で良いと思います。

 

 

もう一度、書きます。

飲み過ぎは絶対に良くありません。常用しないでくださいね。

 

それを考慮の上、試したい方は試してみてください。あくまでも、自己責任の下になってしまいますが。。。

そして、もし試してみた方は、メイルを下さ~い

 

それにしても、ひまし油が自分に効くかどうか、もしもみんながキネシオロジーが出来たら身体に聞く事が出来るのにな~

と言うわけで、是非、興味のある方は、慶太さんのイチキネを購入してキネシオロジを探求してみてください。

 

今回も読んでくださり、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!というよりも

皆さんが私のこのグロテスクな内容を読んでも、まだ次回を楽しみにしてくださいます様に。。。。

 

 

Sat

30

Jul

2011

正直でなる事しか解決出来ない

火曜日にスカイプでキネシのセッションを慶太さんにしてもらいました。正直、なんでIHのセッションが必要なのか私には分からなかったのですが、なんとなくIHのセッションを彼から受けた方が良いんちゃうかな?っていう気持ちが高まって受けてみたと言う状態です。そんなに気軽に、セッションを受けれる様な金額ではないのですが、なんだか知らないうちに受けていたって感じだったんですよね。勿論私がセッションの予約をしたんですけど。

 

    今回は何かテーマが有るの?って聞かれて、『別に。。。』と言うと、『今朝、いつもはこぼさない水がこぼれて、これはお前と感消しているって言うんだけど、なんか最近水に流した事あった?』と聞かれ、『うお〜ありました、ありました』と初めからテンションが上がってしまう私。

 

    そして、私の今回のお題は

    『自分の感覚を宇宙(ユニバース)とつなげる』

と言う内容でやりました。

 

    なんのこったい、と思うでしょうが、結局、自分の直感だったり自分の心の声だったりを聞く事が私には出来なくなっている事を指摘されたんだと思います。

 

    自分の感覚が冴えていないのは、ステロイドか??となりましたが、ノーノーノー。何だったかと言うと、過去に起きたつるし上げ事件が問題となっているようでした。女の園で活動をしていた時の事です。飲み会の席で楽しんでいる所を突然怒鳴られました。私の中では、その時、あまりの事態の予想外のハプニングに混乱して何について怒鳴られ怒られているのか分かりませんでした。でも、その場をまとめる為に、私は納得しないながらも『スミマセンでした』と謝りました。

 

    その後、気まずい雰囲気でその場はお開きになった物の、それ以来、その女の園での活動は、私の中で今まで上手く回っていた歯車が、ガタガタと上手く回らなくなり、ボロボロになっていきました。その場所にいると居心地が悪くなり、至る所で後ろ指を指され、至る所で、いかに私が至らない人間であるかと言う事を怒られたり、嫌みを言われたり、と言うことが繰り返されました。自分の居場所を失うだけではなく、自分の本当にしたかった事も失い、そして自分のありかたにも疑問を持って行く様になりました。

 

    慶太さん曰く、それに身体が反応を示していると言います。

 

確かにその集団との最後の一日が終わった晩から、私の右目の上がガサガサとして来ました。ステロイドを塗っても引かないガサガサが出て来たのです。それが、皮膚がボロボロになる一番初めの兆候でした。そして、私はロスに移住し、強いステロイドを処方され、もっともっと身体が悲鳴を上げて皮膚はただれていくことになりました。

 

    その時の事を説明すると、『それにすげー反応している』と。

 

そして、ズバリいつもの慶太節で

 

『お前、その時に自分に嘘をついたんだ!

自分を偽ったんだよ。』

 

と、言われ心の奥がブルブルブルブル〜と震えるのを感じました。

 

でも、私のエゴも対抗します。

 

『でも、私にも非が有ったんちゃうかって思うんですよ。喧嘩両成敗って言うか。。。。』

 

すると

『いや、お前の潜在意識は悪くないって言ってる。絶対に悪くない!って言ってるぞ。頭で考えると、そう思うかもしれないけど本当のお前の心は、謝りたくなかったんだよ。』

 

と言われて、ちょっと泣きそうになりました。

 

もう何年も前の事で、私もどうでも良かった事にしようと思っていた内容だったのに、いきなりあの時の自分に味方が出来て、サポートしてくれて、辛かったよな〜あの時、って理解してくれた様な気持ちになり、心が震えました。

 

そうや、、、私、自分の心に嘘をついとったんや。

 

そして慶太さんが続けて、

 

『おまえ、媚びを売る事が絶対にいやなのに、それをしなければいけないって思っただろ。媚びをお前は売る必要がないんだよ。』

 

たしかに。。。。

 

あの世界で生き残って行く為には、やっぱり人間関係が大切やったわ。でも、私が踊りたくない様式で、と言うか私のスタイルとは違う人を崇める様に敬意を払う事が出来なかったんよな。。。。それは、それを踊っている人どうこうの問題ではなく、私自身がキュウリ畑の中でカボチャになろうとしていたようなもので。カボチャになりたいのに、キュウリ様!って言わなければ行けない事の不自然さを身体全身で感じていたのに、色々な頭の中のエゴとしがらみで、その場に留まる事を自分にさせたんだよな。。。って

 

だから、舞台に立った時に、もうどう歩いていいのか、どう呼吸をして良いのかすらさえわからなくなった自分がいたっけな、と思い出しました。結局誰が悪いとか、どの状況が悪いと言うのではなく、自分が自分に嘘をついたり、自分が畑違いの所に身を置いたのが悪かったわけだ。つまり自分の責任だったんだって。

そう考えると、あの集団の人達の中でよく面倒をみてもらったし機会を与えてもらったと、今になったら感謝出来るのですよね。

 

その時の事務所の方も、『いず美の踊りたい内容って私たちのとは違うのよね』とも実際は言われていましたし、先輩にも、『もっと違う所でのびのびやれば良いのに』とも言われた事もありました。

 

その面でも

     自分は嘘をついたんだ

 

って。

 

しかしながら、私は沢山それについては、調整(ヒーリング)をして来たつもりだったので、今更それが出るとは思えませんでした。でも、慶太さんを通じて私の潜在意識が伝える事は、とても納得出来ました。

 

以前にも書きましたが、私のおへそのまわりには感情の鎧が沢山あり、そして皮膚の件についてするときには、いつも脾臓の経絡が落ちます。脾臓は食べ物の消化を助けると同時に、感情の消化も助けます。つまり、私の中では感情の何かが消化出来ていないと言う事か。。。。そう考えると、やっぱりあの時に私には非が無いのに謝ったと言う事実は、私の中で大きな事になっていたようです。

 

慶太さんに

『私のおへその固さとその時の事ってつながっていない?』と聞くと

 

『それだ、そこからつながっている』

 

と。

 

もう、頭にガラガラドッシャン!って光が射した様な気がしました。今までの私の学んで来た事、感情ー臓器ー身体の反応ーが全てつながった感覚。あの時以来、私の食物アレルギーが始まったんだから、そりゃそうやな〜って。

 

でも、それじゃあ、なんで今まで沢山のヒーリングをして来たのに、あの時の自分への偽りが修正で身体から抜けなかったのか?って考えてみると、きっとそれは、私がまだその時の事を手放せる準備が出来ていなかったから、、、、と。

 

今だからこそ、慶太さんの『お前はそれで良いんだよ。自分がしたくない事を無理してする必要はないんだ。自分の心の声に従って行けば良いんだ』と言う事が、すんなりと心に入ってくるんですよね。沢山のヒーリングをやって来たから。

 

きっと今の言葉を慶太さんから3年前の私が聞いても、頭では理解出来ているか、それとも『いや、でも。。。。』と何かしらの事を言って、その言葉を素直に受け入れる状態ではなかったと思います。だから、上手いタイミングで上手い言葉を言ってくれる人に会うもんなんやなあ〜と。

 

きっとタマネギの皮をむいて行く様に、私は今までのヒーリングでぺろぺろと外側のレイヤーがはがれて行って、ようやく今回のセッションで、芯の部分に触れる事が出来たんじゃないか?って思うんです。

 

1回のセッションで全ての悩みが消えるって言う事はなくて、、、

それでも一回一回のセッションに意味が有って、学びがあって、変化があって、核心に一歩ずつ近づいて行っているんだと言う事が今回の事で大きく分かりました。

 

 

    そして、DNAの修正に入っていきました。そこで出て来たのが過去エネルギーとの関わり。DNAの螺旋が傷ついているとの事。どんだけ、ショックを受けてんねん、と苦笑。

 

 

  やっぱりそこでも、十二指腸に過去のエネルギーがたまっていると。あああああああ、、、、マヤ文明マッサージをやっていて、そこです、そこです、って納得。

 

    そして、セッションが終わった瞬間に、慶太さんが

『はあああ』と大きなため息。

そして『おれ、次のセッションまでちょっと休むわ』と、とっとと消えて行ってしまいました。慶太さん、ありがとうございます。

 

 

一番上の書は、私の大好きな一空道さんの『走』です。

その書に『正直になる事でしか、解決出来ない』とありました。

初めは理解出来なかったですけど、今なら理解が出来ます。

自分に正直になったら、そんなに物事はねじれて行かないんですもんね。私のお腹の固さも良くなって来ましたよ。

 

 

1 Comments

Sun

24

Jul

2011

怒りをぶちまける

最近、ものすごく皮膚の調子が良い私です。

何が劇的に変化を遂げたかと言うと、『怒り』についての理解が少し、出来た事だと思います。皮膚の炎症は、『火』の性質が上がっていると言う事です。火といえば、単純に言えば怒りです。

 

でも、私の中に怒りと言う内容が問題になった事ははあまりないんです。眉間にしわを寄せて怒っている人を見ると、『怖いよう。。』と思いますし、出来る限りその場が丸く治まる様に自分に出来る事をと思って行動しますし。逆に、自分が良くない所を考えようとか、どうしたら良くなるんだろうとか考えていました。

 

キネシオロジでも、怒りの臓器の肝臓系はあまり弱くなった事が有りません。だけど、アーユルベーダでの処方される薬草はだいたいが肝臓を強くしたりデトックスをしたり、血液の熱を冷ましたりと言う物ばかりです。

 

なんだか、身体の反応(炎症)/求めている薬草と、心の方向性が違うなあ〜ってずっと思っていました。それでも、キネシで目標設定をして行くうちに身体が徐々に良くなって行くのですが、それでも決定打に欠ける様な感じです。

 

そんな中、去年から、仕事上の人間関係でどうしても避けられない人物が出て来ました。正直、6週間ごとに何かしらの事件が出て来て、眠れない日が続き、その人の嘘に腹立たしさを感じたり、嫌気を感じたり、口論したり、そんな事が繰り返されて来ました。

 

それまでは、事なかれ主義で怒るよりもその場が和む事を最優先にして来た感じでした。でも、その人物に会ってから、それはそれは事なかれ主義で済む様な話では無くなって来て、自分の意見を言わねば!!!!!と思う位、はらわたが煮えくり返る思いばかりでした。

 

ところがどっこい、何度もキネシでその人物について、何か問題を解決するべきか?とチェックしても何も反応がないんです。その人ではないらしい、と。こんなに嫌でストレスを感じているのに〜身体はストレス反応を示さないってどういう事だ?!

 

 

そして、5月に慶太さんに会った時に奥様の雪乃さんにタロットをしてもらいました。仕事についてだったのですが、どんぴしゃりでその人物がカードに出て来ました。

その人物とは、私の将来にとって大切な学びがあるから、会ったのだと。

 

え〜〜〜〜 学びって。。。。

 

で、どうしたらその人から卒業出来るのか?

と聞くと、

 

『その人からの学びを得たら』

という解答が。

 

早く学んで卒業したいのですが。。。。

こういう人になるな!という教訓か?

とか

嘘をついてまで、ごめんなさいを言わない様にするアメリカ人になるな!という教訓か?

とか。

 

 

そんな事を思っていたら、また先週末に事件が勃発。

ムカ〜!!!!って来て、2日位寝れませんでした。そしたら、肌がドンドンボロボロになって来て、目の周りがカサカサして来て、少しパニックに。目は肝臓とつながっているので、怒りと直結しています。

 

あのやろ〜

 

そして、いかに私が正しいのかを相手に伝えようと、一生懸命英語を考えます。どうやったら論理的に相手に私の云わんとする事を伝える事が出来るか、とか、どんな言葉がパンチがあって相手が私に対して聞く耳を持つか!

こんな事を言ってやろう、あんな事を言ってやろうと思うと、どんどん興奮して来て眠れなくなります。

 

そんな中、夢を見ました。

 

警察が外で犯人に向かって銃を放ちました。

 

三回位、パンパンパン!と。

 

そして、犯人が死にました。

 

それを見ていた私は、なぜかレストランで働いていました。そしたら、働いてるウェイトレスの女の子が、チキンの乗ったお皿をお客さんのテーブルに投げました。彼女に対して、『何をやってんねん?!』と私は感情的になり、声をあらげながらその人に対して、あれやこれやと何が悪いのかを話します。でも、そのウェイトレスの子が聞く耳を持たないので、ドンドンと私は声の音量を上げて行き、どれだけ彼女が非道な事をしたかを話します。そんな中、私の尊敬する人物の一人である前じ兄さんが

 

『そんな風にしても誰も君の言う正しい事は聞かないよ』と

 

私に一言言いました。

 

そして、目が覚めたんですね。

 

なぜか、いつもは夢なんて覚えていないのに、その夢だけは鮮明に覚えている。誰が出て来た事は覚えていてもストーリーなんて覚えていないのに。でも、そのウェイトレスの子に、声の音量をマキシマムに上げて話していた感情や、その時の肺の感じ、呼吸の感じをすごく目が覚めた時に感じました。

 

そして、ふと、

『警察は私で、犯人は私のてこずっている相手ではないだろうか?』と

思いました。

 

いくら私が正しかったとしても、相手に私の言う事を聞かせるには、銃で撃って高圧的に相手に口を封じさせるだけしかないのかもしれない。

 

いくら、ウェイトレスの彼女が悪かったとしても、私が感情的になって声を上げて相手に伝えても、伝わらないのではないか?と。

 

つまり、

 

何が正しくて、何が悪かなんて人間関係上では、意味が無い

 

のかもしれないと。

 

結局は、相手に毒を吐かれて、『毒を吐くのは正しくない!』と唾を飛ばしながら言っている様な物で。それって、バラの刺、ふぐの毒、ハブの毒に自分から指を差し出していることなのだと。

 

毒を持ってそれをぶちまけるのは、自分を守る為であって、その人自身に問題を抱えているのかもしれない。

 

それに対して、怒る事ってふぐに向かって

『てめえ、この野郎。毒をもってんじゃねえ!』って一生懸命怒鳴っている様な物で、意味が無い事ですよね。

 

自分がされて嫌だと思った事に対して、それを理論づけて君は正しくない事をしているのだよ。。。。と伝える事の意味の無さを感じました。

 

理論づけるから、ややこしくなる。

しかも相手はもと弁護士だから、余計にやっかい。

 

素直に私、嫌やねん。でいいか〜


 

0 Comments

Sat

23

Jul

2011

Appleの広告

先日、母親から『ちょっと、ナイアガラに行ったときの写真を現像して送ってよ』と言われて、現像って。。。と戸惑いました。写真を現像した事がここ10年間で一度も無いと言っても過言ではないと思います。ほとんどがMacの中かフェイスブックにありますから。

 

そこで『どうしようか?』と思っていると、アップルがアルバムを作る機能があるじゃない!と見つけ、早速写真をドラグ&ドロップして作る事に。タイトルやらコメントやらも付け加えて10ドル位で出来てしまいました。これは、お買い得だし、プロっぽいし、綺麗で楽しめるだろうな〜って思って。到着して、なんだか本当にプロがアルバムを作ってくれたみたいで、嬉しくなりました。

 

そんな私にとって切っても切り離せないぐらい、宣伝巧みによってくる親友のアップル。そのおおもとが私のそばにいました。クライアントのスティーブがこのアップルの宣伝のボスでした。最近、イギリスからロスに移住して来た彼は、彼の友人を通じて私を知り、私のピラティスを受けてくれる事になりました。そして、キネシオロジにも興味をもち、と言うか、やってみたら面白がってくれて、エネルギーを整えよう!と言う事で毎週セッションをさせてもらっています。

 

彼と話していて、気付いた事は、イギリス人のジョークはかなり面白くて日本人に近いのではないか?と言う事。ちょっと失礼で、ちょっと茶目っ気があり、それでいてかなりスマートな人に分かると言うジョーク。私はアメリカンジョークはイマイチ、ぽかんって感じですが、イギリス人である彼のジョークは腹を抱えて笑ってしまいます。ダウンタウンさんや島田紳介さんを見ている感じ。ウィットに飛んでいて、痛快で面白い。

 

『仕事場でもこういう風に笑わせているの?』って聞くと、『いや〜アメリカ人はシリアスだね。真剣と言うか深刻と言うか。。。』と戸惑い気味に話していました。たまにジョークを言うと、自分をけなされていたり批判されていたり、何こいつ?っていう感じであるから、今、自分はアメリカ人の雰囲気に慣れようとしているのだ

 

と言います。

 

『僕たちは英語という同じ言語を話しているけど、その言葉の使い方は、ものすごく違うね。全然違う言語を話している感覚だよ』

とも言っていました。

 

へ〜。。。。所変われば、、、って言うやつですかね。

 

でも、そのoffended と言うんですが、何かを言われた時に、自分が馬鹿にされたと言う印象を持って、しゃくに触られたり、心を傷つけられるという事があるというのは、私もアメリカに来て学びました。今まで何気なく話していた事をそのまま英語でアメリカ人に話したら、顔をひそめられたり、サッと顔色が変わったり。ロスにいる人だからなのか、アメリカがそう言う感じなのか分からないのですが、それによって、私はなんて人を傷つける様な事を沢山言っているんだろう!!!ってよく反省した物です。

 

言ってみれば、アメリカ人は傷つきやすい人種であるのかもしれません。もしくは、人を馬鹿にする様な冗談は通用しないと言う方が良いのかもしれません。何が良くて何が悪いのかは分かりませんが、それでも、そう言う違いあるな〜ってスティーブと話して気付きました。

 

そして、言語の話になって行くと

『日本人、大丈夫か?英語を話すせなくて。。』と、心配していました。

どういう事??と聞くと、彼はアップルの広告を作っているので、世界中を飛び回っていて、アジア圏では中国、香港、韓国、東京と回るが、日本だけが英語を話してコミュニケーションがうまくいかないということらしいのです。

 

アップルは最先端企業だから、そこの国の最先端の人と話している事になるが、東京だけがどうしても英語が上手くはなせる人が少なく、また確立した意見を持って話す人が少ない。

 

との事でした。

 

一方では、そんな事を聞いて不安になる反面、もう一方では、鎖国時代に素晴らしい日本独自の物を創り上げたんだから、良いんじゃなかろうか??と思ったり。

 

一般の人にとって英語を話せなくても何も不自由が無い日本。

でも、大きな世界のマーケットで見て行くと、それではいかんらしい。

特にお金のやりとりになったり、外交であったり、ビジネスである時には、かなり英語を話す事になれていないのは、良くないのではないか、、、、と言う事は、海外を相手にしているビジネスを見ていると思います。

 

どうなっちゃうのかな、日本。

そう考えながら、車を運転していたら街角の至る所にスティーブの作った広告が。すげえな、この人。やっぱりアメリカのアップルをイギリス人が宣伝しているって、それだけグローバルになって来ているんだから、英語を話す事が出来ないのは問題なのかもしれない。。。。そんな事を思いながら仕事から帰って来ました。

 

0 Comments

Sun

10

Jul

2011

ああ臭い、硫黄温泉

今日は朝から硫黄温泉に来ています。私の住んでいるサンタモニカ近辺から車で東へ1時間半位の場所にある硫黄温泉のメッカに来ています。あれ、メッカってどういう語源でしょうね?久しぶりに使いました。

 

上記の写真は左がお風呂に入る前。そして右が入った後です。

光の加減があって、イマイチ分からないかもしれませんが、かなりしっとり感が違います。左の皮膚は、子象のような皮膚でしょ?

 

私はいつもガラスの瓶を何本も持参して、ここの温泉宿に休憩に来ます。休憩は一日80ドル。自分の部屋を与えられて、アパートに住んでいるがごとく一日部屋でお風呂に出たり入ったり。今は、ベッドの上でこのブログを書いています。

 

ここのおばさんには、皮膚を治したかったら毎月来なさいって言われますが、そう言うわけにはいかないので、自分でちゃんと硫黄の水で毎日コットンパックをしています。

 

もう通い始めて4年位になります。

首をナイフで右から左に切られた様にぱっくりと開いてしまった時、泣きながら首を両手で押さえて、ここまでつれて来てもらいました。一日お湯に浸かったら、その切れていた15㌢位の傷は少しずつふさがり始めて帰る時には、話しても痛くない所まで回復しました。

 

ここに来て救われたり、希望を持つ事が出来たりととてもお世話になっています。

 

今日は皮膚がそこまで悪い状況ではない物の、いつも使っている瓶の硫黄水が無くなってしまったので、それを汲みに来たと言う感じです。あと、ふくらはぎや膝裏、そして首のガサガサした箇所をお湯につけたいと言う気持ちもありました。

 

サザンオールスターズを聴きながらのドライブは、楽しくて、あっという間に着いてしまいました。

 

両親がロスに来てくれて以来、私の皮膚がすこぶる状態が良くなっています。ゆで卵の様な皮膚を触って朝を迎える瞬間に、良かった〜って思って、ルンルンした気分になります。本当によく頑張ってくれたよな。。。て。

 

そして、もう一つ、今までの温泉治療と違うのは、

 

今回初めてノースリーブのワンピースで来る事が出来ました!

今までは、いつも日傘にサングラスに、右手は包帯を巻いて、コットンで出来た皮膚に優しい長袖のシャツに長袖のズボンを履いて、身体をさなぎの様に暑苦しくカバーして来ていました。

 

人に見せられる状態ではない事、少しの刺激でも痛くなったり痒くなったりする事により、そんな感じの状態でした。

 

でも、今日は黒いレースのワンピースにサンダルと言ういでたち!

久しぶりに夏を楽しんでいるな〜私!って思って、余計にサザンオールスターズのCDの音量をアップしてしまいます。

 

皮膚を外に見せれる事への感謝。

身体や顔を動かしても皮膚が痛くない事の感謝。

 

こんな普通な事がこんなにも嬉しく感じます。

ト言う訳で、皮膚にご褒美をあげるべく、硫黄温泉にどっぷりと浸かって来まうす。

 

 

 

0 Comments

Sat

09

Jul

2011

ブログ始めました(クリックしてください)

Read More

Sat

09

Jul

2011

足は身体の土台です

突然ですが、10年以上前に購入した厚底のサンダルを手放す事になりました。苦楽を共にしたサンダルを見切って、新しいサンダルの購入へと踏み切る事になりました。いつでも別れは辛いもので、カファ(アーユルベーダでの体質性格判断において愛情深いが執着心もある)の性質を少し持つ私は、心が痛みました。

 

右下の写真はぶれてますが踵がすり減って、その上つぶれた状態

左下の写真もこれまた醜いのですが、内側が切れている状態。

 

 

きっかけは2つ。

一つは、ボスのマリアに叱られた事です。

『あなた、人の体を扱うボディーワーカーで、しかも足首と足の関連を教えるフットインストラクターでありながら、こんなサンダルを履いているわけ??』と。

 

初めは冗談として受け止めていたんですけど、

『このサンダルで歩くって言うのはね、私がピラティスのクラスにポップ(コーラやダイエットコーラ、スプライトなどの炭酸飲料)を飲みながら教えるのと同じよ!プロで、足について教えているならもっと自覚しなさい』と言われて、

 

ハッとしました。

私ってそんなに身体に悪い事をしていたんや。。。。

 

もしも私のクラスに炭酸飲料を飲んでいる人が居たら、きっと『ちょっと。。。』と注意すると思います。それと同じ位?!

 

プロとして、これはいかん!

と思った同時に、ダイエットコーラから離れられない人の気持ちがなんとなく分かりました。だって、コンフォタブルなんですもの。。。

 

このサンダルは、かかともかなりすり減って、そして、裂け目も出来ています。だから、歩くとその裂け目で転けそうになったりします。

でも、クッション性が高い事と、すぽっと履けてスポッと脱げる事が私には最大の魅力でして。。。。

 

そんな事を言っている間に、ここ3ヶ月位左の腰が痛くて痛くて仕方がありません。何をすると痛いかと言うとヨガをすると痛いんです。立ち仕事で教えていると痛いんです。立ったままマッサージをクライアントにした後は激痛です。ピラティスのロールダウン、ロールアップまでもが痛い!!絶対におかしいと思って、YBRは自分で勿論毎日して、友達のシェリーにYBL(ボールではなく、プラクティショナーが肘を使って身体の筋肉をリリースして行く方法)をしてもらいました。YBLをしてもらったら、尚更、痛くて立てなくなりました。これはYBLが悪いわけではなく、身体がかなり反応していると言う事だと思います。

 

どうしようかと思案している所に、シェリーが足が原因か探ってみた?と聞かれて、足をチェックすると、

 

あ!!!すごくアライメントが悪くなっている。。。。

 

ものすごく足がへんな序列になっていました。

足の土踏まずはつぶれて、内側の骨はつぶれているし、足首がごりごりなるし、踵に足の骨が歪んで入っているし、正しい位置に足の裏を治すと、あれま、足の指があっちゃこっちゃを向いて曲がって、通称、ハンマートウっつーものにになっている!!!これは、あかん。

 

それを考えて、長年連れ添ったサンダルを履いて帰りながらふと自分の足下に目をやると、このサンダルのせいで、私の足の土踏まずががっつり、つぶれていました。もう、サンダルの内側が切れてしまっていて、私の体重を平行に支える事が出来ないサンダルに、私の足は共倒れ。

 

確かにスニーカーを履いていた時期は、大丈夫だったけど、この夏が来てスニーカーを履かなくなってから、腰が痛くなり出したんだっけ。そして、痛みの場所を突き詰めて行くと、腰ではなく左のお尻と右太ももが張っている事が判明。

 

痛みと言う物は、犠牲者と犯人の関係に似ている。

 

犠牲者は、ワンワン泣きわめく。体の中でも痛みは、痛い!と警告する。でも本当の犯人は、別の所に陰を潜ましている。つまり痛みの原因は別の所にある

 

と言う物です。

私の皮膚も、皮膚は犠牲者。でも本当に皮膚を悪くした原因と言うのは心の中に巣食っていました。

 

今回の腰の痛みも、これ同様。

腰に対して痛みを発していたのは、左のお尻と右腿の張り。ではこのお尻と腿の突っ張り感はどこから???とたどっていくと、どうやら足の裏と足首に原因があるらしい。

 

そして、毎日足全体をローリングして、フットフィットネスをする事に。これでも毎日フットフィットネスをしていましたが、省略版ばかり。だけど、今回は教科書をもう一度引っ張り出して来て、詳細に渡るまでを毎日続けました。

そうすると、痛かったはずの腰が、あれ???って言う程痛みがなくなり、ピラティスのロールダウンもロールアップも痛くない。

さすがに、まだ足の土踏まずがつぶれる癖はのこっているようで、ヨガの後にお尻や太ももがつっぱりますが、それでもボールで丁寧にリリースしていく事でかなり緩和。あんなに痛かった腰は痛くありましぇん。

 

そして、この間送られて来たマッサージセラピスト用マガジンに、なんとリフレクソロジーでも足首と足に股関節のポイントがあり、お尻と多いに関係している事が分かり、そのリフレクソロジーのポイントをボールで伸ばし、フットウェイカーで伸ばしてみました。驚く事に、痛みがかなり消えました!これは、凄い!

 

今まではクライアントの臨床を元に、すごいな〜って思っていたばかりでしたが、今回は私自身の経験を通じて、更に深い部分まで理解が出来ました。

 

そんな経験をしてしまったら、いくら長年連れ添った相手でも、お別れのときは来るのです。新しいサンダルを買いに行く事に。でも、やっぱり同じ物は見つからないですね。だけど、一足だけ自分の足のアライメントを保ってくれるサンダルに出会いました。本当はテニスシューズやランニングシューズが一番良いんですけど、ちょっとそこら辺に行くときやビーチに行く時やサマードレスには、サンダルが便利なんですよね。

 

と言う事で、しみったれた愛情を突き放して新しいサンダルを買いました。今後の腰の痛みに着目したいと思います。


 

3 Comments

Fri

01

Jul

2011

健康な排便って?

アーユルベーダ的見地:排便について

みなさん、排便についていつもどのように考えています??

 

私は、隠れ排便チェックフェチです。いや、そんなフェチなんて存在しないかもしれないし、そもそもフェチの意味を知らない私ですが、

必ず排便はチェックします。なんでだろう???なんか興味があるんですよね、ちゃんと消化しているかな?って。

 

絶対に、皆さんの中にも、排便をチェックしている方がいらっしゃるであろうと思いますが、なにが正しい排便かって知っていますか?

 

まず、排便の色は、簡単に言うと肝臓から出る液によって、色がつくのです。

緑の物を食べている人は食物繊維で緑っぽくなったり、前日にビーツなど赤色の強い物を食べたら、少し赤みがかっているかもしれませんが

ほとんどの場合は、茶色だと思います。

え??黄色じゃないの?と思った方、ちょっと食生活を見直してみましょう。

茶色に近い黄色は良いですが、

黄色は、肝臓の液が強く出ている証拠ですので、肝臓が疲れている可能性があります。

身体はいつも良い塩梅に働いています。だから、そこに良い塩梅ではない物が出ると言う事は、何かがバランスを崩していると言うサインです。

 

また黄疸にかかっていると、色は白、または灰色になります。

 

それから、洋式で排便をした場合、もしも排便が沈んで行く様でしたら、重たい物の食べ過ぎです。

チーズ、小麦粉、お肉、油、穀物などを食べ過ぎていると、消化が重たくなり便もその消化を表すがごとく重たくなります。

便はプカーンと浮くのがベスト!

 

大きさは???

バナナ状の物が出たらベストです。

通常、腸には両手7個分があるとされています。結構な量ですね。

やっぱりその一部が、どんぶらこ~どんぶらこ~と、調子良く出て行くのが良い様です。

全部を出そうと思っては行けません。これは後で述べますね。

 

ウサギの糞の様な硬くて短い物は、水分や油分が足りない証拠ですね。

腸内の水が少ないと言う事です。

その逆に、下痢状の排便もよく有りません。消化がうまく行ってない証拠です。

 

臭いは??

無臭です。

食物の発酵作用による臭さは消化機能の低下により、消化が完全にされていないので臭いが増すと言う事です。

なので、臭い排便は身体の未消化物(病気の原因)が溜まりやすくなっていると言うサインだと受け止めて

食べる物をチェックしてみるのが良いともいます。

 

もしも、身体に未消化物が溜まっているのか知りたい方は、舌ベロをチェックしてみてください。

白い苔が一杯舌ベロの奥にあったら、うんちが溜まっている証拠です。

もしも、その苔が黄色い色をしていたら、かなり身体に熱(毒素)が溜まって居ると言われています。

私自身、皮膚がひどい時は舌ベロが黄色の苔だらけでした。沢山の未消化物が溜まっていたんですね。

 

 

 

つまり、排便は

茶色、バナナ状、無臭そしてプカーンです。いわゆる、『ムッシュ、茶バナナプカーン』と覚えてください。(いや、別に覚える必要はありません)

 

そして、とても良い排便の後は

1)すっきり感が有る!

2)ハッピーな気分になって、外に出て色々な人とハグをしたくなる

3)お腹がすく

4)身体が軽くなる

です。

これを排便の後に感じられるのが健康の証拠と言われます。

 

では、排便において注意すべき事は?

排便と食事は密接に関係しています。

 

1)前の食事が消化されている時間帯には食事をすべきでない。

まだ胃に食べ物が残っている状態で、次の食べ物を胃に入れないと言う事です。

大体消化には4~6時間かかるとされています。

食事の時間帯としてアーユルベーダで推奨されているのが

朝:7時から7時半

昼:11時から1時

夜:6時から7時半

 

そして、午前10時から午後2時までの4時間は一日の中で最も消化が強いとされている時間帯なので、

この時間に大きな食事を持ってくるのが体にとっては理にかなって居ると言う事です。

私自身、朝ご飯と夜ご飯を軽めにして昼ご飯を大きめに摂る様にしてから、体重や体型が自分にとって楽な形になって来ました。

 

 

また、チェックインスティチューション(カタカナにすると変だなあ~)というパーソナルトレイナーを養成する学校では、

朝ご飯を多く食べる人は上半身ががっしりと肉がつき、夜ご飯を多く食べる人は下半身に肉がつきやすいと講義で言っていました。

なるほどねえ~。と言う事でクライアントに、聞いてみました。下半身ががっしりしている人はやっぱり朝起きるのが11時頃でブランチを2時位に摂り、夕ご飯を夜9時10時に摂ると言う人が多かったです。また上半身ががっしりしていて猫背気味の人は、朝ご飯からバターをたっぷりぬったクロワッサンや、ベーコン等を食べている方ばかりでした。

 

面白いのは、彼女達の意識が『身体にいい物を食べている』と言う事です。

『夜は遅いけど、でもサラダだし』と言うので

『サラダには何が入っているの?』と聞くと、チキンやら、チーズやら、沢山のクルトンやら、クリーミーなドレッシングやら。。。。

人によって『ヘルシー』の意識が違うのだなって思った訳です。

 

話が飛びましたが、食べる時間帯、参考にしてみてくださいね。

 

 

2)食べる順番は、1甘いもの(糖に変わるもの)そして、2塩気のもの、そして、3酸っぱいもの最後に4渋みの有るものの順番です。

この順番に身体は消化酵素を分泌して行きます。

なので、ご飯、お肉または魚、お味噌汁(塩気)そして、梅干し/酢の物、最後にサラダ。

と言う順番に食べると良い様です。

まず、やってみてください。

 

糖類になるものは、消化液を沢山必要とします。

消化液が一杯出ると言う事は食欲が増すと言う事です。

もしも食後に甘い物が食べたくなると言う方は、もしかしたら、サラダから食べ始めていませんか?

食事の後の方に甘いものを食べてしまっているが故に、

食べたい酵素が触発されるのかもしれませんね。

渋みの有るものを最後に持ってくる事で自然と食欲が治まって来ると言うか、エンディングする感覚になると思います。

 

下記は、この順番に食べ始めた私の友人の感想です。

 

いずんちゃん。

甘み、塩み、サラダの順番に食べてみたよ!

パン、ゆで卵、サラダの順に食べてみたら、サラダがデザートのように感じていつもより満足できた気がするよ!

学食でも、つい、サラダから食べがちだけど、ごはん、おかず、サラダの順に食べてみるね。小学校のときにひとつのお皿を一気に食べてしまわないで、三角食べ(ごはん、おかず、牛乳)の順に一口ずつ食べなさい、みたいな教育を受けた気がするけど、胃は実はびっくりしてたのかな。でも小学生なんかは消化力も衰えてないし、よく噛めば問題ないのかな。とにかく、不思議体験。ごはん、おかず、サラダの順に食べるの気にいったわ。おかずを口に入れる前に、ごはんだけで味わうって今までしてなかったから新鮮だし、おなか空いてるから最初にごはんを口にしたほうが食べてる~って満足感を早く得やすい気がする。なんにしても、集中して味わってるのがいいのかな。とにかく、最近何を食べても満足感が今一だったのが、いつものおかずも楽しくなってきた。自分の食生活をじっくり考えたり向き合う余裕が出てきたのも大きいかも。いろんな相乗効果だね。

 

 

おそらく、酵素ダイエットといって、酵素を考えて、まずは生野菜を初めに多く摂って身体に酵素をいれる!という

理論をしている方も、この読者の中にはいらっしゃるかもしれませんが、アーユルベーダ的には、違う様です。

実際に私の体でも試してみたのですが、身体の消化の順番に沿って食べた方が、身体の消化がスムーズに行く感じがします。

又、生野菜を食べる事についての内容は後半を読んでくださ~い。

 

さて、もしも食べた後に眠くなる人は、身体が未消化物(毒素)で一杯だと言う事です。

ついつい食べ過ぎてしまう人は、食べながら深呼吸をしてみてください。

深呼吸がしにくくなった時がやめ時ですよ。

 

胃の中は60%の食べ物、20%お水と10%の空間が必要とされています。

腹八分目と言うのは、そう言う事ですね。

洗濯機に衣類を詰め込みすぎると、詰まってしまいますね。そして、汚れが混ぜこぜになり、落ちなくなります。

それと同じ事だと考えれば、分かりやすいかと思います。

 

そして、この味の消化にかかる時間は通常4時間から6時間です。

この消化の間に、なにか口に含んだりすると消化が遅くなり重たくなります。

その結果、排便がしにくくなったりするのです。

 

常に手元に飴ちゃんがあったり、スナック菓子が有る環境は要注意です。

 

一番便秘になりやすいのは、食べる気分にむらが有る方です。

この人のタイプは『ヴァータ』と言って、風の気質を沢山含みます。

まあ、これはまた後日お話ししますが、

食欲が凄く強くて、食べずにはいられない!って言う時と、別に食べなくても一日が過ぎてしまったという時と両極端にある人です。

そして、そんなに食べる気ではなかったけど、食べ出したらあっという間に沢山の量を食べ過ぎちゃったと言う傾向もあります。

こういう方は、お話をする時にも、一つの事を話し始めてから、色々なトピックに飛ぶ傾向が有ります。

さっきまで、自分のペットの話をしていたかと思えば、昨日の夕飯の内容を話していて、その次の瞬間には最近ハマっているドラマの話に内容が変わっていると言う人です。

 

元々頭の切れが早く色々な人と接する事を得意としていますし、おしゃべり好きですが、こういう人は気分にむらが有り

基本的に身体がバランスを崩しやすいので、便秘になりやすいです。そしてとても繊細で、多くの人から好かれると言う傾向を持ちます。

アーティストや、旅行好きの人が多いですね。

またおしゃべり好きなので、食べている時も食べ物に集中すると言うよりは、誰かと話したり、テレビを見たり、妄想にふけたりする事に気持ちが持って行かれるので

結果的に食べ過ぎる事になります。

また、こういうタイプの方が生野菜を食べ過ぎると、消化活動に支障が出ます。

生野菜を食べて、ガスが溜まりやすくなったり、お腹が張る感覚がある人は、このタイプですので、

一般的に言われる生野菜信仰はやめた方が良さそうですね。

 

生野菜を食べて元気になるのは、大体消化の強いピッタと言う人に適しています。

汗っかきで、お腹がすくとイライラしてしょうがなく、時間にきっちりしていて、毎日やるべき事を箇条書きにして、ちゃんとこなすと言う様なタイプの方です。

一つの部屋で、ちょうどいい温度だなあ~ッて思っている人を横目に、『私は暑くて汗が止まらないんですけど。。。。』って言う人ですね。

 

まあ、話がまたまた飛びましたが、個人で食べる量が変わって来ると思います。

その食べる量を決定するのには、~キロカロリーと言う様な物ではなく、ちゃんと身体の要求を満たす事が大切です。

それを知る為には、一度、テレビの音を消して、黙って食事だけに集中して食べてみてください。

 

人の目を見ず、ただ黙々とご飯だけに集中して食べるのです。そして、一口に対して32回噛みます。(人の歯と同じ数だけ噛むんだアーユルベーダのDr.は言ってました)

そうすると、いつもの量よりも違う量でお腹が一杯になると思います。

それが、自分の本来必要としている量です。

『カロリー計算なんて、人間が自分の食の欲求が分からなくなって来たと言う、自然の摂理からはなれて来た証拠だ』なんてアーユルベーダDr.は言っていました。

まあ、カロリー計算が必要な方もいらっしゃると思いますので、良し悪しは置いておいて、カロリーにとらわれて自分が満たされない食事をしているのはどうかなと思いますよね。

やっぱり食事は充分に味わいたいですもん。

 

又、一回の食事の量は、両手分で充分だと言われています。

私も実験してみたのですが、確かに食事だけに集中してもくもくと食べると、楽しくはないですけど

いつもの半分位でお腹が満たされます。また、一つ一つの調味料が分かりますし、食べた後にダルさや眠気はなく、

外に歩きに行ったり、次の行動への気力が湧いて来て、それ以上に『ア~もうあと一口で充分だなあ』って言う身体の感覚が分かります。

そして、食べ終わった後に『ア~充分に食べたな!』って満足感がありました。

 

 

とにかく、食べる時間帯が決まっていなくて、気の向くままに、何か他の事をしながら食べる傾向がある方は要注意です。

色々なデトックス法が流行っていますが、こういう人の場合は、毎日3食食べる事が断食を同じ位の利益を得れるとアーユルベーダでは言われています。

 

とにかく、排便においては、何を身体にいれるかと言う観点から考えないと素敵な排便者とは己を呼べません!

