健康な排便って?

アーユルベーダ的見地:排便について

みなさん、排便についていつもどのように考えています??

 

私は、隠れ排便チェックフェチです。いや、そんなフェチなんて存在しないかもしれないし、そもそもフェチの意味を知らない私ですが、

必ず排便はチェックします。なんでだろう???なんか興味があるんですよね、ちゃんと消化しているかな?って。

 

絶対に、皆さんの中にも、排便をチェックしている方がいらっしゃるであろうと思いますが、なにが正しい排便かって知っていますか?

 

まず、排便の色は、簡単に言うと肝臓から出る液によって、色がつくのです。

緑の物を食べている人は食物繊維で緑っぽくなったり、前日にビーツなど赤色の強い物を食べたら、少し赤みがかっているかもしれませんが

ほとんどの場合は、茶色だと思います。

え??黄色じゃないの?と思った方、ちょっと食生活を見直してみましょう。

茶色に近い黄色は良いですが、

黄色は、肝臓の液が強く出ている証拠ですので、肝臓が疲れている可能性があります。

身体はいつも良い塩梅に働いています。だから、そこに良い塩梅ではない物が出ると言う事は、何かがバランスを崩していると言うサインです。

 

また黄疸にかかっていると、色は白、または灰色になります。

 

それから、洋式で排便をした場合、もしも排便が沈んで行く様でしたら、重たい物の食べ過ぎです。

チーズ、小麦粉、お肉、油、穀物などを食べ過ぎていると、消化が重たくなり便もその消化を表すがごとく重たくなります。

便はプカーンと浮くのがベスト!

 

大きさは???

バナナ状の物が出たらベストです。

通常、腸には両手7個分があるとされています。結構な量ですね。

やっぱりその一部が、どんぶらこ~どんぶらこ~と、調子良く出て行くのが良い様です。

全部を出そうと思っては行けません。これは後で述べますね。

 

ウサギの糞の様な硬くて短い物は、水分や油分が足りない証拠ですね。

腸内の水が少ないと言う事です。

その逆に、下痢状の排便もよく有りません。消化がうまく行ってない証拠です。

 

臭いは??

無臭です。

食物の発酵作用による臭さは消化機能の低下により、消化が完全にされていないので臭いが増すと言う事です。

なので、臭い排便は身体の未消化物(病気の原因)が溜まりやすくなっていると言うサインだと受け止めて

食べる物をチェックしてみるのが良いともいます。

 

もしも、身体に未消化物が溜まっているのか知りたい方は、舌ベロをチェックしてみてください。

白い苔が一杯舌ベロの奥にあったら、うんちが溜まっている証拠です。

もしも、その苔が黄色い色をしていたら、かなり身体に熱(毒素)が溜まって居ると言われています。

私自身、皮膚がひどい時は舌ベロが黄色の苔だらけでした。沢山の未消化物が溜まっていたんですね。

 

 

 

つまり、排便は

茶色、バナナ状、無臭そしてプカーンです。いわゆる、『ムッシュ、茶バナナプカーン』と覚えてください。(いや、別に覚える必要はありません)

 

そして、とても良い排便の後は

1)すっきり感が有る!

2)ハッピーな気分になって、外に出て色々な人とハグをしたくなる

3)お腹がすく

4)身体が軽くなる

です。

これを排便の後に感じられるのが健康の証拠と言われます。

 

では、排便において注意すべき事は?

排便と食事は密接に関係しています。

 

1)前の食事が消化されている時間帯には食事をすべきでない。

まだ胃に食べ物が残っている状態で、次の食べ物を胃に入れないと言う事です。

大体消化には4~6時間かかるとされています。

食事の時間帯としてアーユルベーダで推奨されているのが

朝:7時から7時半

昼:11時から1時

夜:6時から7時半

 

そして、午前10時から午後2時までの4時間は一日の中で最も消化が強いとされている時間帯なので、

この時間に大きな食事を持ってくるのが体にとっては理にかなって居ると言う事です。

私自身、朝ご飯と夜ご飯を軽めにして昼ご飯を大きめに摂る様にしてから、体重や体型が自分にとって楽な形になって来ました。

 

