プロフィール


静岡県御殿場市生まれ

3歳からバトンを始め、静岡県代表として全国大会出場。

静岡大学教育学部英語科に在籍中にロサンゼルスへダンス留学。

ダンス留学中、最優秀ダンサー賞と最優秀振付け師賞を獲得。

2年間の留学を経て、日本に帰国し、大学を卒業。

その後、3年間御殿場西高等学校にて英語を教える。

その一方、オーディションで元SKD(松竹歌劇団)で構成されたオフィススタスに所属。週末は舞台に出る生活を送る。

 

2005年、ロスへダンスでクリスティーナカンパニーからのオファーを受け、再渡米。その際、ピラティスをダンスの為に本格的に学ぶ。

 

2006年、マスターピラティスインストラクター、マリア リオンのもとでピラティスの資格を取り、そのまま彼女のスタジオでインストラクターとして採用される。

その間、過酷なレッスンの中で足の痛みに悩まされ、YBRと出会う。半年の色々な治療の結果、筋肉をほぐす事で痛みが一瞬にして消えた事に驚き、YBRに興味をもち始める。

 

2006年夏、突然体中に湿疹が出き、赤くタダレて腫上がる。その為、ダンサーとしての道を断念。皮膚の改善に集中する事に。

 

2007年、一年間投与していたステロイドがいよいよ効かなくなる。その時点で、ロスで一番強いステロイドを投与、塗布していた為に医者に『この皮膚で残りの人生を生きてください』と告知される。

その後、西洋医学から東洋医学へと切り替え、皮膚の改善に努める。

東洋医学で皮膚が少しずつ改善されたり、悪化したりの繰り返し。

 

YBRのセッション後、顔の皮膚の赤味が一気に引いた事で、筋肉と臓器の関係があるのではないかと興味をもち始める。

 

2007年、YBRの資格訓練を受け始め2008年に資格を取得。

 

食事の改善を勧められ、東洋医学の栄養士とあった所、劇的に皮膚が改善し始める。そこから、一般的に良しとされている情報に疑問を持ち始める。そして、身体について疑問を解く為に、マッサージ学校へ通い、終了。その後、マヤ文明マッサージを紹介してもらう。身体には、恒常性と言う物があり、それを戻してあげれば身体は自然に治癒して行くという理論に出会い、身体の中の仕組みについて、マヤ文明マッサージの講習で深く学ぶ。多大な知識であり、世の中の全ての女性が知るべきだと思いもっと深く学ぶ事を決意。

 

2009年、中南米へ飛び、マヤ文明が存在していたジャングルでかつてシャーマンがしていたマッサージ法を学ぶ。ジャングルでの生活は、かなり不便であったが、ジャングルの木で作った塗布薬でドンドン皮膚が綺麗になって行く事を実感。自然とのつながりや、精神面での変化が治癒の重要な鍵である事を感じる。

 

2009年、インドのホリスティック医学であるアーユルベーダの学校に1年間通う。一人一人持って生まれた体質の違いや、その体質における食べ物の違い、そして、草木が体を治癒する過程、そして精神面での自分の在り方を学ぶ。首席で卒業し、賞状を授与される。

 

2010年、皮膚の調子がアップダウンする中、キネシオロジーをロスの本間淑郎の元で学び、潜在意識の調整により皮膚が完全に完治。心と身体のつながりを身をもって体験する。

 

2011年、1月。マチルダの元、より深いIHキネシオロジーを学び、人間の体の機能不全はエネルギーの不調和による物である事を知る。

 

現在、これらの自分の経験を元に、内側からのアプローチであるキネシオロジと外側からのアプローチであるピラティスやYBR、そしてマッサージを融合して、クライアントにオーダーメイドのセッションを提供している。