 

そして、排便に置ける多くの勘違いを挙げておきたく思います

 

勘違い1)食べてたら絶対にすぐに出さなければ行けない。

食べた後に、痩せたいからと言ってすぐに下剤を飲む方がいます。これは要注意です。

また、エネマ(浣腸)も要注意です。

勿論、大腸の中にうんちがこびりついて停滞しているのはよく有りませんが、大腸から全てのうんちを出すのも良くないと言われています。

ある程度のうんちが中にある事で身体がバランスを保っている部分があるからです。

どの部分でも、空っぽになる事って無いんですね。

腎臓、膀胱、子宮、肺、胃、小腸にしても、どこも何かしらの物体がいつも存在しています。

尿だって膀胱は絶対的に空っぽにする事って無いんです。

うんちは悪い物!と思って、浣腸や下剤などで無理に出そうとして、腸を空っぽにしてしまうと、バランスを崩してまい、逆に頭痛になったり、腹痛を起こしたり、ガスがたまったり、ゴロゴロとお腹が鳴ったりします。

 

勘違い2)冷たい水を朝起きたら飲んで、身体に軽いショックを与えると良い

数年前に、起きがけの朝の水は良い!なんて言う事が有りましたが、とんでもない話です。

寝ている所にお水をかけられる、まさに身体にとっては寝耳に水。っちゅー訳です。

そんな理不尽な事はありませんよね。

身体を冷たい水で萎縮しないでください。冷蔵庫で冷えて固まった昨晩のすき焼きの汁の様に、白い脂身が冷たさで固まりますよね。

身体の中の毒素もこの様に固まってしまいます。

溶かして出すと言う理論から、朝はゆっくりと白湯をすする様にして、10分程度、時間をかけて飲むのがベストです。

朝の白湯はとてもパワフルです。私はこの3年間ずっと毎日続けています。

身体がクレンジングされて行くのを感じます。

 

まずいと思う人は、身体に毒があるサイン。是非、おいちいと思うまで毎朝すすってみてください。

又普段の生活でもフラペチーノやら、氷の入ったお水を飲むのは毒素(肥満)のもとですから、気をつけてくださいね。

 

また、マヤ文明式マッサージの観点から言うと、もしも子宮が後ろに傾いている人は

便秘になりやすく、オリモノの臭いがきつく、そして、生理前や生理中に腰がとても痛くて張る兆候があります。

 

勘違い3)繊維質の物を沢山食べるべきである。

これ、世間の一般常識として言われていますよね。

でも、これが当てはまる便秘の人と当てはまらない人と両方います。

 

当てはまる人の便は、大体ねっとりしていて重たい便の人です。

 

この便のタイプの人は、大体普通の人よりも身体がふくよかで、同じ事をしているのに500グラム痩せたと思って

気を許して外にご飯を食べに行ったら翌日には1キロ増えてしまうと言うタイプの人です。

こういう方は繊維質を使って身体の中を掃除するのは意味が有ります。

泥水の水たまりに、砂(繊維質の食べ物)を入れてあげて、便を形成してあげる様な物です。

こういう人には、ヨーグルトは重すぎて、逆効果になります。

どんなに良い細菌が入っていても、ヨーグルト自体が重たいので、全体性を見て自分の今の身体の状態に合うかどうかを見極めるべきです。

 

 

でも、先ほど行った様に、食事の時間の気分にむらが有り『ヴァータ(風)』気質の方の場合は、

これをすると逆に悪化します。もっと糞詰まり状態になってしまうのです。

この場合は、砂で詰まったパイプ管にもっと砂を詰め込む様な物です。

こういうタイプの人は逆に水分を必要としてますから、海草類と言った水分を含む物を摂取する方が良いのです。

こういう人がドライフルーツは良いと言って食べると、ドライ、つまり乾燥していますから、乾燥を呼んでカッラカラになって、切れ痔になったりします。

でも、ドライフルーツであるフィグや、プラムなどは良い効果がそれ自体にあるので、前の晩に水に浸けてドライさを取り除いておきます。

そして、翌日にその水を飲むと良い結果が期待出来ますので、試してみてください。

 

4)じゃあ、何をすれば言い訳?

と思っている方に、私がいつも自分の体を通じてこれは効く!と思っているのが、ずばり『散歩』です。

アーユルベーダでは、『食後に100歩歩く』と言う健康法があります。

学校でも、皆でランチを食べた後は100歩以上の散歩に行きます。

そうすると、消化が早く、楽で、その後に倦怠感が全く起きません。これは、ビックリしました。

 

私は、散歩って老人の方がする物ばかりだと思っていました。

歩いて何の意味が有るんだろう??って。

でも、最近は散歩が大好きです。

歩きながら色々なお店を探索するのもいいですが、なんか歩いて色々な事を考えたり、友達や恋人とお話をしたり。

 

これをし始めてから、大分消化力が強まりました。

是非とも食後の散歩からでも始めて頂けたら!と思います。

 

もう一つ、私がすごい!って思ったのが、『臓器に話しかける』です。

おへその周りを軽くソフトタッチでなでながら、『良いよ~出て来てくれて。いつも消化活動してくれてありがとう。感謝しているよ!スムーズに出て来てねえ~』

なんて話しかけるんですね。本当に軽く。ごり押しは絶対に出ません。もしくは、1インチ皮膚からはなれた所で時計回りに円を描きながら話しかけるのです。

そうすると、スルスルスル~っと出て来ます!!!!

 

私たちはこの世に生を受けた時に、母親のお腹の中でへその緒を通じて栄養を得たり、排泄をしたりします。

そして、それを調べた科学者が今でも、私たちはその性質をへそに持っていると言う事です。

もちろん、へそから糞を排泄する人は居ませんが、おへそが『エネルギー』の『供給と排泄』をしていると言う事です。ーAllison Post Unwinding Belly pg52

なので、おへそをマッサージしてあげる事は理論的にかなっていますし、

また、

マヤ文明式マッサージでも、臓器に話しかけると言う事をやるのですが、

排便中にこれを実践して、成功した時には自分で驚きました!!

いや~セルフヒーリングですね。

 

(まとめ)

1 『ムッシュ、茶バナナプカーン』

2 食べる順番は、1甘いもの(糖に変わるもの)そして、2塩気のもの、そして、3酸っぱいもの最後に4渋みの有るものの順番

3 胃の中は60%の食べ物、20%お水と10%の空間

4 前の食事が消化されている時間帯には食事をすべきでない

5 人の目を見ず、ただ黙々とご飯だけに集中して食べるのです。そして、一口に対して32回噛みます

6 『食後に100歩歩く』

7 『臓器に話しかける』

8 朝の白湯

9 繊維質の物は自分の便と相談して食べるかどうかを決める。

 

 

 

消化力と言う事をなんどか今回のニュースレターで出して来ましたが、

消化力は食べ物の消化と感情の消化の両方に関わって来ます。

悩みのない人なんて、一人もいないと思いますが、それでも感情の消化と言うのは出来ないとやっぱり便秘になりがちなんですね。

さて、ようやく先週、論文を書いて提出しました。

内容は呼吸がもたらす身体への影響です。これはピラティスの面でもマヤ文明式マッサージの面でもつながる所でしたので、

とても興味深い論文となりました。

論文はリサーチをしている時はなんだか迷宮入りな感じで、途中で嫌で投げ出したくなりましたが

書いているうちに、色々な事を発見して来てとても楽しくなり学ぶ物が沢山ありました。

 

これを今後紹介出来たらと思います。

 

Wed

01

Jun

2011

経皮毒って?

経皮毒ー皮膚から入る毒

 

本当は、経皮毒についてお話をしようと思ったんですが、なんだか調べて行くうちにドンドンと暗くなってしまって、

こんな暗い事を伝えるのかア~と思うとしんどくなってきてしまいました。

 

でも、私たちの生活、また未来にとって、とても大事なので皆さんにも読んで頂けたらと思います。

 

 

口から入るのが経口毒と言うのに対して、皮膚から入る毒の事を経皮毒と言います。

皮膚から入る物って、化粧品、シャンプーやリンス、入浴剤、蚊取り線香、ボディーソープ、化粧品、歯磨き粉などを指します。

 

皆さん、ご存知の通り界面活性剤は、ほとんどの洗剤に入っているのはお分かりですよね?

この界面活性剤は元々は第一次世界大戦中にドイツで作られたのものが始まりのようです。

1920年代に、石油精製の排ガスから製造が行われて大量生産、大量消費が出来やすいのでプラスチックを始め、

合成ゴム、合成繊維、などあらゆる製品に石油から作られた合成化学物質が使用される様になりました。

 

界面活性剤の質は、簡単に言えば、水と油の境目を混ざりやすくする性質(乳化)を持ちます。

化学的に合成された物なので合成界面活性剤と呼ばれます。

 

シャンプーリンス、化粧品にある乳液、クリームの状態の物は、水と油をまぜあわせて(乳化させて)作られる化粧品はこの合成界面活性剤を使用しないと作ることができません。(一部石鹸で乳化させたものもある)まさに、これらの化粧品を使うということは、顔に合成洗剤を塗っているのと同じことなのです。

 

リンスの香りは、合成界面活性剤の香りです。シャンプーよりも強い陽イオン活性剤と言う物が使われていて、シャンプーよりも強力で有害です。

最近では、お母さんが赤ちゃんを産む時に羊水からシャンプーの香りがすると言う事も聞きます。

実は、私のアトピーのきっかけは、あるメーカーの匂いのとても良いシャンプーを使った事からでした。

洗い流した後背中全体がタダレ出し、そして、おでこから顎にかけて赤くなり始めました。

それを治すのに、時間がかなりかかりました。

 

怖いですよね。

 

特に頭のてっぺんは人間のエネルギーが一番高く上がる所ですし、腕の内側を1とした時に3.5倍の吸収倍率があります。

また、性器は42倍なので、性器を合成洗剤の石けんで洗うこと自体、危険であり子宮内膜症などを促しているという事も発表されている程です。

 

それから、入浴中のバブルバスには効能がかかれていますが、

皮膚の温度が高まった時こそ吸収率が高くなっているので、青色、黄色、白色などの着色料である化学物質を好んで皮膚に取り入れる事になりますので、

入浴剤は要注意です。良い湯だな~なんてのんびりと入浴剤に使っている場合ではないのです。

 

ボディーソープにしても、ほとんどの製品に見かけるラウリル硫酸ナトリウム、

これは、発泡剤であり、泡立ちをよくするためのものですが、もともとは、工業用の床洗剤のために使われている成分

白内障やアレルギー皮膚炎や発ガン性も報告されています。(図解経皮毒より)

 

そして夏が近づいて来た今、多くの人が電子蚊取り器を使う事と思います

蚊取り器は農薬と同じ成分が含まれています。密閉された部屋の中で長時間気付かずに使用すると、神経や免疫系が冒されます。

 

これは、私の霊気の先生であるのりこさんがブログに書いていた事ですが、

 

7、8年前に、ラウリル硫酸やプロピレングリコールなどの成分を

海外から仕入れて、日本の大手メーカーにおろしている会社の社長の

講演を聞いたことがあります。

これらの成分を扱う作業は、宇宙服みたいな完全防備の服装で行われるのですが

それでも衣類についたものを、あやまって触ったり、吸ったりしてしまうので

かなり危険な作業なのだそう。

 

例えば、それらの成分が、一体、どれぐらいの毒性があるのかといえば

プールにほんの1滴垂らしたぐらいの濃度であっても

染色体異常などを引き起こすのだそうです。

それが、毎日使われる日用品に入っていて、日々皮膚から体内に

取り込まれているのです。

 

怖いですよね。

口紅も顔色を良く見せますが、気をつけないと自ら化学物質を食べている事になります。

なぜなら口紅に許可されているタール色素は、食品には使用禁止だからです。

京紅は江戸時代には全て天然色素でしたが、今は石油から作られた合成色素が元になっています。

 

またファンデーションもそうです。

最近ではナノテクノロジーといって、かなり小さい分子が皮膚に浸透して肌を綺麗に見せる!なんて

宣伝していますが、これほど怖い物はありません。

 

そんな細かい分子が入った所で、綺麗に洗顔して取り除く事が出来ますか?

 

しかもその洗顔剤が、石油で出来ているものでしたら、尚更私たちの肌をむしばんで行く事はもう想像出来ると思います。

 

私は、ファンデーションはもう全くと言っていい程していません。

それでも、天然の物を使って自然の物を体に取り入れる事で、肌はファンデーションをぬっていた時よりも

綺麗になりました。あの塗りたくっていた時期を思い出すと少しぞっとします。

 

ヘアーカラーもPPDと言う成分が入っていて、呼吸困難や血液循環の障害を引き起こす危険性があります。

 

ベビー用品にも、これらの成分はたくさん含まれています。

例えば、赤ちゃんのおしりふきやウェットティッシュには

よくプロピレングリコールが入っていますが、これは保湿剤であり

(皮膚を保湿するのではなく、成分が固まらないようにするためのもの)

エンジンオイルなどの不凍液として使われている有害化学成分の一つです。

 

また、子供用歯磨きの多くには、ラウリル硫酸ナトリウム、研磨剤などの着色料などが入っているため

舌ベロにある味蕾細胞と呼ばれる味を感じる細胞を溶かして破壊させるので、歯磨きをした後の食事は味が変わってしまうのです。

 

歯磨き粉自体に、メロンが入っていたり、苺が入っていること自体、不自然ですもんね

 

そして、マヤ文明式マッサージで一番声を大きくして言っているのが、プラスチック製品による害です。

ジーノエストロゲンと呼ばれる、人工的エストロゲンがプラスチック製品から発生される事が分かっています。

人工的エストロゲンは私たちの体内が分泌するエストロゲンよりも10倍の力があり、これによって

ホルモンバランスを崩して、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、更年期障害などの原因ともなっています。

 

乳がん団体のピンクリボンも『プラスチックボトルに入った水を飲まない様に。乳がんの危険性があるから。』と発表しています。

私もプラスチックの製品を使わなくなりました。

水を買わなければいけない時にはガラスのボトルの物。

熱い物を飲む時も必ず陶器で飲みます。

電子レンジも使わなくなりましたが、どうしても使う時にはサランラップを外します。

 

目に見えないし、即効的な有害性が見えないので、『何を言っているんだ!』って感じで

プラスチックボトルに入った匂いやパッケージの見た目の良い物を買いたくなりますが、手に取ってお金を払おうとしている物は

全て農薬だと思ってください。そうすると自然と、自然の物を手に取る様になると思います。

 

すると、世界で伐採されている自然の木々や草花が、自然を求める消費者が多くなる事で需要が増し、大手の会社が

今度は石油製品を手放して自然を買い求める様になります。そうすれば、今は高い自然化粧品などですが、ゆくゆくは

とても安くなると思います。地球に良いし、私たちの体にも良い!石油製品を手放しましょ。

 

そうする事で、私たちは自然を助ける事が出来ます。

 

これが、私にとってはエコの第一歩だと思うのです。

どうか、自分の体を大切にすると同時に、地球にも本当に優しい消費をしてください。

他にも沢山の石油製品が溢れています。

皆さんにも、今度スーパーやドラッグストアに行った時に一度このニュースレターを思い出して、

手に取って成分を見てみてください。

その第一眼が、エコへの第一歩です!

 

今度は排泄についてお話ししたいと思います。

正しい排便をご存知ですか?今度のニュースレターまで、毎回の排便をチェックしてくださいね。

 

 

Sun

01

May

2011

食生活とシミ

アーユルベーダとマクロビオティック的見地:食とシミ

前回のニュースレターで

『なるほどねえ、便秘を治そうと思って葉っぱの野菜ばかり食べていたけど、出てくるのはおならばかりで困っていたのよね』と言うメイルをいただきました。

その他にも『そう言えば、俺がX脚なのは母親がよく妊娠中に塩気の多い物を食べていたって言ってたからだな』と言うお声を頂きました。

確かに、体と食べ物はかなりの関係があります。

前回のニュースレターや私のブログでも、アーユルベーダ的に食べ物と感情のつながり、食べ物と臓器のつながりをお伝えしました。

 

その中で、今回は、食べ物と顔のつながりをお話しさせて頂きたいと思います。

私は、皮膚が悪くなってから、日焼け止めを塗る事が出来なくなりました。

日焼け止めを塗ると顔中が腫上がり痒くなり、ぶつぶつが出て酷くなるからです。

そして、日焼け止めは体に悪い物質で出来ている事を知りました。

 

私の後輩もメイルで、『夜、しっかり落とさないと肌に悪いというお化粧。紫外線などお肌に悪いものから守ってくれるものが、

体に悪いってなんだか変な話だなぁとも常々思っていた』と書いていました。

私がお世話になっているサンダースペリーさんを扱っているi-healing のアサミさんのブログでも紹介されていますが、

 

『ファンデーション塗るからシミになるんですよ』っていうと、『ほ・・・・ホントですか?』と聞かれます。これに関してはいろんな説があって、ファンデーションに含まれる鉱物油(石油系の油)が、紫外線をうけてシミになるとか、乳化剤に使われてる界面活性剤が肌の抵抗力を弱めてシミを作りやすくするとか、そんな説明も出来るかもしれないのですが、これは私の経験で、『どう考えてもそうとしか思えない・・・』と言いたいと思います。サンダース製品を扱うようになって4年。コンサルや講習会を含めて今まで見て来た女性の肌は何千人??なんてったって、ファンデーション塗り続けてる人にシミが圧倒的に多いことは否めないのです。

 

                                                  I-healing Asamiさんのブログより抜粋

 

 

さらに、

 

(100%自然化粧品の説明の後)

だって今までファンデで毛穴を塞いでまともに呼吸出来なかったものが、肌の成長を助ける自然のハーブのトリートメントに守られて一日中過ごすわけですからキレイにならない方がおかしいのです。

 

ファンデーションを塗らないと、日差しを直接浴びるから、シミの原因になる・・って信じ込んでる人が多いのは、残念ながらファンデーションを販売してるコマーシャルに騙されております。Dr Mercolaのサイトでは、紫外線はシミには直接の関係がほとんどないとも書かれていますし、UVケアのクリームがシミを増長させる原因となる場合もある・・とのことです。先週のブログにも書きましたが、下手なUVクリームを使うと、紫外線を防ぐ効果もなく、シミを増やすかもしれなく、身体に有害な物質を取り込んでいる・・・ということになり・・・すっかり途方に暮れますよね。

 

                                                 I-healing Asamiさんのブログより抜粋

 

なんて事も書いてあります。

また、最近、流行っているのが『アーク光線治療法』

人類は太古の時代から太陽を紙と崇め、病気の治療手段として太陽光を利用していました。近年では、18世紀後半のヨーロッパで日照不足が原因とされるくる病や皮膚病を治す『日光療法』として本格的に研究。光線療法は、新陳代謝や免疫力、自然治癒力を高めると言う事で注目されて色々な施設で取り入れられています。

 

UV光線には、大まかに3種類あります。それぞれで体に及ぼす効果が変わって来ます。

 

1)赤外線は、体液循環を高めるので、血管拡張で鎮痛、消炎効果があり、解毒作用や老廃物排泄促進の作用。

2)可視光線は、自律神経の調整やホルモン、酵素の分泌促進をするため、ストレスの緩和や、情緒の安定、新陳代謝に効くとされています。

3)光合成物質群であるビタミンD3の生成をするため、結果として免疫力のアップ、カルシウム代謝の促進に効くと言われています。

確かに、外で自然な力を持ってたくましく育つ木の葉っぱがシミだらけと言う事はあまり見ませんね。

シミみたいになっている葉っぱは病気だと言われていますから、土から何か汚い物質でも水を通して飲み込んだのではないか?と思ってしまいます。

そう考えると、私たちも、太陽の光を遠ざけて、体に悪い物ばかり食べているとシミが出来やすくなるのかもなんて考えられませんか?

 

 

私自身も、お化粧が出来なくなってから、一切ファンデーションから遠ざかる事になりました。

面白い事にミネラル成分沢山の白粉を買って、この間の撮影にはのぞみましたが、その際にはやっぱり他のお化粧品の様に顔にぶつぶつは出来なかったですが、それでも肌が乾燥して引きつって行く様な肌が呼吸出来ていない様な感覚がありました。

 

紫外線を浴びるからシミの原因になると言うのは、やっぱり宣伝文句な気がします。

日本に一時帰国した際に、少しでも紫外線を浴びると死ぬ様な感じの過剰広告には少しびっくりしました。

では、紫外線ではなければ、何がシミの原因か?と考えると、それは食事のバランスによって出来ると言われています。

現在の、どうやってカバーするか、目立たなくするかの記事で一杯の雑誌や宣伝を見ていると、それだけ、今の日本の女性の肌は状態が悪いのか、、、

と私の尊敬する山村先生は著書に記しています。

確かに、高級クリームなどを免税店で袋一杯に買っている日本人の方の姿を目にします。

でも、たいがい皆さん、一つの化粧品にとどまっていなくて、常に新しい化粧品を探しています。

『初めは効果があったんだけど、、、』って言う声を沢山クライアントから聞きますから、

やっぱり治せる化粧品て言うのは自分の食生活を見直さない限りないのではないかと思います。

その人の好みや家庭の嗜好によって、知らず知らずのうちに食べ物に偏りが出て来る様です。

 

女性にとって大敵のシミ、そばかす。これは現代人の特徴だとマクロビで有名な山村慎一郎先生は言っています。

シミ、そばかすと言うのは、炭水化物、特に白砂糖、はちみつ、果糖や油脂などを食べ過ぎた物を体から出そうとして出来た物だと。

これらの食べ物は、陰性とされて体を冷やす結果になると言われています。

アーユルベーダにおいて、甘み、苦み、渋みは体を冷やす効果。そして塩気、辛さ、酸っぱさは体を温める効果があります。

と言う事は、甘みになる炭水化物、白砂糖、果糖、油は体を冷やします。

 

これは、覚えていた方が良いと思います。どの味が体を冷やして、どの味が体を温めるのかと言う事は。

毎食時、全部の味、摂れているかな?って考えてみてください。

そうすると、自分の傾向に気付くと思います。

特に体が冷え症の方は、甘み成分を食べ過ぎていて、それを解消しようとして苦み成分や、渋み成分に急に切り替えてもっと体を冷やしているなんて事も

最近の過剰なCMにはあります。

例えば、炭水化物である甘みのおにぎりを食べて太っちゃうからと言う理由で、渋みの強い緑茶や、苦みの多いサラダを食べる事で体はドンドン、寒く冷えて行きます。どれも摂っている味が、体を冷やす物ですから。

 

 

でも、そこに、例えばおにぎりに、梅干しと言う塩気をいれる事でバランスが取れます。そして、もし口直しとして辛みのガリ(ショウガ)を食べたり、の物を頂いたりする事で全ての味覚を得られるとともに、体の温度のバランスも保たれます。

 

 

こんな風に味のバランスを整える事で、体の体温も整い、そして顔の皮膚も綺麗になると言う事です!

だけど、最近は小麦粉製品、コーンシロップ(水飴)、コーンスターチ、白砂糖などが入っている物が出回りすぎていて、

それを知らないうちに過剰に摂取している結果、シミやそばかすが顔に出て来ます。

 

なぜ、顔に出て来るかと言うと、陰性な食べ物は、陽性な日光に引きつけられるので、冬よりも日差しが強い夏に出来やすい。

体は食べ過ぎた物を体から出そうとする作用があるので、甘いものや油は『上に行って広がる』陰性の特徴により、体の上部にある顔にシミとして出て来ていると言う事です。

その論理から言うと、甘いお菓子や、乳糖、果物が好きな人、あるいは少しだけど毎日食べている人はシミ、そばかすが出来やすいと言われています。

だから、『ちょっと休憩』と言って、チョコレートを毎日少しずつ食べている人も要注意です!

 

朗報なのは、この山村先生は、もともと凄く太っていて顔にはシミやほくろだらけだったそうです。

でも、マクロビオティックに食生活を変更してから、顔にあったシミは無くなったと言う事です。

顔にあるシミは、大敵ではなく体内の不調を伝える友達かもしれません。

だから、食べる物を少し変えてみて、化粧品も自然の物に変えてみて、シミが無くなるかをチェックするのも一つの手だと思います。

隠しながら生活するより、内側から綺麗になって生活をする方が、長い目で見て経済的かもしれませんね。

ちなみに、最近の調査でマクドナルドの1ドル(100円と考えましょうか)で販売されているチーズバーガーを食べると、後々医療費に$176(1万7600円)使う事になると言われています。とどのつまり、チーズバーガーひとつが、1万7700円と言う訳です。おまけに、もれなく体調を崩すと言う効果までついて来ます。

 

そう考えると、やっぱり自分の口に何をいれるかと言うのは、重要な事だなあと思います。

 

私の中学時代の家庭科の先生が、家庭科の授業で『私は大学生時代に、お金が無くて毎日カップラーメンを食べていたら、顔が真っ黄色になった』と言っていたのを中学生ながらに衝撃的で今でも覚えています。

 

ナルシスト並みに、鏡に写る自分の顔に出来た不調マップを見てください。

吹き出物が出る位置と内臓の不調はかなり関係しているようです。

 

おでこー腸ー便秘になりやすく、フライ物や甘いものの摂り過ぎ

ほっぺー肺ー小麦などの炭水化物や油脂、タンパク質の摂り過ぎ

鼻ー心臓ー塩気のもののとりすぎ。(せんべいやポテトチップスなど)

あごー生殖器、膀胱-乳製品の取り過ぎ。チョコレートやチーズ、アイスクリームなど。また耳くそ、鼻くそ、目やにの多い人もこの傾向がある。

口ー胃が荒れています。

 

ほっぺの肺と言うのは少し、分かりにくいかもしれませんが、

肺はタンパク質や油脂の摂り過ぎに反応しやすい所です。

なので、ほっぺを見た時に茶色のシミは、甘いもの、ほくろはタンパク質や砂糖の摂り過ぎが原因と言う事を覚えておいて

顔をチェックするのが良さそうですね。

勿論、すぐに病気になると言う訳ではなくて、バランスが崩れているよ~という知らせなので、参考にしてみて口にいれる物を吟味してみてください。

 

余談ですが、フケも小麦粉製品(菓子パンとか!)の摂り過ぎでなるそうですよ。

あと、鼻の頭の開いているのは、余分な物を出そうとしているのであって、それを無理矢理鼻パックで閉じようとすると、

沸騰している鍋にそのまま蓋をする様な物なので、鼻が苺の様になっている方は自分の食生活が砂糖や、フライもの、炭水化物で一杯になっていないか見て調整する事で自然と閉じてくるようです。是非、お試しあれ!

 

と言う事で、今回も御拝読頂きありがとうございました。

次回は、ニューヨークから帰って来てから内容を決めたいと思います。

ご質問、感想等がありましたら、是非メイルを下さい!

 

Fri

01

Apr

2011

食と臓器

 

3)アーユルベーダ的見地:食と臓器について

 

前回のニュースレターが、あまりにも反響が大きく、色々な方から『私、塩味よりも甘いものを求めていたけど、そう言う事だったのねえ~』とか

『私の知り合いで、いつも言動がキツイ人があごが折れる位のせんべいがよく食べたいって言っていたけど、あの先輩、そんなに固いもの食べたい位、心の中は怒りで一杯なのかと思うと、かわいそうに見えて来た』という様なご感想を頂きました。一番多かったのが、『私、ワインの渋みが好きで、それと一緒に塩気のあるチーズを食べるのが大好きだったけど、渋みは私を心細くして、塩気で自分への自信を補っていたのね。この連鎖はやめられないはずだわ~』と言う事でした。人それぞれ、味に関しての見解が有るようですが、それでも意識(心)をもって食を見直す事につながったのはとても良い事だと思います。

 

 

さて、今回は、リクエストが多かった味と臓器の関係性についてお話ししたいと思います。

 

自然界には6つの味があると言う事を前回、お伝えしました。

 

甘い/酸っぱい/塩っぱい/辛い/渋い/苦い

 

そして、この味と言うのは、体に色々な影響を及ぼします。

 

例えば、甘い食べ物は体の中でどういう変化を起こすかと言うと、体の組織ほとんどが糖分で出来ています。つまり甘い味覚ですね。

つまり、人間が生きて行く為に甘いという嬉しい味覚を備えて、積極的に甘いもの-満足感(と言う感情)を取り入れる様に、人間の体は出来ているのですね。

もしも、苦くて渋い物が体の組織を作るメインの物であったら、きっと苦くて食べたくなくて

そして、体は栄養を得られない状態になり動けなくなってしまいますものね。

 

昔ビートたけしさんが、『おいらの、顔はもうボロボロで死んでもおかしくないって言われていたのに、病院である日目が覚めた時、ア~腹が減ったなあ。何か食いたいなあって思ったんだ。その時おいら、食べたいって思うんだから、死なないな。おいら、生きるわって思ったんだ。人間てのは不思議だな。』って

コメントをしていた事がありました。

 

そんな思いをさせる糖分と連結している甘み。

 

甘みは、その他に、唾液の分泌を促します。唾液は、消化の第一歩で、これが出てくれないと、胃が大変な労力を強いられます。

つまり、よく噛まないで飲み込む人は、消化の第一歩を見逃しているので、胃に負担がかかり、未消化物が出来やすくなります。

未消化物と言うのは、アーユルベーダで言うと、病気の根源であります。また、未消化物とは食物を消化・排出しきれなかったもののことを言います。

未消化物は、粘着力があり、血管やリンパ管など、様々な管をつまらせ、体に沈殿させることで毒素となります。

 

これは、現代で言うと、コレステロール・血液の汚れ・細胞の活性酸素・宿便にあたるものとして考えられます。

その多くは、体内に留まるのですが、一部、目に見える部分にも出ます。

それは、舌に付いた白っぽい苔舌苔です。

体の自浄作用により、夜運ばれ、朝、舌苔となって表れます。

毎朝自分の舌ベロをチェックしてみてください。真っ白になっている方は、体に毒素が溜まっていると言えます。

舌ベロの奥が白い人は、大腸が汚れている事を示し、真ん中位が白い人は、小腸、そして、先の方が白くなっている人は胃が弱くなっているようです。

もし黄色味を帯びていたら、それは、体がかなり酸性に傾いて居ると言う信号です。

 

えっと、話を元に戻します。

糖分は、本来、心臓を強化したり、体の循環を良くしたり、便通をよくしたり、体自体の形成に役立ちます。

また、出産をした方にとって重要な乳も糖分から出来ています。だから、よく、乳の出が悪い時にはおはぎを食べさせると良いって言いますもんね。

 

そして、甘い味覚と関わっている臓器がすい臓と脾臓になります。

なぜ膵臓かと言うと、膵臓がインスリンの分泌を担っているからです。

甘い味覚の物は、穀類、はちみつ、甘い果物、じゃがいもやビーツなどの根菜、そして肉、乳製品、油などを指します。

 

最近では、糖尿病の方が増えましたが、単に太っていると言うだけではなくて、この糖分を多く摂取しすぎてインスリンを担う膵臓がパンクしてしまうんですね。

考えてみれば、日本に帰った時に、炭水化物で出来た物で溢れていてビックリしました。

パン、ピザ、パスタ、おにぎり、ポテトチップス、クッキー、エネルギーバー、天丼、牛丼、フライドポテト、 などなど。。。。

 

また炭水化物で出来ていない様でも、小麦粉を入れて味をマイルドにしている物が多いので、やはり、炭水化物ばかりなんですね。

現在、スーパーの3/4を占めている、箱入りまたは袋入りの加工食品-プロセスフードも良くないです。

パッケージには、緑黄色野菜入り!とか、イソフラボン1000mg入り!とか、ビタミンC入り!と書いて、

私たちに『何か良い物を食べている』と思わせがちですが、

勿論、入っている緑黄色野菜のカスカスのパウダー状の成分よりも、塩が大量に入っていたり、化学調味料で味をごまかされている事は

賢い消費者であれば、ご存知だと思います。『私は緑黄色野菜をクッキーから摂取しています』って、あり得ないですよね?そんな、不自然な事。

 

もしも、今ハッと気付いたら、今すぐ思考能力を戻すようにして見てください。

 

私の友人が大学時代に、炭水化物抜きダイエットをやる!と公言して、

翌日、朝食、何を食べたの???って聞いたら『ポテトチップス』と答えたので、

『思いっきり炭水化物じゃん』って言ったら『ポテトも??ご飯とパンが炭水化物でしょ?』と言われて、

『いや、ポテトって沢山でんぷん質が入っているから、炭水化物だよ!』と言って、驚いた覚えが有ります。

その次の日には、7イレブンで、ガーナチョコレートを食べていました。

チョコレートは、炭水化物じゃないから良いんだという彼女の理論でしたが。。。。。。

 

結局、ボーッとするし、炭水化物やめられませんと言って諦めていました。

ダイエットで炭水化物を抜くダイエットをしてしまうと、体を形成する糖分が一切入ってこない状態になるので体はカスカスのスカスカ状態になってしまいます。

やっぱり加工食品ではなく生鮮食品から自然の形で、バランスよくご飯は摂るべきだと思うのです。

 

さて

他の2つの味についても、下にチャートを作って載せてみましたのでご覧下さい。

(甘いものと塩気のものは便通を良くするっていうのが抜けていました!ごめんなさい~)

 

 

Picture 5.png

 

 

 

さて、ここで、野菜についてなんですが。サラダをすごく積極的に食べましょう!って言っている事が多いと思うんです。

ブロッコリー、レタス、トマト、キュウリ、ネギ、人参、セロリ、などなど。。。。

最近では、手軽にと、青汁が出て来たりもして言いますね。

苦みと言うのは、臓器の中でも大腸と関わっています。だから、繊維質の物という点でもサラダは大きな関心を寄せられていますが、

臓器と言うかかわり合いでも、大腸とつながっているのですね。そして、面白い事に、苦みの物を食べ過ぎると便秘になるとアーユルベーダでは言われています。

逆に甘いものと塩気のを食べた方が便通に効くと言う事。つまり、サラダの繊維質があって、そして大腸を整えてくれる機能が有って、そこに甘い/塩気味の物が便意を催す様に働く事で排便が出る仕組みになっているんですね。と言う事は、やっぱり、苦みだけの物や、甘みだけの物ではなくて6つの味全てを取り入れる事で体が成り立つ様に出来ているんだと思います。

 

『良薬、口に苦し』

とはよく言った物で、苦みの有るものは、体温を下げたり、体の毒素を出したり、血液を浄化すると言う作用が有るのですから、

病気に犯された時には、やはり苦みの草木を口にするのは、理にかなっているのだと思います。

ただし、ここで気をつけなければ行けないのは、サラダがいくら良いからと言って、苦みの有る成分を食べ過ぎたり、

サラダだけを食べたりするダイエットをする方がいます。キャベツダイエットとか、青汁ダイエットとかですね。

これは、かなり危険だと言う事が分かると思います。なぜなら細胞を枯渇させる作用が苦みには有るからです。

 

一番気をつけるべき事は、『デトックス』と呼ばれている商品です。お茶とかですね。

 苦みの有るものを食べる事=健康 には結びつきません。

自分の体がどれだけ苦み成分を必要としているのか、知らずに摂り続けると危険ですよと言う事です。

体重、年齢、身長、そしてその人の性格によっても、摂るべき量と言うのが変わって来ます。

 

40代の運動をせず、毎晩外でお酒とおつまみだけを食べていてお腹が出ている課長が、1週間野菜と果物だけでダイエットして成功したと言うのを聞いて、普段から運動をして痩せたいと思っているスレンダーな20代の女性が、同じ様に野菜だけのダイエットをしました。その女性は、体重も減りましたが、体のミネラルも一緒に失ってしまい、今度は気分にむらが出て来たり、髪の毛が抜けやすくなったり、目がかすみやすくなったり、ヒステリー、また月経が来ないと言う様な体調になってしまいました。そして、体を安定化させる為にアーユルベーダのドアを叩いたと言う話をクラスでDr.がしていました。

 

『商品とは売らなければいけないものであり、その為には、消費者をその気にさせる宣伝文句が飛び交う。それがあくまでも全ての消費者にとって正しいとは限らない。だから、自分の体を知る事が一番の大前提で、健康を図らなければ行けないんだ』と言っていました。

 

確かに、宣伝文句で『無脂肪のアイスクリーム』って言うのが売っていて、まさかそれで痩せる訳がないですよね。

でも、アイスクリームを食べる上での罪悪感みたいな物は、なんとなく取り除いてくれている気がします。

(逆に、牛乳から脂肪を抜く事の方が不自然であり、体にとって負担が大きくなるのですが。)

 

体にとって悪い物に、デトックスとかビタミン入りといった良い物を混ぜ合わせて、

いかにも、体に良さそうな物に変身させて売っている物には気をつけなければ行けませんね。

 

体の細胞が元気で無くなると言うのは、体が衰弱して行く事を意味します。

そして、それは甘い物や塩気の物を食べたからダメだとか、苦みのあるものを摂取すれば大丈夫だとか、そういう事ではないんですね。

全ての味は体の臓器と密接なつながりがあって、全てをまんべんなく摂る事が一番大切であります。

そして、自分の体が何かに偏っていたら、そこにはいつも体からの信号があります。

便秘、ニキビ、舌苔、頭痛、むくみ、爪の割れ、白目の部分の色、鼻のつまり具合、目やに、頻尿 などなど。

それらに耳を傾ける事が、やっぱり体を健康に保つのに役立っていて、そして、味を通じて健康を保つ事は大切だと思います。

 

ここで余談ですが、O脚の方も味によって、O脚になっているのだと言われています。

一般的に、O脚は足が問題ではなく、腰が問題であると言われています。

果物や甘いものの食べ過ぎによって骨盤が開く事でO脚になります。炭水化物や豆類などタンパク質も多く摂りすぎ無い方が良いようです。

そして逆に内股の方は、母親が妊娠中に良く煮た者や漬け物などの塩分の強い物、あるいは卵、肉、魚、とくに干物、塩漬け肉、サラミなどの食事をしていた可能性があります。なので、自分の足の形で知らせてくれている体に必要な食べ物を気をつける事、

そして、それを強化する為の筋肉運動やストレッチをする事が良いと言われています。

 

このようにして、体にでる色々な症状によって私たちの体が何が足りていないかを伝えようとしているのが分かります。

顔に出来るシミも、実は紫外線とは本当は関係ないと言われていて、食べ物によって出来ているのだと言われています。

 

では、来月は、食べ物と体に出る症状の中でも、シミと食べ物/味についてお話しする事にしましょうかね!?

5月になったら日差しが強くなって、日焼け止めを塗りたくる方が出てくると思いますから、その前に!というニュースレターにしたいなあと思います。

 

Thu

25

Feb

2010

食と感情のつながり

 

 

こんにちは、みなさん。お元気ですか?

今日は、ひなまつりですね。甘酒にひな人形。私にとってのひな人形は姉のおさがりでした。

私と姉は10歳年齢が離れているので、私が10歳の時には姉は20歳です。

私が楽しむ7段飾りのおひな様は、もうそこに20年ある訳ですから、結構お古でした。

私の誕生日は2月28日で3月3日のひな祭りととても近いので、私の誕生日会にはいつも7段飾りのひな壇がありました。

ある誕生日会で、みんなで『わ~!!!』とお話をして笑ってドンドンと机を叩いていると、ぽろっと山車の一本が外れました。

それを皮切りに三人官女のお囃子の笛が落ち、そして、最後におひなさんの首が落ちました。

20年間頑張り続けてくれたのですから、仕方が有りません。でも、10歳の私には衝撃的な出来事でした。

それ以来、私は誕生日会を開かなくなりました。

な~んて、まあ年齢も小学校5年生になれば誕生日会も開かず皆で外に食べに行くと言う感じでしたから、たまたまですが、それでもあの時のあの瞬間は今でも覚えています。みなさんは、ひな祭りをいかがお過ごしですか?