 

また、チェックインスティチューション(カタカナにすると変だなあ~)というパーソナルトレイナーを養成する学校では、

朝ご飯を多く食べる人は上半身ががっしりと肉がつき、夜ご飯を多く食べる人は下半身に肉がつきやすいと講義で言っていました。

なるほどねえ~。と言う事でクライアントに、聞いてみました。下半身ががっしりしている人はやっぱり朝起きるのが11時頃でブランチを2時位に摂り、夕ご飯を夜9時10時に摂ると言う人が多かったです。また上半身ががっしりしていて猫背気味の人は、朝ご飯からバターをたっぷりぬったクロワッサンや、ベーコン等を食べている方ばかりでした。

 

面白いのは、彼女達の意識が『身体にいい物を食べている』と言う事です。

『夜は遅いけど、でもサラダだし』と言うので

『サラダには何が入っているの?』と聞くと、チキンやら、チーズやら、沢山のクルトンやら、クリーミーなドレッシングやら。。。。

人によって『ヘルシー』の意識が違うのだなって思った訳です。

 

話が飛びましたが、食べる時間帯、参考にしてみてくださいね。

 

 

2)食べる順番は、1甘いもの(糖に変わるもの)そして、2塩気のもの、そして、3酸っぱいもの最後に4渋みの有るものの順番です。

この順番に身体は消化酵素を分泌して行きます。

なので、ご飯、お肉または魚、お味噌汁(塩気)そして、梅干し/酢の物、最後にサラダ。

と言う順番に食べると良い様です。

まず、やってみてください。

 

糖類になるものは、消化液を沢山必要とします。

消化液が一杯出ると言う事は食欲が増すと言う事です。

もしも食後に甘い物が食べたくなると言う方は、もしかしたら、サラダから食べ始めていませんか?

食事の後の方に甘いものを食べてしまっているが故に、

食べたい酵素が触発されるのかもしれませんね。

渋みの有るものを最後に持ってくる事で自然と食欲が治まって来ると言うか、エンディングする感覚になると思います。

 

下記は、この順番に食べ始めた私の友人の感想です。

 

いずんちゃん。

甘み、塩み、サラダの順番に食べてみたよ!

パン、ゆで卵、サラダの順に食べてみたら、サラダがデザートのように感じていつもより満足できた気がするよ!

学食でも、つい、サラダから食べがちだけど、ごはん、おかず、サラダの順に食べてみるね。小学校のときにひとつのお皿を一気に食べてしまわないで、三角食べ(ごはん、おかず、牛乳)の順に一口ずつ食べなさい、みたいな教育を受けた気がするけど、胃は実はびっくりしてたのかな。でも小学生なんかは消化力も衰えてないし、よく噛めば問題ないのかな。とにかく、不思議体験。ごはん、おかず、サラダの順に食べるの気にいったわ。おかずを口に入れる前に、ごはんだけで味わうって今までしてなかったから新鮮だし、おなか空いてるから最初にごはんを口にしたほうが食べてる~って満足感を早く得やすい気がする。なんにしても、集中して味わってるのがいいのかな。とにかく、最近何を食べても満足感が今一だったのが、いつものおかずも楽しくなってきた。自分の食生活をじっくり考えたり向き合う余裕が出てきたのも大きいかも。いろんな相乗効果だね。

 

 

おそらく、酵素ダイエットといって、酵素を考えて、まずは生野菜を初めに多く摂って身体に酵素をいれる!という

理論をしている方も、この読者の中にはいらっしゃるかもしれませんが、アーユルベーダ的には、違う様です。

実際に私の体でも試してみたのですが、身体の消化の順番に沿って食べた方が、身体の消化がスムーズに行く感じがします。

又、生野菜を食べる事についての内容は後半を読んでくださ~い。

 

さて、もしも食べた後に眠くなる人は、身体が未消化物(毒素)で一杯だと言う事です。

ついつい食べ過ぎてしまう人は、食べながら深呼吸をしてみてください。

深呼吸がしにくくなった時がやめ時ですよ。

 

