Hard way VS Calm Way

きっと多くの人は、ジムに行って身体を鍛えようって思うんだと思います。痛めつけて、汗をかけるだけかいて、筋肉痛になる事で運動をした〜!って思う事で自分は身体を鍛えているって思い込むんだと思います。

 

でも、私のクライアントさんの多くは、『ピラティスをしないと身体がなんか変な感じがするの』っと言います。本来の自分の体な感じがしないと言う感覚を持つのです。自分の体がなまっているような、伸びきれていない様なそんな感覚を持つようです。

 

ハードウェイって言う言葉とコームウェイっていう言葉を聞いた事がありますか?

ハードウェイは星竜馬の世界。身体を出来るだけ痛めつける事で自分は夢に向かって着実に進むのだと言う精神。

コームウェイは、毎日出来る事を自分が楽しむ為に続けましょうって言うもっとお気楽な方法。

 

私は昔はハードウェイばかりを正しい事と思っていました。

 

そして、一つの事が終わると

『ヤッタ〜私よくやった!』って褒めるのではなく、

『ア〜良かった。失敗しなくて。次に向けてまた追いつめないといかん。。。。』って思っていました。

喜びの余韻に浸るよりは、ほっと安堵をして次の事にもう心配をしているという状況。これって長く続きません。

 

YBRを作ったヤムナもよく『私は、70歳のおばあさんに15㌔のおもりを持たせて汗をかかせるまで、筋肉を痛いと感じるまで運動をさせ、それを正しいと思っている若いトレーナーにあきれて物が言えない。ほとんどの人は、身体を動かすと言う事がどういう事か分かっていないのよね』と言います。

 

私自身はピラティスを必ず一週間に1度とそしてYBRを毎日。

 

ビックリするのですが、久しぶりに自分のピラティスをしている写真を見たら、上記の様になりました。

 

そんなに頑張らなくても継続して、食事をちゃんとしていたら筋肉は充分につくのかもしれない、そう思いました。

 

もちろん、アーユルベーダ的に言うと、

カファの人は痩せにくく太りやすい体質なので、一概にピラティスをYBRで身体の筋肉が全員につくとは言いませんが。

 

コームウェイで楽しく継続して身体に良い事をしませんか?

 

Write a comment

Comments: 0