 

今年から始めるニュースレター第一号、楽しんで読んで頂けたらと思います!

 

ーーーーー今回のトピックーーーーー

1)YBR告知

2)ニュース:アエライングリッシュ掲載とラジオ予定

3)アーユルベーダ的見地 味覚と感情の関わりについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1)YBR告知

YBR お尻のケアーを3月13日土曜日 

ベニスビーチ近くAbbotkinney のスタジオU 午後3時から5時まで 

 

このクラスは、ハムストリング、前腿、外腿、そして骨盤から膝にかけての内股をメインにリリースして行きます。これらの筋肉群が平等に長く、柔軟性をもって、まっすぐに伸びている事により、自分の足がより簡単にお尻から動き、足が軽くなるのを実感出来ます。また、これらの筋肉が正しく動く事によって、骨盤がまっすぐに保たれ、足を動かす時に膝に負担がかからずに済みます。膝には、足の筋肉のほとんどがつながっていますから、もし、どれかの筋肉が硬かったり癒着が起きていたりすると他の筋肉が引っ張られて、自然と骨盤が歪んで来たり、膝に負担がかかったりするのは想像するとお分かり頂けると思います。

春が来て、冬の重たいコートを脱いで颯爽と街を歩ける様に、今から足の筋肉をリリースして行きましょう!

 

好評のため、残りあと3スポットのみ残っていますので、早めにRSVP下さい。

 

2)ニュース:アエライングリッシュ掲載とラジオ出演予定

 

このニュースレターを読んでくださっている方の中には、アエライングリッシュを既に購入して読んでくださった方も多いかと思います。

購入してくださった方ありがとうございました。また、個人的に感想を送ってくださった方も本当にありがとうございます。

日本で2月23日に発売された4月号に掲載されていますので、是非、ご覧下さい。

また、http://www.aera-net.jp/english/100223_001486.html

にてアエライングリッシュの今回の内容が紹介されています。

私の記事も、そこに出ていますので、ご覧になってください。

 

名古屋にあるZIP-FMというラジオ局の、Morning Chargeという番組で

海外で活躍している日本人の方に、お電話でお話しをお聞きする、

WorldWidersというコーナーに今週の金曜日3月5日朝8時から10分位出演しますので、もしお近くにお住まいでしたら、是非聞いて頂けたら嬉しく思います。

 

3)味覚と感情の関わりについて-ーーーーアーユルベーダ

 

 

  さて、ニュースレター第一号でお送りする初めのトピックは、ズバリ『味覚』と『感情』のつながりについてです。

この文章を読む前に、先ずして頂きたい事があります。自分の台所、もしくは部屋に行って自分の持っているお菓子や缶詰などの食べ物を全部、個数も含めて書き出してください。

そして、それらを甘い、すっぱい、塩気、辛い、渋い、苦いの6つの項目に分けてください。そのあとで、食感が柔らかいか硬いかと言う二つにも分けてください。

 

書き出しましたか?分類し終わりましたか?

さあ、では読んでみてください。

 

  私の皮膚の件は、ブログを読んでくださったり、講習会を受けてくださったり、または私のHPの自己紹介の部分でも書いてあるのを読んでくださった方はご存知かと思うのですが、私はロスに来てから皮膚がもの凄く酷くタダレました。ビックリする位、体中から黄色い液と血が一杯出ました。自分の皮膚がボロボロに向けて、自分の皮膚の白いかすを見ない日が無かった程です。初めの一年はステロイドを使って押さえていたんですが、1年後にはステロイドは全く効かなくなりました。そして、その代わりにもっと酷くなった皮膚の状態と、体重の激減と、そしてこの年齢にして白内障を患いました。ビバリーヒルズにある最新最大の病院にある最高権威の皮膚科医師に『もうこの皮膚で一生生きて行きなさい』と言われてから、西洋医学を諦めて、その後一年間東洋医学の大学に通い、漢方と針治療で皮膚の治療に臨みました。それでも、良くなったり悪くなったりと一向に完治しないんですね。原因が分からない。どの治療薬も効かない。。。。そして民間医療と呼ばれる物はかなり色々とやりました。でも、顔はいつも赤くただれていました。

 

  絶望の中で模索していたそんなある日、フランス人の友人が『私の友達に面白い事をしている人がいるから会ってみない?』と言われて、会ったのがDRレザでした。彼の信念は『体が消化出来る物を食べる事が重要』と言う事でした。それはアーユルベーダの理念にもつながります。今の西洋医学では『色々な食物の分野から、一定の品目以上をバランスよく食べてカロリーを気にする』って言う事だと思うのですが、アーユルベーダは『個人の体は人それぞれ違うので自分の体が消化出来る物を食べるべきである。消化出来ない物が体の中に残るのは、機械の中にサビが溜まって行くのと同じで、それが病気の原因になる』と言う理念です。

この理念を私は体で経験する事になりました。

 

  それまでの私はビタミンBが肌の再生に役立つからと豚肉を取っていました。そしてしいたけやごまは体に良いと信じてそれも取っていました。つまり外からの情報を信じて、自分の皮膚にどう反応しているかと言う事を考えずに食べていたんですね。しかしながら、私の体はそれらを消化しにくい体でした。つまり、私が栄養として体に取り入れていた物は、その時の私の体にとっては毒であったのです。その代わりに、Drレザ氏の私の体が消化出来る物リストを頂いて食べる事にしました。

 

  そして、食べ始めて3日目に赤くただれていた顔は治まり、黄色い液体はストップして、傷口はビックリする位にみるみると塞がって行きました。

思考はクリアになるし、エネルギーもわいて来ました。そして、一番驚いたのは、味覚でした。

何がビックリしたかと言うと、唾液がいきなり甘くなったのです。口の中に常に氷砂糖を入れてなめている様な感覚になりました。それが一週間位続いたんですね。

Drレザの検査で私の唾液をチェックするのがありましたが、結果は『君の舌ベロは死んでいる。何も消化酵素を出していない。これじゃあ、食物がいきなり胃にぶち込まれるから、体が消化出来なくて当たり前だ』ッて言われたんですね。私の体は完璧に酸性に傾いていたんだと、今振り返ると思います。唾液は常にアルカリ性であるべきです。でも、私の体はサビだらけで酸化していたので、正常に戻ったアルカリ性の唾液を甘く感じたんだと思います。そして、私の肌が荒れるのにはある一定の私の感情と味覚に関係があることに気付きました。

 

  さて、前置きが凄く長くなりましたが、私がこれをお話しするのは、自分の体が必要とする物を食べる事、そして、メディアに流されずに自分の舌ベロと信じて欲しいと言う事です。では、どうしたら自分の体が必要としている物が分かるのか?それは、自分の心を見つめる事から分かります。病は気からと言われる様に、気持ちが落ち着いていないと正常な体の為の食物を選ぶ事が出来なくなります。そして、偏った食物を食べる事によって、体がバランスを失って病気になったり、太ったり、感情の起伏が激しくなったりと言う事が起きます。では、それを無くすにはどうするかと言うと、『自分の嗜好している物をチェックする』と言う事です。

さあ、ここから感情と味覚の関係について、もっと入っていきましょう!

 

  味覚は全部で6種類あります。

甘い 酸っぱい 塩気 辛み 渋み 苦み 

です。この6つは、感情とリンクしています。

 

甘みー深い思いやり/満足

酸っぱいー 物事を区別する/刺激

塩気ー自信/人生の絶頂

辛みー外向性/大胆

渋みー内向性

苦みー不満足/孤独

 

つまり、この味覚を刺激される物を食べる時に起こる心への影響がこれらになります。

確かに、何かのお祝いをする時には甘いもので満足感や、相手への思いやりを表したりしますね。

そして、苦虫をかみつぶしたと言う通り、苦みには不満足さを感じさせる物があります。でも、勘違いしては行けないのは、これら全ての味が私たちの心のバランスを整えるのには必要であると言う事。私たちは、外向性も内向性も両方必要としています。そして、不満足が無ければ、向上心が湧きませんし、孤独が無ければ自分を静止する時間が無く疲れてしまいます。つまり、この6つの味は、私たちに取って全て必要なのです。

 

では、何が問題かと言うと、これらの味を偏って取りすぎる事なんです。味覚にある執着が起きると、心にどんな影響が起こるかと言うと。。。。

 

甘みー独占欲、所有欲、執着心

酸っぱさーねたみ、ひがみ、怒り

塩気ー横柄、自信過剰、自意識過剰

辛みー怒り、暴力、憎しみ

渋みー自分への自信のなさ、恐れ

苦みー深い悲しみ

 

です。例えば、最近ではビックリする位の辛い物(ハバネロ)を異常に食する10代が多いようですが。それらの辛さは人に外向性や大胆な行動を与えると同時に、その辛さを異常に取りすぎると、今度は切れやすかったり、暴力を起こしやすかったり、人の事を一瞬にして憎んだりと感情が怒りの方へ向いてしまうと言う事です。昨今のニュースでよく騒がれている10代の切れやすい若者を思い出さずにはいられないと思います。

 

さて、自分の食べ物リストを見てください。どの味覚の物が多いですか?

そして多かった味覚の物と自分の感情の関連性を探し出してみてください。

塩気のもの冷凍の魚、粉末のスープ、煎餅、ポテチが多い方は自信を取戻したいと言う傾向にあるのかもしれません。もしくは、少し人に対して横柄な態度を取りがちですか?それとも自分の中で野望がドンドン増している状態ですか???

 

私の昔からの傾向は、いつも舞台の前に塩気が有るものを無意識に取り入れています。また、何か興奮する様な出来事が起こると、自分に自信を取戻したいが為に塩気の有るものが多く食卓に並びます。塩昆布や、梅干し、シャケなどです。

塩気が好きな人は、自分の普段の生活に自信となる物が無くて、塩気を多く摂る方も多いようです。特に、結構な高い地位の方は仕事のプレッシャーから、自分に自信を与える為に塩気の物を好み、心筋梗塞や、心臓病になる方が多いですね。

また、食後に甘いものを食べたくなるのは、きっとその食事中にテレビを見たり、友達と話したり、よく噛んだりしていずに食事に対しての集中力が低いとき、食事に満足感が得られずに、食後にその満足感を埋める為に甘いものを食べる方が多いようです。

そして、甘いものを沢山食べる方の傾向としては、所有欲が心に住み着いていますから、だいたい押し入れの中や引き出しの中に必要以上に捨てられない物が多いようです。甘いものに沢山チェックがある方は、是非押し入れや引き出しを調べてみてください。何か一つの物、それが例え鉛筆や消しゴムと言った小さな物にしても、何種類も同じ物があったり、小さくなって捨てても良い物なのに取っておいたりする傾向がありませんか???

 

では、今度は取りすぎないでいるとどうなるか、と言う事です。

甘み-体が弱くなる、虚弱体質になる

酸っぱさー体の中のPhバランスが悪くなる

塩気ー体の中の水分バランスが悪くなる

辛みー体の循環が悪くなり、手足が冷えたり、消化が悪くなる

渋みー多量の汚物がでる

苦みー毒素が体の中に溜まる

 

これらを読んで、やはり全ての味を適度に取る事、一つの味に執着しない事が良いと言うのはお分かり頂けると思います。

 

さて、本当は、ここで味覚と臓器の関わりについてもお話ししたいのですが、これはまた今度リクエストが多かったらお話しする事にして、食感と感情についても最後にお話ししましょう。

 

これはニューヨークの栄養学校の授業の一つでお話しされていることです。

食感で一番思い当たるのは、とろみがあるもの、と固いものに分かれると思います。

 

『この牛肉は口の中でトロっと溶けてフワッと広がります。』なんてグルメリポートを聞く事が多いと思います。

こういう柔らかい食感を多く求めている時は、欲求不満の時です。自分が認めてもらいたい、とか、優しくされたいと言う時にこれらの食感を好む傾向にあるようです。逆に、硬い物、例えばおせんべいやポテトチップスと言った噛み砕く物を頂く傾向が多い時は心の中に多くの不燃している『怒り』や『不満』がある人です。これらの未消化の感情を、食べる事や食感によって消化しようとしている傾向があるようです。

 

さて、みなさんのリストの中にフワッと溶けるもの(チョコレートや脂身の多い肉)や硬いもの(せんべい、ピーナッツなどのナッツ類、氷アイス)はどれぐらいありましたか?

だいたい同じ商品を二つ以上買いだめしてい物は、取りすぎている傾向がありますので、自分の今の感情をもう一度心を落ちつけて、見つめ直してみると良いと思います。心の乱れは食の乱れです。食の乱れは、健康の乱れにつながります。でも、食の乱れを外観して心の乱れに気付いて正すのはとても良い事だと思いませんか?

 

人間は本来認めてもらいたい動物ですから、これら食感が結構色々な料理に出て来ると思います。

注意したいのは、これらの食感を楽しんでは行けないと言う事ではありません。季節によっても、体調によっても食べたくなる物は変わって来まし、食感や味によって心の安定性をもらっています。これは食の一つの醍醐味です。

でも、その時々で、『過ぎる』と思う物は、心に軌道修正が必要な時かもしれません。

全ての味は、絶対に私たちが生きて行く上で必要です。善悪の問題は無く、全ての味は善です。ただし、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

是非、今回の食と感情の内容をどこか紙に書き留めて、この味覚全てを含む様なバランスの取れた食生活に出来ると良いと思います。

カロリー計算なんて、ナンセンスです。ちゃんと心が落ちついていれば、どれも食べ過ぎる事なんてないんだと思います。

逆に、心が落ちついていないのに、カロリー計算でまたストレスになる事がリバウンドの原因につながります。

 

自分の味覚を元に、心と体の健康を図ってみてください。春はもうすぐそこに来ていて、あっという間に夏ですもんね

 

では、また次回のニュースレターをお楽しみに!

 

Fri

08

Aug

2008

Hard way VS Calm Way

きっと多くの人は、ジムに行って身体を鍛えようって思うんだと思います。痛めつけて、汗をかけるだけかいて、筋肉痛になる事で運動をした〜!って思う事で自分は身体を鍛えているって思い込むんだと思います。

 

でも、私のクライアントさんの多くは、『ピラティスをしないと身体がなんか変な感じがするの』っと言います。本来の自分の体な感じがしないと言う感覚を持つのです。自分の体がなまっているような、伸びきれていない様なそんな感覚を持つようです。

 

ハードウェイって言う言葉とコームウェイっていう言葉を聞いた事がありますか?

ハードウェイは星竜馬の世界。身体を出来るだけ痛めつける事で自分は夢に向かって着実に進むのだと言う精神。

コームウェイは、毎日出来る事を自分が楽しむ為に続けましょうって言うもっとお気楽な方法。

 

私は昔はハードウェイばかりを正しい事と思っていました。

 

そして、一つの事が終わると

『ヤッタ〜私よくやった!』って褒めるのではなく、

『ア〜良かった。失敗しなくて。次に向けてまた追いつめないといかん。。。。』って思っていました。

喜びの余韻に浸るよりは、ほっと安堵をして次の事にもう心配をしているという状況。これって長く続きません。

 

YBRを作ったヤムナもよく『私は、70歳のおばあさんに15㌔のおもりを持たせて汗をかかせるまで、筋肉を痛いと感じるまで運動をさせ、それを正しいと思っている若いトレーナーにあきれて物が言えない。ほとんどの人は、身体を動かすと言う事がどういう事か分かっていないのよね』と言います。

 

私自身はピラティスを必ず一週間に1度とそしてYBRを毎日。

 

ビックリするのですが、久しぶりに自分のピラティスをしている写真を見たら、上記の様になりました。

 

そんなに頑張らなくても継続して、食事をちゃんとしていたら筋肉は充分につくのかもしれない、そう思いました。

 

もちろん、アーユルベーダ的に言うと、

カファの人は痩せにくく太りやすい体質なので、一概にピラティスをYBRで身体の筋肉が全員につくとは言いませんが。

 

コームウェイで楽しく継続して身体に良い事をしませんか?

 

0 Comments

Thu

29

Aug

2013

ワクワクキネシオロジー体験会!

今年もワクワクキネシオロジ−体験会を開催します!
9月29日 日曜日午後1時から5時まで
オールドトーランスにて!詳細はこちら
 
毎回奇跡の連続の体験会!
 
是非、奇跡の目撃者になりませんか??
 
こちらが去年の内容です!
 
 
今回の内容は大きく分けて3部。
1部は、自分の体にぴったりな物を発見しよう!というテーマで、キネシオロジを使って皆さんがそれぞれ持って来て頂いた食品を検査して行きました。
 
ますます食べる物が分からなくなった方とか、
身体に良いと思ってずっと使っていたのに違った!とか、
貰い物でまだ開封していないのに身体が全然受け付けない!とか、
様々な結果がありました。
 
中にはジュエリーを持って来てくださった方もいて、『これ~旦那さんからもらったのに。。。』とも。
浄化をしたらだいじょうぶだと言うキネシの結果をもらい、ほっと私の方も一安心。
 
2部は、現在持っているストレスをオラクルカード/エンジェルカードを使って、心の中を覗いてみよう!気付きを得よう!というテーマで行いました。
ここで得たメッセージも興味深かった!参加者のキャロルは『あ〜どうしましょう』っていつも心配していたんですね。本当に要らぬ心配ばかりしている。
そして、このオラクルカードを使ったら『 Stop Worrying』っていうカードが出て、笑っちゃいましたね。
 
『心配しなくていいよ〜』
ではなく
『心配するのを止めろ!』ですから!
 
まあ、
皆様、それぞれがそれぞれのストレスをキネシを使って向き合う事が出来たようです。
 
3部は、インテグレイティッド ヒーリングのデモセッションを見て頂きました。
これは、ほんとーーーーに深かったです。(まいちゃんの了解を得て内容を書いていまーす)
 
デモをしたいと手を挙げてくれたまいちゃん。
 
彼女の一番初めに提議した問題は『Sinus-鼻づまり』でした。
 
そして、彼女の潜在意識がゴーサインを出しましたのでセッションは鼻づまりをテーマにして進んで行く事に。
 
まずは鼻づまりの症状を聴いて行きます。
 
95%ぐらいは常に鼻が詰まっていて、口で呼吸をしている。そのせいか、いつもかったるい。。。と。
 
そして、次の目標設定へと進んで行きます。
 
この目標設定で会場皆が一体になった感じがしました。
 
彼女の鼻づまりから、今後どうして行きたいか?となった時に、『鼻が通る様になる』では身体がぴくりとも「その目標で良いよ!」って言う反応を示しませんでした。
 
なるほど。。。そうか。。。じゃあ、鼻づまりが治ったらどうして行きたいか?そんな事を話して行きました。
 
将来の事を考えたいのに定まらない。
沢山彼女の頭で一所懸命に考えて出してくれる言葉にウンともスンとも言わない潜在意識。困ったな~
という事で、アファメーションブックからヒントを得ましょうという事に。
 
Nurture というキーワードが出て来ました。
I spend time nurturing myself which gives me the energy to give to others. と言う、
 
まず自分に栄養を与える事により、それが他の方々にも栄養がを与える事になるんだよ~というところから始まり。
 
自分が自分に対して栄養を与える事により起こる罪悪感を全て手放します。そして自分の為に与える時間をエンジョイします。
 
という文章が出て来ました。
 
彼女はぽかーんとしていましたが、改めて今思うと、本当にその通りだと思いました。
 
まいちゃんは、お話をする中で常に『他の人』の為にという言葉がキーワードとして出て来ていました。
自分よりもまず他の人に!っていう気持ち。
 
そして、他の人ってだあれ?と聞くと、彼女の体が女性に反応をしました。そして、その事を伝えようとすると『家族かな』と。
そしてお母様が出てきました。
 
また話の流れでまいちゃんは『私は結構幸せですよ』と言っていました。
でも身体は『幸せ』というキーワードに激しく反応を示します。
 
そして、幸せについて前向きな事を考えようとすると、筋肉は後退しブロッキングの様な反応を示す。。。という様な状況。
 
 
そんな中で彼女が、ふとお母様に言われた一言を口にしました。
 
 
その言葉を口にした瞬間に、私は彼女の腕を通じて痛烈な叫びを筋肉から感じました。
 
その波動は、あまりにも強烈であまりにも熾烈で、思わず手をまいちゃんのお腹に置きました。私自身が彼女の手をホールドしているのが辛くなったのです。
 
 
あーどんなに辛かった事だろうか。どうしてそんな言葉を受け入れられようか?その言葉をこの子はどんな風に処理をして生きて来たのだろうか?
 
そんな事を思ったら、彼女がカオをぐちゃぐちゃにして真っ赤にして泣いているまいちゃんのカオが目に入り、私自身が必死で涙をこらえました。
会場の方を見る事も出来なかったのですが、鼻水をすする音が聞こえて来ました。
 
そして、まいちゃんに『さあ、どんな風にこれから生きて行こうか?』と問いかけました。
 
まいちゃんからキーワードが出て来ます。それをあさみさんが画用紙に書いてみんなも見える様にして行きます。
沢山の言葉のうち『愛する』というキーワードに身体が反応をしました。
 
『○○で○○で○○で○○な私を愛する』
 
ほぼこれで目標はいいだろうと思うのにも関わらず潜在意識はそれではゴール設定ではない、、、、と反応をします。
 
私もまいちゃんもあさみさんも『うーん』という状況の中、会場の中から『許す?』とか『受け入れる?』とか声が飛んで来ました。
みんなが一体となって、まいちゃんの目標を一緒に考えるという形になって来ました。
 
沢山の声が飛ぶ中、一つ一つチェックをして行きますが、その中で『自分を愛する。。。その事を受け入れる』と、会場にいたトシ君が言いました。
 
 
それを聞くと、綺麗に潜在意識がゴーサインを出しました。
 
みんなで『やった!』と拍手があがりました。みんなから『マイちゃん、頑張れ!』という声ならぬ声が一杯聞こえて来た感じがしました。
会場が一体となって、マイちゃんのこれからを拍手したような愛に包まれた時間でした。
そして、その後、扁桃体の修正と音叉で調整をして行って90分間に及ぶセッションは終わりました。
 
皆が一同に、まいちゃんの顔つきが違うと。
 
そして、会場の中には、『自分の問題とシンクロしすぎていて、それをマジマジと見させられたわ~』という感想もありました。
 
ほらね、まいちゃん、潜在意識が言っていた『自分の為に栄養を与えるとそれが他の人々にも栄養を与える事になって行く』というのがもう出来たじゃない。
 
まいちゃんが癒されよう、自分を癒そうと手を挙げた瞬間から、会場の方々へのヒーリングは始まっていたんですね。
 
だから、マイちゃんが癒される事は他の人にもとても良い影響を与えるのだ。。。。と、改めてキネシオロジーで選ばれたメッセージの深さを思い知りました。
 
マイちゃんの癒しはこれからドンドン続いて行く様で、11月のIHに参加を決めたようです。
今後の彼女の変化が楽しみです!
 
また今回の事をブログに書いてくださった参加者の方のリンクです。参加者目線の彼女の臨場感溢れる内容で、その時の事がよみがえりました。
 
是非読んでみてください。
 
 
アンケートからは、マイちゃん、頑張れ!とか、今後のマイちゃんを追跡してくださいなんていうメッセージもありました。
 

Fri

31

May

2013

2013 April Newsletter

 

4)未亡人脱出しちゃいました。

前回の手紙を書いた件(まだ読んでいない人はクリック!)の続きです。
前回のニュースレターの後、私は手紙を書きました。
でも、エゴという物はこういう風にして私のヒーリングを邪魔するのか!!!と思う程
手紙を書き始めようとすると、なんか部屋を掃除したくなったり(逃避)、なんか胃がムカムカして来たり(身体反応)
色々な理由を付けて延期しました。
心の奥底では、この手紙で自分が何かしらの変化を遂げると分かっているけど、
でも現実の自分はウロウロと横道に逸れるのです。
へーこれが、エゴの罠ね。
人間て(ちょっと話が大きすぎ?)
それがどんなに良い変化だと分かっていても、
そこにある黒い渦巻いた「心のうんち」と向き合う必要がある場合、
良い変化よりも、なんとなく対処してきた嫌な現状にとどまる事を望む
ものなのね〜
なんて、デスクの上に置いた便せんを横目に見ながら、せっせとトイレ掃除をしましたよ。
では、Dr.パットに言われた今回の心のうんちの出し方をシェアします。
手紙の内容は以下の段落に沿って書く様にとの指示でした。
第一段落:相手の何が好きだったか
第二段落:相手の何で傷ついたか
第三段落:自分がこれから出会う人に要らない物は何か
第四段落:自分がこれから出会う人に望む物は何か
第五段落:相手に感謝の気持ちとさようなら
これを初めに言われた時、ふふん、そんなの簡単よって思っていました。
でも、第一段落を書こうとすると、じぇんじぇ〜ん筆が進まない。
相手の好きな所が何も無い???
そうではなく、沢山ありすぎて、その事実に絶句し、困惑をしたんです。
あんな仕打ちをしたあいつの事を好きだと認める事が、くやしゅうてくやしゅうて。。。。。(ハンカチを噛む)
って言うアレです。
そんな自分を認めたくない、書きたくない、
そんな思いが強くて、トイレ掃除をしたり、ボリボリと食べてみたり、ネットサーフィンをしたり、鏡の前で踊ってみたり、必要ないのに文房具を買いに行ってみたり。
でも、以前にIHのデモンストレーションで変化したのを見た翌日(ブログクリック
私も復活してみようか。。。。
そう、ふと思えたのです。
キリストの復活祭という私には関係のないイベントにちょっと乗っかってみようか。。。と思って、
その日曜日3月31日にようやく重い腰をあげて向き合う事にしました。
自分を踏みにじった人に、まだ好きな部分があるなんて、そんな「惨めな事をしたくない」という私のエゴを脇に置いておいて
私はディズニーパレードの曲をヘッドフォンで聞きトランス状態に入りながら、とにかく自分の素直で正直な気持ちと向き合う事にしてみました。
第一段落の相手の好きな部分を書いて認めると、そう言えば、自分てこんな人が好きだったんだな〜と客観的に見えて来ました。
ナスが好きだったけど、食べ過ぎてゲロッちゃったら、次からナスが大嫌いになる。。。。
そんな心理と同じで、
本来は自分の好きなタイプなのに、むっちゃ傷つけられたから、自分の好きなタイプの人間を嫌いになる。
そうしたら、どんな人が好きだったか分からなくなってしまった。。。。
ただ、手紙を書いているうちに、相手のどんな所が自分とあっていたのか、好きだったのか。
嘘をつかれた事は良くなかったけど、自分が好きだったタイプを全否定する事もないんじゃないか???と気付いて来たんですね。
そして、第二段落は相手の何で傷ついたのか。。。。
これは、ゲロッちゃいましたね。
何が嫌だったかなんて思いだすこと自体、ネガティブに感じていましたし、そんな過去の事を今更言ってどうするんさっていうガチガチの表面的ポジティブ思想により、封印して来た思い出は、かなりの汚臭を醸し出しました。
結局は、正直に言うと自分が惨めだった事を認めたくなかった。
そして、相手に自分が伝えられなくて飲み込んだ言葉、飲み込んだ感情、無視した感情がどろどろとヘドロの様に出て来ました。(おそろしや、おそろしや)
なぜ、私は伝えられなかったか?
もう自分がこれ以上惨めになる事が私には耐えられなかったんですよね。
それがその当時の私に出来る唯一の抵抗であり、少しでも残った最後のプライドだった気がします。
書きながら、あまりにも惨めで、それと同時にそんな自分という人間が客観的に可哀想で、泣けて来ました。
私は明らかに彼との事で自尊心という物を粉々にしてしまったのだと改めて実感しました。
第二段落で汚物を出した頃、第三段落と第四段落は結構楽に書き始める事が出来ました。
自分が彼とのその経験を通じて、何を捨て、何を手元に残すのかが明確になった気がします。
今までは、彼と関わる事全てに対して真っ向から全否定して来ましたから。
彼と同じ様な話し方をする人、彼と同じ様なユーモアのセンスを持つ人、彼と同じ様な声の人、彼と同じ様な手の形の人、彼と同じ車に乗っている人、などなど。
ぷはー未亡人ですな。
彼の全てを否定するのではなく、彼の中で自分にとって良かった事、彼との経験によって自分に必要ではなくなったものが分かると、
『彼』自体が問題ではなくなってきました。
彼との経験を通じて、自分のことをもっと知る事になったんです。
私って、何が好きで何が嫌いか。
そして、手紙の第五段落に来た時、驚きました。
よく言われる『許す』とか『過去を手放す』とか。よくヒーリングに出て来る言葉。
頭では分かっているけど、全然身体の奥底ではそんな言葉に納得していない。
勿論、許すことが出来たらどんなに楽かと思う。そんなのは分かっているのだよ。
でも、出来ないのだよ
私のプライドが邪魔をして、そんな事を出来る程、心の器が大きくないんだよ。
だって、また同じような人に傷つけられたらどうするの?
また、裏切られたらどうするの??
また、心がボロボロになったらどうするの?
次はもう立ちあがって浮上するパワーは無いと思うよ。
だから、許す事なんて手放すなんて、、、そんな事を言うのは、あの地獄の中どうにかして生き延びて這い上がってきた私には酷な話なんですよ。
そんな自問自答。許したいし手放したいけど、出来ない。
そんな私の中で折り合いがついた言葉は『あんたのこと、許してあげるけど、また人としてあんたを信用するほど私は馬鹿じゃないから』って言う、まあ何とも卑屈な私でした。
それが当時のギリギリ、受け入れられる私の譲歩。
でも、そんな卑屈で心がぶっさいくで、心に黒いうんちがドグロを巻いてたまっていた便秘な私が手紙を書いているうちに
ずるりと出ちゃったんですね。
第五段落を書いている間に
この人に会えて良かった。ありがたーい。。。。この人に会えなかったら、私はきっと感謝をするという事を知らなかったんだなって。
そう思える様になっていました。
神々しい感じで。たらーん
陰陽のマーク知っています?
あの意味が昔は『???』って感じだったんですよ。
でも、今なら分かるんですよね。
私は、彼によって陰の部分を明確に知りました。前も知っていたけど、そんなの比ではないです。
ねたみ、そねみ、不幸、イライラ、嫉妬、裏切り、嘘、悪質、自己猜疑心、自己否定 などなど
でも、それを知ったから、これからはその逆の陽の光を理解出来る様になったんです。
でも、私がここまで長引いたのは、その感情を封印してダメな物だと決めつけて見ない様にしてきたんですね。見る勇気もありませんでした。
『自分がそんな事を感じる人間であろうはずが無い!』と目を背けた時点で、真実が見えなくなり、こーんなに長くかかっちゃいました。
随分と遠回りしたけど、
頭が悪くて、善人でいたくて、いつも正しい人でありたくて、傷つきやすい私にはちょうど良かったのかもしれない。
だから『ズーミー偉いね』『頑張っているね』『よくやったね』
っていくら褒められても、私は本当は自分の中のドロドロしたものを知っているからその声が聞こえてこない。
そして、得意の『私は自分に自信が有りません』になっちゃう。
さて、Dr.パットに読んだのは書き終わってから2週間も経っていたので、読む事も大丈夫だろう位に思っていました。
でも、その手紙をDr.パットの前で読む時に、またもや嗚咽。
『まだ、この件に関して涙が出てくるもんだ。』
と呆れながらも読み終えました。
終わると部屋中に拍手喝采が起こりました。
そして、Dr.パットが
『この手紙を聴いて、自分もこの感情を知っていると思った人は?』
と、部屋にいる女性に聴きました。
すると、全員が手を挙げました。
こんなにも私と同じ経験をして傷ついている女性がいるのだと、改めて気付かされました。
『よくやったわね』とDr.パットに言われて、その日のセッションは終わりました。
翌週のグループセッションで、私は次のレイヤーに入りましたよ。ほい。
まあ、とりあえず未亡人脱出です。
今度彼にばったり会ったら、もうオエーって言わないな。
多分『よ!』って言う自分が想像出来る。
そして、心の中であなたのおかげで私、自分をもっと知る事が出来たよ!ありがとう!!!
って言える。
そんな経験でした。
自分の汚い部分と見つめ合ったら、
その後、『私ってずるいんです』とか『私、こんな嫌なやつなんです』と言って自分の闇と向かい合う方のセッションで増えました。
いいじゃない?それと向き合っただけ、認めた勇気、すごいじゃん〜って。
でも、それだけが全てではない。嫌な部分もあるけど、それと同じ分だけいい部分もあるしね。
嫌な部分は、多分その時に単純に『ラブを欲していただけ』なんです。
そう、ラブ注〜入(もうすでに古いか?!)♡
キネシとヤムナボディーローリングで、ラブ注入(しつこい?)をしたく思うのであります。
今回も長〜い文章を読んで頂きありがとうございました。

Tue

30

Apr

2013

2013年 3月号 ニュースレター

3月は講習会で満載でした。

先週2週間は
キネシオロジーの講習会をして
沢山の涙と笑いで一杯の週末でした。

最後に講師の雪乃さんから
『ズーミーへのメッセージ』として選ばれたカードが
『呪縛から解かれなさい』
というメッセージ。

なんとなく腑に落ちないながら過ごした今週一週間のなかで
その意味が分かる時が来ました。

初めてサイコセラピストと呼ばれる精神療法士に
セッションをしてもらいました。

そして、今まで溜め込んでいた腑に落ちないメッセージ達が
全て腑に落ちた瞬間を得ました。

今月は沢山の気付きがある月でした。

さて今月号もお楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)4月 YBRワークショップ                 
2)ヤムナボディーローリング資格講習会 in Japan    
3)サイコセラピストのセッションを経て         

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)4月 YBRワークショップ

日時:4月13日 土曜日 1時から3時
場所:Elite Movement Pilates Studio 

来月は、花粉症の季節なのでデトックスワークショップにしたいと思います。身体の内臓やたまっている部位をぐいぐいと掘り下げて行こうと思います。

2)ヤムナボディーローリング 資格講習会 フェイズ1 日本にて
   『解剖学と英語を一緒にフェイズ1で学びましょう』

7月26、27、28日にヤムナボディーローリングの資格講習会を東京にて行います。

フェイズ1では、
ヤムナボディーローリングを使って、ヤムナの基本的な概念理念やボールの使い方、そして解剖学を使って身体の細かい筋肉をボールでほぐして行きます。解剖学を身体で感じたい方はフェイズ1を受講されると自分の体のどの筋肉がどの様に収縮した状況にあるのか、とか身体はどのように機能しているのかと言った事も学ぶ事が出来ます。

私自身、マッサージセラピストとして働き、マッサージ学校で習った経験をいかしてオリジナルな方法で解剖学を使って学んで行くので、楽しく自分の身体を学ぶ事が出来る内容となっています。

またこの資格のフェイズ2はヤムナ本人がNYから10月末に来日して、次にクライアントさんに対してボールを使ってどの様に身体をほぐすかを学びます。

その時、私自身も通訳としてヤムナに連行いたします。
その時にヤムナの言っている事が分かる様な英語も含めて私の教えるフェイズ1で教えて行きますので、
フェイズ2の受講を考えている方は英語も一緒にフェイズ1で学びましょう!

ご興味が有る方は、是非ご連絡を下さい。詳細をお送りします。

3)イベント情報!

① 4月21日 名古屋にてカフェキネシ講座(タロットカウンセリングも!)
カフェキネシのアロマを考案した星ゆかりさんとタロットカウンセラーの樋口和矢さんの最強コンビが名古屋に!
主宰は池内弘美さん。いつも彼女のイベントは多くの人で一杯。毎回彼女の周りには幸せになって帰って行く人続出です。
その彼女が主宰するイベントは注目です。しかも最強コンビが名古屋上陸だし。私も行きたーい!

*これについては今回のニュースレターに詳細が書いてあります〜

② 本間キネシ in London
7月にロンドンで本間先生がキネシオロジーマスターコースを開催!
今回はロンドンに住むセラピストのまみちゃんが主宰で開催が決定!この二人がタッグを組んだら、凄そうだわ。。。是非!
【Dr.本間のマスターコース5日間in London】
講師:Dr.本間
7月 15日(月)ー7月19日(金)
https://sites.google.com/a/ehtclondon.co.uk/master-in-london/home


【DEEPゼミ in Los Angeles】
4月 & 5月 DEEP
http://www.kinesi.us/semi7.htm

③森田さんが東京にてマスターコースを開催。
筋肉反射テストをマスターしたい方、彼自身が沢山筋肉反射テストを取るのに徒労したので出来ない人の気持ちが分かる講師です。是非是非!
【森田講師による Dr.本間のマスターコース 5日間in 東京】
講師:森田達也
4月29(月)ー5月3日(金) 
https://sites.google.com/a/littletreeseminar.com/master-in-tokyo/home

是非ともご参加してみて下さい!




4)サイコセラピストのセッションを受けて

キネシオロジーを始めてから、気付きの連続が起こり、以前よりはもっとマシに世の中を見る事が出来る様になった気がします。

でも
私自身ふつうーの迷える子羊であり、いやはやなーんにもわかっちゃいないんだな〜と、毎日毎日思っています。


ふん!って意地を張るし、いいなーってうらやましく感じるし、チェっていじけるし、ふふんって調子に乗るし。

だから、キネシオロジーを始めてから、物の見方を変える事が出来る様になったけど、まだまだだな〜って。

そんな中、セッションをした初めてのクライアントさんが
『ねえ、あなた、この仕事をしているなら、絶対に会うといいと思う人がいるのよ。きっとDr.の事、気に入ると思うわ』
と誘われて、先週木曜日にウーマンクラブに参加する事になりました。


ウーマンクラブとは、

いわゆる、ジェントルマンクラブと言った男性が素っ裸の女性に会いに行く、、、、!!というクラブの様に、

素っ裸の男性に会いに行く

というのとは違って

サイコセラピストの所に女性だけのグループセッションをする所です。えへへ。


私のクライアントさんが主催するそのドクターのクラブに仲間入りをさせてもらいました。

そのドクターの本を私は数年前に購入をして読んでいたので、あの本の著者がこんなに近くに居たのか!とビックリしました。

そのクラブには8名の女性が参加していました。
サークルになって座り、一人ずつDr.の前に座って自分の今の悩みをお話をするのです。
その一人一人のセッションを聞いて学んだり、意見をしたり、共感したり、するのですね。

グループセッションという物の存在は知っていましたが、本物ってこういうのなのね〜とドキドキワクワク。

一人ずつ、死刑台に立たされるかの様にDr.の前に行って自分の悩みを話します。
サイコセラピストである彼女は淡々とお話をしていきます。泣くわ、わめくわ、叫ぶわ。。。。。。

でも、多分、そこにいた女性はこの私でさえ知っている有名な女性達ばかりの集まりでした。

人って、地位じゃあないんだよね、やっぱりどう他の人とつながるかなんだな〜なんて思いで傍観していると私の番。

内心、えーん、怖ーいよぅ。このDr.、むっちゃ怖い!