胃の中は60%の食べ物、20%お水と10%の空間が必要とされています。

腹八分目と言うのは、そう言う事ですね。

洗濯機に衣類を詰め込みすぎると、詰まってしまいますね。そして、汚れが混ぜこぜになり、落ちなくなります。

それと同じ事だと考えれば、分かりやすいかと思います。

 

そして、この味の消化にかかる時間は通常4時間から6時間です。

この消化の間に、なにか口に含んだりすると消化が遅くなり重たくなります。

その結果、排便がしにくくなったりするのです。

 

常に手元に飴ちゃんがあったり、スナック菓子が有る環境は要注意です。

 

一番便秘になりやすいのは、食べる気分にむらが有る方です。

この人のタイプは『ヴァータ』と言って、風の気質を沢山含みます。

まあ、これはまた後日お話ししますが、

食欲が凄く強くて、食べずにはいられない!って言う時と、別に食べなくても一日が過ぎてしまったという時と両極端にある人です。

そして、そんなに食べる気ではなかったけど、食べ出したらあっという間に沢山の量を食べ過ぎちゃったと言う傾向もあります。

こういう方は、お話をする時にも、一つの事を話し始めてから、色々なトピックに飛ぶ傾向が有ります。

さっきまで、自分のペットの話をしていたかと思えば、昨日の夕飯の内容を話していて、その次の瞬間には最近ハマっているドラマの話に内容が変わっていると言う人です。

 

元々頭の切れが早く色々な人と接する事を得意としていますし、おしゃべり好きですが、こういう人は気分にむらが有り

基本的に身体がバランスを崩しやすいので、便秘になりやすいです。そしてとても繊細で、多くの人から好かれると言う傾向を持ちます。

アーティストや、旅行好きの人が多いですね。

またおしゃべり好きなので、食べている時も食べ物に集中すると言うよりは、誰かと話したり、テレビを見たり、妄想にふけたりする事に気持ちが持って行かれるので

結果的に食べ過ぎる事になります。

また、こういうタイプの方が生野菜を食べ過ぎると、消化活動に支障が出ます。

生野菜を食べて、ガスが溜まりやすくなったり、お腹が張る感覚がある人は、このタイプですので、

一般的に言われる生野菜信仰はやめた方が良さそうですね。

 

生野菜を食べて元気になるのは、大体消化の強いピッタと言う人に適しています。

汗っかきで、お腹がすくとイライラしてしょうがなく、時間にきっちりしていて、毎日やるべき事を箇条書きにして、ちゃんとこなすと言う様なタイプの方です。

一つの部屋で、ちょうどいい温度だなあ~ッて思っている人を横目に、『私は暑くて汗が止まらないんですけど。。。。』って言う人ですね。

 

まあ、話がまたまた飛びましたが、個人で食べる量が変わって来ると思います。

その食べる量を決定するのには、~キロカロリーと言う様な物ではなく、ちゃんと身体の要求を満たす事が大切です。

それを知る為には、一度、テレビの音を消して、黙って食事だけに集中して食べてみてください。

 

人の目を見ず、ただ黙々とご飯だけに集中して食べるのです。そして、一口に対して32回噛みます。(人の歯と同じ数だけ噛むんだアーユルベーダのDr.は言ってました)

そうすると、いつもの量よりも違う量でお腹が一杯になると思います。

それが、自分の本来必要としている量です。

『カロリー計算なんて、人間が自分の食の欲求が分からなくなって来たと言う、自然の摂理からはなれて来た証拠だ』なんてアーユルベーダDr.は言っていました。

まあ、カロリー計算が必要な方もいらっしゃると思いますので、良し悪しは置いておいて、カロリーにとらわれて自分が満たされない食事をしているのはどうかなと思いますよね。

やっぱり食事は充分に味わいたいですもん。

 

又、一回の食事の量は、両手分で充分だと言われています。

私も実験してみたのですが、確かに食事だけに集中してもくもくと食べると、楽しくはないですけど

いつもの半分位でお腹が満たされます。また、一つ一つの調味料が分かりますし、食べた後にダルさや眠気はなく、

外に歩きに行ったり、次の行動への気力が湧いて来て、それ以上に『ア~もうあと一口で充分だなあ』って言う身体の感覚が分かります。

そして、食べ終わった後に『ア~充分に食べたな!』って満足感がありました。

 