そのおびえた目を察知したのか、

『あたしゃーね、(英語だけど多分日本語だったらこういう感じで話しそう)
アンタ達が泣いても叫んでもどうでもいいの。あなたがどう感じているかなんてね、どうでもいいの。
私にとって大切なのは、あなたが今どんなに惨めかっていう感情なんかじゃなくてね、どうやったらその惨めさから出て行けるかって言う事だから』

っていう。

益々怖いじゃん。おえーって思って、彼女の前に座りました。

Dr.パット『ちょっと紙を出しなさい』

私『はい。』
(全てのセッションがそうですが、ここで起こった他人の内容は他には漏らしませんという宣言文と自分の今の体調などを書く紙を渡しました。)

Dr.『なに、あなた皮膚の問題ってあるけど、なんなの。』

私『8年位前から全身の皮膚がタダレて、今は喉と手に少し残っています』

Dr.『あなたが、押し出したい人は誰?』

私『へ??』

Dr.『あなたがあっちへ行け!私の視界から出て行け!って思う人って誰?そう言う意味よ、あなたの皮膚が言っているのわ』

私『えーっと。。。。まあ自分自身の醜い部分でしょうか。』

Dr.『ちがうね、それ以外では?』

私『まあ、その頃に付き合っていた彼でしょうか』

Dr.『何があったの??』

私『まあ、結婚しようかとまで思っていたのですが、結局ダメになりました。(長ーいので省略します)』

Dr.『最後に会ったのはいつ?』

私『えー、それ、難しい質問なんですけど、実は、会ったのは2ヶ月程前に帰国した時です。でも、会ったと言うか、毎回日本に帰る度にその彼とばったりと変な所で会うんですよ。一度は、私が運転して信号待ちをしていて、ふと横を見ると彼もまた車で信号待ちをしていた。。とか。でも、もう気持ちが悪いので、いつも偶然ばったり会っても、オエーって思って去ります』

Dr.『あんたはさ、彼と結婚したんだね』

私『いやいや、聞いていました?私の話。結婚したかったけど、出来なかったんですよ』

Dr.『ちがうのよ。アンタの身体が、魂が彼に結婚しているのよ』

私『サイコセラピストって科学的に人の感情とかを読み解くんですよね?魂とか言っちゃったら非科学的な気がしますけど』

Dr.『じゃあ、ドーパミンとかオキシトシンとかの話をしてもいいけど、あんたは分からないから』

私『うむむ。確かに』

Dr.『とにかくホルモン的にあんたはその人と結婚をしたの。じゃあ、その代わりその後に出会った?誰かとお付き合いした?」

私『まあ』

Dr.『で、うまく行った訳?』

私『いや、私の気が乗らなくて』

Dr.『そうよ、あんたはね、未亡人なの。夫に先立たれてちゃんとグッバイを言えなかった未亡人。まだその人と結婚をしているから、次の人が見つからないのよ。それがあなたが次の人が出来ない原因』

私『えーーーー、いやや、いややあーや!」

Dr.『しょうがないじゃない、結婚しているんだから。身体は深ーくつながっちゃっているんだから。でもね、それが女って物よ』

私『じゃあ、縁を切って下さい』

Dr.『オッケ。あなたに宿題を出しましょう。私が今から言う順番に彼にハイグッバイレターを書きなさい。あなた、彼のメイルアドレスとか知っているの??』

私『えーしらないです。だってもう、ずっと前の事ですから』

Dr.『しつこいね。未亡人なの、あなたは。』

私『まあ、友達づてに聞く事は出来ますけど。どこで今働いているのかも知らないし。え〜でも今更伝えても〜』

Dr.『二つ方法があるわ。話すか、書くか。さあどっち?』

私『えーじゃあ、書く』(渋々)

Dr.『だろうね、そう言うと思ったわ。あなたは相手に伝える事はできない。だから喉が痒いのよ』

私『。。。。。。。』

そう言って、彼女は私に手紙の書き方を1行目から教えてくれました。
そして、書き終わったら、Dr.の前で一度読みなさいと。

私が次にこのクラブに参加するのは2週間後。
それまでに書いてグループの所で読むのか〜って思って、帰宅しました。


あのですね、2年前にセドナに行った時に私、キネシオロジストの樋口さんにタロットカードを読んでもらっているんですよ。
何について読んでもらうかなんて検討もつかなかったんで、森田さんにお願いをしてキネシで調べてもらったら
『結婚』って言うテーマが出て来ました。

じゃあ、結婚で、、、、

って言ってみてもらったら

『うーん、、、、なんかね、今は未亡人のカードが出ている』

って言われたんですよ。

その時は、『はい????』

って感じだったのですが、Dr.パットに会って、ようやく2年前の未亡人のカードの意味が分かりました。

樋口さん、すごいねええええええ。
潜在意識ってすごいねえええええ。

でも、あの時のわたしの意識は分かる準備が出来ていなかったんですよね。
だけど、未亡人のカードを見せつけられたから、今気付く事が出来たと言ったんだな〜ッて思います。

そして、冒頭に書いた雪乃さんがひいた『呪縛から解かれなさい』というカード。
それも実は何に対してのカードを引いてもらおうかと思ってキネシオロジーで聞いて行くと、その昔の結婚を考えた彼だったんですね。
まだ??もう終わった事なのに。。。。なんで??って言うのと、呪縛ねえ〜って感じだったんですけど、全てつながりました。

もしも、私がキネシオロジーを知らずにDr.パットの所にだけ行っていたら、こんなにグループセッションに参加して得た今回の様な深みは増していなかったかもしれない。
そこまで身体が結婚して未亡人になってしまった昔との彼の関係なんて重要視していなかったかもしれない。

キネシオロジーはこうやっていつも私にサインをくれるんです。

キネシオロジーをみんなが学んだらきっと世の中ハッピーよね。
私みたいな未亡人が救われちゃうもの。

それにしても、樋口さんのタロットには驚いた!
彼のタロットは、占いというよりは、今自分がスタックしている状況に気付きを与えてくれると言った方が正しいかもしれない。

樋口さんのタロット、すごいなあああ〜
もしも彼にタロットを見てもらうのならば、きっと今の自分を見せつけられる事でしょう。

樋口さんのタロットとキネシオロジーのセッション、おススメです。

なぜかと言うと、タロットだけではなく、アロマを使ってキネシオロジーをする簡単カフェキネシの方法も教えてもらえるからです。

カフェキネシの凄い所は、今の自分の問題に気付いたら、あとは、アロマを使ってそれを手放し新しい方向へ導いてくれるんですね。

恋愛や夫婦関係になにかしっくりきていない物を感じていましたら、是非キネシで潜在意識のメッセージを聞いてみて下さい。

自分との会話ですよね、言ってみれば。

Sun

29

Jul

2012

ブログはこちらへ

他にも日々の生活のブログを書いています。

こちらへクリックしてください。

 

Tue

13

Mar

2012

Can you~?

Can you~?って、英語の教科書では、『〜できますか?』って訳すと習いました?また、もう少し翻訳を日本語に近くすると『〜してくれない?』とかになるんですよね。

 

これって、私の常識の中では間違った訳し方と言うか、間違った日米間の考え方なんだと思いました。

 

普段、

母に『ねえ、ちょっとあれ取ってくれる?』って言うと

 

『うん、いいよ』

って返事をします。

 

父に、『これ直す事出来るかな?』って聞くと、黙ってちゃんと次の日には直っている事がほとんどでした。

 

唯一断られる時は、姉とか兄弟に『嫌だよ』ッて言われるぐらいでした。そう言うときは、本当に出来ないのではなくて、意地悪で嫌だッて言われているのだって、どこかで学んでいました。

 

 

つまり

『〜できる?』とか『〜してくれない?』ッて聞かれたとき

『嫌だ(NO)』ッて返答する事は皆無でした。

 

逆にノーと言う事は意地悪な感じで、相手に優しくない気がしました。

 

だから、今でも『〜してくれない?』ッて聞かれると、

『カレー味のうんちを食べてくれない?』ッて聞かれる以外は

『いいよ』って答える事が当たり前でした

 

答えるのが当たり前になっていると、

当然、相手に『〜してくれる?』ってお願いする時には相手が『嫌だ』ッて言う事がないと、どこかで思っているんです。

 

ほとんど、ノーを言う事も言われる事もなかったですが、

それでも、たまにノーと言われると

 

『ちぇっ。これ位してくれてもいいじゃんよ〜』

 

ッて思う事もありました。

 

『〜出来る?』という質問は、当然私が優しさとともにするべき事とあまりにも当然だと思いすぎていて、この『〜出来る?』に苦しんでいることにも気付かなかったです。

 

だけど、

『Can you take a guy who has hip replacement on Monday at 3;15p.m.?(月曜の3時15分に股関節の手術をした人にピラティスを教えてくれないかしら?)』

 

と言われたんですね。

 

その時に、もう私のスケジュール的には沢山入っていて、これ以上人を取ったらしんどいなあ〜っていう感じだったのですが、それでも、頼まれているし。。。ッて思って、オッケーを出したのです。

 

その為に他のスケジュール調整もしたのに、後日『やっぱり水曜日になったから良いわ』っていうサラリとしたメイルが来て、『え〜!?』って引いた訳です。

 

でも、その話を友達にすると大抵

『それはいず美が悪いわ。』って何の支持も得られませんでした。

 

『え〜。断ったら可哀想だと思って、オッケーを出したのに』って言うんですけど、それでも私が悪いと。

この私の親切心はどうして受け入れてもらえないのか?って

トコトン突き詰めて行くと

 

『いず美は、Can you~?って聞かれたんでしょ?その時に、あなたは、質問されたのではなく、強制的な命令に聞こえているのね。 Can you~?はあくまでも Can you~?という質問文であって、もっと軽く考えて良いのに』

 

と。

 

確かに。。。。

 

出来る?ッて聞かれて、やる事が厳しかったら出来ないッて言えば良いのに、出来ないッて言う事を不親切だと思っている。出来ないッて言う事をお姉ちゃんやお兄ちゃんがした事の様に意地悪な事だと思っているので、どんなに大変でもなんとかやろうとしちゃう。

 

もっと言葉通りに会話を聞けば良いのに。。。。って。

 

『「結構長い間だから、スケジュールを調整しないと無理かもしれない」ッて言えば、相手だってあなたの状況を理解しただろうし。そう言う事を言わないのを美徳としているかもしれないけど、それがあなたにストレスをもたらしている時点で、美徳ではないのよ』

 

うむむ。。。確かに。

 

これからはCan you~?って聞かれたら、今まで見たいに自動的に私がやるべき事なんだッて思い込むのではなく、私が本当にハンドル出来るのかどうかを先ず考える様にしよ〜って思ったんです。

 

この考え方が出来たら、相手が出来ないッて言った時にも『この人意地悪〜』なんてとんちんかんに思わず、他の方法を探す事に集中出来て、そこに執着がなくなりますもんね。

 

 

 

Tue

28

Feb

2012

誕生日を迎えました。

火曜日の28日に誕生日を迎えました。

 

日曜日にお友達がパサディナの夢舎でお誕生日会を開いてくれました。そして小麦粉が食べれないから、って言ってケーキの形のバルーンを買って来てくれました。

 

レストランに入った時にそのバルーンを見て、

むっちゃテンションが上がるぅ〜

 

空港に到着したときや、バレンタインとかに風船をもっている人をよくみていましたが、別に興味はなかったですね。でも、こうやって自分がもらうと、なんてバルーンて良いんだろう!!!ってキャッキャしながらパーティーの後にこのバルーンを手にもって歩きました。

 

そして、ちょっと泣きそうにもなりました。

 

去年の誕生日は彼氏と別れたばかりで、友達にイタリアンに連れて行ってもらったけど、彼氏と毎年過ごしていたのとは違う誕生日に戸惑い、そして顔の皮膚の腫れに心がしおれて、心から楽しめなかったんです。

 

一昨年は、あまりの顔の痛さに、泣き叫びながらアロマセラピストの方に電話をして、アロマを調合してもらって取りに行った覚えがあります。なんて惨めな誕生日なんだろうと。

 

その前の年も、その前の前の年も顔が痛くて、辛くて、しんどい誕生日でした。自分を帽子で隠していた誕生日が続いていました。

 

でも今年は、ちゃんと顔を出して、お気に入りのシャツを着て、髪型をセットして、口紅を引いて、友達と外に出て好きな物を食べる事が出来て、本当に幸せだな〜って。

 

健康である事に本当に幸せを感じたんですね。

 

誕生日の日には、私は、毎年自分に何か特別な物を購入していました。ご褒美、みたいな感覚で。

 

去年はMacBook Proを買いました。大人買いです。

 

今年は何を買おうかな〜と、考えていたんです。

iPad3あたりかな〜なんて。

 

でも、このバルーンをもらって、歩きながら自分が健康的に誕生日を迎えられている事で、もう充分かもな〜って思ったら、これがご褒美だわって思えて来たんです。

 

だから、自分に買うというよりは、なにか他に使おうッて思って、赤十字に寄って東北大震災への寄付をさせてもらってきました。

 

あと、前に歩いて行ける様にNew Balanceで新しい靴を買う事にしました。

 

店員さんが私のボロボロの汚いナイキのシューズを見て『これ、どれ位使ったの??』って聞かれました。恥ずかしいな〜

 

28日の晩は、お風呂に浸かって、誕生日プレゼントでもらったスクラブで足の指一本一本から丁寧に洗いました。

 

ありがとうね〜なんて会話をしながら。

今までは、身体の一部なんて、有って当然で所詮身体の一部ッて感じでしたが、今は健康になってくれてありがとう!っていう気持ちで一杯になったんですよね。

 

お母さんから電話があって、たわいもない話が出来ました。

皮膚の事ではなく、もっと別のたわいのない話。

それが出来る事が本当に良かったな〜って思えて、とても良い誕生日でした。

 

ありがてぃ!

 

バースデーメッセージを下さった皆様、ありがとうございまうす。


 

Fri

03

Feb

2012

日本でよく見た頑張るOL

日本で東京やら名古屋やら色々な所に移動しましたが、その時によく見た光景が女性のOLさん達が電車の中で居眠りをしている所でした。

 

電車の揺れに会わせてぐらぐらと揺れながら、絶妙なバランスで座位を保つ姿勢を見て、あっぱれという感じでした。

 

そう言えば私も脇目もふらずに、口をあんぐり開けながら電車に座って移動していたっけな〜って思いながら、微笑ましく見ていました。『女性なのにだらしない』とか『みっともない』とかいう方もいるでしょうが、私はそこまで頑張っているのだよ、日本の働く人々は!って思ってだらしないとか思いませんでした。

 

どうしてそこまで頑張るの?と言われても頑張ってしまう女性。

そんな光景を目にしながら、NYへ飛びました。

 

そして、先日NYで受講したクラスの中で一人の生徒が

 

『面倒くさいというのは、完璧主義の人が、完璧に出来ないからそれが嫌で面倒くさくなるんだと思う。だから、めんどくさいというのは、ナマケモノなんではなくて、完璧主義者なのかもしれない』と。

 

ハッとしました。

本当にそう。

 

そのクラスの中で、ジョハリの窓というのを学びました。

大学時代の心理学で習ったな〜ッて思いだしながら、4つの窓について考えました。自分が知っている自分、他人が知っている自分、自分も他人も知っている自分、そして誰も知らない自分。

その4つの窓の事をジョハリの窓というようです。

 

私は、自分が知らない窓が沢山ありました。

一つは『気を使う』という事でした。

 

家族にも友達にも『本当に気を使い過ぎだよ』ッて言われました。でも私には、『え??こんなズボラな私が?』っていつも言われる度に思っていたので『この人達は本当の私を知らないんだ。何を見て、私が気を使っているというのか知らんが。。。』ッて思って、あまりその言葉を真摯に受け止めていませんでした。

 

でも、完璧主義者がめんどくさがりにもなりうるというのを聞いて、ハッとしました。

私は、ずぼらだって自分で分かっているから、それではあかん!ッて思って、人一倍に気を使わないと行けないと思っていました。

 

ダンスでも先輩に『あなたが、高校教師なんて信じられないわ』なんて言われたこともありましたし、『もっとちゃんとしなさい!』って母によく言われました。

 

そして気を使っているうちに、ズボラな私が私なのか、気を使っている私が私なのか、何が本当の私か分からなくなって来ました。

 

キネシのクラスを受けている時に、

 

『自分がダメだと思っている部分を頑張って直そうとしていると、その自分がダメだと思う部分と同じ性格を持った人を見るとイライラする。』

 

というテーマを出した人が居ました。

 

彼女は

『私は、片付けが出来ないから、家中にラベルを付けて、ここにはフォーク、ここにはハサミ、ここには雑誌ッて決めているのに、旦那はいつも全てのものをうっちゃらかしにしている。もうそれがストレスで!!!』

 

って言っていました。

でも結局は、彼女が

『こんなに片付けが出来ないのを頑張っているのに、片付けが出来ない人がそばにいるのは許せない!!!』

 

という自分が問題なんですよね。その片付けが出来ない人が問題なのではなく。

 

自分がイライラしている事を見直してみると、結局自分が持っている性質でありながら、それを『悪』としている事によるのかもしれませんね。

 

なんだか言っている事が伝わりましたでしょうか??

 

まあ、私たちはみんな頑張っとるっちゅー事です。

 

 

Sun

29

Jan

2012

日本での講習会

今回はグループクラスはヤムナボディーローリングを教えさせて頂きました。そこでキネシオロジーと組み合わせて、身体と心と魂のつながりを体験して頂きました。

 

何度も受講してくださる方には、私がいつもロスでさせてもらっているセッション同様に、その方自身の問題をキネシオロジで見つけて、一人一人がここの問題点と向き合いながら、筋肉をほぐして行くという事をしました。

 

例えば、『仕事が憂鬱でストレスです』ッて来られた方が本当にそれが潜在意識に取ってストレスかどうかのチェックを筋肉を使ってします。

 

筋肉がその事を考えた状態で強いままだとそれは、さほど身体にはストレスではないようですとお伝えします。

 

すると『じゃあ、これかも。。。』と言って、何個も出て来ます。だいたい最後位に『もう無いけど、じゃあもしかしてこれかな?』ッて言ったものが大体、その方のストレスになります。

 

『え〜?!そんなにストレスに思っていないんですけど』と言う反応がよく有ります。でも、身体はびんびんに反応しているので、認めざるを得ない訳です。

 

自分にとってストレスと思っている事が、本当は本来のストレスの盾になっている場合ッて多いんですよね。

それだけサバイバルモードが働いて、本当のストレスを見つめない様にしている事が多々有ります。自分自身の経験から良く分かります。

 

そして、それについてのキネシオロジでドコの臓器がダメージを(エネルギー的にです)受けているのか、そしてそこにまつわる感情はなにか?と深く見直して行きます。それに対応した筋肉をほぐして行きます。

 

面白い事に、あるクラスでは、小腸、胃、肺、大腸、と色々出ましたが、その臓器に対応した筋肉をボールを使って伸ばして行くと、小腸のエネルギーが乱れていますと言われた方は、小腸のエネルギーの筋肉を伸ばしている時に悲鳴を上げます。『いたたたたた』って。

 

そして大腸の経絡(エネルギー)の筋肉をほぐして行くと、他の人は痛いの度合いが5にたいして、大腸が乱れている人は100の悲鳴を上げます。

 

身体ッて凄いですよね。

自分の頭で思っている事以上によく分かっていらっしゃる。

 

北斗の拳のケンシロウ並みにクラスは『アタタタタタ』と言う声で一杯でした。

 

ちなみに、第一の経絡である身体の正中線を走る経絡をまずチェックするのですが、それがグズグズになっている人が多いこと!

日本人、みんな頑張っているんだな〜って、あまりの多さに心が痛みました。

 

そしてその正中線をまず整えない事には他の臓器のチェックが出来ないので、指でグリグリっとそこの正中線の経絡を整える筋肉をほぐすのですが、これまた痛い様で、ケンシロウ並みに『アタタタタ』と叫び声が響きました。

 

こんなに心を痛めて、それを元に戻そうとマッサージをしているのに、『鬼!』と呼ばれる始末。

 

まあ、いいじゃないの。

鬼の役割をほんの少ししてあげましょう。全ては皆さんの身体が良くなる為ですものと、僧のような気持ちでいましたが、

 

いざ私がしてもらった時には、

『鬼!悪魔!あっちいけ!痛いぞ!この〜』

と誰よりも多く叫んでいました。

 

そんなもんですよね。


 

Sun

29

Jan

2012

ロスに戻り

日本の正月はとても楽しかったです。

兄や姉の家族が私の実家に遊びに来て、子供達と朝から晩までどんちゃん騒ぎ。また、大好きな中村勘三郎さんのお芝居を母と二人で、隅田川の特設会場まで観に行って、スカイツリーを眺め、お座敷でお弁当を食べました。浅草寺のあまりの人の多さにビックリしながら帰宅。両親がお年始周りをしている間、こたつでグーグーと眠り、お年玉セールと言う家電量販店へ行き、圧力釜を買い好きな物を食べました。

毎日、おせちやお刺身や、お寿司や、お鍋などを食べて、お笑い番組を一日中テレビで見ながら過ごすなんて贅沢すぎるわ〜なんて過ごした日本のお正月。

 

そして、ニューヨークに飛び、タロットカードの読み方や経営学の講習会を受けて来ました。

 

1月に入って数日間以外は、ずっと自分の為に時間を使っていました。なんて贅沢な過ごし方。

 

そして、先週の日曜日にロスに戻り、ハタと現実の世界に戻りました。

 

時差ぼけが酷く、『私はどこ、ここは誰?』の状態。

久しぶりに開くインターネットに山の様なメイルを見てアワワワワとなり『見なかった事にしよう』と現実逃避状態。

 

久しぶりに会うクライアントさんたちにも『や〜!!!』ッて言ってハイテンションでハグをするものの、えーっと。。。。と上手く脳が作動しません。

 

それでもクライアントさんたちは満足して帰って行く様子。

 

我ここに有らず状態が、なんだか変な感じがして、これは寝て元気を回復するしか無いと最近は毎日10時には寝ています。早い日には9時には床につきます。

 

そして送った一週間。

昨日はボスのマリアの所でスタッフミーティングが有り、気持ちが引き締まりました。カクテルを飲みながらのマリア宅でのミーティングなので、果たしてミーティングと呼ぶのか?とも思いますが、結構真剣な話をしました。

 

みんなで意見を出し合いながら、楽しくまた、真剣に過ごした夜でした。

 

そして、今日日曜日が一日終わり明日から一週間が始まります。

 

一週間、毎日10時に(たまに9時)に寝ていたら、ようやく元気が出て来ました。

 

恐るべし日本の正月。我が脳みそをこんにゃくの様にさせようぞ。

 

今週から2月が始まりますものね。

現実に戻って、地に足をつけて邁進したく思います。


 

Wed

11

Jan

2012

明けましておめでとうございまうす

明けましておめでとうございます。

分かっています。もう1月も末だと言う事を。

 

1月11日にロスに戻り、その足で翌々日の金曜日にニューヨークへ発ちました。そしてNYで10日間セミナーを受講し、ロスに一週間前に戻って来ました。

 

新年一発目から、言い訳がましくすみません。

 

今回の日本滞在は、色々な場所で新しい方々にお会い出来て、とても充実した帰国になりました。毎日忙しく目まぐるしく講習会に呼んで頂き、そして共感出来る事が多く、とても楽しかったです。

 

今回はIHキネシオロジーのセッションやヤムナフェイスボールのセッションも受け付けましたので、毎日多彩なヒーリングをする事が出来ました。

 

ヤムナフェイスボールとOSテクニークの融合をIHキネシオロジを使ってやる事により、顎関節が驚く程軽減する事を何度も体験して、やっぱりこれらのツールは素晴らしいのだ!と実感しました。

なぜ『100%治る』では無いのかと言うと、ヤムナやマチルダのセオリーから推測するに、おそらく顎には体中の感情がつまっていて(ヤムナより)人間の心は何層ものレイヤーがあり(マチルダより)顎関節がどうしてガクガクしてしまったのかの、根本的な感情と向き合わないと行けないという事でした。

 

これって結構難しいんですよね。

この人嫌い!離婚しよ!って言って、すぐに離婚出来ないのと同様、感情がそこに有っても毎日の生活だったり、仕事だったり、状況だったり、環境だったりで、変えようとは思ってもなかなか変える踏ん切りするまでに時間がかかる物です。

見たくない物を見ないと行けないですし。

 

IHキネシオロジも、本当に多くの方が自分のセンシティブな問題に向き合い、そして自分の潜在意識とコンタクトをする事によって、今まで自分が目を向けていなかった点や見過ごしてしまっていた点に意識を向ける事が出来た様で、セッションの初めと終わりの表情の違いは本当に目を見張る物がありました。

 

今回はグループクラスはヤムナボディーローリングを教えさせて頂きました。そこでキネシオロジーと組み合わせて、身体と心と魂のつながりを体験して頂きました。何度も受講してくださる方には、私がいつもロスでさせてもらっているセッション同様に、その方自身の問題をキネシオロジで見つけて、一人一人がここの問題点と向き合いながら、筋肉をほぐして行くという事をしました。(詳しくは次のブログで!)

 

本当に充実した日本滞在でした。

 

そして強く思った事は、絶対に上昇して行ける!ッて言う事です。

 

どんなにどん底である人も、IHやキネシ、そしてボールのセッションを受けて、少し希望が見えて、少しやってみよッて言う気持ちになれて、そして少し上向きになれる状態を毎回毎日見させて頂いたら、絶対に上昇して行けるって確信しました。

 

龍の様にドンドン上へ上がって行ける年にしようと思います。

 

そう言えばドラゴンボールで、シェンロン(龍)が『お前の望みはなんだ?』ッて聞くんですよね。一生懸命に7つのドラゴンボールを集めた後に。小学生の時には、単なる物語の一場面でしたが、今考えると鳥山明先生ッて深い!って思うんです。

 

だって、その時に『パンツが見たい』ッて言うのを聞いて、ズコ〜って転けて、笑っちゃうんですが、そんな事、私たちの毎日の生活でしているんですよね。一生懸命、頑張ったのに何に対して頑張っているのか分からない。せっかくのチャンスが来たのに、どうでも良い事で台無しにしてしまう。

 

流れ星が流れている間に願い事を3回言うというのと同じで、きっと私たちは流れ星が流れている間に、『何にしよう。。。。』ッて考えて終わってしまう。せっかく流れる星が出て来たチャンスなのに。でも、普段からこうしたい!ッて言う思いが心に熱く有っていつもいつも思っていたら、きっと世界のどこかで流れ星が流れている間に3回言っている事になる。そこまで強く思えたらきっと願いが叶うんじゃないか?って。

 

今年の辰年。

どんな風に上昇しましょうか?

ドコに向かって上がって行きましょうか?

皆さんは、明確な目標はありますか??

 

Sun

07

Aug

2011

自分の運命は決まっている?!

キネシオロジの仲間のヒデカさんから月一度の本間キネシ練習会で先月本を借りました。他の人が借りていて、それをヒデカさんに返そうとする所で私が『なになに??』と奪い取った感じで借りました。インドの内容である事に興味を持ち、読んでみたら飲めりこんで行きました。一つは、アーユルベーダで習った事を書いてあった事。しかもアーユルベーダの第3章で心について学ぶのですが、なんちゃらピンと来なかった内容だったんです。

 

私たちの心は、男性エネルギーであるプルシャと女性エネルギーであるプラクリティで出来ていて、そこからマハーンになり、マナハを通じてアハンカーラに変化して行く。アハンカーラって言われた時点で、知らんガーナって感じになり、説明が英語であり、それがインド人がアーユルベーダを英訳をしているので、英語を母国語とするクラスメイトでさえ、『何を言っているのかイマイチ理解出来ない』と言っていた程。まあ、今、考えてみたら、英語だろうが日本語だろうが、サンスクリットだろうが、結局この考え方が独特な物であるから、この考え方が理解出来ていなかったらどんな言葉を使っても理解は出来ないであろうと。

 

でも、キネシオロジを通じて、色々な心の真理を学び中の私は、この本の説明が枯れた土に注ぐ水のようにスラスラと入って来て、楽しくなってしまったのです。頭で理解していた事を言葉に簡単に変換してくれたと言う感覚でこの本を読み、アーユルベーダの復習にもなった楽しい本でした。

 

まあ、アガスティアの葉と言うのは、5000年前にアガスティアが予言した内容を葉っぱに書いてあるもので、それを著者の青山さんがインドの山奥まで行って見つけて来た。そこには、自分の母や父の名前が記されていて、自分が来る時期までもが書かれていた。そこには、自分の将来結婚する人物や過去世や来世についてなども書かれていて、自分の運命は5000年も前から決まっていたのだ。。。。と言う事でした。

 

私は、占星術については、雑誌の一番後ろにあるコーナーのはすぐに忘れてしまうのですが、アーユルベーダの占星術に関しては、あまりにも授業で習った時に正確で精密で当たっていたので、一目をおいています。

 

アーユルベーダは、心の科学とは本当によく言った物で、自分の生まれてきた理由とか、私たち個人はどう生きて行く事が自然の摂理にあっているのか、なんて言う事を説いて行きます。

 

ただの占いと違うのは、その一生を自分にとって意味の有る事として、どういう風にその流れに身を投じて行くのかと言う事に重きをおいている部分にあると思います。

今月は、ピンクの洋服を着て、お目当ての彼にアプローチするチャンスです!

ッつー事に惑わされていないのと言うか。。。。

 

 

キネシオロジで慶太さんのセッションを受けた時に、私は彼が私の魂の方向性を指摘してくれた事に凄く感謝をしています。自分がどういう風に社会と関わって行きたいのかを、自分の魂が何をしたら喜びを感じて行くのかを一緒に考えてくれました。

 

アーユルベーダの占星術も同じです。自分が果たすべき内容が分かったら、他の人に惑わされる事無く、比べる事無く、そして後悔する事無く失敗を受け入れて進んで行けると言う事を感じます。

 

そして、私の先生のDr.Suhas は、診断の時ヴェーディック占星術を使っていました。Yatrikaも私の皮膚の件について解明する時に、ケツと言う星が今あなたを支配しているからどんなお医者さんにいっても、はっきりとした答えが出ないでしょう。でもこの星はあなたに取って沢山の学びをもたらしてくれるので。。。。なんて事を言ってくれた為に、自分の皮膚について前向きに取り組める様になったと同時に覚悟が出来ました。つまり自分の人生に責任を持って全うしてく方法を教えてくれたと言う感じです。

 

 

しかしながら、世の中にはその占星術やスピリチュアルな事を別の様に捉える人が居ます。崇めると言う形で。

それが宗教の一番上の人であったり、チェネリングが出来るとか、霊能力を持っているとか言う人であったり。青山さんの本にも書いてあるのですが、『サイババ』に会いたくて懇願して止まない人が沢山いると。誰かを崇拝し、その人が言う事を信じて、自分がその人のために尽くす事で自分を正当化している。

 

私たちが陥りやすい点です。(私もかつてそうでした)

 

やっぱり過去世がわかるとか、未来が分かるとか、守護霊とお話が出来るとか、凄い事だと思うんです。でも、それが出来る人も結局は私と同じ人間な訳で、病気もするし、腹が減ったらご飯を食べるし、トイレに行って排泄もするわけです。

 

その人はサイキックが得意であって、私はボディーワークが得意であり、私の友達は会計が得意であり、そして、別の友達は子育てが得意である。私が子育ての得意な友達の写真を家に飾って崇めたりする事が無いように、サイキックが得意な人を崇めること自体、なんだか変な話だと思っています。と言うか、みんな得意な事があって、誰にも甲乙がないということであると。

 

問題なのは、自分の得意な事を理解していなくて、盲目に得意な事を持つ人に我が身を投じてしまう事だと思うのです。だからこそ、自分が得意とする物を探す事が何よりも大切なのではないかと思っていました。

 

サイババが日本に来たと言ったら会いに行き、ダライラマが来たと言ったら会いに行き、スピリチュアルカウンセラーの人が鑑定すると言ったら今まで100もの鑑定をして来たのに、予約をし。。。。本来の目的を失っている状態に陥ってしまう。

大工を得意としている人に、家を建てて欲しいと言いながら、設計図の話し合いを一生しているようなもので、肝心の家が建って行かないのと同じなのです。

 

そんな事を気付かせてもらう一説が、この本に有りました。

p353

”我々の行為というものは、誰に、何をしたとしても、全て神に捧げられたものとなる。”

 

神を信じる信じないは別として、私たちは守護霊やら、スピリチュアルカウンセラーやらダライラマに認めてもらう為に何かをしているわけではなくて、自分の中に存在する崇高な何かを幸せにする為に行動をして経験をしているのかなと。

 

IHキネシオロジのマチルダが、授業の中で

『私たちの身体を遺伝子科学の研究者が調べたら、DNAの中に存在するコードを発見しそれをつなげたら、GOD(神)となったの。つまり私たちの身体の一つ一つ、細胞の一つ一つに神は存在しているのよ』と。

 

つまり、私たちは、自分の中に存在する神と他の人の身体に存在する神にいつも何か出来る状態に有るのだと言う事。素晴らしい能力を持った人にわざわざ会いに行かなくても、沢山のお寺巡りや神社巡りをしなくても、目の前に友達、家族、他人と言う神が体内に存在するひとがいるんだと言う事なんやなあ〜と。

 

青山さんの本にサイババが、

 

未来や過去を知ってお前はどうするのだ?結局お前が出来る事は現在にしかない

 

と言ったと言う内容が書いてありました。

確かに。

未来を知って悩み、過去を知って後悔する時間が有るのなら、今出来る事をする方が賢い今の使い方だと。

 

 

この本を読んで、たーくさんの事を考えさせられました。

私の事が書いてあるアガスティアの葉には『青山の本を読む』と書いてあるのかしら?

 

 

 

 

 

 

1 Comments

Sat

06

Aug

2011

信念を持つ

学校で教師として働かさせて頂いた時に、ある先生から『先生の信念さえ、ぶれなければ生徒はついて来ますから』って言われた事がありました。あの時の私は23歳で、大学を卒業したばかりでした。自分の信念と言われて、どこをどう見渡しても私の中に信念と言う柱が見当たりませんでした。いつも生徒の前でどう振る舞うべきかを考えていました。教師としての顔を作ろうと必死でした。

 

教師たるベき者、かくあるべき!

 

なんて毎日探していた気がします。そんなんだから、いつも私の芯はブレブレでした。生徒と仲良くなりたいと言う思いから、教師と友達の境がつかなくなったり、それでいて大人になりきれていない自分を必死に隠そうと大人ぶってみたり。でも大人ってなんだか分からなくて、毎日毎日誰かを真似してみたり、誰か違う人になろうとしてみたり、どこに向かっているのか分からない感じでした。

 

その時なりに一生懸命にぶつかって一生懸命にやっていた気がします。この間のブログにも書いたのですが、まさしく一生懸命、つまり恐怖や不安から頑張っていたと言う感じでした。夜中に他の先生にメイルをして、励ましてもらったり、放課後、他の先生に指導を頂いたり、あの頃の自分を思い出すと若輩者だったと思います。生徒達にも一杯助けてもらいました。大好きでしたし。

 

でも、大好きな生徒を前に、そんなブレブレの自分がどうにもこうにもしんどくて、ダンスの機会を機に現場を去る事にしました。他の先生達の勇敢な姿をみて、負け犬の様に去った部分もあったかもしれません。その時はそんな事を意識していなかったけど、今考えてみると、信念を知らない自分に根をあげたのかもなんて思いがよぎります。

 

今だったらもう少し胸を張って教壇に立てるのかな。。。

そんな事を思います。今だったら、そんなに誰かになろうとか、真似しようとか思わないかなって思います。自分が思う事をそのまま伝えて行けるのではないかって。自分をアクセプト出来る様になった事が大きい様な気がします。

 

一生懸命に生徒と向き合うのではなく、

真剣に向き合えると。

 

 

みなさんは、真剣に人と向き合っていますか?

それとも一生懸命に向き合っていますか?


 

2 Comments

Thu

04

Aug

2011

シーソーの法則

アマゾン:シーソーの法則
アマゾン:シーソーの法則

シーソーの法則という本をかなちゃんから、借りました。ざっと話すと、

企業をしていた男の人が依存型でネガティブの妻と喧嘩をして会社に行くと、倒産の危機に直面して、そして、悩んでいると病院から検診の結果で癌の陰という事を告知される。そこでたまたま会ったヒーラー/カウンセラーの人に、このシーソーの法則の様な物を教えられる。そして、自分が自立ポジティブが強くなればなるほど、パートナーである妻がそのシーソーのバランスを取ろうとして逆のネガティブ依存型が強くなって行くのだと。

 

確かに、今までうまく行かなくなったときと言うのは、自分がポジティブで自立しようとすると、相手がネガティブで依存して来て、もうこんなネガティブな人に付き合っていられない!なんて思った事だった気がします。このシーソーを考えると、私自身がもっと頼ったり、弱みを見せたりする方が良かったんだろうな〜って。

 

その他に、

 

もっと詳しい話は本を読んで頂きたく思いますが、一番心に来たのは、『ポジティブ信仰の副作用』って言う点です。

 

私自身も、ポジティブ信仰の一人だったのでこの本を読んで大きく納得しました。『頑張らなくちゃ〜』とか『完全燃焼!』なんて事を日常茶飯事考えていました。頑張ればなんとかなる。頑張らない人間は腐っている(怠けている)。

 

でも、その信仰を信じれば信じる程、しんどくなって行きました。

 

一生懸命に頑張って達成した時、

 

その達成した瞬間に感じる事は『やった〜』ではなく

『ほっとした』という気持ち。

 

そして、また頑張らなくては行けない時間が始まると言う恐怖心。

走り続けるモルモットのように、いつまで頑張らなければいけないんだろう??って言う思いから、プツンと切れて何もしたくなくなってしまう時がたまに来ていました。

 

失敗したって良いんだよって言うのは、プライベートや学校にいる時に使うのであって、仕事をしてお金をもらっている以上、失敗なんて言葉はあってはならないと思っていました。

 

だから、いつも一生懸命に頑張らないと行けない。

一度認められたからと言って、次に認められるとは限らない、だからいつも頑張らないと行けない。そんな心境。そして、仕事から帰って来るとぐったりして、次の日が来るのが怖くて、そして、夜中にも関わらず眠れなくて、、、、って言う日が日本にいた時に、よくありました。

 

そして、ロスに移住してから仕事は皮膚がグズグズだった為、なんとかピラティスを教えて、帰って来たらもう体中が言う事を聞かないのでソファーで寝ていると言う毎日。とにかく寝続けました。その中で私の思いは、『自立でポジティブな私でいたいのに、なんでこんな風にずっと身体が動けずに寝てばかりいるんだろう』って言う罪悪感でした。

 

寝れない事で一生懸命やっている徒労感、

そして、

寝れている時には一生懸命やれていない罪悪感。

 

そんな矛盾したどこにも行けない袋小路の精神状態。

つまり、そこに解答は無いと言う事。考え方を改めないと行けない所にきていました。そして、キネシオロジに出会い、最近このシーソーの本を読んで、私のポジティブ自立信仰が自分を苦しめていたのだと気付きました。

 

キネシオロジは自分の天賦の才能を教えてくれて、自分が心から喜んでできる仕事や生き甲斐と言える社会への貢献を探す事を助けてくれるツールだと。

 

そうすると、何の変化が起こったかと言うと

自分がやりたい事がどう社会につながっているのかと言うのを知る事で自分の仕事の矛先が見えて来る。

 

そうすると、

今やっている事が失敗する事も楽しみになって来る。だって、失敗が次の成功につながるって見えて来るから。失敗が出来るだけ出て来てくれた方が良いなんてすら思えて来る。と言うよりも、失敗ではなく、もっとより良くなる方法なんて事に言葉を変えたり出来ちゃう。

 

一生懸命にやっていたときは、きっと自分がどこにつながって行くのか見えていなかったんだと。自分の天賦の才能がどう生かされているのかも分からなかったんだと。

 

そしたら、こんな一節を読みました。

『一生懸命にやる、、、と言うのは、恐怖心や不安から出ている言葉である。でも、真剣にやると言うのは、自分の魂が没頭している事を言う。そこに恐怖や不安と言うその他の感情が無い。人は一生懸命にやり始めた時に物事はうまく行かなくなり始める』

 

一生懸命や真剣と言う言葉の真意は分かりませんが、でも、なんとなく分かるなあと読んでいて思ったのです。

 

私は一生懸命でした。それが美徳でもありましたし。でもどこに向かって進んでいるのか分かっていなかったのです。だから、そこにおける単発的に思えた結果に翻弄されて、息切れをいつもしていました。

 

小学生の時に4年生からマラソン大会と言う物の存在におびえ始めました。自分がマラソン大会で1位を取らないと行けないという気持ちに襲われました。いつも12月にあるマラソン大会を夏の8月に思い出しては、怖がってました。だから、毎朝ジョギングを自分で1年中してマラソン大会や陸上記録会に備えていました。恐怖心や不安から一生懸命に走っていました。はしってもはしっても不安が消える事はなかったです。そしてまた明日の朝は知らないと行けないって言う不安で夜布団に入っていたのを覚えています。1位を取って嬉しいと言うよりも、ホッとしたという気持ちの方が大きかったのも覚えています。そこに「真剣に走る」と言う言葉はなんとなく当てはまらないですね。「一生懸命に走る」と言う表現の方がぴったりと当てはまります。

 

こんな思考パターンを小学生のときから、大人になるまでやっていたのだから、どれだけ気持ちがすり切れていたか。。。って言う事ですよね。

 

しかも成績表がないので、自分がよりどころにするのは、仕事相手の評価だったりする。つまり当てにならない人の評価に頼るなんて人生を振り回されっぱなしになってしまう。

 

ポジティブで自立していようとすればする程、こんな負のスパイラルにハマっているのか〜と客観的に読みました。

大切なのは、ポジティブで自立する事ではなく、ポジティブーネガティブ、自立と依存の全部をかね備えた不完全な自分が何をして自分の特徴を使いながら社会と関わって行く事を考えられる事なんかいな。。。。と本を読んでいて思いました。

 

 

ポジティブ信仰に、はまっていますか?

 

 

 

 

 

 

3 Comments

Mon

01

Aug

2011

ANGER MANAGEMENT

仏教の本を読んでいたら、私たちは元々怒って悲しむ動物ですって書いてありました。そもそも、無常と言うのは日本では感慨深げに言っているけど、『毎回同じ事なんてありゃせんよ』って言う事だと言っていました。毎日細胞は入れ替わり、今が、「今」と言った瞬間に過去になる。つまり、常に同じ何て事は幻想であると書いていました。一秒後に何がどうなるかなんて分からないんだって。

 

でも、人間は、いつも同じ事/こう有るべき事が起こるって思っている。予想をする。この人はこういうだろうとか、この時はこう有るべきだろうとか、彼氏だったらこうとか、首相ならこうしろとか。

 

本来は、毎秒何が起こるか分からないのに、ある程度を予想して、それに反した事が起こると無常と言う真理を忘れて怒り始める。

 

なるほどね〜

 

上の書には

 

『信じると言う事は相手への期待ではない。

自分への決意なのさ。』

 

と書いてありました。

 

おおおお〜もっともっと、なるほどね。

 

そしたら、今日のクライアントで

『私の事を好きだって言って、私の気を引くのに一生懸命でいたのに、私が彼の事を好きになったら、なんだか態度がおかしくなって。そして、今日の彼が開いたパーティーに、私は呼ばれなかったの。なんでか良く分からない』って言っていました。

 

経絡を調べたら『悲しみ』よりも、『怒り』で反応。

怒ってるみたいよって言ったら、『そうよ、だってこんな事ある?』って。

 

そして、

『彼の事は抜きにして、自分が理想とする相手ってどんな相手?』と聞くと

 

『コミットメントする人』って。

 

私も昔はそう思っていた。コミットメントをする人ではないと、浮気をされて嫌だって。私との関係に従事してくれる人じゃないと、なんだか大切にされていない気がしていた。

 

でも、コミットメント(関わる事への責任や義務)を前提にすると、「無常」と言う真理を無視して、相手に対して期待して予想する事を常にしてしまう。つまり、怒り爆発、不満爆発になってしまうんだ〜って。

 

信じる事っていうのは、相手に期待して、こうしてくれるだろうと予想する事ではなくて、

自分に対してだけ使う言葉なんだろうなってセッションを通して思ったのです。

 

自分に対して、こうでありたいって信じる事をすれば、きっと問題は複雑化せずに怒りや不満という感情でぶれずにちゃんと物事を見れるのではないかと。

 

自分が思っている事を信じれば、あの人がこういった、あの人があれをしてきた、という期待を裏切られた感に時間を費やす事無く、今自分が何をするべきなのか見えてくるんだと。

 

相手に期待しないと言うのは、無情な感じがするけど、相手がこうするわけは無いなんていう他人の行動を予想していること自体無理な話なんやないかいね?って思うわけです。それこそ、図々しいのかもしれん。

 

怒ると、顔にしわは出来るし、顎が固くなって沢山食べる様になっちゃうし、肝臓悪くするし、胃は痛くなるし、身体は固くなるし、肩は上がって怒り肩になるし、感情を乱される他に、もれなくもっと自分の体を痛める様な事がついてくる。

 

信じる事は自分へ、そして無常の真理を理解していれば、もっと自分が楽に生きられるのではないか?と、そんな事をクライアントを通じて思いました。

 

思っただけで、出来るんかいね〜

まあそう思えただけでも、一歩成長とするか。

 

0 Comments

Mon

01

Aug

2011

腸と子宮のクレンジングーヒマシ油の効果

 

3)アーユルベーダ/マヤ文明腹部マッサージ的見地: ひまし油って凄いんです。

 

今回の内容を書くべきかどうか、かなり迷ったんですけど、最近本当にマヤ文明腹部マッサージのクライアントさんが増えてきて、改めて自分も含めて、『第二の脳』は重要であると言う事を感じるので、書く事にしました。結構グロテスクなので、食事中の方は読まない方が良いかと思います。

 

まずは~第二の脳について~

 

第二の脳とは、腸の事を指します。また専門家によってはGITract と言って、胃から直腸のうんちが出る管全てをさす人もいます。

 

Second Brain の著者でありコロンビア大学の神経生物学者であるMichael D Gershon, MDによって有名な言葉となりました。

 

第一の脳は、頭の中にあるものです。コンピューターよりも何億倍にも精密で身体の細部にわたるまで指揮をしています。それは、神経と言う物を通じて、身体で何が起こっているかを探知し、神経を通じてホルモンを分泌したりと指揮をしています。

 

その第一の素晴らしい脳と同じ位、神経が張り巡らされているのが腸です。

脳と同じ位の神経伝達物質があり、実は脳からの命令が無くても腸は自分で何が必要で何をするべきかを感じて自ら動く能力を持っています。

 

マイケルの本によると(馴れ馴れしくマイケルって読んでますけど、あった事はありません)

『腸はあたかも脳のごとく振る舞い、脳と別行動が出来る』なんて書いてあります。つまり何らかの関係で、小腸と脳が切り離されても、小腸は自分でなんとかやって行くと言う頼もしい性格をもったやつなのです。

 

驚く事に、私たちは母親のお腹の卵から人間になる時に、まずは腸から作られるって知っていました?

 

子供が一番好きな言葉って『うんち』では無いですか?私も友達がうんちって言う度にウヒヒって笑っていました。もしかしたら、私たちは腸から出来上がった事を幼い頃に覚えているのかもしれません。私たち人間の出所と言うか始まりどころを!!!!!

うんちの話って、大人も好きですよね?

過去に私のニュースレターを何度か送らさせて頂きましたが、一番反応が良かったのは、うんちの話をしたときでした。

 

大人も自制心があってうんちと言って笑わないにはしても、ヤクルトやら、乳酸菌やら善玉菌やらを摂ったり『ヨーグルトは腸にいいから』と言って、うんち関連に拡大するマーケティングを見ると、大人も多いに大腸の動きに関心がある事は感じられます。

 

人間が形成されるのは腸からでその片方の端が口になり、逆の端が肛門になります。

なぜ腸が一番初めに出来たのかと言えば、それは、脳にしても、身体のどの部分にしても栄養を吸収する場所が無ければ動けないからです。

母親からのへその緒を切られても生きていけるように、まずは腸から確保!と言うのは、お分かり頂けると思います。

 

そして、栄養を吸収すると同時に、小腸に免疫機能が内在していると言う事も知って欲しい事の一つです。

これは、私自身は初めてマヤ文明腹部マッサージで学んだのですが、小腸の中には免疫をあげる沢山の神経伝達物質が入っています。免疫が上がっているときと言うのは、心が向上して前向きに自分がしたい事を取り組んでいるときでもあります。

 

以前のニュースレターでも書きましたが、小腸の中にはセロトニンと呼ばれる快楽幸福感覚ホルモンが身体の90%を産出しています。

もしも、小腸が硬くなって動きが悪くなると、幸福を感じにくくなり、鬱になりやすくなります

 

自分の小腸が硬くなっているかどうかを見るには、横たわっておへその周りを触ってみてください。

結構グリグリとおへその周りを触ってみると、硬くなっている部分があると思います。触ると痛みを感じる事もあるかもしれません。

マヤ文明腹部マッサージでは、これを『感情の鎧』と呼びます。

中国医学では、小腸を『腹脳』と呼びます。

 

小腸は、食べ物の消化だけではなく、感情の消化の役割を担っています。

消化しきれない感情があると、小腸は異常な収縮反応を起こすと言われています。

 

さて、お腹を触ってみた時に硬い部分がありましたか?

その硬い部分によって、感情の起因が分かれます。

 

おへそに時計をおいた時に、12時の位置はみぞおちになりますが、

みぞおちは不安

1時から2時の場所にあると心痛

3時か9時 ー悲しみ

4時か7時ー恐怖

10時か11時ー怒り

 

そしてこの固いものが常習的にそこにあると、そこを流れている大動脈大静脈の流れが悪くなり、そして小腸にあるリンパの流れも悪くなります。

つまり、小腸が硬くなる事でいい事など一つもないわけです。

中国医学では、へその周りに硬い部分があるのと『毒』と呼びます。

 

化学薬品、防腐剤、食品添加物も小腸を硬くする原因の一つですから、レトルト食品や冷凍食品、ダイエットコークなどの製品が棚に入っていたらそれだけ自分の腸も汚れて負担がかかっていると思ったら良いと思います。

 

さて、これだけ脅かした後で今回の本題に入りたいと思います。(まだ続くの??って思いました??ここからが本番です)

 

私のウジウジと書いた皮膚の歴史を読んでくださった方々はお分かりの様に、食生活を変えて私の皮膚は一変したんですね。

 

3年前の食事の変更以来、小麦粉製品からも遠ざかり乳製品からも遠ざかりもう小腸が元気になっても良いでしょう。。。。って言う感じなんですけど、なかなかどうしてやっぱりアレルギーは出ますし、痒くなります。

 

そんな時に、アーユルベーダの学校で『Oleation =オイル療法』を学びました。

オイルを飲めって言うやつです。アビヤンガと言って身体にオイルを塗布する事も重要ですと習いました。

 

マヤ文明腹部マッサージで、ひまし油の効能を知っていたのでひまし油をお腹に塗布してヒーティングパットをおいて30分間温めてオイルがお腹に浸透して行く事もかなりの事やっていました。でも、イマイチ私には、『これは!』という結果が出なかったのです。

アビヤンガをしても、風呂の浴槽がドロドロと汚くなる以外は、これと言ってからだが潤うわけでもなくという状況でした。

 

そこで、首ががさがさの私を見て、Drスハスが『おまえ、俺の一番初めのクラスで全員に言ったオイル療法、やってないだろう??』と言われました。

そのオイル療法と言うのが『ひまし油を飲め』と言うもの。ひまし油をもうその時には身体に塗布する事でかなり使って来ましたから、ひまし油がどんな物か私は知っています。『おえ~』ってなる油です。すごく濃くてベトベトして、おえーってなるオイルです。

 

塗布する分には臭くはありません。ただ、飲むとなるとおえーってなるんです。(ひつこい?)

 

『絶対にお前の体質はやるべきだ』と言われました。

 

これだけアーユルベーダを習っても、まだ身体が万全ではないのだからやるか。。。と思って、アーユルベーダのコンファレンスで買ったオーガニックの祈りの沢山詰まったオイルを飲む事に。

 

私の腸は本当に正直で少しでも、私の体に合わない物を食べると便秘になります。また、ちょっとでもストレスがあると腸が微動だにしなくなります。

 

しかし、このひまし油を飲み始めてその日の午後にびっくりするほどの健康的な排便がありました。

教科書通りの排便種類です。(ほらね、食事中は読まない方が良いですよて言ったでしょ?)

 

オイル療法(少なくとも私がアーユルベーダの学校で習った物)は、一日ごとにオイルの量を増やして行きます。

まず一日目はテーブルスプーン1杯。本当にどろっとして、おえーってなるんです。急いでお湯で流し込んで、あちちちちち!ってなって。

でもスムーズな排便があるんです。

 

教科書には7日目まで徐々に増やして行って、8日目から徐々に減らして行き十四日で終わるというのが例に挙げられています。

でもアーユルベーダのDRは『だいたい自分がもう要らないときは分かる』と言います。

 

『出た!代替医療のぼんやり感』と思って聞いていたのですが、DRスハスは、『本当だってば』って言います。

ま、やってみるか。

そして、3日目、テーブルスプーン3杯?無理無理無理無理。。。

重いし、臭いし、おえーってなるし。

 

と言う事で私は7日目位まで1~2杯とその日の気分で決めていました。

食道を通るドロッとした感覚は本当におえーってなります。匂いも独特だし。

 

そして、7日目が終わり、8日目の朝目覚めて、さあオイルを飲むかって台所に立ったんですけど、飲みたくないんですよね。

もう充分と言うか、本当にもういいかな~って。

でも教科書には十四日続けるべきらしいし、私、ちゃんと量を7杯も飲んでいないし。。。という、罪悪感から飲んだんです。

それが悲劇の始まり。

 

やっぱり身体は知っていました。どれだけ飲む事が適当なのかを。。。。

 

飲んだすぐ後に、お腹が猛烈に痛くて、トイレに駆け込みます。

今まではスムーズな排便だったのに、あれ???って思って。しかも何も出てこない。

つまりこれが下痢と言うやつだと思いました。

 

私の今まで経験した下痢と言うのは、いわゆるシャーって出てしまうやつで、出きったら終わり!ってと言う物でした。

でも、この時ばかりは、今まで感じた下痢とは全く違うタイプ。肛門ゆるゆるタイプです。

おかしいぜよ。

 

くしゃみをしたら、チビって出る。咳をしたらチビって出る。面白くて笑ったらチビって出る。深呼吸で息を吸って吐こうとしたらチビって出る。

 

もう、何にも出来なくて息を潜めていなければイケナイ状態。

お~い、今日が日曜日で良かった。。。。。と胸をなで下ろしながらも、『あああああ。。。。』とトイレに駆け込む。

 

でも、チビって初めてでた瞬間のショックな事。こんな事今まで一度も無かったのに。自分がおばあちゃんになった気がして、これほどの羞恥心をかいた覚えはありません。沢山、パンティー捨てました。

 

DRスハス、あなたは正しかった。私の直感はいつ止める時かを知っていた。でも、私が情報に振り回されて直感よりも頭の中で考えた罪悪感と言う名の下に飲んでしまったが最後でした。

『代替え療法の曖昧な答えと言ってすみませんでした』と便座に座りながら、ひたすら謝る私。

 

何も出る物が無いのに、きゅるきゅると締め付ける痛み。

 

『ああ、笑わせないで、出ちゃうから』と言わなければイケナイ私。

 

そんな一日が終わり、ひまし油を奥底にしまいました。

 

そして、もっと大きな変化はその3日後に起きました!!!!

 

いきなり生理になった感覚がありました。

あれ??1週間位早いはずだぞって思ってトイレに駆け込むと、今まで見た事が無い様な、どす黒い血が出ていました。

 

あれ?あれ?あれ???

 

そして、それが1週間位続きました。明らかに生理と同じ感覚なのに出る血は汚い血。

ここで、医者に行く事も考えましたが、

 

マヤ文明腹部マッサージで『鮮血は気をつけるべき血。汚い黒い血は身体の外に排除されるべき血』と言う事を学んでいました。

また、子宮には身体の中で外に出来れなかった老廃物(ごみ)がたまりやすく、それにより生理が重くなる事がある。そして、子宮がゴミで一杯になると脳との神経伝達が上手く行かなくなり、黄体ホルモンが出過ぎたり、少なすぎたりするのでPMSが起こったり、生理不順が起こったりすると。

その内の一つに『おっぱいが張る』と言うのがあります。私はこのケースでした。

もう生理一週間前になるとおっぱいが通常の2杯位に膨れ上がり、走ると痛い、触ると痛いという「思春期か?」って思う感じでした。

 

マヤ文明腹部マッサージで『私おっぱいが張るんですけど』って言うと『普通は張りません』と言われてショックでした。

 

もしもこれらが子宮が沢山ゴミで一杯になっているのが理由なのだとしたら、この汚い血は出るべきなのではないか?と思ったのです。

 

1週間したらその汚い血が出るのが終わり、そしてその2週間後に通常の生理が来ました。

つまりその汚血が出たのが排卵前と言う事になります。ビックリしたのが、その時の生理前に私のおっぱいが初めて全く張らなかったのです。

 

そして、次の月の排卵前にもまた汚血が出始めました。この時には全くキャスターオイル(ひまし油)を飲んでなかったので、え??ッてちょっとビックリしました。でもお医者さんに行きませんでした。と言うのも、ビックリする位皮膚が綺麗になって来たからです。カサカサと赤味があった部分が、しっとりとして来ました。そして、黒い血は、ドロドロと出ました。普通のおりものナプキンでは足りない程。

 

私の皮膚の発祥の大きなきっかけは、失恋によるものだと言う事が分かっていましたから、その時に沢山のショックを子宮に溜め込んだのかもしれません。そして、また1週間位続いて、2週間後に生理が来ました。

 

3ヶ月目に、また排卵前に1週間、黒い血が出始めました。

いよいよ私の体はおかしいのかもしれない。。。と思い始めましたが、それでも私の皮膚が今度は光沢を持って輝き始めたのです。

DRスハスにどういうことでしょう?って言ったら、『ターメリックを飲みなさい』と言われたんですけど、血は止まる事無く出続けました。

でも、止めども無く汚い物がはがれ落ちていると言う感覚でした。

そしてまた2週間後に生理が始まりました。その時には、なにこれ???っていうゼラチン質の物も出て来ました。小さい細胞群の塊と言うか、とにかく変な物でした。

そして4ヶ月目からは全く出ませんでした。

 

そしてそれ以降一度だけまたひまし油を飲んでみましたが、今度は一日目から下痢になってしまいましたので、7日間も飲むと言う事はなくなりました。

 

ひまし油は、冷えると言う特徴があります。

そしてピッタの私は、きっと子宮が沢山の熱で一杯で血がその熱により黒く固まってこびりついて行ったんだと思います。

それをひまし油の冷えると言う成分によって、熱せられた鉄板についたおこげが洗剤でとれて行く様な感じで起こったんだと思います。

 

それ以降、私の皮膚は落ちついていました。そして、生理前の不快な胸の張りも無くなりました。

それが実は去年の夏の事です。

そして、キネシオロジに出会い、心の内面を解放したあと11月にまた皮膚が勃発しました。

 

 

色々な試行錯誤のあと、4月頃アーユルベーダ占星術のヤトリカに会いました。彼女に、『ひまし油やりなさい』と言われたのですが、

『え~もうオエーってなるから多分私の体が求めていないんだと思う』と言うと

『ひまし油はおえーってなるものなの。しょうがないから色々な物で薄めて飲む様に言われるでしょ、やりなさい』と言われ

渋々5月にNYから帰って来てから、飲む事に。

 

そして、またもや汚い血が出始めました。去年より酷いわけではないものの、きっとこの1年で私の体がまた何かを溜め込んだ様に思われます。

子宮も小腸も神経と密接な関係があって、感情にものすごく敏感に反応する臓器であった事は知っていたけど、こんな風に私の体に顕著に現れるのが分かると、本当に私の子宮と小腸さん、愛おしいです。

 

いや、そんな事を言っている場合ではなく、実は今回の皮膚もアプダウンはあったものの、最終的な決め手はこのひまし油になりました。

親が来た5月の末、私の皮膚がビックリする程の回復をとげたのです。

 

そして、驚くべき事に、ひまし油ってねっとりしているからあまり減らないと言う事もあって、身体に塗るオイルにしました。

 

ソケイ部や脇の辺りの皮膚が痒くて黒ずんでいて、こんなん裸をいざと言う時に見せられん。。。。と鏡の前で泣きじゃくっていたんですけど、このひまし油に少しアロマオイルを足して塗ったところ、見る見るうちに傷口が閉じて来て、カユミが無くなりました。

 

そして、沢山調べて,自分の経験を通じて分かったのは、

 

ひまし油は

1)小腸と大腸の壁を綺麗にクレンジングする

2)子宮の内部の汚れを綺麗にクレンジングして、内膜を綺麗にする

3)リンパをクレンジングするので、リンパが詰まっているところに塗布すると良い

4)怪我で出来た傷ついた細胞を修復するので怪我の部分に塗布して温めると良い。

5)毒素を排除する。

6)便秘の解消

 

という効能がある事が分かりました。

 

それを母親に言うと、『そうね~私が小さい時には便秘したら必ずひまし油を飲まされたわよ。家庭用医療薬って感じでね。でも燃料が足りないって言って、戦時中は没収されてね。でも各家庭でその効能が良いから隠し持っていたのよ』と。

 

どんな飛行機やねん?!

 

とにかくクライアントを通して今まではひまし油の効能は凄い!って思っていましたが、それは全て外側に塗布の場合でした。

でも今回飲用してみて、私の体での変化を書かせてもらいました。

これほどまでに優秀なオイルだとは思っていませんでした。

 

私は、ひまし油を生理が完全に終わって3日間してから(つまり生理始まりから10日目位)飲む様にしています。身体に負担がかかりにくい事とその時期がいつもやらない事やクレンジングをするのに充分な体力である時期だからです。

 

ひまし油の常用や飲み過ぎは絶対に良くありません。

 

 

1びん買うだけで1年間位持つと思います。

普通の薬局で売っている便秘薬として気軽に飲んで常用する事だけは止めてくださいね。摂り過ぎは身体にとって毒になるとも書かれていますから。

また、絶対にオーガニックの物を選んで飲む方が身体にとって安全で良いと思います。

 

 

もう一度、書きます。

飲み過ぎは絶対に良くありません。常用しないでくださいね。

 

それを考慮の上、試したい方は試してみてください。あくまでも、自己責任の下になってしまいますが。。。

そして、もし試してみた方は、メイルを下さ~い

 

それにしても、ひまし油が自分に効くかどうか、もしもみんながキネシオロジーが出来たら身体に聞く事が出来るのにな~

と言うわけで、是非、興味のある方は、慶太さんのイチキネを購入してキネシオロジを探求してみてください。

 

今回も読んでくださり、ありがとうございました。

次回もお楽しみに!というよりも

皆さんが私のこのグロテスクな内容を読んでも、まだ次回を楽しみにしてくださいます様に。。。。

 

 

Sat

30

Jul

2011

正直でなる事しか解決出来ない

火曜日にスカイプでキネシのセッションを慶太さんにしてもらいました。正直、なんでIHのセッションが必要なのか私には分からなかったのですが、なんとなくIHのセッションを彼から受けた方が良いんちゃうかな?っていう気持ちが高まって受けてみたと言う状態です。そんなに気軽に、セッションを受けれる様な金額ではないのですが、なんだか知らないうちに受けていたって感じだったんですよね。勿論私がセッションの予約をしたんですけど。

 

    今回は何かテーマが有るの?って聞かれて、『別に。。。』と言うと、『今朝、いつもはこぼさない水がこぼれて、これはお前と感消しているって言うんだけど、なんか最近水に流した事あった?』と聞かれ、『うお〜ありました、ありました』と初めからテンションが上がってしまう私。

 

    そして、私の今回のお題は

    『自分の感覚を宇宙(ユニバース)とつなげる』

と言う内容でやりました。

 

    なんのこったい、と思うでしょうが、結局、自分の直感だったり自分の心の声だったりを聞く事が私には出来なくなっている事を指摘されたんだと思います。

 

    自分の感覚が冴えていないのは、ステロイドか??となりましたが、ノーノーノー。何だったかと言うと、過去に起きたつるし上げ事件が問題となっているようでした。女の園で活動をしていた時の事です。飲み会の席で楽しんでいる所を突然怒鳴られました。私の中では、その時、あまりの事態の予想外のハプニングに混乱して何について怒鳴られ怒られているのか分かりませんでした。でも、その場をまとめる為に、私は納得しないながらも『スミマセンでした』と謝りました。

 

    その後、気まずい雰囲気でその場はお開きになった物の、それ以来、その女の園での活動は、私の中で今まで上手く回っていた歯車が、ガタガタと上手く回らなくなり、ボロボロになっていきました。その場所にいると居心地が悪くなり、至る所で後ろ指を指され、至る所で、いかに私が至らない人間であるかと言う事を怒られたり、嫌みを言われたり、と言うことが繰り返されました。自分の居場所を失うだけではなく、自分の本当にしたかった事も失い、そして自分のありかたにも疑問を持って行く様になりました。

 

    慶太さん曰く、それに身体が反応を示していると言います。

 

確かにその集団との最後の一日が終わった晩から、私の右目の上がガサガサとして来ました。ステロイドを塗っても引かないガサガサが出て来たのです。それが、皮膚がボロボロになる一番初めの兆候でした。そして、私はロスに移住し、強いステロイドを処方され、もっともっと身体が悲鳴を上げて皮膚はただれていくことになりました。

 

    その時の事を説明すると、『それにすげー反応している』と。

 

そして、ズバリいつもの慶太節で

 

『お前、その時に自分に嘘をついたんだ!

自分を偽ったんだよ。』

 

と、言われ心の奥がブルブルブルブル〜と震えるのを感じました。

 

でも、私のエゴも対抗します。

 

『でも、私にも非が有ったんちゃうかって思うんですよ。喧嘩両成敗って言うか。。。。』

 

すると

『いや、お前の潜在意識は悪くないって言ってる。絶対に悪くない!って言ってるぞ。頭で考えると、そう思うかもしれないけど本当のお前の心は、謝りたくなかったんだよ。』

 

と言われて、ちょっと泣きそうになりました。

 

もう何年も前の事で、私もどうでも良かった事にしようと思っていた内容だったのに、いきなりあの時の自分に味方が出来て、サポートしてくれて、辛かったよな〜あの時、って理解してくれた様な気持ちになり、心が震えました。

 

そうや、、、私、自分の心に嘘をついとったんや。

 

そして慶太さんが続けて、

 

『おまえ、媚びを売る事が絶対にいやなのに、それをしなければいけないって思っただろ。媚びをお前は売る必要がないんだよ。』

 

たしかに。。。。

 

あの世界で生き残って行く為には、やっぱり人間関係が大切やったわ。でも、私が踊りたくない様式で、と言うか私のスタイルとは違う人を崇める様に敬意を払う事が出来なかったんよな。。。。それは、それを踊っている人どうこうの問題ではなく、私自身がキュウリ畑の中でカボチャになろうとしていたようなもので。カボチャになりたいのに、キュウリ様!って言わなければ行けない事の不自然さを身体全身で感じていたのに、色々な頭の中のエゴとしがらみで、その場に留まる事を自分にさせたんだよな。。。って

 

だから、舞台に立った時に、もうどう歩いていいのか、どう呼吸をして良いのかすらさえわからなくなった自分がいたっけな、と思い出しました。結局誰が悪いとか、どの状況が悪いと言うのではなく、自分が自分に嘘をついたり、自分が畑違いの所に身を置いたのが悪かったわけだ。つまり自分の責任だったんだって。

そう考えると、あの集団の人達の中でよく面倒をみてもらったし機会を与えてもらったと、今になったら感謝出来るのですよね。

 

その時の事務所の方も、『いず美の踊りたい内容って私たちのとは違うのよね』とも実際は言われていましたし、先輩にも、『もっと違う所でのびのびやれば良いのに』とも言われた事もありました。

 

その面でも

     自分は嘘をついたんだ

 

って。

 

しかしながら、私は沢山それについては、調整(ヒーリング)をして来たつもりだったので、今更それが出るとは思えませんでした。でも、慶太さんを通じて私の潜在意識が伝える事は、とても納得出来ました。

 

以前にも書きましたが、私のおへそのまわりには感情の鎧が沢山あり、そして皮膚の件についてするときには、いつも脾臓の経絡が落ちます。脾臓は食べ物の消化を助けると同時に、感情の消化も助けます。つまり、私の中では感情の何かが消化出来ていないと言う事か。。。。そう考えると、やっぱりあの時に私には非が無いのに謝ったと言う事実は、私の中で大きな事になっていたようです。

 

慶太さんに

『私のおへその固さとその時の事ってつながっていない?』と聞くと

 

『それだ、そこからつながっている』

 

と。

 

もう、頭にガラガラドッシャン!って光が射した様な気がしました。今までの私の学んで来た事、感情ー臓器ー身体の反応ーが全てつながった感覚。あの時以来、私の食物アレルギーが始まったんだから、そりゃそうやな〜って。

 

でも、それじゃあ、なんで今まで沢山のヒーリングをして来たのに、あの時の自分への偽りが修正で身体から抜けなかったのか?って考えてみると、きっとそれは、私がまだその時の事を手放せる準備が出来ていなかったから、、、、と。

 

今だからこそ、慶太さんの『お前はそれで良いんだよ。自分がしたくない事を無理してする必要はないんだ。自分の心の声に従って行けば良いんだ』と言う事が、すんなりと心に入ってくるんですよね。沢山のヒーリングをやって来たから。

 

きっと今の言葉を慶太さんから3年前の私が聞いても、頭では理解出来ているか、それとも『いや、でも。。。。』と何かしらの事を言って、その言葉を素直に受け入れる状態ではなかったと思います。だから、上手いタイミングで上手い言葉を言ってくれる人に会うもんなんやなあ〜と。

 

きっとタマネギの皮をむいて行く様に、私は今までのヒーリングでぺろぺろと外側のレイヤーがはがれて行って、ようやく今回のセッションで、芯の部分に触れる事が出来たんじゃないか?って思うんです。

 

1回のセッションで全ての悩みが消えるって言う事はなくて、、、

それでも一回一回のセッションに意味が有って、学びがあって、変化があって、核心に一歩ずつ近づいて行っているんだと言う事が今回の事で大きく分かりました。

 

 

    そして、DNAの修正に入っていきました。そこで出て来たのが過去エネルギーとの関わり。DNAの螺旋が傷ついているとの事。どんだけ、ショックを受けてんねん、と苦笑。

 

 

  やっぱりそこでも、十二指腸に過去のエネルギーがたまっていると。あああああああ、、、、マヤ文明マッサージをやっていて、そこです、そこです、って納得。

 

    そして、セッションが終わった瞬間に、慶太さんが

『はあああ』と大きなため息。

そして『おれ、次のセッションまでちょっと休むわ』と、とっとと消えて行ってしまいました。慶太さん、ありがとうございます。

 

 

一番上の書は、私の大好きな一空道さんの『走』です。

その書に『正直になる事でしか、解決出来ない』とありました。

初めは理解出来なかったですけど、今なら理解が出来ます。

自分に正直になったら、そんなに物事はねじれて行かないんですもんね。私のお腹の固さも良くなって来ましたよ。

 

 

1 Comments

Sun

24

Jul

2011

怒りをぶちまける

最近、ものすごく皮膚の調子が良い私です。

何が劇的に変化を遂げたかと言うと、『怒り』についての理解が少し、出来た事だと思います。皮膚の炎症は、『火』の性質が上がっていると言う事です。火といえば、単純に言えば怒りです。

 

でも、私の中に怒りと言う内容が問題になった事ははあまりないんです。眉間にしわを寄せて怒っている人を見ると、『怖いよう。。』と思いますし、出来る限りその場が丸く治まる様に自分に出来る事をと思って行動しますし。逆に、自分が良くない所を考えようとか、どうしたら良くなるんだろうとか考えていました。

 

キネシオロジでも、怒りの臓器の肝臓系はあまり弱くなった事が有りません。だけど、アーユルベーダでの処方される薬草はだいたいが肝臓を強くしたりデトックスをしたり、血液の熱を冷ましたりと言う物ばかりです。

 

なんだか、身体の反応(炎症)/求めている薬草と、心の方向性が違うなあ〜ってずっと思っていました。それでも、キネシで目標設定をして行くうちに身体が徐々に良くなって行くのですが、それでも決定打に欠ける様な感じです。

 

そんな中、去年から、仕事上の人間関係でどうしても避けられない人物が出て来ました。正直、6週間ごとに何かしらの事件が出て来て、眠れない日が続き、その人の嘘に腹立たしさを感じたり、嫌気を感じたり、口論したり、そんな事が繰り返されて来ました。

 

それまでは、事なかれ主義で怒るよりもその場が和む事を最優先にして来た感じでした。でも、その人物に会ってから、それはそれは事なかれ主義で済む様な話では無くなって来て、自分の意見を言わねば!!!!!と思う位、はらわたが煮えくり返る思いばかりでした。

 

ところがどっこい、何度もキネシでその人物について、何か問題を解決するべきか?とチェックしても何も反応がないんです。その人ではないらしい、と。こんなに嫌でストレスを感じているのに〜身体はストレス反応を示さないってどういう事だ?!

 

 

そして、5月に慶太さんに会った時に奥様の雪乃さんにタロットをしてもらいました。仕事についてだったのですが、どんぴしゃりでその人物がカードに出て来ました。

その人物とは、私の将来にとって大切な学びがあるから、会ったのだと。

 

え〜〜〜〜 学びって。。。。

 

で、どうしたらその人から卒業出来るのか?

と聞くと、

 

『その人からの学びを得たら』

という解答が。

 

早く学んで卒業したいのですが。。。。

こういう人になるな!という教訓か?

とか

嘘をついてまで、ごめんなさいを言わない様にするアメリカ人になるな!という教訓か?

とか。

 

 

そんな事を思っていたら、また先週末に事件が勃発。

ムカ〜!!!!って来て、2日位寝れませんでした。そしたら、肌がドンドンボロボロになって来て、目の周りがカサカサして来て、少しパニックに。目は肝臓とつながっているので、怒りと直結しています。

 

あのやろ〜

 

そして、いかに私が正しいのかを相手に伝えようと、一生懸命英語を考えます。どうやったら論理的に相手に私の云わんとする事を伝える事が出来るか、とか、どんな言葉がパンチがあって相手が私に対して聞く耳を持つか!

こんな事を言ってやろう、あんな事を言ってやろうと思うと、どんどん興奮して来て眠れなくなります。

 

そんな中、夢を見ました。

 

警察が外で犯人に向かって銃を放ちました。

 

三回位、パンパンパン!と。

 

そして、犯人が死にました。

 

それを見ていた私は、なぜかレストランで働いていました。そしたら、働いてるウェイトレスの女の子が、チキンの乗ったお皿をお客さんのテーブルに投げました。彼女に対して、『何をやってんねん?!』と私は感情的になり、声をあらげながらその人に対して、あれやこれやと何が悪いのかを話します。でも、そのウェイトレスの子が聞く耳を持たないので、ドンドンと私は声の音量を上げて行き、どれだけ彼女が非道な事をしたかを話します。そんな中、私の尊敬する人物の一人である前じ兄さんが

 

『そんな風にしても誰も君の言う正しい事は聞かないよ』と

 

私に一言言いました。

 

そして、目が覚めたんですね。

 

なぜか、いつもは夢なんて覚えていないのに、その夢だけは鮮明に覚えている。誰が出て来た事は覚えていてもストーリーなんて覚えていないのに。でも、そのウェイトレスの子に、声の音量をマキシマムに上げて話していた感情や、その時の肺の感じ、呼吸の感じをすごく目が覚めた時に感じました。

 

そして、ふと、

『警察は私で、犯人は私のてこずっている相手ではないだろうか?』と

思いました。

 

いくら私が正しかったとしても、相手に私の言う事を聞かせるには、銃で撃って高圧的に相手に口を封じさせるだけしかないのかもしれない。

 

いくら、ウェイトレスの彼女が悪かったとしても、私が感情的になって声を上げて相手に伝えても、伝わらないのではないか?と。

 

つまり、

 

何が正しくて、何が悪かなんて人間関係上では、意味が無い

 

のかもしれないと。

 

結局は、相手に毒を吐かれて、『毒を吐くのは正しくない!』と唾を飛ばしながら言っている様な物で。それって、バラの刺、ふぐの毒、ハブの毒に自分から指を差し出していることなのだと。

 

毒を持ってそれをぶちまけるのは、自分を守る為であって、その人自身に問題を抱えているのかもしれない。

 

それに対して、怒る事ってふぐに向かって

『てめえ、この野郎。毒をもってんじゃねえ!』って一生懸命怒鳴っている様な物で、意味が無い事ですよね。

 

自分がされて嫌だと思った事に対して、それを理論づけて君は正しくない事をしているのだよ。。。。と伝える事の意味の無さを感じました。

 

理論づけるから、ややこしくなる。

しかも相手はもと弁護士だから、余計にやっかい。

 

素直に私、嫌やねん。でいいか〜


 

0 Comments

Sat

23

Jul

2011

Appleの広告

先日、母親から『ちょっと、ナイアガラに行ったときの写真を現像して送ってよ』と言われて、現像って。。。と戸惑いました。写真を現像した事がここ10年間で一度も無いと言っても過言ではないと思います。ほとんどがMacの中かフェイスブックにありますから。

 

そこで『どうしようか?』と思っていると、アップルがアルバムを作る機能があるじゃない!と見つけ、早速写真をドラグ&ドロップして作る事に。タイトルやらコメントやらも付け加えて10ドル位で出来てしまいました。これは、お買い得だし、プロっぽいし、綺麗で楽しめるだろうな〜って思って。到着して、なんだか本当にプロがアルバムを作ってくれたみたいで、嬉しくなりました。

 

そんな私にとって切っても切り離せないぐらい、宣伝巧みによってくる親友のアップル。そのおおもとが私のそばにいました。クライアントのスティーブがこのアップルの宣伝のボスでした。最近、イギリスからロスに移住して来た彼は、彼の友人を通じて私を知り、私のピラティスを受けてくれる事になりました。そして、キネシオロジにも興味をもち、と言うか、やってみたら面白がってくれて、エネルギーを整えよう!と言う事で毎週セッションをさせてもらっています。

 

彼と話していて、気付いた事は、イギリス人のジョークはかなり面白くて日本人に近いのではないか?と言う事。ちょっと失礼で、ちょっと茶目っ気があり、それでいてかなりスマートな人に分かると言うジョーク。私はアメリカンジョークはイマイチ、ぽかんって感じですが、イギリス人である彼のジョークは腹を抱えて笑ってしまいます。ダウンタウンさんや島田紳介さんを見ている感じ。ウィットに飛んでいて、痛快で面白い。

 

『仕事場でもこういう風に笑わせているの?』って聞くと、『いや〜アメリカ人はシリアスだね。真剣と言うか深刻と言うか。。。』と戸惑い気味に話していました。たまにジョークを言うと、自分をけなされていたり批判されていたり、何こいつ?っていう感じであるから、今、自分はアメリカ人の雰囲気に慣れようとしているのだ

 

と言います。

 

『僕たちは英語という同じ言語を話しているけど、その言葉の使い方は、ものすごく違うね。全然違う言語を話している感覚だよ』

とも言っていました。

 

へ〜。。。。所変われば、、、って言うやつですかね。

 

でも、そのoffended と言うんですが、何かを言われた時に、自分が馬鹿にされたと言う印象を持って、しゃくに触られたり、心を傷つけられるという事があるというのは、私もアメリカに来て学びました。今まで何気なく話していた事をそのまま英語でアメリカ人に話したら、顔をひそめられたり、サッと顔色が変わったり。ロスにいる人だからなのか、アメリカがそう言う感じなのか分からないのですが、それによって、私はなんて人を傷つける様な事を沢山言っているんだろう!!!ってよく反省した物です。

 

言ってみれば、アメリカ人は傷つきやすい人種であるのかもしれません。もしくは、人を馬鹿にする様な冗談は通用しないと言う方が良いのかもしれません。何が良くて何が悪いのかは分かりませんが、それでも、そう言う違いあるな〜ってスティーブと話して気付きました。

 

そして、言語の話になって行くと

『日本人、大丈夫か?英語を話すせなくて。。』と、心配していました。

どういう事??と聞くと、彼はアップルの広告を作っているので、世界中を飛び回っていて、アジア圏では中国、香港、韓国、東京と回るが、日本だけが英語を話してコミュニケーションがうまくいかないということらしいのです。

 

アップルは最先端企業だから、そこの国の最先端の人と話している事になるが、東京だけがどうしても英語が上手くはなせる人が少なく、また確立した意見を持って話す人が少ない。

 

との事でした。

 

一方では、そんな事を聞いて不安になる反面、もう一方では、鎖国時代に素晴らしい日本独自の物を創り上げたんだから、良いんじゃなかろうか??と思ったり。

 

一般の人にとって英語を話せなくても何も不自由が無い日本。

でも、大きな世界のマーケットで見て行くと、それではいかんらしい。

特にお金のやりとりになったり、外交であったり、ビジネスである時には、かなり英語を話す事になれていないのは、良くないのではないか、、、、と言う事は、海外を相手にしているビジネスを見ていると思います。

 

どうなっちゃうのかな、日本。

そう考えながら、車を運転していたら街角の至る所にスティーブの作った広告が。すげえな、この人。やっぱりアメリカのアップルをイギリス人が宣伝しているって、それだけグローバルになって来ているんだから、英語を話す事が出来ないのは問題なのかもしれない。。。。そんな事を思いながら仕事から帰って来ました。

 

0 Comments

Sun

10

Jul

2011

ああ臭い、硫黄温泉

今日は朝から硫黄温泉に来ています。私の住んでいるサンタモニカ近辺から車で東へ1時間半位の場所にある硫黄温泉のメッカに来ています。あれ、メッカってどういう語源でしょうね?久しぶりに使いました。

 

上記の写真は左がお風呂に入る前。そして右が入った後です。

光の加減があって、イマイチ分からないかもしれませんが、かなりしっとり感が違います。左の皮膚は、子象のような皮膚でしょ?