 

とにかく、食べる時間帯が決まっていなくて、気の向くままに、何か他の事をしながら食べる傾向がある方は要注意です。

色々なデトックス法が流行っていますが、こういう人の場合は、毎日3食食べる事が断食を同じ位の利益を得れるとアーユルベーダでは言われています。

 

とにかく、排便においては、何を身体にいれるかと言う観点から考えないと素敵な排便者とは己を呼べません!

 

そして、排便に置ける多くの勘違いを挙げておきたく思います

 

勘違い1)食べてたら絶対にすぐに出さなければ行けない。

食べた後に、痩せたいからと言ってすぐに下剤を飲む方がいます。これは要注意です。

また、エネマ(浣腸)も要注意です。

勿論、大腸の中にうんちがこびりついて停滞しているのはよく有りませんが、大腸から全てのうんちを出すのも良くないと言われています。

ある程度のうんちが中にある事で身体がバランスを保っている部分があるからです。

どの部分でも、空っぽになる事って無いんですね。

腎臓、膀胱、子宮、肺、胃、小腸にしても、どこも何かしらの物体がいつも存在しています。

尿だって膀胱は絶対的に空っぽにする事って無いんです。

うんちは悪い物!と思って、浣腸や下剤などで無理に出そうとして、腸を空っぽにしてしまうと、バランスを崩してまい、逆に頭痛になったり、腹痛を起こしたり、ガスがたまったり、ゴロゴロとお腹が鳴ったりします。

 

勘違い2)冷たい水を朝起きたら飲んで、身体に軽いショックを与えると良い

数年前に、起きがけの朝の水は良い!なんて言う事が有りましたが、とんでもない話です。

寝ている所にお水をかけられる、まさに身体にとっては寝耳に水。っちゅー訳です。

そんな理不尽な事はありませんよね。

身体を冷たい水で萎縮しないでください。冷蔵庫で冷えて固まった昨晩のすき焼きの汁の様に、白い脂身が冷たさで固まりますよね。

身体の中の毒素もこの様に固まってしまいます。

溶かして出すと言う理論から、朝はゆっくりと白湯をすする様にして、10分程度、時間をかけて飲むのがベストです。

朝の白湯はとてもパワフルです。私はこの3年間ずっと毎日続けています。

身体がクレンジングされて行くのを感じます。

 

まずいと思う人は、身体に毒があるサイン。是非、おいちいと思うまで毎朝すすってみてください。

又普段の生活でもフラペチーノやら、氷の入ったお水を飲むのは毒素(肥満)のもとですから、気をつけてくださいね。

 

また、マヤ文明式マッサージの観点から言うと、もしも子宮が後ろに傾いている人は

便秘になりやすく、オリモノの臭いがきつく、そして、生理前や生理中に腰がとても痛くて張る兆候があります。

 

勘違い3)繊維質の物を沢山食べるべきである。

これ、世間の一般常識として言われていますよね。

でも、これが当てはまる便秘の人と当てはまらない人と両方います。

 

当てはまる人の便は、大体ねっとりしていて重たい便の人です。

 

この便のタイプの人は、大体普通の人よりも身体がふくよかで、同じ事をしているのに500グラム痩せたと思って

気を許して外にご飯を食べに行ったら翌日には1キロ増えてしまうと言うタイプの人です。

こういう方は繊維質を使って身体の中を掃除するのは意味が有ります。

泥水の水たまりに、砂(繊維質の食べ物)を入れてあげて、便を形成してあげる様な物です。

こういう人には、ヨーグルトは重すぎて、逆効果になります。

どんなに良い細菌が入っていても、ヨーグルト自体が重たいので、全体性を見て自分の今の身体の状態に合うかどうかを見極めるべきです。

 

 