 

私はいつもガラスの瓶を何本も持参して、ここの温泉宿に休憩に来ます。休憩は一日80ドル。自分の部屋を与えられて、アパートに住んでいるがごとく一日部屋でお風呂に出たり入ったり。今は、ベッドの上でこのブログを書いています。

 

ここのおばさんには、皮膚を治したかったら毎月来なさいって言われますが、そう言うわけにはいかないので、自分でちゃんと硫黄の水で毎日コットンパックをしています。

 

もう通い始めて4年位になります。

首をナイフで右から左に切られた様にぱっくりと開いてしまった時、泣きながら首を両手で押さえて、ここまでつれて来てもらいました。一日お湯に浸かったら、その切れていた15㌢位の傷は少しずつふさがり始めて帰る時には、話しても痛くない所まで回復しました。

 

ここに来て救われたり、希望を持つ事が出来たりととてもお世話になっています。

 

今日は皮膚がそこまで悪い状況ではない物の、いつも使っている瓶の硫黄水が無くなってしまったので、それを汲みに来たと言う感じです。あと、ふくらはぎや膝裏、そして首のガサガサした箇所をお湯につけたいと言う気持ちもありました。

 

サザンオールスターズを聴きながらのドライブは、楽しくて、あっという間に着いてしまいました。

 

両親がロスに来てくれて以来、私の皮膚がすこぶる状態が良くなっています。ゆで卵の様な皮膚を触って朝を迎える瞬間に、良かった〜って思って、ルンルンした気分になります。本当によく頑張ってくれたよな。。。て。

 

そして、もう一つ、今までの温泉治療と違うのは、

 

今回初めてノースリーブのワンピースで来る事が出来ました!

今までは、いつも日傘にサングラスに、右手は包帯を巻いて、コットンで出来た皮膚に優しい長袖のシャツに長袖のズボンを履いて、身体をさなぎの様に暑苦しくカバーして来ていました。

 

人に見せられる状態ではない事、少しの刺激でも痛くなったり痒くなったりする事により、そんな感じの状態でした。

 

でも、今日は黒いレースのワンピースにサンダルと言ういでたち!

久しぶりに夏を楽しんでいるな〜私!って思って、余計にサザンオールスターズのCDの音量をアップしてしまいます。

 

皮膚を外に見せれる事への感謝。

身体や顔を動かしても皮膚が痛くない事の感謝。

 

こんな普通な事がこんなにも嬉しく感じます。

ト言う訳で、皮膚にご褒美をあげるべく、硫黄温泉にどっぷりと浸かって来まうす。

 

 

 

0 Comments

Sat

09

Jul

2011

ブログ始めました(クリックしてください)

Read More

Sat

09

Jul

2011

足は身体の土台です

突然ですが、10年以上前に購入した厚底のサンダルを手放す事になりました。苦楽を共にしたサンダルを見切って、新しいサンダルの購入へと踏み切る事になりました。いつでも別れは辛いもので、カファ(アーユルベーダでの体質性格判断において愛情深いが執着心もある)の性質を少し持つ私は、心が痛みました。

 

右下の写真はぶれてますが踵がすり減って、その上つぶれた状態

左下の写真もこれまた醜いのですが、内側が切れている状態。

 

 

きっかけは2つ。

一つは、ボスのマリアに叱られた事です。

『あなた、人の体を扱うボディーワーカーで、しかも足首と足の関連を教えるフットインストラクターでありながら、こんなサンダルを履いているわけ??』と。

 

初めは冗談として受け止めていたんですけど、

『このサンダルで歩くって言うのはね、私がピラティスのクラスにポップ(コーラやダイエットコーラ、スプライトなどの炭酸飲料)を飲みながら教えるのと同じよ!プロで、足について教えているならもっと自覚しなさい』と言われて、

 

ハッとしました。

私ってそんなに身体に悪い事をしていたんや。。。。

 

もしも私のクラスに炭酸飲料を飲んでいる人が居たら、きっと『ちょっと。。。』と注意すると思います。それと同じ位?!

 

プロとして、これはいかん!

と思った同時に、ダイエットコーラから離れられない人の気持ちがなんとなく分かりました。だって、コンフォタブルなんですもの。。。

 

このサンダルは、かかともかなりすり減って、そして、裂け目も出来ています。だから、歩くとその裂け目で転けそうになったりします。

でも、クッション性が高い事と、すぽっと履けてスポッと脱げる事が私には最大の魅力でして。。。。

 

そんな事を言っている間に、ここ3ヶ月位左の腰が痛くて痛くて仕方がありません。何をすると痛いかと言うとヨガをすると痛いんです。立ち仕事で教えていると痛いんです。立ったままマッサージをクライアントにした後は激痛です。ピラティスのロールダウン、ロールアップまでもが痛い!!絶対におかしいと思って、YBRは自分で勿論毎日して、友達のシェリーにYBL(ボールではなく、プラクティショナーが肘を使って身体の筋肉をリリースして行く方法)をしてもらいました。YBLをしてもらったら、尚更、痛くて立てなくなりました。これはYBLが悪いわけではなく、身体がかなり反応していると言う事だと思います。

 

どうしようかと思案している所に、シェリーが足が原因か探ってみた?と聞かれて、足をチェックすると、

 

あ!!!すごくアライメントが悪くなっている。。。。

 

ものすごく足がへんな序列になっていました。

足の土踏まずはつぶれて、内側の骨はつぶれているし、足首がごりごりなるし、踵に足の骨が歪んで入っているし、正しい位置に足の裏を治すと、あれま、足の指があっちゃこっちゃを向いて曲がって、通称、ハンマートウっつーものにになっている!!!これは、あかん。

 

それを考えて、長年連れ添ったサンダルを履いて帰りながらふと自分の足下に目をやると、このサンダルのせいで、私の足の土踏まずががっつり、つぶれていました。もう、サンダルの内側が切れてしまっていて、私の体重を平行に支える事が出来ないサンダルに、私の足は共倒れ。

 

確かにスニーカーを履いていた時期は、大丈夫だったけど、この夏が来てスニーカーを履かなくなってから、腰が痛くなり出したんだっけ。そして、痛みの場所を突き詰めて行くと、腰ではなく左のお尻と右太ももが張っている事が判明。

 

痛みと言う物は、犠牲者と犯人の関係に似ている。

 

犠牲者は、ワンワン泣きわめく。体の中でも痛みは、痛い!と警告する。でも本当の犯人は、別の所に陰を潜ましている。つまり痛みの原因は別の所にある

 

と言う物です。

私の皮膚も、皮膚は犠牲者。でも本当に皮膚を悪くした原因と言うのは心の中に巣食っていました。

 

今回の腰の痛みも、これ同様。

腰に対して痛みを発していたのは、左のお尻と右腿の張り。ではこのお尻と腿の突っ張り感はどこから???とたどっていくと、どうやら足の裏と足首に原因があるらしい。

 

そして、毎日足全体をローリングして、フットフィットネスをする事に。これでも毎日フットフィットネスをしていましたが、省略版ばかり。だけど、今回は教科書をもう一度引っ張り出して来て、詳細に渡るまでを毎日続けました。

そうすると、痛かったはずの腰が、あれ???って言う程痛みがなくなり、ピラティスのロールダウンもロールアップも痛くない。

さすがに、まだ足の土踏まずがつぶれる癖はのこっているようで、ヨガの後にお尻や太ももがつっぱりますが、それでもボールで丁寧にリリースしていく事でかなり緩和。あんなに痛かった腰は痛くありましぇん。

 

そして、この間送られて来たマッサージセラピスト用マガジンに、なんとリフレクソロジーでも足首と足に股関節のポイントがあり、お尻と多いに関係している事が分かり、そのリフレクソロジーのポイントをボールで伸ばし、フットウェイカーで伸ばしてみました。驚く事に、痛みがかなり消えました!これは、凄い!

 

今まではクライアントの臨床を元に、すごいな〜って思っていたばかりでしたが、今回は私自身の経験を通じて、更に深い部分まで理解が出来ました。

 

そんな経験をしてしまったら、いくら長年連れ添った相手でも、お別れのときは来るのです。新しいサンダルを買いに行く事に。でも、やっぱり同じ物は見つからないですね。だけど、一足だけ自分の足のアライメントを保ってくれるサンダルに出会いました。本当はテニスシューズやランニングシューズが一番良いんですけど、ちょっとそこら辺に行くときやビーチに行く時やサマードレスには、サンダルが便利なんですよね。

 

と言う事で、しみったれた愛情を突き放して新しいサンダルを買いました。今後の腰の痛みに着目したいと思います。


 

3 Comments

Fri

01

Jul

2011

健康な排便って?

アーユルベーダ的見地:排便について

みなさん、排便についていつもどのように考えています??

 

私は、隠れ排便チェックフェチです。いや、そんなフェチなんて存在しないかもしれないし、そもそもフェチの意味を知らない私ですが、

必ず排便はチェックします。なんでだろう???なんか興味があるんですよね、ちゃんと消化しているかな?って。

 

絶対に、皆さんの中にも、排便をチェックしている方がいらっしゃるであろうと思いますが、なにが正しい排便かって知っていますか?

 

まず、排便の色は、簡単に言うと肝臓から出る液によって、色がつくのです。

緑の物を食べている人は食物繊維で緑っぽくなったり、前日にビーツなど赤色の強い物を食べたら、少し赤みがかっているかもしれませんが

ほとんどの場合は、茶色だと思います。

え??黄色じゃないの?と思った方、ちょっと食生活を見直してみましょう。

茶色に近い黄色は良いですが、

黄色は、肝臓の液が強く出ている証拠ですので、肝臓が疲れている可能性があります。

身体はいつも良い塩梅に働いています。だから、そこに良い塩梅ではない物が出ると言う事は、何かがバランスを崩していると言うサインです。

 

また黄疸にかかっていると、色は白、または灰色になります。

 

それから、洋式で排便をした場合、もしも排便が沈んで行く様でしたら、重たい物の食べ過ぎです。

チーズ、小麦粉、お肉、油、穀物などを食べ過ぎていると、消化が重たくなり便もその消化を表すがごとく重たくなります。

便はプカーンと浮くのがベスト!

 

大きさは???

バナナ状の物が出たらベストです。

通常、腸には両手7個分があるとされています。結構な量ですね。

やっぱりその一部が、どんぶらこ~どんぶらこ~と、調子良く出て行くのが良い様です。

全部を出そうと思っては行けません。これは後で述べますね。

 

ウサギの糞の様な硬くて短い物は、水分や油分が足りない証拠ですね。

腸内の水が少ないと言う事です。

その逆に、下痢状の排便もよく有りません。消化がうまく行ってない証拠です。

 

臭いは??

無臭です。

食物の発酵作用による臭さは消化機能の低下により、消化が完全にされていないので臭いが増すと言う事です。

なので、臭い排便は身体の未消化物(病気の原因)が溜まりやすくなっていると言うサインだと受け止めて

食べる物をチェックしてみるのが良いともいます。

 

もしも、身体に未消化物が溜まっているのか知りたい方は、舌ベロをチェックしてみてください。

白い苔が一杯舌ベロの奥にあったら、うんちが溜まっている証拠です。

もしも、その苔が黄色い色をしていたら、かなり身体に熱(毒素)が溜まって居ると言われています。

私自身、皮膚がひどい時は舌ベロが黄色の苔だらけでした。沢山の未消化物が溜まっていたんですね。

 

 

 

つまり、排便は

茶色、バナナ状、無臭そしてプカーンです。いわゆる、『ムッシュ、茶バナナプカーン』と覚えてください。(いや、別に覚える必要はありません)

 

そして、とても良い排便の後は

1)すっきり感が有る!

2)ハッピーな気分になって、外に出て色々な人とハグをしたくなる

3)お腹がすく

4)身体が軽くなる

です。

これを排便の後に感じられるのが健康の証拠と言われます。

 

では、排便において注意すべき事は?

排便と食事は密接に関係しています。

 

1)前の食事が消化されている時間帯には食事をすべきでない。

まだ胃に食べ物が残っている状態で、次の食べ物を胃に入れないと言う事です。

大体消化には4~6時間かかるとされています。

食事の時間帯としてアーユルベーダで推奨されているのが

朝:7時から7時半

昼:11時から1時

夜:6時から7時半

 

そして、午前10時から午後2時までの4時間は一日の中で最も消化が強いとされている時間帯なので、

この時間に大きな食事を持ってくるのが体にとっては理にかなって居ると言う事です。

私自身、朝ご飯と夜ご飯を軽めにして昼ご飯を大きめに摂る様にしてから、体重や体型が自分にとって楽な形になって来ました。

 

 

また、チェックインスティチューション(カタカナにすると変だなあ~)というパーソナルトレイナーを養成する学校では、

朝ご飯を多く食べる人は上半身ががっしりと肉がつき、夜ご飯を多く食べる人は下半身に肉がつきやすいと講義で言っていました。

なるほどねえ~。と言う事でクライアントに、聞いてみました。下半身ががっしりしている人はやっぱり朝起きるのが11時頃でブランチを2時位に摂り、夕ご飯を夜9時10時に摂ると言う人が多かったです。また上半身ががっしりしていて猫背気味の人は、朝ご飯からバターをたっぷりぬったクロワッサンや、ベーコン等を食べている方ばかりでした。

 

面白いのは、彼女達の意識が『身体にいい物を食べている』と言う事です。

『夜は遅いけど、でもサラダだし』と言うので

『サラダには何が入っているの?』と聞くと、チキンやら、チーズやら、沢山のクルトンやら、クリーミーなドレッシングやら。。。。

人によって『ヘルシー』の意識が違うのだなって思った訳です。

 

話が飛びましたが、食べる時間帯、参考にしてみてくださいね。

 

 

2)食べる順番は、1甘いもの(糖に変わるもの)そして、2塩気のもの、そして、3酸っぱいもの最後に4渋みの有るものの順番です。

この順番に身体は消化酵素を分泌して行きます。

なので、ご飯、お肉または魚、お味噌汁(塩気)そして、梅干し/酢の物、最後にサラダ。

と言う順番に食べると良い様です。

まず、やってみてください。

 

糖類になるものは、消化液を沢山必要とします。

消化液が一杯出ると言う事は食欲が増すと言う事です。

もしも食後に甘い物が食べたくなると言う方は、もしかしたら、サラダから食べ始めていませんか?

食事の後の方に甘いものを食べてしまっているが故に、

食べたい酵素が触発されるのかもしれませんね。

渋みの有るものを最後に持ってくる事で自然と食欲が治まって来ると言うか、エンディングする感覚になると思います。

 

下記は、この順番に食べ始めた私の友人の感想です。

 

いずんちゃん。

甘み、塩み、サラダの順番に食べてみたよ!

パン、ゆで卵、サラダの順に食べてみたら、サラダがデザートのように感じていつもより満足できた気がするよ!

学食でも、つい、サラダから食べがちだけど、ごはん、おかず、サラダの順に食べてみるね。小学校のときにひとつのお皿を一気に食べてしまわないで、三角食べ(ごはん、おかず、牛乳)の順に一口ずつ食べなさい、みたいな教育を受けた気がするけど、胃は実はびっくりしてたのかな。でも小学生なんかは消化力も衰えてないし、よく噛めば問題ないのかな。とにかく、不思議体験。ごはん、おかず、サラダの順に食べるの気にいったわ。おかずを口に入れる前に、ごはんだけで味わうって今までしてなかったから新鮮だし、おなか空いてるから最初にごはんを口にしたほうが食べてる~って満足感を早く得やすい気がする。なんにしても、集中して味わってるのがいいのかな。とにかく、最近何を食べても満足感が今一だったのが、いつものおかずも楽しくなってきた。自分の食生活をじっくり考えたり向き合う余裕が出てきたのも大きいかも。いろんな相乗効果だね。

 

 

おそらく、酵素ダイエットといって、酵素を考えて、まずは生野菜を初めに多く摂って身体に酵素をいれる!という

理論をしている方も、この読者の中にはいらっしゃるかもしれませんが、アーユルベーダ的には、違う様です。

実際に私の体でも試してみたのですが、身体の消化の順番に沿って食べた方が、身体の消化がスムーズに行く感じがします。

又、生野菜を食べる事についての内容は後半を読んでくださ~い。

 

さて、もしも食べた後に眠くなる人は、身体が未消化物(毒素)で一杯だと言う事です。

ついつい食べ過ぎてしまう人は、食べながら深呼吸をしてみてください。

深呼吸がしにくくなった時がやめ時ですよ。

 

胃の中は60%の食べ物、20%お水と10%の空間が必要とされています。

腹八分目と言うのは、そう言う事ですね。

洗濯機に衣類を詰め込みすぎると、詰まってしまいますね。そして、汚れが混ぜこぜになり、落ちなくなります。

それと同じ事だと考えれば、分かりやすいかと思います。

 

そして、この味の消化にかかる時間は通常4時間から6時間です。

この消化の間に、なにか口に含んだりすると消化が遅くなり重たくなります。

その結果、排便がしにくくなったりするのです。

 

常に手元に飴ちゃんがあったり、スナック菓子が有る環境は要注意です。

 

一番便秘になりやすいのは、食べる気分にむらが有る方です。

この人のタイプは『ヴァータ』と言って、風の気質を沢山含みます。

まあ、これはまた後日お話ししますが、

食欲が凄く強くて、食べずにはいられない!って言う時と、別に食べなくても一日が過ぎてしまったという時と両極端にある人です。

そして、そんなに食べる気ではなかったけど、食べ出したらあっという間に沢山の量を食べ過ぎちゃったと言う傾向もあります。

こういう方は、お話をする時にも、一つの事を話し始めてから、色々なトピックに飛ぶ傾向が有ります。

さっきまで、自分のペットの話をしていたかと思えば、昨日の夕飯の内容を話していて、その次の瞬間には最近ハマっているドラマの話に内容が変わっていると言う人です。

 

元々頭の切れが早く色々な人と接する事を得意としていますし、おしゃべり好きですが、こういう人は気分にむらが有り

基本的に身体がバランスを崩しやすいので、便秘になりやすいです。そしてとても繊細で、多くの人から好かれると言う傾向を持ちます。

アーティストや、旅行好きの人が多いですね。

またおしゃべり好きなので、食べている時も食べ物に集中すると言うよりは、誰かと話したり、テレビを見たり、妄想にふけたりする事に気持ちが持って行かれるので

結果的に食べ過ぎる事になります。

また、こういうタイプの方が生野菜を食べ過ぎると、消化活動に支障が出ます。

生野菜を食べて、ガスが溜まりやすくなったり、お腹が張る感覚がある人は、このタイプですので、

一般的に言われる生野菜信仰はやめた方が良さそうですね。

 

生野菜を食べて元気になるのは、大体消化の強いピッタと言う人に適しています。

汗っかきで、お腹がすくとイライラしてしょうがなく、時間にきっちりしていて、毎日やるべき事を箇条書きにして、ちゃんとこなすと言う様なタイプの方です。

一つの部屋で、ちょうどいい温度だなあ~ッて思っている人を横目に、『私は暑くて汗が止まらないんですけど。。。。』って言う人ですね。

 

まあ、話がまたまた飛びましたが、個人で食べる量が変わって来ると思います。

その食べる量を決定するのには、~キロカロリーと言う様な物ではなく、ちゃんと身体の要求を満たす事が大切です。

それを知る為には、一度、テレビの音を消して、黙って食事だけに集中して食べてみてください。

 

人の目を見ず、ただ黙々とご飯だけに集中して食べるのです。そして、一口に対して32回噛みます。(人の歯と同じ数だけ噛むんだアーユルベーダのDr.は言ってました)

そうすると、いつもの量よりも違う量でお腹が一杯になると思います。

それが、自分の本来必要としている量です。

『カロリー計算なんて、人間が自分の食の欲求が分からなくなって来たと言う、自然の摂理からはなれて来た証拠だ』なんてアーユルベーダDr.は言っていました。

まあ、カロリー計算が必要な方もいらっしゃると思いますので、良し悪しは置いておいて、カロリーにとらわれて自分が満たされない食事をしているのはどうかなと思いますよね。

やっぱり食事は充分に味わいたいですもん。

 

又、一回の食事の量は、両手分で充分だと言われています。

私も実験してみたのですが、確かに食事だけに集中してもくもくと食べると、楽しくはないですけど

いつもの半分位でお腹が満たされます。また、一つ一つの調味料が分かりますし、食べた後にダルさや眠気はなく、

外に歩きに行ったり、次の行動への気力が湧いて来て、それ以上に『ア~もうあと一口で充分だなあ』って言う身体の感覚が分かります。

そして、食べ終わった後に『ア~充分に食べたな!』って満足感がありました。

 

 

とにかく、食べる時間帯が決まっていなくて、気の向くままに、何か他の事をしながら食べる傾向がある方は要注意です。

色々なデトックス法が流行っていますが、こういう人の場合は、毎日3食食べる事が断食を同じ位の利益を得れるとアーユルベーダでは言われています。

 

とにかく、排便においては、何を身体にいれるかと言う観点から考えないと素敵な排便者とは己を呼べません!

 

そして、排便に置ける多くの勘違いを挙げておきたく思います

 

勘違い1)食べてたら絶対にすぐに出さなければ行けない。

食べた後に、痩せたいからと言ってすぐに下剤を飲む方がいます。これは要注意です。

また、エネマ(浣腸)も要注意です。

勿論、大腸の中にうんちがこびりついて停滞しているのはよく有りませんが、大腸から全てのうんちを出すのも良くないと言われています。

ある程度のうんちが中にある事で身体がバランスを保っている部分があるからです。

どの部分でも、空っぽになる事って無いんですね。

腎臓、膀胱、子宮、肺、胃、小腸にしても、どこも何かしらの物体がいつも存在しています。

尿だって膀胱は絶対的に空っぽにする事って無いんです。

うんちは悪い物!と思って、浣腸や下剤などで無理に出そうとして、腸を空っぽにしてしまうと、バランスを崩してまい、逆に頭痛になったり、腹痛を起こしたり、ガスがたまったり、ゴロゴロとお腹が鳴ったりします。

 

勘違い2)冷たい水を朝起きたら飲んで、身体に軽いショックを与えると良い

数年前に、起きがけの朝の水は良い!なんて言う事が有りましたが、とんでもない話です。

寝ている所にお水をかけられる、まさに身体にとっては寝耳に水。っちゅー訳です。

そんな理不尽な事はありませんよね。

身体を冷たい水で萎縮しないでください。冷蔵庫で冷えて固まった昨晩のすき焼きの汁の様に、白い脂身が冷たさで固まりますよね。

身体の中の毒素もこの様に固まってしまいます。

溶かして出すと言う理論から、朝はゆっくりと白湯をすする様にして、10分程度、時間をかけて飲むのがベストです。

朝の白湯はとてもパワフルです。私はこの3年間ずっと毎日続けています。

身体がクレンジングされて行くのを感じます。

 

まずいと思う人は、身体に毒があるサイン。是非、おいちいと思うまで毎朝すすってみてください。

又普段の生活でもフラペチーノやら、氷の入ったお水を飲むのは毒素(肥満)のもとですから、気をつけてくださいね。

 

また、マヤ文明式マッサージの観点から言うと、もしも子宮が後ろに傾いている人は

便秘になりやすく、オリモノの臭いがきつく、そして、生理前や生理中に腰がとても痛くて張る兆候があります。

 

勘違い3)繊維質の物を沢山食べるべきである。

これ、世間の一般常識として言われていますよね。

でも、これが当てはまる便秘の人と当てはまらない人と両方います。

 

当てはまる人の便は、大体ねっとりしていて重たい便の人です。

 

この便のタイプの人は、大体普通の人よりも身体がふくよかで、同じ事をしているのに500グラム痩せたと思って

気を許して外にご飯を食べに行ったら翌日には1キロ増えてしまうと言うタイプの人です。

こういう方は繊維質を使って身体の中を掃除するのは意味が有ります。

泥水の水たまりに、砂(繊維質の食べ物)を入れてあげて、便を形成してあげる様な物です。

こういう人には、ヨーグルトは重すぎて、逆効果になります。

どんなに良い細菌が入っていても、ヨーグルト自体が重たいので、全体性を見て自分の今の身体の状態に合うかどうかを見極めるべきです。

 

 

でも、先ほど行った様に、食事の時間の気分にむらが有り『ヴァータ(風)』気質の方の場合は、

これをすると逆に悪化します。もっと糞詰まり状態になってしまうのです。

この場合は、砂で詰まったパイプ管にもっと砂を詰め込む様な物です。

こういうタイプの人は逆に水分を必要としてますから、海草類と言った水分を含む物を摂取する方が良いのです。

こういう人がドライフルーツは良いと言って食べると、ドライ、つまり乾燥していますから、乾燥を呼んでカッラカラになって、切れ痔になったりします。

でも、ドライフルーツであるフィグや、プラムなどは良い効果がそれ自体にあるので、前の晩に水に浸けてドライさを取り除いておきます。

そして、翌日にその水を飲むと良い結果が期待出来ますので、試してみてください。

 

4)じゃあ、何をすれば言い訳?

と思っている方に、私がいつも自分の体を通じてこれは効く!と思っているのが、ずばり『散歩』です。

アーユルベーダでは、『食後に100歩歩く』と言う健康法があります。

学校でも、皆でランチを食べた後は100歩以上の散歩に行きます。

そうすると、消化が早く、楽で、その後に倦怠感が全く起きません。これは、ビックリしました。

 

私は、散歩って老人の方がする物ばかりだと思っていました。

歩いて何の意味が有るんだろう??って。

でも、最近は散歩が大好きです。

歩きながら色々なお店を探索するのもいいですが、なんか歩いて色々な事を考えたり、友達や恋人とお話をしたり。

 

これをし始めてから、大分消化力が強まりました。

是非とも食後の散歩からでも始めて頂けたら!と思います。

 

もう一つ、私がすごい!って思ったのが、『臓器に話しかける』です。

おへその周りを軽くソフトタッチでなでながら、『良いよ~出て来てくれて。いつも消化活動してくれてありがとう。感謝しているよ!スムーズに出て来てねえ~』

なんて話しかけるんですね。本当に軽く。ごり押しは絶対に出ません。もしくは、1インチ皮膚からはなれた所で時計回りに円を描きながら話しかけるのです。

そうすると、スルスルスル~っと出て来ます!!!!

 

私たちはこの世に生を受けた時に、母親のお腹の中でへその緒を通じて栄養を得たり、排泄をしたりします。

そして、それを調べた科学者が今でも、私たちはその性質をへそに持っていると言う事です。

もちろん、へそから糞を排泄する人は居ませんが、おへそが『エネルギー』の『供給と排泄』をしていると言う事です。ーAllison Post Unwinding Belly pg52

なので、おへそをマッサージしてあげる事は理論的にかなっていますし、

また、

マヤ文明式マッサージでも、臓器に話しかけると言う事をやるのですが、

排便中にこれを実践して、成功した時には自分で驚きました!!

いや~セルフヒーリングですね。

 

(まとめ)

1 『ムッシュ、茶バナナプカーン』

2 食べる順番は、1甘いもの(糖に変わるもの)そして、2塩気のもの、そして、3酸っぱいもの最後に4渋みの有るものの順番

3 胃の中は60%の食べ物、20%お水と10%の空間

4 前の食事が消化されている時間帯には食事をすべきでない

5 人の目を見ず、ただ黙々とご飯だけに集中して食べるのです。そして、一口に対して32回噛みます

6 『食後に100歩歩く』

7 『臓器に話しかける』

8 朝の白湯

9 繊維質の物は自分の便と相談して食べるかどうかを決める。

 

 

 

消化力と言う事をなんどか今回のニュースレターで出して来ましたが、

消化力は食べ物の消化と感情の消化の両方に関わって来ます。

悩みのない人なんて、一人もいないと思いますが、それでも感情の消化と言うのは出来ないとやっぱり便秘になりがちなんですね。

さて、ようやく先週、論文を書いて提出しました。

内容は呼吸がもたらす身体への影響です。これはピラティスの面でもマヤ文明式マッサージの面でもつながる所でしたので、

とても興味深い論文となりました。

論文はリサーチをしている時はなんだか迷宮入りな感じで、途中で嫌で投げ出したくなりましたが

書いているうちに、色々な事を発見して来てとても楽しくなり学ぶ物が沢山ありました。

 

これを今後紹介出来たらと思います。

 

Wed

01

Jun

2011

経皮毒って?

経皮毒ー皮膚から入る毒

 

本当は、経皮毒についてお話をしようと思ったんですが、なんだか調べて行くうちにドンドンと暗くなってしまって、

こんな暗い事を伝えるのかア~と思うとしんどくなってきてしまいました。

 

でも、私たちの生活、また未来にとって、とても大事なので皆さんにも読んで頂けたらと思います。

 

 

口から入るのが経口毒と言うのに対して、皮膚から入る毒の事を経皮毒と言います。

皮膚から入る物って、化粧品、シャンプーやリンス、入浴剤、蚊取り線香、ボディーソープ、化粧品、歯磨き粉などを指します。

 

皆さん、ご存知の通り界面活性剤は、ほとんどの洗剤に入っているのはお分かりですよね?

この界面活性剤は元々は第一次世界大戦中にドイツで作られたのものが始まりのようです。

1920年代に、石油精製の排ガスから製造が行われて大量生産、大量消費が出来やすいのでプラスチックを始め、

合成ゴム、合成繊維、などあらゆる製品に石油から作られた合成化学物質が使用される様になりました。

 

界面活性剤の質は、簡単に言えば、水と油の境目を混ざりやすくする性質(乳化)を持ちます。

化学的に合成された物なので合成界面活性剤と呼ばれます。

 

シャンプーリンス、化粧品にある乳液、クリームの状態の物は、水と油をまぜあわせて(乳化させて)作られる化粧品はこの合成界面活性剤を使用しないと作ることができません。(一部石鹸で乳化させたものもある)まさに、これらの化粧品を使うということは、顔に合成洗剤を塗っているのと同じことなのです。

 

リンスの香りは、合成界面活性剤の香りです。シャンプーよりも強い陽イオン活性剤と言う物が使われていて、シャンプーよりも強力で有害です。

最近では、お母さんが赤ちゃんを産む時に羊水からシャンプーの香りがすると言う事も聞きます。

実は、私のアトピーのきっかけは、あるメーカーの匂いのとても良いシャンプーを使った事からでした。

洗い流した後背中全体がタダレ出し、そして、おでこから顎にかけて赤くなり始めました。

それを治すのに、時間がかなりかかりました。

 

怖いですよね。

 

特に頭のてっぺんは人間のエネルギーが一番高く上がる所ですし、腕の内側を1とした時に3.5倍の吸収倍率があります。

また、性器は42倍なので、性器を合成洗剤の石けんで洗うこと自体、危険であり子宮内膜症などを促しているという事も発表されている程です。

 

それから、入浴中のバブルバスには効能がかかれていますが、

皮膚の温度が高まった時こそ吸収率が高くなっているので、青色、黄色、白色などの着色料である化学物質を好んで皮膚に取り入れる事になりますので、

入浴剤は要注意です。良い湯だな~なんてのんびりと入浴剤に使っている場合ではないのです。

 

ボディーソープにしても、ほとんどの製品に見かけるラウリル硫酸ナトリウム、

これは、発泡剤であり、泡立ちをよくするためのものですが、もともとは、工業用の床洗剤のために使われている成分

白内障やアレルギー皮膚炎や発ガン性も報告されています。(図解経皮毒より)

 

そして夏が近づいて来た今、多くの人が電子蚊取り器を使う事と思います

蚊取り器は農薬と同じ成分が含まれています。密閉された部屋の中で長時間気付かずに使用すると、神経や免疫系が冒されます。

 

これは、私の霊気の先生であるのりこさんがブログに書いていた事ですが、

 

7、8年前に、ラウリル硫酸やプロピレングリコールなどの成分を

海外から仕入れて、日本の大手メーカーにおろしている会社の社長の

講演を聞いたことがあります。

これらの成分を扱う作業は、宇宙服みたいな完全防備の服装で行われるのですが

それでも衣類についたものを、あやまって触ったり、吸ったりしてしまうので

かなり危険な作業なのだそう。

 

例えば、それらの成分が、一体、どれぐらいの毒性があるのかといえば

プールにほんの1滴垂らしたぐらいの濃度であっても

染色体異常などを引き起こすのだそうです。

それが、毎日使われる日用品に入っていて、日々皮膚から体内に

取り込まれているのです。

 

怖いですよね。

口紅も顔色を良く見せますが、気をつけないと自ら化学物質を食べている事になります。

なぜなら口紅に許可されているタール色素は、食品には使用禁止だからです。

京紅は江戸時代には全て天然色素でしたが、今は石油から作られた合成色素が元になっています。

 

またファンデーションもそうです。

最近ではナノテクノロジーといって、かなり小さい分子が皮膚に浸透して肌を綺麗に見せる!なんて

宣伝していますが、これほど怖い物はありません。

 

そんな細かい分子が入った所で、綺麗に洗顔して取り除く事が出来ますか?

 

しかもその洗顔剤が、石油で出来ているものでしたら、尚更私たちの肌をむしばんで行く事はもう想像出来ると思います。

 

私は、ファンデーションはもう全くと言っていい程していません。

それでも、天然の物を使って自然の物を体に取り入れる事で、肌はファンデーションをぬっていた時よりも

綺麗になりました。あの塗りたくっていた時期を思い出すと少しぞっとします。

 

ヘアーカラーもPPDと言う成分が入っていて、呼吸困難や血液循環の障害を引き起こす危険性があります。

 

ベビー用品にも、これらの成分はたくさん含まれています。

例えば、赤ちゃんのおしりふきやウェットティッシュには

よくプロピレングリコールが入っていますが、これは保湿剤であり

(皮膚を保湿するのではなく、成分が固まらないようにするためのもの)

エンジンオイルなどの不凍液として使われている有害化学成分の一つです。

 

また、子供用歯磨きの多くには、ラウリル硫酸ナトリウム、研磨剤などの着色料などが入っているため

舌ベロにある味蕾細胞と呼ばれる味を感じる細胞を溶かして破壊させるので、歯磨きをした後の食事は味が変わってしまうのです。

 

歯磨き粉自体に、メロンが入っていたり、苺が入っていること自体、不自然ですもんね

 

そして、マヤ文明式マッサージで一番声を大きくして言っているのが、プラスチック製品による害です。

ジーノエストロゲンと呼ばれる、人工的エストロゲンがプラスチック製品から発生される事が分かっています。

人工的エストロゲンは私たちの体内が分泌するエストロゲンよりも10倍の力があり、これによって

ホルモンバランスを崩して、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮がん、更年期障害などの原因ともなっています。

 

乳がん団体のピンクリボンも『プラスチックボトルに入った水を飲まない様に。乳がんの危険性があるから。』と発表しています。

私もプラスチックの製品を使わなくなりました。

水を買わなければいけない時にはガラスのボトルの物。

熱い物を飲む時も必ず陶器で飲みます。

電子レンジも使わなくなりましたが、どうしても使う時にはサランラップを外します。

 

目に見えないし、即効的な有害性が見えないので、『何を言っているんだ!』って感じで

プラスチックボトルに入った匂いやパッケージの見た目の良い物を買いたくなりますが、手に取ってお金を払おうとしている物は

全て農薬だと思ってください。そうすると自然と、自然の物を手に取る様になると思います。

 

すると、世界で伐採されている自然の木々や草花が、自然を求める消費者が多くなる事で需要が増し、大手の会社が

今度は石油製品を手放して自然を買い求める様になります。そうすれば、今は高い自然化粧品などですが、ゆくゆくは

とても安くなると思います。地球に良いし、私たちの体にも良い!石油製品を手放しましょ。

 

そうする事で、私たちは自然を助ける事が出来ます。

 

これが、私にとってはエコの第一歩だと思うのです。

どうか、自分の体を大切にすると同時に、地球にも本当に優しい消費をしてください。

他にも沢山の石油製品が溢れています。

皆さんにも、今度スーパーやドラッグストアに行った時に一度このニュースレターを思い出して、

手に取って成分を見てみてください。

その第一眼が、エコへの第一歩です!

 

今度は排泄についてお話ししたいと思います。

正しい排便をご存知ですか?今度のニュースレターまで、毎回の排便をチェックしてくださいね。

 

 

Sun

01

May

2011

食生活とシミ

アーユルベーダとマクロビオティック的見地:食とシミ

前回のニュースレターで

『なるほどねえ、便秘を治そうと思って葉っぱの野菜ばかり食べていたけど、出てくるのはおならばかりで困っていたのよね』と言うメイルをいただきました。

その他にも『そう言えば、俺がX脚なのは母親がよく妊娠中に塩気の多い物を食べていたって言ってたからだな』と言うお声を頂きました。

確かに、体と食べ物はかなりの関係があります。

前回のニュースレターや私のブログでも、アーユルベーダ的に食べ物と感情のつながり、食べ物と臓器のつながりをお伝えしました。

 

その中で、今回は、食べ物と顔のつながりをお話しさせて頂きたいと思います。

私は、皮膚が悪くなってから、日焼け止めを塗る事が出来なくなりました。

日焼け止めを塗ると顔中が腫上がり痒くなり、ぶつぶつが出て酷くなるからです。

そして、日焼け止めは体に悪い物質で出来ている事を知りました。

 

私の後輩もメイルで、『夜、しっかり落とさないと肌に悪いというお化粧。紫外線などお肌に悪いものから守ってくれるものが、

体に悪いってなんだか変な話だなぁとも常々思っていた』と書いていました。

私がお世話になっているサンダースペリーさんを扱っているi-healing のアサミさんのブログでも紹介されていますが、

 

『ファンデーション塗るからシミになるんですよ』っていうと、『ほ・・・・ホントですか?』と聞かれます。これに関してはいろんな説があって、ファンデーションに含まれる鉱物油(石油系の油)が、紫外線をうけてシミになるとか、乳化剤に使われてる界面活性剤が肌の抵抗力を弱めてシミを作りやすくするとか、そんな説明も出来るかもしれないのですが、これは私の経験で、『どう考えてもそうとしか思えない・・・』と言いたいと思います。サンダース製品を扱うようになって4年。コンサルや講習会を含めて今まで見て来た女性の肌は何千人??なんてったって、ファンデーション塗り続けてる人にシミが圧倒的に多いことは否めないのです。

 

                                                  I-healing Asamiさんのブログより抜粋

 

 

さらに、

 

(100%自然化粧品の説明の後)

だって今までファンデで毛穴を塞いでまともに呼吸出来なかったものが、肌の成長を助ける自然のハーブのトリートメントに守られて一日中過ごすわけですからキレイにならない方がおかしいのです。

 

ファンデーションを塗らないと、日差しを直接浴びるから、シミの原因になる・・って信じ込んでる人が多いのは、残念ながらファンデーションを販売してるコマーシャルに騙されております。Dr Mercolaのサイトでは、紫外線はシミには直接の関係がほとんどないとも書かれていますし、UVケアのクリームがシミを増長させる原因となる場合もある・・とのことです。先週のブログにも書きましたが、下手なUVクリームを使うと、紫外線を防ぐ効果もなく、シミを増やすかもしれなく、身体に有害な物質を取り込んでいる・・・ということになり・・・すっかり途方に暮れますよね。

 

                                                 I-healing Asamiさんのブログより抜粋

 

なんて事も書いてあります。

また、最近、流行っているのが『アーク光線治療法』

人類は太古の時代から太陽を紙と崇め、病気の治療手段として太陽光を利用していました。近年では、18世紀後半のヨーロッパで日照不足が原因とされるくる病や皮膚病を治す『日光療法』として本格的に研究。光線療法は、新陳代謝や免疫力、自然治癒力を高めると言う事で注目されて色々な施設で取り入れられています。

 

UV光線には、大まかに3種類あります。それぞれで体に及ぼす効果が変わって来ます。

 

1)赤外線は、体液循環を高めるので、血管拡張で鎮痛、消炎効果があり、解毒作用や老廃物排泄促進の作用。

2)可視光線は、自律神経の調整やホルモン、酵素の分泌促進をするため、ストレスの緩和や、情緒の安定、新陳代謝に効くとされています。

3)光合成物質群であるビタミンD3の生成をするため、結果として免疫力のアップ、カルシウム代謝の促進に効くと言われています。

確かに、外で自然な力を持ってたくましく育つ木の葉っぱがシミだらけと言う事はあまり見ませんね。

シミみたいになっている葉っぱは病気だと言われていますから、土から何か汚い物質でも水を通して飲み込んだのではないか?と思ってしまいます。

そう考えると、私たちも、太陽の光を遠ざけて、体に悪い物ばかり食べているとシミが出来やすくなるのかもなんて考えられませんか?

 

 

私自身も、お化粧が出来なくなってから、一切ファンデーションから遠ざかる事になりました。

面白い事にミネラル成分沢山の白粉を買って、この間の撮影にはのぞみましたが、その際にはやっぱり他のお化粧品の様に顔にぶつぶつは出来なかったですが、それでも肌が乾燥して引きつって行く様な肌が呼吸出来ていない様な感覚がありました。

 

紫外線を浴びるからシミの原因になると言うのは、やっぱり宣伝文句な気がします。

日本に一時帰国した際に、少しでも紫外線を浴びると死ぬ様な感じの過剰広告には少しびっくりしました。

では、紫外線ではなければ、何がシミの原因か?と考えると、それは食事のバランスによって出来ると言われています。

現在の、どうやってカバーするか、目立たなくするかの記事で一杯の雑誌や宣伝を見ていると、それだけ、今の日本の女性の肌は状態が悪いのか、、、

と私の尊敬する山村先生は著書に記しています。

確かに、高級クリームなどを免税店で袋一杯に買っている日本人の方の姿を目にします。

でも、たいがい皆さん、一つの化粧品にとどまっていなくて、常に新しい化粧品を探しています。

『初めは効果があったんだけど、、、』って言う声を沢山クライアントから聞きますから、

やっぱり治せる化粧品て言うのは自分の食生活を見直さない限りないのではないかと思います。

その人の好みや家庭の嗜好によって、知らず知らずのうちに食べ物に偏りが出て来る様です。

 

女性にとって大敵のシミ、そばかす。これは現代人の特徴だとマクロビで有名な山村慎一郎先生は言っています。

シミ、そばかすと言うのは、炭水化物、特に白砂糖、はちみつ、果糖や油脂などを食べ過ぎた物を体から出そうとして出来た物だと。

これらの食べ物は、陰性とされて体を冷やす結果になると言われています。

アーユルベーダにおいて、甘み、苦み、渋みは体を冷やす効果。そして塩気、辛さ、酸っぱさは体を温める効果があります。

と言う事は、甘みになる炭水化物、白砂糖、果糖、油は体を冷やします。

 

これは、覚えていた方が良いと思います。どの味が体を冷やして、どの味が体を温めるのかと言う事は。

毎食時、全部の味、摂れているかな?って考えてみてください。

そうすると、自分の傾向に気付くと思います。

特に体が冷え症の方は、甘み成分を食べ過ぎていて、それを解消しようとして苦み成分や、渋み成分に急に切り替えてもっと体を冷やしているなんて事も

最近の過剰なCMにはあります。

例えば、炭水化物である甘みのおにぎりを食べて太っちゃうからと言う理由で、渋みの強い緑茶や、苦みの多いサラダを食べる事で体はドンドン、寒く冷えて行きます。どれも摂っている味が、体を冷やす物ですから。

 

 

でも、そこに、例えばおにぎりに、梅干しと言う塩気をいれる事でバランスが取れます。そして、もし口直しとして辛みのガリ(ショウガ)を食べたり、の物を頂いたりする事で全ての味覚を得られるとともに、体の温度のバランスも保たれます。

 

 

こんな風に味のバランスを整える事で、体の体温も整い、そして顔の皮膚も綺麗になると言う事です!

だけど、最近は小麦粉製品、コーンシロップ(水飴)、コーンスターチ、白砂糖などが入っている物が出回りすぎていて、

それを知らないうちに過剰に摂取している結果、シミやそばかすが顔に出て来ます。

 

なぜ、顔に出て来るかと言うと、陰性な食べ物は、陽性な日光に引きつけられるので、冬よりも日差しが強い夏に出来やすい。

体は食べ過ぎた物を体から出そうとする作用があるので、甘いものや油は『上に行って広がる』陰性の特徴により、体の上部にある顔にシミとして出て来ていると言う事です。

その論理から言うと、甘いお菓子や、乳糖、果物が好きな人、あるいは少しだけど毎日食べている人はシミ、そばかすが出来やすいと言われています。

だから、『ちょっと休憩』と言って、チョコレートを毎日少しずつ食べている人も要注意です!

 

朗報なのは、この山村先生は、もともと凄く太っていて顔にはシミやほくろだらけだったそうです。

でも、マクロビオティックに食生活を変更してから、顔にあったシミは無くなったと言う事です。

顔にあるシミは、大敵ではなく体内の不調を伝える友達かもしれません。

だから、食べる物を少し変えてみて、化粧品も自然の物に変えてみて、シミが無くなるかをチェックするのも一つの手だと思います。

隠しながら生活するより、内側から綺麗になって生活をする方が、長い目で見て経済的かもしれませんね。

ちなみに、最近の調査でマクドナルドの1ドル(100円と考えましょうか)で販売されているチーズバーガーを食べると、後々医療費に$176(1万7600円)使う事になると言われています。とどのつまり、チーズバーガーひとつが、1万7700円と言う訳です。おまけに、もれなく体調を崩すと言う効果までついて来ます。

 

そう考えると、やっぱり自分の口に何をいれるかと言うのは、重要な事だなあと思います。

 

私の中学時代の家庭科の先生が、家庭科の授業で『私は大学生時代に、お金が無くて毎日カップラーメンを食べていたら、顔が真っ黄色になった』と言っていたのを中学生ながらに衝撃的で今でも覚えています。

 

ナルシスト並みに、鏡に写る自分の顔に出来た不調マップを見てください。

吹き出物が出る位置と内臓の不調はかなり関係しているようです。

 

おでこー腸ー便秘になりやすく、フライ物や甘いものの摂り過ぎ

ほっぺー肺ー小麦などの炭水化物や油脂、タンパク質の摂り過ぎ

鼻ー心臓ー塩気のもののとりすぎ。(せんべいやポテトチップスなど)

あごー生殖器、膀胱-乳製品の取り過ぎ。チョコレートやチーズ、アイスクリームなど。また耳くそ、鼻くそ、目やにの多い人もこの傾向がある。

口ー胃が荒れています。

 

ほっぺの肺と言うのは少し、分かりにくいかもしれませんが、

肺はタンパク質や油脂の摂り過ぎに反応しやすい所です。

なので、ほっぺを見た時に茶色のシミは、甘いもの、ほくろはタンパク質や砂糖の摂り過ぎが原因と言う事を覚えておいて

顔をチェックするのが良さそうですね。

勿論、すぐに病気になると言う訳ではなくて、バランスが崩れているよ~という知らせなので、参考にしてみて口にいれる物を吟味してみてください。

 

余談ですが、フケも小麦粉製品(菓子パンとか!)の摂り過ぎでなるそうですよ。

あと、鼻の頭の開いているのは、余分な物を出そうとしているのであって、それを無理矢理鼻パックで閉じようとすると、

沸騰している鍋にそのまま蓋をする様な物なので、鼻が苺の様になっている方は自分の食生活が砂糖や、フライもの、炭水化物で一杯になっていないか見て調整する事で自然と閉じてくるようです。是非、お試しあれ!

 

と言う事で、今回も御拝読頂きありがとうございました。

次回は、ニューヨークから帰って来てから内容を決めたいと思います。

ご質問、感想等がありましたら、是非メイルを下さい!

 

Fri

01

Apr

2011

食と臓器

 

3)アーユルベーダ的見地:食と臓器について

 

前回のニュースレターが、あまりにも反響が大きく、色々な方から『私、塩味よりも甘いものを求めていたけど、そう言う事だったのねえ~』とか

『私の知り合いで、いつも言動がキツイ人があごが折れる位のせんべいがよく食べたいって言っていたけど、あの先輩、そんなに固いもの食べたい位、心の中は怒りで一杯なのかと思うと、かわいそうに見えて来た』という様なご感想を頂きました。一番多かったのが、『私、ワインの渋みが好きで、それと一緒に塩気のあるチーズを食べるのが大好きだったけど、渋みは私を心細くして、塩気で自分への自信を補っていたのね。この連鎖はやめられないはずだわ~』と言う事でした。人それぞれ、味に関しての見解が有るようですが、それでも意識(心)をもって食を見直す事につながったのはとても良い事だと思います。

 

 

さて、今回は、リクエストが多かった味と臓器の関係性についてお話ししたいと思います。

 

自然界には6つの味があると言う事を前回、お伝えしました。

 

甘い/酸っぱい/塩っぱい/辛い/渋い/苦い

 

そして、この味と言うのは、体に色々な影響を及ぼします。

 

例えば、甘い食べ物は体の中でどういう変化を起こすかと言うと、体の組織ほとんどが糖分で出来ています。つまり甘い味覚ですね。

つまり、人間が生きて行く為に甘いという嬉しい味覚を備えて、積極的に甘いもの-満足感(と言う感情)を取り入れる様に、人間の体は出来ているのですね。

もしも、苦くて渋い物が体の組織を作るメインの物であったら、きっと苦くて食べたくなくて

そして、体は栄養を得られない状態になり動けなくなってしまいますものね。

 

昔ビートたけしさんが、『おいらの、顔はもうボロボロで死んでもおかしくないって言われていたのに、病院である日目が覚めた時、ア~腹が減ったなあ。何か食いたいなあって思ったんだ。その時おいら、食べたいって思うんだから、死なないな。おいら、生きるわって思ったんだ。人間てのは不思議だな。』って

コメントをしていた事がありました。

 

そんな思いをさせる糖分と連結している甘み。

 

甘みは、その他に、唾液の分泌を促します。唾液は、消化の第一歩で、これが出てくれないと、胃が大変な労力を強いられます。

つまり、よく噛まないで飲み込む人は、消化の第一歩を見逃しているので、胃に負担がかかり、未消化物が出来やすくなります。

未消化物と言うのは、アーユルベーダで言うと、病気の根源であります。また、未消化物とは食物を消化・排出しきれなかったもののことを言います。

未消化物は、粘着力があり、血管やリンパ管など、様々な管をつまらせ、体に沈殿させることで毒素となります。

 

これは、現代で言うと、コレステロール・血液の汚れ・細胞の活性酸素・宿便にあたるものとして考えられます。

その多くは、体内に留まるのですが、一部、目に見える部分にも出ます。

それは、舌に付いた白っぽい苔舌苔です。

体の自浄作用により、夜運ばれ、朝、舌苔となって表れます。

毎朝自分の舌ベロをチェックしてみてください。真っ白になっている方は、体に毒素が溜まっていると言えます。

舌ベロの奥が白い人は、大腸が汚れている事を示し、真ん中位が白い人は、小腸、そして、先の方が白くなっている人は胃が弱くなっているようです。

もし黄色味を帯びていたら、それは、体がかなり酸性に傾いて居ると言う信号です。

 

えっと、話を元に戻します。

糖分は、本来、心臓を強化したり、体の循環を良くしたり、便通をよくしたり、体自体の形成に役立ちます。

また、出産をした方にとって重要な乳も糖分から出来ています。だから、よく、乳の出が悪い時にはおはぎを食べさせると良いって言いますもんね。

 

そして、甘い味覚と関わっている臓器がすい臓と脾臓になります。

なぜ膵臓かと言うと、膵臓がインスリンの分泌を担っているからです。

甘い味覚の物は、穀類、はちみつ、甘い果物、じゃがいもやビーツなどの根菜、そして肉、乳製品、油などを指します。

 

最近では、糖尿病の方が増えましたが、単に太っていると言うだけではなくて、この糖分を多く摂取しすぎてインスリンを担う膵臓がパンクしてしまうんですね。

考えてみれば、日本に帰った時に、炭水化物で出来た物で溢れていてビックリしました。

パン、ピザ、パスタ、おにぎり、ポテトチップス、クッキー、エネルギーバー、天丼、牛丼、フライドポテト、 などなど。。。。

 

また炭水化物で出来ていない様でも、小麦粉を入れて味をマイルドにしている物が多いので、やはり、炭水化物ばかりなんですね。

現在、スーパーの3/4を占めている、箱入りまたは袋入りの加工食品-プロセスフードも良くないです。

パッケージには、緑黄色野菜入り!とか、イソフラボン1000mg入り!とか、ビタミンC入り!と書いて、

私たちに『何か良い物を食べている』と思わせがちですが、

勿論、入っている緑黄色野菜のカスカスのパウダー状の成分よりも、塩が大量に入っていたり、化学調味料で味をごまかされている事は

賢い消費者であれば、ご存知だと思います。『私は緑黄色野菜をクッキーから摂取しています』って、あり得ないですよね?そんな、不自然な事。

 

もしも、今ハッと気付いたら、今すぐ思考能力を戻すようにして見てください。

 

私の友人が大学時代に、炭水化物抜きダイエットをやる!と公言して、

翌日、朝食、何を食べたの???って聞いたら『ポテトチップス』と答えたので、

『思いっきり炭水化物じゃん』って言ったら『ポテトも??ご飯とパンが炭水化物でしょ?』と言われて、

『いや、ポテトって沢山でんぷん質が入っているから、炭水化物だよ!』と言って、驚いた覚えが有ります。

その次の日には、7イレブンで、ガーナチョコレートを食べていました。

チョコレートは、炭水化物じゃないから良いんだという彼女の理論でしたが。。。。。。

 

結局、ボーッとするし、炭水化物やめられませんと言って諦めていました。

ダイエットで炭水化物を抜くダイエットをしてしまうと、体を形成する糖分が一切入ってこない状態になるので体はカスカスのスカスカ状態になってしまいます。

やっぱり加工食品ではなく生鮮食品から自然の形で、バランスよくご飯は摂るべきだと思うのです。

 

さて

他の2つの味についても、下にチャートを作って載せてみましたのでご覧下さい。

(甘いものと塩気のものは便通を良くするっていうのが抜けていました!ごめんなさい~)

 

 

Picture 5.png

 

 

 

さて、ここで、野菜についてなんですが。サラダをすごく積極的に食べましょう!って言っている事が多いと思うんです。

ブロッコリー、レタス、トマト、キュウリ、ネギ、人参、セロリ、などなど。。。。

最近では、手軽にと、青汁が出て来たりもして言いますね。

苦みと言うのは、臓器の中でも大腸と関わっています。だから、繊維質の物という点でもサラダは大きな関心を寄せられていますが、

臓器と言うかかわり合いでも、大腸とつながっているのですね。そして、面白い事に、苦みの物を食べ過ぎると便秘になるとアーユルベーダでは言われています。

逆に甘いものと塩気のを食べた方が便通に効くと言う事。つまり、サラダの繊維質があって、そして大腸を整えてくれる機能が有って、そこに甘い/塩気味の物が便意を催す様に働く事で排便が出る仕組みになっているんですね。と言う事は、やっぱり、苦みだけの物や、甘みだけの物ではなくて6つの味全てを取り入れる事で体が成り立つ様に出来ているんだと思います。

 

『良薬、口に苦し』

とはよく言った物で、苦みの有るものは、体温を下げたり、体の毒素を出したり、血液を浄化すると言う作用が有るのですから、

病気に犯された時には、やはり苦みの草木を口にするのは、理にかなっているのだと思います。

ただし、ここで気をつけなければ行けないのは、サラダがいくら良いからと言って、苦みの有る成分を食べ過ぎたり、

サラダだけを食べたりするダイエットをする方がいます。キャベツダイエットとか、青汁ダイエットとかですね。

これは、かなり危険だと言う事が分かると思います。なぜなら細胞を枯渇させる作用が苦みには有るからです。

 

一番気をつけるべき事は、『デトックス』と呼ばれている商品です。お茶とかですね。

 苦みの有るものを食べる事=健康 には結びつきません。

自分の体がどれだけ苦み成分を必要としているのか、知らずに摂り続けると危険ですよと言う事です。

体重、年齢、身長、そしてその人の性格によっても、摂るべき量と言うのが変わって来ます。

 

40代の運動をせず、毎晩外でお酒とおつまみだけを食べていてお腹が出ている課長が、1週間野菜と果物だけでダイエットして成功したと言うのを聞いて、普段から運動をして痩せたいと思っているスレンダーな20代の女性が、同じ様に野菜だけのダイエットをしました。その女性は、体重も減りましたが、体のミネラルも一緒に失ってしまい、今度は気分にむらが出て来たり、髪の毛が抜けやすくなったり、目がかすみやすくなったり、ヒステリー、また月経が来ないと言う様な体調になってしまいました。そして、体を安定化させる為にアーユルベーダのドアを叩いたと言う話をクラスでDr.がしていました。

 

『商品とは売らなければいけないものであり、その為には、消費者をその気にさせる宣伝文句が飛び交う。それがあくまでも全ての消費者にとって正しいとは限らない。だから、自分の体を知る事が一番の大前提で、健康を図らなければ行けないんだ』と言っていました。

 

確かに、宣伝文句で『無脂肪のアイスクリーム』って言うのが売っていて、まさかそれで痩せる訳がないですよね。

でも、アイスクリームを食べる上での罪悪感みたいな物は、なんとなく取り除いてくれている気がします。

(逆に、牛乳から脂肪を抜く事の方が不自然であり、体にとって負担が大きくなるのですが。)

 

体にとって悪い物に、デトックスとかビタミン入りといった良い物を混ぜ合わせて、

いかにも、体に良さそうな物に変身させて売っている物には気をつけなければ行けませんね。

 

体の細胞が元気で無くなると言うのは、体が衰弱して行く事を意味します。

そして、それは甘い物や塩気の物を食べたからダメだとか、苦みのあるものを摂取すれば大丈夫だとか、そういう事ではないんですね。

全ての味は体の臓器と密接なつながりがあって、全てをまんべんなく摂る事が一番大切であります。

そして、自分の体が何かに偏っていたら、そこにはいつも体からの信号があります。

便秘、ニキビ、舌苔、頭痛、むくみ、爪の割れ、白目の部分の色、鼻のつまり具合、目やに、頻尿 などなど。

それらに耳を傾ける事が、やっぱり体を健康に保つのに役立っていて、そして、味を通じて健康を保つ事は大切だと思います。

 

ここで余談ですが、O脚の方も味によって、O脚になっているのだと言われています。

一般的に、O脚は足が問題ではなく、腰が問題であると言われています。

果物や甘いものの食べ過ぎによって骨盤が開く事でO脚になります。炭水化物や豆類などタンパク質も多く摂りすぎ無い方が良いようです。

そして逆に内股の方は、母親が妊娠中に良く煮た者や漬け物などの塩分の強い物、あるいは卵、肉、魚、とくに干物、塩漬け肉、サラミなどの食事をしていた可能性があります。なので、自分の足の形で知らせてくれている体に必要な食べ物を気をつける事、

そして、それを強化する為の筋肉運動やストレッチをする事が良いと言われています。

 

このようにして、体にでる色々な症状によって私たちの体が何が足りていないかを伝えようとしているのが分かります。

顔に出来るシミも、実は紫外線とは本当は関係ないと言われていて、食べ物によって出来ているのだと言われています。

 

では、来月は、食べ物と体に出る症状の中でも、シミと食べ物/味についてお話しする事にしましょうかね!?

5月になったら日差しが強くなって、日焼け止めを塗りたくる方が出てくると思いますから、その前に!というニュースレターにしたいなあと思います。

 

Thu

25

Feb

2010

食と感情のつながり

 

 

こんにちは、みなさん。お元気ですか?

今日は、ひなまつりですね。甘酒にひな人形。私にとってのひな人形は姉のおさがりでした。

私と姉は10歳年齢が離れているので、私が10歳の時には姉は20歳です。

私が楽しむ7段飾りのおひな様は、もうそこに20年ある訳ですから、結構お古でした。

私の誕生日は2月28日で3月3日のひな祭りととても近いので、私の誕生日会にはいつも7段飾りのひな壇がありました。

ある誕生日会で、みんなで『わ~!!!』とお話をして笑ってドンドンと机を叩いていると、ぽろっと山車の一本が外れました。

それを皮切りに三人官女のお囃子の笛が落ち、そして、最後におひなさんの首が落ちました。

20年間頑張り続けてくれたのですから、仕方が有りません。でも、10歳の私には衝撃的な出来事でした。

それ以来、私は誕生日会を開かなくなりました。

な~んて、まあ年齢も小学校5年生になれば誕生日会も開かず皆で外に食べに行くと言う感じでしたから、たまたまですが、それでもあの時のあの瞬間は今でも覚えています。みなさんは、ひな祭りをいかがお過ごしですか?

 

今年から始めるニュースレター第一号、楽しんで読んで頂けたらと思います!

 

ーーーーー今回のトピックーーーーー

1)YBR告知

2)ニュース:アエライングリッシュ掲載とラジオ予定

3)アーユルベーダ的見地 味覚と感情の関わりについて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1)YBR告知

YBR お尻のケアーを3月13日土曜日 

ベニスビーチ近くAbbotkinney のスタジオU 午後3時から5時まで 

 

このクラスは、ハムストリング、前腿、外腿、そして骨盤から膝にかけての内股をメインにリリースして行きます。これらの筋肉群が平等に長く、柔軟性をもって、まっすぐに伸びている事により、自分の足がより簡単にお尻から動き、足が軽くなるのを実感出来ます。また、これらの筋肉が正しく動く事によって、骨盤がまっすぐに保たれ、足を動かす時に膝に負担がかからずに済みます。膝には、足の筋肉のほとんどがつながっていますから、もし、どれかの筋肉が硬かったり癒着が起きていたりすると他の筋肉が引っ張られて、自然と骨盤が歪んで来たり、膝に負担がかかったりするのは想像するとお分かり頂けると思います。

春が来て、冬の重たいコートを脱いで颯爽と街を歩ける様に、今から足の筋肉をリリースして行きましょう!

 

好評のため、残りあと3スポットのみ残っていますので、早めにRSVP下さい。

 

2)ニュース:アエライングリッシュ掲載とラジオ出演予定

 

このニュースレターを読んでくださっている方の中には、アエライングリッシュを既に購入して読んでくださった方も多いかと思います。

購入してくださった方ありがとうございました。また、個人的に感想を送ってくださった方も本当にありがとうございます。

日本で2月23日に発売された4月号に掲載されていますので、是非、ご覧下さい。

また、http://www.aera-net.jp/english/100223_001486.html

にてアエライングリッシュの今回の内容が紹介されています。

私の記事も、そこに出ていますので、ご覧になってください。

 

名古屋にあるZIP-FMというラジオ局の、Morning Chargeという番組で

海外で活躍している日本人の方に、お電話でお話しをお聞きする、

WorldWidersというコーナーに今週の金曜日3月5日朝8時から10分位出演しますので、もしお近くにお住まいでしたら、是非聞いて頂けたら嬉しく思います。

 

3)味覚と感情の関わりについて-ーーーーアーユルベーダ

 

 

  さて、ニュースレター第一号でお送りする初めのトピックは、ズバリ『味覚』と『感情』のつながりについてです。

この文章を読む前に、先ずして頂きたい事があります。自分の台所、もしくは部屋に行って自分の持っているお菓子や缶詰などの食べ物を全部、個数も含めて書き出してください。

そして、それらを甘い、すっぱい、塩気、辛い、渋い、苦いの6つの項目に分けてください。そのあとで、食感が柔らかいか硬いかと言う二つにも分けてください。

 

書き出しましたか?分類し終わりましたか?

さあ、では読んでみてください。

 

  私の皮膚の件は、ブログを読んでくださったり、講習会を受けてくださったり、または私のHPの自己紹介の部分でも書いてあるのを読んでくださった方はご存知かと思うのですが、私はロスに来てから皮膚がもの凄く酷くタダレました。ビックリする位、体中から黄色い液と血が一杯出ました。自分の皮膚がボロボロに向けて、自分の皮膚の白いかすを見ない日が無かった程です。初めの一年はステロイドを使って押さえていたんですが、1年後にはステロイドは全く効かなくなりました。そして、その代わりにもっと酷くなった皮膚の状態と、体重の激減と、そしてこの年齢にして白内障を患いました。ビバリーヒルズにある最新最大の病院にある最高権威の皮膚科医師に『もうこの皮膚で一生生きて行きなさい』と言われてから、西洋医学を諦めて、その後一年間東洋医学の大学に通い、漢方と針治療で皮膚の治療に臨みました。それでも、良くなったり悪くなったりと一向に完治しないんですね。原因が分からない。どの治療薬も効かない。。。。そして民間医療と呼ばれる物はかなり色々とやりました。でも、顔はいつも赤くただれていました。

 

  絶望の中で模索していたそんなある日、フランス人の友人が『私の友達に面白い事をしている人がいるから会ってみない?』と言われて、会ったのがDRレザでした。彼の信念は『体が消化出来る物を食べる事が重要』と言う事でした。それはアーユルベーダの理念にもつながります。今の西洋医学では『色々な食物の分野から、一定の品目以上をバランスよく食べてカロリーを気にする』って言う事だと思うのですが、アーユルベーダは『個人の体は人それぞれ違うので自分の体が消化出来る物を食べるべきである。消化出来ない物が体の中に残るのは、機械の中にサビが溜まって行くのと同じで、それが病気の原因になる』と言う理念です。

この理念を私は体で経験する事になりました。

 

  それまでの私はビタミンBが肌の再生に役立つからと豚肉を取っていました。そしてしいたけやごまは体に良いと信じてそれも取っていました。つまり外からの情報を信じて、自分の皮膚にどう反応しているかと言う事を考えずに食べていたんですね。しかしながら、私の体はそれらを消化しにくい体でした。つまり、私が栄養として体に取り入れていた物は、その時の私の体にとっては毒であったのです。その代わりに、Drレザ氏の私の体が消化出来る物リストを頂いて食べる事にしました。

 

  そして、食べ始めて3日目に赤くただれていた顔は治まり、黄色い液体はストップして、傷口はビックリする位にみるみると塞がって行きました。

思考はクリアになるし、エネルギーもわいて来ました。そして、一番驚いたのは、味覚でした。

何がビックリしたかと言うと、唾液がいきなり甘くなったのです。口の中に常に氷砂糖を入れてなめている様な感覚になりました。それが一週間位続いたんですね。

Drレザの検査で私の唾液をチェックするのがありましたが、結果は『君の舌ベロは死んでいる。何も消化酵素を出していない。これじゃあ、食物がいきなり胃にぶち込まれるから、体が消化出来なくて当たり前だ』ッて言われたんですね。私の体は完璧に酸性に傾いていたんだと、今振り返ると思います。唾液は常にアルカリ性であるべきです。でも、私の体はサビだらけで酸化していたので、正常に戻ったアルカリ性の唾液を甘く感じたんだと思います。そして、私の肌が荒れるのにはある一定の私の感情と味覚に関係があることに気付きました。

 

  さて、前置きが凄く長くなりましたが、私がこれをお話しするのは、自分の体が必要とする物を食べる事、そして、メディアに流されずに自分の舌ベロと信じて欲しいと言う事です。では、どうしたら自分の体が必要としている物が分かるのか?それは、自分の心を見つめる事から分かります。病は気からと言われる様に、気持ちが落ち着いていないと正常な体の為の食物を選ぶ事が出来なくなります。そして、偏った食物を食べる事によって、体がバランスを失って病気になったり、太ったり、感情の起伏が激しくなったりと言う事が起きます。では、それを無くすにはどうするかと言うと、『自分の嗜好している物をチェックする』と言う事です。

さあ、ここから感情と味覚の関係について、もっと入っていきましょう!

 

  味覚は全部で6種類あります。

甘い 酸っぱい 塩気 辛み 渋み 苦み 

です。この6つは、感情とリンクしています。

 

甘みー深い思いやり/満足

酸っぱいー 物事を区別する/刺激

塩気ー自信/人生の絶頂

辛みー外向性/大胆

渋みー内向性

苦みー不満足/孤独

 

つまり、この味覚を刺激される物を食べる時に起こる心への影響がこれらになります。

確かに、何かのお祝いをする時には甘いもので満足感や、相手への思いやりを表したりしますね。

そして、苦虫をかみつぶしたと言う通り、苦みには不満足さを感じさせる物があります。でも、勘違いしては行けないのは、これら全ての味が私たちの心のバランスを整えるのには必要であると言う事。私たちは、外向性も内向性も両方必要としています。そして、不満足が無ければ、向上心が湧きませんし、孤独が無ければ自分を静止する時間が無く疲れてしまいます。つまり、この6つの味は、私たちに取って全て必要なのです。

 

では、何が問題かと言うと、これらの味を偏って取りすぎる事なんです。味覚にある執着が起きると、心にどんな影響が起こるかと言うと。。。。

 

甘みー独占欲、所有欲、執着心

酸っぱさーねたみ、ひがみ、怒り

塩気ー横柄、自信過剰、自意識過剰

辛みー怒り、暴力、憎しみ

渋みー自分への自信のなさ、恐れ

苦みー深い悲しみ

 

です。例えば、最近ではビックリする位の辛い物(ハバネロ)を異常に食する10代が多いようですが。それらの辛さは人に外向性や大胆な行動を与えると同時に、その辛さを異常に取りすぎると、今度は切れやすかったり、暴力を起こしやすかったり、人の事を一瞬にして憎んだりと感情が怒りの方へ向いてしまうと言う事です。昨今のニュースでよく騒がれている10代の切れやすい若者を思い出さずにはいられないと思います。

 

さて、自分の食べ物リストを見てください。どの味覚の物が多いですか?

そして多かった味覚の物と自分の感情の関連性を探し出してみてください。

塩気のもの冷凍の魚、粉末のスープ、煎餅、ポテチが多い方は自信を取戻したいと言う傾向にあるのかもしれません。もしくは、少し人に対して横柄な態度を取りがちですか?それとも自分の中で野望がドンドン増している状態ですか???

 

私の昔からの傾向は、いつも舞台の前に塩気が有るものを無意識に取り入れています。また、何か興奮する様な出来事が起こると、自分に自信を取戻したいが為に塩気の有るものが多く食卓に並びます。塩昆布や、梅干し、シャケなどです。

塩気が好きな人は、自分の普段の生活に自信となる物が無くて、塩気を多く摂る方も多いようです。特に、結構な高い地位の方は仕事のプレッシャーから、自分に自信を与える為に塩気の物を好み、心筋梗塞や、心臓病になる方が多いですね。

また、食後に甘いものを食べたくなるのは、きっとその食事中にテレビを見たり、友達と話したり、よく噛んだりしていずに食事に対しての集中力が低いとき、食事に満足感が得られずに、食後にその満足感を埋める為に甘いものを食べる方が多いようです。

そして、甘いものを沢山食べる方の傾向としては、所有欲が心に住み着いていますから、だいたい押し入れの中や引き出しの中に必要以上に捨てられない物が多いようです。甘いものに沢山チェックがある方は、是非押し入れや引き出しを調べてみてください。何か一つの物、それが例え鉛筆や消しゴムと言った小さな物にしても、何種類も同じ物があったり、小さくなって捨てても良い物なのに取っておいたりする傾向がありませんか???

 

では、今度は取りすぎないでいるとどうなるか、と言う事です。

甘み-体が弱くなる、虚弱体質になる

酸っぱさー体の中のPhバランスが悪くなる

塩気ー体の中の水分バランスが悪くなる

辛みー体の循環が悪くなり、手足が冷えたり、消化が悪くなる

渋みー多量の汚物がでる

苦みー毒素が体の中に溜まる

 

これらを読んで、やはり全ての味を適度に取る事、一つの味に執着しない事が良いと言うのはお分かり頂けると思います。

 

さて、本当は、ここで味覚と臓器の関わりについてもお話ししたいのですが、これはまた今度リクエストが多かったらお話しする事にして、食感と感情についても最後にお話ししましょう。

 

これはニューヨークの栄養学校の授業の一つでお話しされていることです。

食感で一番思い当たるのは、とろみがあるもの、と固いものに分かれると思います。

 

『この牛肉は口の中でトロっと溶けてフワッと広がります。』なんてグルメリポートを聞く事が多いと思います。

こういう柔らかい食感を多く求めている時は、欲求不満の時です。自分が認めてもらいたい、とか、優しくされたいと言う時にこれらの食感を好む傾向にあるようです。逆に、硬い物、例えばおせんべいやポテトチップスと言った噛み砕く物を頂く傾向が多い時は心の中に多くの不燃している『怒り』や『不満』がある人です。これらの未消化の感情を、食べる事や食感によって消化しようとしている傾向があるようです。

 

さて、みなさんのリストの中にフワッと溶けるもの(チョコレートや脂身の多い肉)や硬いもの(せんべい、ピーナッツなどのナッツ類、氷アイス)はどれぐらいありましたか?

だいたい同じ商品を二つ以上買いだめしてい物は、取りすぎている傾向がありますので、自分の今の感情をもう一度心を落ちつけて、見つめ直してみると良いと思います。心の乱れは食の乱れです。食の乱れは、健康の乱れにつながります。でも、食の乱れを外観して心の乱れに気付いて正すのはとても良い事だと思いませんか?

 

人間は本来認めてもらいたい動物ですから、これら食感が結構色々な料理に出て来ると思います。

注意したいのは、これらの食感を楽しんでは行けないと言う事ではありません。季節によっても、体調によっても食べたくなる物は変わって来まし、食感や味によって心の安定性をもらっています。これは食の一つの醍醐味です。

でも、その時々で、『過ぎる』と思う物は、心に軌道修正が必要な時かもしれません。

全ての味は、絶対に私たちが生きて行く上で必要です。善悪の問題は無く、全ての味は善です。ただし、過ぎたるは及ばざるがごとしです。

 

是非、今回の食と感情の内容をどこか紙に書き留めて、この味覚全てを含む様なバランスの取れた食生活に出来ると良いと思います。

カロリー計算なんて、ナンセンスです。ちゃんと心が落ちついていれば、どれも食べ過ぎる事なんてないんだと思います。

逆に、心が落ちついていないのに、カロリー計算でまたストレスになる事がリバウンドの原因につながります。

 

自分の味覚を元に、心と体の健康を図ってみてください。春はもうすぐそこに来ていて、あっという間に夏ですもんね

 

では、また次回のニュースレターをお楽しみに!

 

Fri

08

Aug

2008

Hard way VS Calm Way

きっと多くの人は、ジムに行って身体を鍛えようって思うんだと思います。痛めつけて、汗をかけるだけかいて、筋肉痛になる事で運動をした〜!って思う事で自分は身体を鍛えているって思い込むんだと思います。

 

でも、私のクライアントさんの多くは、『ピラティスをしないと身体がなんか変な感じがするの』っと言います。本来の自分の体な感じがしないと言う感覚を持つのです。自分の体がなまっているような、伸びきれていない様なそんな感覚を持つようです。

 

ハードウェイって言う言葉とコームウェイっていう言葉を聞いた事がありますか?

ハードウェイは星竜馬の世界。身体を出来るだけ痛めつける事で自分は夢に向かって着実に進むのだと言う精神。

コームウェイは、毎日出来る事を自分が楽しむ為に続けましょうって言うもっとお気楽な方法。

 

私は昔はハードウェイばかりを正しい事と思っていました。

 

そして、一つの事が終わると

『ヤッタ〜私よくやった!』って褒めるのではなく、

『ア〜良かった。失敗しなくて。次に向けてまた追いつめないといかん。。。。』って思っていました。

喜びの余韻に浸るよりは、ほっと安堵をして次の事にもう心配をしているという状況。これって長く続きません。

 

YBRを作ったヤムナもよく『私は、70歳のおばあさんに15㌔のおもりを持たせて汗をかかせるまで、筋肉を痛いと感じるまで運動をさせ、それを正しいと思っている若いトレーナーにあきれて物が言えない。ほとんどの人は、身体を動かすと言う事がどういう事か分かっていないのよね』と言います。

 

私自身はピラティスを必ず一週間に1度とそしてYBRを毎日。

 

ビックリするのですが、久しぶりに自分のピラティスをしている写真を見たら、上記の様になりました。

 

そんなに頑張らなくても継続して、食事をちゃんとしていたら筋肉は充分につくのかもしれない、そう思いました。

 

もちろん、アーユルベーダ的に言うと、

カファの人は痩せにくく太りやすい体質なので、一概にピラティスをYBRで身体の筋肉が全員につくとは言いませんが。

 

コームウェイで楽しく継続して身体に良い事をしませんか?

 

0 Comments

Thu

29

Aug

2013

ワクワクキネシオロジー体験会!

今年もワクワクキネシオロジ−体験会を開催します!
9月29日 日曜日午後1時から5時まで
オールドトーランスにて!詳細はこちら
 
毎回奇跡の連続の体験会!
 
是非、奇跡の目撃者になりませんか??
 
こちらが去年の内容です!
 
 
今回の内容は大きく分けて3部。
1部は、自分の体にぴったりな物を発見しよう!というテーマで、キネシオロジを使って皆さんがそれぞれ持って来て頂いた食品を検査して行きました。
 
ますます食べる物が分からなくなった方とか、
身体に良いと思ってずっと使っていたのに違った!とか、
貰い物でまだ開封していないのに身体が全然受け付けない!とか、
様々な結果がありました。
 
中にはジュエリーを持って来てくださった方もいて、『これ~旦那さんからもらったのに。。。』とも。
浄化をしたらだいじょうぶだと言うキネシの結果をもらい、ほっと私の方も一安心。
 
2部は、現在持っているストレスをオラクルカード/エンジェルカードを使って、心の中を覗いてみよう!気付きを得よう!というテーマで行いました。
ここで得たメッセージも興味深かった!参加者のキャロルは『あ〜どうしましょう』っていつも心配していたんですね。本当に要らぬ心配ばかりしている。
そして、このオラクルカードを使ったら『 Stop Worrying』っていうカードが出て、笑っちゃいましたね。
 
『心配しなくていいよ〜』
ではなく
『心配するのを止めろ!』ですから!
 
まあ、
皆様、それぞれがそれぞれのストレスをキネシを使って向き合う事が出来たようです。
 
3部は、インテグレイティッド ヒーリングのデモセッションを見て頂きました。
これは、ほんとーーーーに深かったです。(まいちゃんの了解を得て内容を書いていまーす)
 
デモをしたいと手を挙げてくれたまいちゃん。
 
彼女の一番初めに提議した問題は『Sinus-鼻づまり』でした。
 
そして、彼女の潜在意識がゴーサインを出しましたのでセッションは鼻づまりをテーマにして進んで行く事に。
 
まずは鼻づまりの症状を聴いて行きます。
 
95%ぐらいは常に鼻が詰まっていて、口で呼吸をしている。そのせいか、いつもかったるい。。。と。
 
そして、次の目標設定へと進んで行きます。
 
この目標設定で会場皆が一体になった感じがしました。
 
彼女の鼻づまりから、今後どうして行きたいか?となった時に、『鼻が通る様になる』では身体がぴくりとも「その目標で良いよ!」って言う反応を示しませんでした。
 
なるほど。。。そうか。。。じゃあ、鼻づまりが治ったらどうして行きたいか?そんな事を話して行きました。
 
将来の事を考えたいのに定まらない。
沢山彼女の頭で一所懸命に考えて出してくれる言葉にウンともスンとも言わない潜在意識。困ったな~
という事で、アファメーションブックからヒントを得ましょうという事に。
 
Nurture というキーワードが出て来ました。
I spend time nurturing myself which gives me the energy to give to others. と言う、
 
まず自分に栄養を与える事により、それが他の方々にも栄養がを与える事になるんだよ~というところから始まり。
 
自分が自分に対して栄養を与える事により起こる罪悪感を全て手放します。そして自分の為に与える時間をエンジョイします。
 
という文章が出て来ました。
 
彼女はぽかーんとしていましたが、改めて今思うと、本当にその通りだと思いました。
 
まいちゃんは、お話をする中で常に『他の人』の為にという言葉がキーワードとして出て来ていました。
自分よりもまず他の人に!っていう気持ち。
 
そして、他の人ってだあれ?と聞くと、彼女の体が女性に反応をしました。そして、その事を伝えようとすると『家族かな』と。
そしてお母様が出てきました。
 
また話の流れでまいちゃんは『私は結構幸せですよ』と言っていました。
でも身体は『幸せ』というキーワードに激しく反応を示します。
 
そして、幸せについて前向きな事を考えようとすると、筋肉は後退しブロッキングの様な反応を示す。。。という様な状況。
 
 
そんな中で彼女が、ふとお母様に言われた一言を口にしました。
 
 
その言葉を口にした瞬間に、私は彼女の腕を通じて痛烈な叫びを筋肉から感じました。
 
その波動は、あまりにも強烈であまりにも熾烈で、思わず手をまいちゃんのお腹に置きました。私自身が彼女の手をホールドしているのが辛くなったのです。
 
 
あーどんなに辛かった事だろうか。どうしてそんな言葉を受け入れられようか?その言葉をこの子はどんな風に処理をして生きて来たのだろうか?
 