でも、先ほど行った様に、食事の時間の気分にむらが有り『ヴァータ(風)』気質の方の場合は、

これをすると逆に悪化します。もっと糞詰まり状態になってしまうのです。

この場合は、砂で詰まったパイプ管にもっと砂を詰め込む様な物です。

こういうタイプの人は逆に水分を必要としてますから、海草類と言った水分を含む物を摂取する方が良いのです。

こういう人がドライフルーツは良いと言って食べると、ドライ、つまり乾燥していますから、乾燥を呼んでカッラカラになって、切れ痔になったりします。

でも、ドライフルーツであるフィグや、プラムなどは良い効果がそれ自体にあるので、前の晩に水に浸けてドライさを取り除いておきます。

そして、翌日にその水を飲むと良い結果が期待出来ますので、試してみてください。

 

4)じゃあ、何をすれば言い訳?

と思っている方に、私がいつも自分の体を通じてこれは効く!と思っているのが、ずばり『散歩』です。

アーユルベーダでは、『食後に100歩歩く』と言う健康法があります。

学校でも、皆でランチを食べた後は100歩以上の散歩に行きます。

そうすると、消化が早く、楽で、その後に倦怠感が全く起きません。これは、ビックリしました。

 

私は、散歩って老人の方がする物ばかりだと思っていました。

歩いて何の意味が有るんだろう??って。

でも、最近は散歩が大好きです。

歩きながら色々なお店を探索するのもいいですが、なんか歩いて色々な事を考えたり、友達や恋人とお話をしたり。

 

これをし始めてから、大分消化力が強まりました。

是非とも食後の散歩からでも始めて頂けたら!と思います。

 

もう一つ、私がすごい!って思ったのが、『臓器に話しかける』です。

おへその周りを軽くソフトタッチでなでながら、『良いよ~出て来てくれて。いつも消化活動してくれてありがとう。感謝しているよ!スムーズに出て来てねえ~』

なんて話しかけるんですね。本当に軽く。ごり押しは絶対に出ません。もしくは、1インチ皮膚からはなれた所で時計回りに円を描きながら話しかけるのです。

そうすると、スルスルスル~っと出て来ます!!!!

 

私たちはこの世に生を受けた時に、母親のお腹の中でへその緒を通じて栄養を得たり、排泄をしたりします。

そして、それを調べた科学者が今でも、私たちはその性質をへそに持っていると言う事です。

もちろん、へそから糞を排泄する人は居ませんが、おへそが『エネルギー』の『供給と排泄』をしていると言う事です。ーAllison Post Unwinding Belly pg52

なので、おへそをマッサージしてあげる事は理論的にかなっていますし、

また、

マヤ文明式マッサージでも、臓器に話しかけると言う事をやるのですが、

排便中にこれを実践して、成功した時には自分で驚きました!!

いや~セルフヒーリングですね。

 

(まとめ)

1 『ムッシュ、茶バナナプカーン』

2 食べる順番は、1甘いもの(糖に変わるもの)そして、2塩気のもの、そして、3酸っぱいもの最後に4渋みの有るものの順番

3 胃の中は60%の食べ物、20%お水と10%の空間

4 前の食事が消化されている時間帯には食事をすべきでない

5 人の目を見ず、ただ黙々とご飯だけに集中して食べるのです。そして、一口に対して32回噛みます

6 『食後に100歩歩く』

7 『臓器に話しかける』

8 朝の白湯

9 繊維質の物は自分の便と相談して食べるかどうかを決める。

 

 

 

消化力と言う事をなんどか今回のニュースレターで出して来ましたが、

消化力は食べ物の消化と感情の消化の両方に関わって来ます。

悩みのない人なんて、一人もいないと思いますが、それでも感情の消化と言うのは出来ないとやっぱり便秘になりがちなんですね。

さて、ようやく先週、論文を書いて提出しました。

内容は呼吸がもたらす身体への影響です。これはピラティスの面でもマヤ文明式マッサージの面でもつながる所でしたので、

とても興味深い論文となりました。

論文はリサーチをしている時はなんだか迷宮入りな感じで、途中で嫌で投げ出したくなりましたが

書いているうちに、色々な事を発見して来てとても楽しくなり学ぶ物が沢山ありました。

 

これを今後紹介出来たらと思います。