そんな事を思ったら、彼女がカオをぐちゃぐちゃにして真っ赤にして泣いているまいちゃんのカオが目に入り、私自身が必死で涙をこらえました。
会場の方を見る事も出来なかったのですが、鼻水をすする音が聞こえて来ました。
 
そして、まいちゃんに『さあ、どんな風にこれから生きて行こうか?』と問いかけました。
 
まいちゃんからキーワードが出て来ます。それをあさみさんが画用紙に書いてみんなも見える様にして行きます。
沢山の言葉のうち『愛する』というキーワードに身体が反応をしました。
 
『○○で○○で○○で○○な私を愛する』
 
ほぼこれで目標はいいだろうと思うのにも関わらず潜在意識はそれではゴール設定ではない、、、、と反応をします。
 
私もまいちゃんもあさみさんも『うーん』という状況の中、会場の中から『許す?』とか『受け入れる?』とか声が飛んで来ました。
みんなが一体となって、まいちゃんの目標を一緒に考えるという形になって来ました。
 
沢山の声が飛ぶ中、一つ一つチェックをして行きますが、その中で『自分を愛する。。。その事を受け入れる』と、会場にいたトシ君が言いました。
 
 
それを聞くと、綺麗に潜在意識がゴーサインを出しました。
 
みんなで『やった!』と拍手があがりました。みんなから『マイちゃん、頑張れ!』という声ならぬ声が一杯聞こえて来た感じがしました。
会場が一体となって、マイちゃんのこれからを拍手したような愛に包まれた時間でした。
そして、その後、扁桃体の修正と音叉で調整をして行って90分間に及ぶセッションは終わりました。
 
皆が一同に、まいちゃんの顔つきが違うと。
 
そして、会場の中には、『自分の問題とシンクロしすぎていて、それをマジマジと見させられたわ~』という感想もありました。
 
ほらね、まいちゃん、潜在意識が言っていた『自分の為に栄養を与えるとそれが他の人々にも栄養を与える事になって行く』というのがもう出来たじゃない。
 
まいちゃんが癒されよう、自分を癒そうと手を挙げた瞬間から、会場の方々へのヒーリングは始まっていたんですね。
 
だから、マイちゃんが癒される事は他の人にもとても良い影響を与えるのだ。。。。と、改めてキネシオロジーで選ばれたメッセージの深さを思い知りました。
 
マイちゃんの癒しはこれからドンドン続いて行く様で、11月のIHに参加を決めたようです。
今後の彼女の変化が楽しみです!
 
また今回の事をブログに書いてくださった参加者の方のリンクです。参加者目線の彼女の臨場感溢れる内容で、その時の事がよみがえりました。
 
是非読んでみてください。
 
 
アンケートからは、マイちゃん、頑張れ!とか、今後のマイちゃんを追跡してくださいなんていうメッセージもありました。
 

Fri

31

May

2013

2013 April Newsletter

 

4)未亡人脱出しちゃいました。

前回の手紙を書いた件(まだ読んでいない人はクリック!)の続きです。
前回のニュースレターの後、私は手紙を書きました。
でも、エゴという物はこういう風にして私のヒーリングを邪魔するのか!!!と思う程
手紙を書き始めようとすると、なんか部屋を掃除したくなったり(逃避)、なんか胃がムカムカして来たり(身体反応)
色々な理由を付けて延期しました。
心の奥底では、この手紙で自分が何かしらの変化を遂げると分かっているけど、
でも現実の自分はウロウロと横道に逸れるのです。
へーこれが、エゴの罠ね。
人間て(ちょっと話が大きすぎ?)
それがどんなに良い変化だと分かっていても、
そこにある黒い渦巻いた「心のうんち」と向き合う必要がある場合、
良い変化よりも、なんとなく対処してきた嫌な現状にとどまる事を望む
ものなのね〜
なんて、デスクの上に置いた便せんを横目に見ながら、せっせとトイレ掃除をしましたよ。
では、Dr.パットに言われた今回の心のうんちの出し方をシェアします。
手紙の内容は以下の段落に沿って書く様にとの指示でした。
第一段落:相手の何が好きだったか
第二段落:相手の何で傷ついたか
第三段落:自分がこれから出会う人に要らない物は何か
第四段落:自分がこれから出会う人に望む物は何か
第五段落:相手に感謝の気持ちとさようなら
これを初めに言われた時、ふふん、そんなの簡単よって思っていました。
でも、第一段落を書こうとすると、じぇんじぇ〜ん筆が進まない。
相手の好きな所が何も無い???
そうではなく、沢山ありすぎて、その事実に絶句し、困惑をしたんです。
あんな仕打ちをしたあいつの事を好きだと認める事が、くやしゅうてくやしゅうて。。。。。(ハンカチを噛む)
って言うアレです。
そんな自分を認めたくない、書きたくない、
そんな思いが強くて、トイレ掃除をしたり、ボリボリと食べてみたり、ネットサーフィンをしたり、鏡の前で踊ってみたり、必要ないのに文房具を買いに行ってみたり。
でも、以前にIHのデモンストレーションで変化したのを見た翌日(ブログクリック
私も復活してみようか。。。。
そう、ふと思えたのです。
キリストの復活祭という私には関係のないイベントにちょっと乗っかってみようか。。。と思って、
その日曜日3月31日にようやく重い腰をあげて向き合う事にしました。
自分を踏みにじった人に、まだ好きな部分があるなんて、そんな「惨めな事をしたくない」という私のエゴを脇に置いておいて
私はディズニーパレードの曲をヘッドフォンで聞きトランス状態に入りながら、とにかく自分の素直で正直な気持ちと向き合う事にしてみました。
第一段落の相手の好きな部分を書いて認めると、そう言えば、自分てこんな人が好きだったんだな〜と客観的に見えて来ました。
ナスが好きだったけど、食べ過ぎてゲロッちゃったら、次からナスが大嫌いになる。。。。
そんな心理と同じで、
本来は自分の好きなタイプなのに、むっちゃ傷つけられたから、自分の好きなタイプの人間を嫌いになる。
そうしたら、どんな人が好きだったか分からなくなってしまった。。。。
ただ、手紙を書いているうちに、相手のどんな所が自分とあっていたのか、好きだったのか。
嘘をつかれた事は良くなかったけど、自分が好きだったタイプを全否定する事もないんじゃないか???と気付いて来たんですね。
そして、第二段落は相手の何で傷ついたのか。。。。
これは、ゲロッちゃいましたね。
何が嫌だったかなんて思いだすこと自体、ネガティブに感じていましたし、そんな過去の事を今更言ってどうするんさっていうガチガチの表面的ポジティブ思想により、封印して来た思い出は、かなりの汚臭を醸し出しました。
結局は、正直に言うと自分が惨めだった事を認めたくなかった。
そして、相手に自分が伝えられなくて飲み込んだ言葉、飲み込んだ感情、無視した感情がどろどろとヘドロの様に出て来ました。(おそろしや、おそろしや)
なぜ、私は伝えられなかったか?
もう自分がこれ以上惨めになる事が私には耐えられなかったんですよね。
それがその当時の私に出来る唯一の抵抗であり、少しでも残った最後のプライドだった気がします。
書きながら、あまりにも惨めで、それと同時にそんな自分という人間が客観的に可哀想で、泣けて来ました。
私は明らかに彼との事で自尊心という物を粉々にしてしまったのだと改めて実感しました。
第二段落で汚物を出した頃、第三段落と第四段落は結構楽に書き始める事が出来ました。
自分が彼とのその経験を通じて、何を捨て、何を手元に残すのかが明確になった気がします。
今までは、彼と関わる事全てに対して真っ向から全否定して来ましたから。
彼と同じ様な話し方をする人、彼と同じ様なユーモアのセンスを持つ人、彼と同じ様な声の人、彼と同じ様な手の形の人、彼と同じ車に乗っている人、などなど。
ぷはー未亡人ですな。
彼の全てを否定するのではなく、彼の中で自分にとって良かった事、彼との経験によって自分に必要ではなくなったものが分かると、
『彼』自体が問題ではなくなってきました。
彼との経験を通じて、自分のことをもっと知る事になったんです。
私って、何が好きで何が嫌いか。
そして、手紙の第五段落に来た時、驚きました。
よく言われる『許す』とか『過去を手放す』とか。よくヒーリングに出て来る言葉。
頭では分かっているけど、全然身体の奥底ではそんな言葉に納得していない。
勿論、許すことが出来たらどんなに楽かと思う。そんなのは分かっているのだよ。
でも、出来ないのだよ
私のプライドが邪魔をして、そんな事を出来る程、心の器が大きくないんだよ。
だって、また同じような人に傷つけられたらどうするの?
また、裏切られたらどうするの??
また、心がボロボロになったらどうするの?
次はもう立ちあがって浮上するパワーは無いと思うよ。
だから、許す事なんて手放すなんて、、、そんな事を言うのは、あの地獄の中どうにかして生き延びて這い上がってきた私には酷な話なんですよ。
そんな自問自答。許したいし手放したいけど、出来ない。
そんな私の中で折り合いがついた言葉は『あんたのこと、許してあげるけど、また人としてあんたを信用するほど私は馬鹿じゃないから』って言う、まあ何とも卑屈な私でした。
それが当時のギリギリ、受け入れられる私の譲歩。
でも、そんな卑屈で心がぶっさいくで、心に黒いうんちがドグロを巻いてたまっていた便秘な私が手紙を書いているうちに
ずるりと出ちゃったんですね。
第五段落を書いている間に
この人に会えて良かった。ありがたーい。。。。この人に会えなかったら、私はきっと感謝をするという事を知らなかったんだなって。
そう思える様になっていました。
神々しい感じで。たらーん
陰陽のマーク知っています?
あの意味が昔は『???』って感じだったんですよ。
でも、今なら分かるんですよね。
私は、彼によって陰の部分を明確に知りました。前も知っていたけど、そんなの比ではないです。
ねたみ、そねみ、不幸、イライラ、嫉妬、裏切り、嘘、悪質、自己猜疑心、自己否定 などなど
でも、それを知ったから、これからはその逆の陽の光を理解出来る様になったんです。
でも、私がここまで長引いたのは、その感情を封印してダメな物だと決めつけて見ない様にしてきたんですね。見る勇気もありませんでした。
『自分がそんな事を感じる人間であろうはずが無い!』と目を背けた時点で、真実が見えなくなり、こーんなに長くかかっちゃいました。
随分と遠回りしたけど、
頭が悪くて、善人でいたくて、いつも正しい人でありたくて、傷つきやすい私にはちょうど良かったのかもしれない。
だから『ズーミー偉いね』『頑張っているね』『よくやったね』
っていくら褒められても、私は本当は自分の中のドロドロしたものを知っているからその声が聞こえてこない。
そして、得意の『私は自分に自信が有りません』になっちゃう。
さて、Dr.パットに読んだのは書き終わってから2週間も経っていたので、読む事も大丈夫だろう位に思っていました。
でも、その手紙をDr.パットの前で読む時に、またもや嗚咽。
『まだ、この件に関して涙が出てくるもんだ。』
と呆れながらも読み終えました。
終わると部屋中に拍手喝采が起こりました。
そして、Dr.パットが
『この手紙を聴いて、自分もこの感情を知っていると思った人は?』
と、部屋にいる女性に聴きました。
すると、全員が手を挙げました。
こんなにも私と同じ経験をして傷ついている女性がいるのだと、改めて気付かされました。
『よくやったわね』とDr.パットに言われて、その日のセッションは終わりました。
翌週のグループセッションで、私は次のレイヤーに入りましたよ。ほい。
まあ、とりあえず未亡人脱出です。
今度彼にばったり会ったら、もうオエーって言わないな。
多分『よ!』って言う自分が想像出来る。
そして、心の中であなたのおかげで私、自分をもっと知る事が出来たよ!ありがとう!!!
って言える。
そんな経験でした。
自分の汚い部分と見つめ合ったら、
その後、『私ってずるいんです』とか『私、こんな嫌なやつなんです』と言って自分の闇と向かい合う方のセッションで増えました。
いいじゃない?それと向き合っただけ、認めた勇気、すごいじゃん〜って。
でも、それだけが全てではない。嫌な部分もあるけど、それと同じ分だけいい部分もあるしね。
嫌な部分は、多分その時に単純に『ラブを欲していただけ』なんです。
そう、ラブ注〜入(もうすでに古いか?!)♡
キネシとヤムナボディーローリングで、ラブ注入(しつこい?)をしたく思うのであります。
今回も長〜い文章を読んで頂きありがとうございました。

Tue

30

Apr

2013

2013年 3月号 ニュースレター

3月は講習会で満載でした。

先週2週間は
キネシオロジーの講習会をして
沢山の涙と笑いで一杯の週末でした。

最後に講師の雪乃さんから
『ズーミーへのメッセージ』として選ばれたカードが
『呪縛から解かれなさい』
というメッセージ。

なんとなく腑に落ちないながら過ごした今週一週間のなかで
その意味が分かる時が来ました。

初めてサイコセラピストと呼ばれる精神療法士に
セッションをしてもらいました。

そして、今まで溜め込んでいた腑に落ちないメッセージ達が
全て腑に落ちた瞬間を得ました。

今月は沢山の気付きがある月でした。

さて今月号もお楽しみに!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1)4月 YBRワークショップ                 
2)ヤムナボディーローリング資格講習会 in Japan    
3)サイコセラピストのセッションを経て         

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)4月 YBRワークショップ

日時:4月13日 土曜日 1時から3時
場所:Elite Movement Pilates Studio 

来月は、花粉症の季節なのでデトックスワークショップにしたいと思います。身体の内臓やたまっている部位をぐいぐいと掘り下げて行こうと思います。

2)ヤムナボディーローリング 資格講習会 フェイズ1 日本にて
   『解剖学と英語を一緒にフェイズ1で学びましょう』

7月26、27、28日にヤムナボディーローリングの資格講習会を東京にて行います。

フェイズ1では、
ヤムナボディーローリングを使って、ヤムナの基本的な概念理念やボールの使い方、そして解剖学を使って身体の細かい筋肉をボールでほぐして行きます。解剖学を身体で感じたい方はフェイズ1を受講されると自分の体のどの筋肉がどの様に収縮した状況にあるのか、とか身体はどのように機能しているのかと言った事も学ぶ事が出来ます。

私自身、マッサージセラピストとして働き、マッサージ学校で習った経験をいかしてオリジナルな方法で解剖学を使って学んで行くので、楽しく自分の身体を学ぶ事が出来る内容となっています。

またこの資格のフェイズ2はヤムナ本人がNYから10月末に来日して、次にクライアントさんに対してボールを使ってどの様に身体をほぐすかを学びます。

その時、私自身も通訳としてヤムナに連行いたします。
その時にヤムナの言っている事が分かる様な英語も含めて私の教えるフェイズ1で教えて行きますので、
フェイズ2の受講を考えている方は英語も一緒にフェイズ1で学びましょう!

ご興味が有る方は、是非ご連絡を下さい。詳細をお送りします。

3)イベント情報!

① 4月21日 名古屋にてカフェキネシ講座(タロットカウンセリングも!)
カフェキネシのアロマを考案した星ゆかりさんとタロットカウンセラーの樋口和矢さんの最強コンビが名古屋に!
主宰は池内弘美さん。いつも彼女のイベントは多くの人で一杯。毎回彼女の周りには幸せになって帰って行く人続出です。
その彼女が主宰するイベントは注目です。しかも最強コンビが名古屋上陸だし。私も行きたーい!

*これについては今回のニュースレターに詳細が書いてあります〜

② 本間キネシ in London
7月にロンドンで本間先生がキネシオロジーマスターコースを開催!
今回はロンドンに住むセラピストのまみちゃんが主宰で開催が決定!この二人がタッグを組んだら、凄そうだわ。。。是非!
【Dr.本間のマスターコース5日間in London】
講師:Dr.本間
7月 15日(月)ー7月19日(金)
https://sites.google.com/a/ehtclondon.co.uk/master-in-london/home


【DEEPゼミ in Los Angeles】
4月 & 5月 DEEP
http://www.kinesi.us/semi7.htm

③森田さんが東京にてマスターコースを開催。
筋肉反射テストをマスターしたい方、彼自身が沢山筋肉反射テストを取るのに徒労したので出来ない人の気持ちが分かる講師です。是非是非!
【森田講師による Dr.本間のマスターコース 5日間in 東京】
講師:森田達也
4月29(月)ー5月3日(金) 
https://sites.google.com/a/littletreeseminar.com/master-in-tokyo/home

是非ともご参加してみて下さい!




4)サイコセラピストのセッションを受けて

キネシオロジーを始めてから、気付きの連続が起こり、以前よりはもっとマシに世の中を見る事が出来る様になった気がします。

でも
私自身ふつうーの迷える子羊であり、いやはやなーんにもわかっちゃいないんだな〜と、毎日毎日思っています。


ふん!って意地を張るし、いいなーってうらやましく感じるし、チェっていじけるし、ふふんって調子に乗るし。

だから、キネシオロジーを始めてから、物の見方を変える事が出来る様になったけど、まだまだだな〜って。

そんな中、セッションをした初めてのクライアントさんが
『ねえ、あなた、この仕事をしているなら、絶対に会うといいと思う人がいるのよ。きっとDr.の事、気に入ると思うわ』
と誘われて、先週木曜日にウーマンクラブに参加する事になりました。


ウーマンクラブとは、

いわゆる、ジェントルマンクラブと言った男性が素っ裸の女性に会いに行く、、、、!!というクラブの様に、

素っ裸の男性に会いに行く

というのとは違って

サイコセラピストの所に女性だけのグループセッションをする所です。えへへ。


私のクライアントさんが主催するそのドクターのクラブに仲間入りをさせてもらいました。

そのドクターの本を私は数年前に購入をして読んでいたので、あの本の著者がこんなに近くに居たのか!とビックリしました。

そのクラブには8名の女性が参加していました。
サークルになって座り、一人ずつDr.の前に座って自分の今の悩みをお話をするのです。
その一人一人のセッションを聞いて学んだり、意見をしたり、共感したり、するのですね。

グループセッションという物の存在は知っていましたが、本物ってこういうのなのね〜とドキドキワクワク。

一人ずつ、死刑台に立たされるかの様にDr.の前に行って自分の悩みを話します。
サイコセラピストである彼女は淡々とお話をしていきます。泣くわ、わめくわ、叫ぶわ。。。。。。

でも、多分、そこにいた女性はこの私でさえ知っている有名な女性達ばかりの集まりでした。

人って、地位じゃあないんだよね、やっぱりどう他の人とつながるかなんだな〜なんて思いで傍観していると私の番。

内心、えーん、怖ーいよぅ。このDr.、むっちゃ怖い!

そのおびえた目を察知したのか、

『あたしゃーね、(英語だけど多分日本語だったらこういう感じで話しそう)
アンタ達が泣いても叫んでもどうでもいいの。あなたがどう感じているかなんてね、どうでもいいの。
私にとって大切なのは、あなたが今どんなに惨めかっていう感情なんかじゃなくてね、どうやったらその惨めさから出て行けるかって言う事だから』

っていう。

益々怖いじゃん。おえーって思って、彼女の前に座りました。

Dr.パット『ちょっと紙を出しなさい』

私『はい。』
(全てのセッションがそうですが、ここで起こった他人の内容は他には漏らしませんという宣言文と自分の今の体調などを書く紙を渡しました。)

Dr.『なに、あなた皮膚の問題ってあるけど、なんなの。』

私『8年位前から全身の皮膚がタダレて、今は喉と手に少し残っています』

Dr.『あなたが、押し出したい人は誰?』

私『へ??』

Dr.『あなたがあっちへ行け!私の視界から出て行け!って思う人って誰?そう言う意味よ、あなたの皮膚が言っているのわ』

私『えーっと。。。。まあ自分自身の醜い部分でしょうか。』

Dr.『ちがうね、それ以外では?』

私『まあ、その頃に付き合っていた彼でしょうか』

Dr.『何があったの??』

私『まあ、結婚しようかとまで思っていたのですが、結局ダメになりました。(長ーいので省略します)』

Dr.『最後に会ったのはいつ?』

私『えー、それ、難しい質問なんですけど、実は、会ったのは2ヶ月程前に帰国した時です。でも、会ったと言うか、毎回日本に帰る度にその彼とばったりと変な所で会うんですよ。一度は、私が運転して信号待ちをしていて、ふと横を見ると彼もまた車で信号待ちをしていた。。とか。でも、もう気持ちが悪いので、いつも偶然ばったり会っても、オエーって思って去ります』

Dr.『あんたはさ、彼と結婚したんだね』

私『いやいや、聞いていました?私の話。結婚したかったけど、出来なかったんですよ』

Dr.『ちがうのよ。アンタの身体が、魂が彼に結婚しているのよ』

私『サイコセラピストって科学的に人の感情とかを読み解くんですよね?魂とか言っちゃったら非科学的な気がしますけど』

Dr.『じゃあ、ドーパミンとかオキシトシンとかの話をしてもいいけど、あんたは分からないから』

私『うむむ。確かに』

Dr.『とにかくホルモン的にあんたはその人と結婚をしたの。じゃあ、その代わりその後に出会った?誰かとお付き合いした?」

私『まあ』

Dr.『で、うまく行った訳?』

私『いや、私の気が乗らなくて』

Dr.『そうよ、あんたはね、未亡人なの。夫に先立たれてちゃんとグッバイを言えなかった未亡人。まだその人と結婚をしているから、次の人が見つからないのよ。それがあなたが次の人が出来ない原因』

私『えーーーー、いやや、いややあーや!」

Dr.『しょうがないじゃない、結婚しているんだから。身体は深ーくつながっちゃっているんだから。でもね、それが女って物よ』

私『じゃあ、縁を切って下さい』

Dr.『オッケ。あなたに宿題を出しましょう。私が今から言う順番に彼にハイグッバイレターを書きなさい。あなた、彼のメイルアドレスとか知っているの??』

私『えーしらないです。だってもう、ずっと前の事ですから』

Dr.『しつこいね。未亡人なの、あなたは。』

私『まあ、友達づてに聞く事は出来ますけど。どこで今働いているのかも知らないし。え〜でも今更伝えても〜』

Dr.『二つ方法があるわ。話すか、書くか。さあどっち?』

私『えーじゃあ、書く』(渋々)

Dr.『だろうね、そう言うと思ったわ。あなたは相手に伝える事はできない。だから喉が痒いのよ』

私『。。。。。。。』

そう言って、彼女は私に手紙の書き方を1行目から教えてくれました。
そして、書き終わったら、Dr.の前で一度読みなさいと。

私が次にこのクラブに参加するのは2週間後。
それまでに書いてグループの所で読むのか〜って思って、帰宅しました。


あのですね、2年前にセドナに行った時に私、キネシオロジストの樋口さんにタロットカードを読んでもらっているんですよ。
何について読んでもらうかなんて検討もつかなかったんで、森田さんにお願いをしてキネシで調べてもらったら
『結婚』って言うテーマが出て来ました。

じゃあ、結婚で、、、、

って言ってみてもらったら

『うーん、、、、なんかね、今は未亡人のカードが出ている』

って言われたんですよ。

その時は、『はい????』

って感じだったのですが、Dr.パットに会って、ようやく2年前の未亡人のカードの意味が分かりました。

樋口さん、すごいねええええええ。
潜在意識ってすごいねえええええ。

でも、あの時のわたしの意識は分かる準備が出来ていなかったんですよね。
だけど、未亡人のカードを見せつけられたから、今気付く事が出来たと言ったんだな〜ッて思います。

そして、冒頭に書いた雪乃さんがひいた『呪縛から解かれなさい』というカード。
それも実は何に対してのカードを引いてもらおうかと思ってキネシオロジーで聞いて行くと、その昔の結婚を考えた彼だったんですね。
まだ??もう終わった事なのに。。。。なんで??って言うのと、呪縛ねえ〜って感じだったんですけど、全てつながりました。

もしも、私がキネシオロジーを知らずにDr.パットの所にだけ行っていたら、こんなにグループセッションに参加して得た今回の様な深みは増していなかったかもしれない。
そこまで身体が結婚して未亡人になってしまった昔との彼の関係なんて重要視していなかったかもしれない。

キネシオロジーはこうやっていつも私にサインをくれるんです。

キネシオロジーをみんなが学んだらきっと世の中ハッピーよね。
私みたいな未亡人が救われちゃうもの。

それにしても、樋口さんのタロットには驚いた!
彼のタロットは、占いというよりは、今自分がスタックしている状況に気付きを与えてくれると言った方が正しいかもしれない。

樋口さんのタロット、すごいなあああ〜
もしも彼にタロットを見てもらうのならば、きっと今の自分を見せつけられる事でしょう。

樋口さんのタロットとキネシオロジーのセッション、おススメです。

なぜかと言うと、タロットだけではなく、アロマを使ってキネシオロジーをする簡単カフェキネシの方法も教えてもらえるからです。

カフェキネシの凄い所は、今の自分の問題に気付いたら、あとは、アロマを使ってそれを手放し新しい方向へ導いてくれるんですね。

恋愛や夫婦関係になにかしっくりきていない物を感じていましたら、是非キネシで潜在意識のメッセージを聞いてみて下さい。

自分との会話ですよね、言ってみれば。

Sun

29

Jul

2012

ブログはこちらへ

他にも日々の生活のブログを書いています。

こちらへクリックしてください。

 

Tue

13

Mar

2012

Can you~?

Can you~?って、英語の教科書では、『〜できますか?』って訳すと習いました?また、もう少し翻訳を日本語に近くすると『〜してくれない?』とかになるんですよね。

 

これって、私の常識の中では間違った訳し方と言うか、間違った日米間の考え方なんだと思いました。

 

普段、

母に『ねえ、ちょっとあれ取ってくれる?』って言うと

 

『うん、いいよ』

って返事をします。

 

父に、『これ直す事出来るかな?』って聞くと、黙ってちゃんと次の日には直っている事がほとんどでした。

 

唯一断られる時は、姉とか兄弟に『嫌だよ』ッて言われるぐらいでした。そう言うときは、本当に出来ないのではなくて、意地悪で嫌だッて言われているのだって、どこかで学んでいました。

 

 

つまり

『〜できる?』とか『〜してくれない?』ッて聞かれたとき

『嫌だ(NO)』ッて返答する事は皆無でした。

 

逆にノーと言う事は意地悪な感じで、相手に優しくない気がしました。

 

だから、今でも『〜してくれない?』ッて聞かれると、

『カレー味のうんちを食べてくれない?』ッて聞かれる以外は

『いいよ』って答える事が当たり前でした

 

答えるのが当たり前になっていると、

当然、相手に『〜してくれる?』ってお願いする時には相手が『嫌だ』ッて言う事がないと、どこかで思っているんです。

 

ほとんど、ノーを言う事も言われる事もなかったですが、

それでも、たまにノーと言われると

 

『ちぇっ。これ位してくれてもいいじゃんよ〜』

 

ッて思う事もありました。

 

『〜出来る?』という質問は、当然私が優しさとともにするべき事とあまりにも当然だと思いすぎていて、この『〜出来る?』に苦しんでいることにも気付かなかったです。

 

だけど、

『Can you take a guy who has hip replacement on Monday at 3;15p.m.?(月曜の3時15分に股関節の手術をした人にピラティスを教えてくれないかしら?)』

 

と言われたんですね。

 

その時に、もう私のスケジュール的には沢山入っていて、これ以上人を取ったらしんどいなあ〜っていう感じだったのですが、それでも、頼まれているし。。。ッて思って、オッケーを出したのです。

 

その為に他のスケジュール調整もしたのに、後日『やっぱり水曜日になったから良いわ』っていうサラリとしたメイルが来て、『え〜!?』って引いた訳です。

 

でも、その話を友達にすると大抵

『それはいず美が悪いわ。』って何の支持も得られませんでした。

 

『え〜。断ったら可哀想だと思って、オッケーを出したのに』って言うんですけど、それでも私が悪いと。

この私の親切心はどうして受け入れてもらえないのか?って

トコトン突き詰めて行くと

 

『いず美は、Can you~?って聞かれたんでしょ?その時に、あなたは、質問されたのではなく、強制的な命令に聞こえているのね。 Can you~?はあくまでも Can you~?という質問文であって、もっと軽く考えて良いのに』

 

と。

 

確かに。。。。

 

出来る?ッて聞かれて、やる事が厳しかったら出来ないッて言えば良いのに、出来ないッて言う事を不親切だと思っている。出来ないッて言う事をお姉ちゃんやお兄ちゃんがした事の様に意地悪な事だと思っているので、どんなに大変でもなんとかやろうとしちゃう。

 

もっと言葉通りに会話を聞けば良いのに。。。。って。

 

『「結構長い間だから、スケジュールを調整しないと無理かもしれない」ッて言えば、相手だってあなたの状況を理解しただろうし。そう言う事を言わないのを美徳としているかもしれないけど、それがあなたにストレスをもたらしている時点で、美徳ではないのよ』

 

うむむ。。。確かに。

 

これからはCan you~?って聞かれたら、今まで見たいに自動的に私がやるべき事なんだッて思い込むのではなく、私が本当にハンドル出来るのかどうかを先ず考える様にしよ〜って思ったんです。

 

この考え方が出来たら、相手が出来ないッて言った時にも『この人意地悪〜』なんてとんちんかんに思わず、他の方法を探す事に集中出来て、そこに執着がなくなりますもんね。

 

 

 

Tue

28

Feb

2012

誕生日を迎えました。

火曜日の28日に誕生日を迎えました。

 

日曜日にお友達がパサディナの夢舎でお誕生日会を開いてくれました。そして小麦粉が食べれないから、って言ってケーキの形のバルーンを買って来てくれました。

 

レストランに入った時にそのバルーンを見て、

むっちゃテンションが上がるぅ〜

 

空港に到着したときや、バレンタインとかに風船をもっている人をよくみていましたが、別に興味はなかったですね。でも、こうやって自分がもらうと、なんてバルーンて良いんだろう!!!ってキャッキャしながらパーティーの後にこのバルーンを手にもって歩きました。

 

そして、ちょっと泣きそうにもなりました。

 

去年の誕生日は彼氏と別れたばかりで、友達にイタリアンに連れて行ってもらったけど、彼氏と毎年過ごしていたのとは違う誕生日に戸惑い、そして顔の皮膚の腫れに心がしおれて、心から楽しめなかったんです。

 

一昨年は、あまりの顔の痛さに、泣き叫びながらアロマセラピストの方に電話をして、アロマを調合してもらって取りに行った覚えがあります。なんて惨めな誕生日なんだろうと。

 

その前の年も、その前の前の年も顔が痛くて、辛くて、しんどい誕生日でした。自分を帽子で隠していた誕生日が続いていました。

 

でも今年は、ちゃんと顔を出して、お気に入りのシャツを着て、髪型をセットして、口紅を引いて、友達と外に出て好きな物を食べる事が出来て、本当に幸せだな〜って。

 

健康である事に本当に幸せを感じたんですね。

 

誕生日の日には、私は、毎年自分に何か特別な物を購入していました。ご褒美、みたいな感覚で。

 

去年はMacBook Proを買いました。大人買いです。

 

今年は何を買おうかな〜と、考えていたんです。

iPad3あたりかな〜なんて。

 

でも、このバルーンをもらって、歩きながら自分が健康的に誕生日を迎えられている事で、もう充分かもな〜って思ったら、これがご褒美だわって思えて来たんです。

 

だから、自分に買うというよりは、なにか他に使おうッて思って、赤十字に寄って東北大震災への寄付をさせてもらってきました。

 

あと、前に歩いて行ける様にNew Balanceで新しい靴を買う事にしました。

 

店員さんが私のボロボロの汚いナイキのシューズを見て『これ、どれ位使ったの??』って聞かれました。恥ずかしいな〜

 

28日の晩は、お風呂に浸かって、誕生日プレゼントでもらったスクラブで足の指一本一本から丁寧に洗いました。

 

ありがとうね〜なんて会話をしながら。

今までは、身体の一部なんて、有って当然で所詮身体の一部ッて感じでしたが、今は健康になってくれてありがとう!っていう気持ちで一杯になったんですよね。

 

お母さんから電話があって、たわいもない話が出来ました。

皮膚の事ではなく、もっと別のたわいのない話。

それが出来る事が本当に良かったな〜って思えて、とても良い誕生日でした。

 

ありがてぃ!

 

バースデーメッセージを下さった皆様、ありがとうございまうす。


 

Fri

03

Feb

2012

日本でよく見た頑張るOL

日本で東京やら名古屋やら色々な所に移動しましたが、その時によく見た光景が女性のOLさん達が電車の中で居眠りをしている所でした。

 

電車の揺れに会わせてぐらぐらと揺れながら、絶妙なバランスで座位を保つ姿勢を見て、あっぱれという感じでした。

 

そう言えば私も脇目もふらずに、口をあんぐり開けながら電車に座って移動していたっけな〜って思いながら、微笑ましく見ていました。『女性なのにだらしない』とか『みっともない』とかいう方もいるでしょうが、私はそこまで頑張っているのだよ、日本の働く人々は!って思ってだらしないとか思いませんでした。

 

どうしてそこまで頑張るの?と言われても頑張ってしまう女性。

そんな光景を目にしながら、NYへ飛びました。

 

そして、先日NYで受講したクラスの中で一人の生徒が

 

『面倒くさいというのは、完璧主義の人が、完璧に出来ないからそれが嫌で面倒くさくなるんだと思う。だから、めんどくさいというのは、ナマケモノなんではなくて、完璧主義者なのかもしれない』と。

 

ハッとしました。

本当にそう。

 

そのクラスの中で、ジョハリの窓というのを学びました。

大学時代の心理学で習ったな〜ッて思いだしながら、4つの窓について考えました。自分が知っている自分、他人が知っている自分、自分も他人も知っている自分、そして誰も知らない自分。

その4つの窓の事をジョハリの窓というようです。

 

私は、自分が知らない窓が沢山ありました。

一つは『気を使う』という事でした。

 

家族にも友達にも『本当に気を使い過ぎだよ』ッて言われました。でも私には、『え??こんなズボラな私が?』っていつも言われる度に思っていたので『この人達は本当の私を知らないんだ。何を見て、私が気を使っているというのか知らんが。。。』ッて思って、あまりその言葉を真摯に受け止めていませんでした。

 

でも、完璧主義者がめんどくさがりにもなりうるというのを聞いて、ハッとしました。

私は、ずぼらだって自分で分かっているから、それではあかん!ッて思って、人一倍に気を使わないと行けないと思っていました。

 

ダンスでも先輩に『あなたが、高校教師なんて信じられないわ』なんて言われたこともありましたし、『もっとちゃんとしなさい!』って母によく言われました。

 

そして気を使っているうちに、ズボラな私が私なのか、気を使っている私が私なのか、何が本当の私か分からなくなって来ました。

 

キネシのクラスを受けている時に、

 

『自分がダメだと思っている部分を頑張って直そうとしていると、その自分がダメだと思う部分と同じ性格を持った人を見るとイライラする。』

 

というテーマを出した人が居ました。

 

彼女は

『私は、片付けが出来ないから、家中にラベルを付けて、ここにはフォーク、ここにはハサミ、ここには雑誌ッて決めているのに、旦那はいつも全てのものをうっちゃらかしにしている。もうそれがストレスで!!!』

 

って言っていました。

でも結局は、彼女が

『こんなに片付けが出来ないのを頑張っているのに、片付けが出来ない人がそばにいるのは許せない!!!』

 

という自分が問題なんですよね。その片付けが出来ない人が問題なのではなく。

 

自分がイライラしている事を見直してみると、結局自分が持っている性質でありながら、それを『悪』としている事によるのかもしれませんね。

 

なんだか言っている事が伝わりましたでしょうか??

 

まあ、私たちはみんな頑張っとるっちゅー事です。

 

 

Sun

29

Jan

2012

日本での講習会

今回はグループクラスはヤムナボディーローリングを教えさせて頂きました。そこでキネシオロジーと組み合わせて、身体と心と魂のつながりを体験して頂きました。

 

何度も受講してくださる方には、私がいつもロスでさせてもらっているセッション同様に、その方自身の問題をキネシオロジで見つけて、一人一人がここの問題点と向き合いながら、筋肉をほぐして行くという事をしました。

 

例えば、『仕事が憂鬱でストレスです』ッて来られた方が本当にそれが潜在意識に取ってストレスかどうかのチェックを筋肉を使ってします。

 

筋肉がその事を考えた状態で強いままだとそれは、さほど身体にはストレスではないようですとお伝えします。

 

すると『じゃあ、これかも。。。』と言って、何個も出て来ます。だいたい最後位に『もう無いけど、じゃあもしかしてこれかな?』ッて言ったものが大体、その方のストレスになります。

 

『え〜?!そんなにストレスに思っていないんですけど』と言う反応がよく有ります。でも、身体はびんびんに反応しているので、認めざるを得ない訳です。

 

自分にとってストレスと思っている事が、本当は本来のストレスの盾になっている場合ッて多いんですよね。

それだけサバイバルモードが働いて、本当のストレスを見つめない様にしている事が多々有ります。自分自身の経験から良く分かります。

 

そして、それについてのキネシオロジでドコの臓器がダメージを(エネルギー的にです)受けているのか、そしてそこにまつわる感情はなにか?と深く見直して行きます。それに対応した筋肉をほぐして行きます。

 

面白い事に、あるクラスでは、小腸、胃、肺、大腸、と色々出ましたが、その臓器に対応した筋肉をボールを使って伸ばして行くと、小腸のエネルギーが乱れていますと言われた方は、小腸のエネルギーの筋肉を伸ばしている時に悲鳴を上げます。『いたたたたた』って。

 

そして大腸の経絡(エネルギー)の筋肉をほぐして行くと、他の人は痛いの度合いが5にたいして、大腸が乱れている人は100の悲鳴を上げます。

 

身体ッて凄いですよね。

自分の頭で思っている事以上によく分かっていらっしゃる。

 

北斗の拳のケンシロウ並みにクラスは『アタタタタタ』と言う声で一杯でした。

 

ちなみに、第一の経絡である身体の正中線を走る経絡をまずチェックするのですが、それがグズグズになっている人が多いこと!

日本人、みんな頑張っているんだな〜って、あまりの多さに心が痛みました。

 

そしてその正中線をまず整えない事には他の臓器のチェックが出来ないので、指でグリグリっとそこの正中線の経絡を整える筋肉をほぐすのですが、これまた痛い様で、ケンシロウ並みに『アタタタタ』と叫び声が響きました。

 

こんなに心を痛めて、それを元に戻そうとマッサージをしているのに、『鬼!』と呼ばれる始末。

 

まあ、いいじゃないの。

鬼の役割をほんの少ししてあげましょう。全ては皆さんの身体が良くなる為ですものと、僧のような気持ちでいましたが、

 

いざ私がしてもらった時には、

『鬼!悪魔!あっちいけ!痛いぞ!この〜』

と誰よりも多く叫んでいました。

 

そんなもんですよね。


 

Sun

29

Jan

2012

ロスに戻り